ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Apr 29, 2016

DJトークショー 〈三浦光紀の仕事〉ベルウッド編  DJ Talk Show: The Works of Kouki Miura / Stories from "Bellwood Records" period

(English follows)
高田渡、細野晴臣、矢野顕子、あがた森魚、はっぴいえんど、はちみつぱい、大瀧詠一、小室等 etc…。
70年代初頭、日本の音楽シーンに変革を起こしたレーベル「ベルウッドレコード」を立ち上げ、数々の歴史的名盤をプロデュースしてきた三浦光紀氏。
これまで黒子に徹し自ら語ることの少なかったその長い音楽人生の中から、「ベルウッドレコード」時代に焦点を当て、音源を聴きながら製作秘話を語っていただきます。
他では聞けない超スペシャルなイベント、ぜひお越しください。

2016年5月7日(土)18:30開場/19:00開演
場所=ホホホ座(京都・左京区浄土寺) http://hohohoza.com
料金=¥2,000(ホホホ座1階500円商品券付)
ご予約:件名を「ベルウッド」とし、お名前(カタカナで)・電話番号・人数をご明記の上、1kai@hohohoza.comまで送信下さい。
電話予約は075-741-6501まで。店頭でもご予約可能です。

オープニング・アクト=林拓(ミュージシャン) http://algajapan.wix.com/anapple
※店頭で軽食&ドリンクの販売あり


Wataru Takada, Haruomi Hosono, Akiko Yano, Morio Agata, Happy End, Hachimitsu Pai, Eiichi Ohtaki and Hitoshi Komuro etc...
In early 1970s, Mr. Kouki Mura has established a record label called "Bellwood Records" which has caused a change in Japanese music scene, and he has produced many historical outstanding records.
He has been committed to work behind the scene and rarely tells the stories.  We will focus on "Bellwood Records" period from his long music life, and he will recount untold stories while listening to music.  This will be a very special event, so why don't you come and join us?

May 7, 2016 (Saturday)  
Doors open at 6:30pm / Talk show starts at 7:00pm
Venue: Hohoho Za (Jodoji, Sakyo-ku, Kyoto)
Tickets: 2,000 Yen (Including Hohoho Za 1st floor 500 Yen gift voucher)
Reservation: Please send an email including your name, phone number and number of tickets with subject line "Bellwood" to 1kai@hohohoza.com.  Or by phone: 075-741-6501.  Reservation can be made at Hohoho Za as well.

Opening act: Taku Hayashi (Musician) 
*Refreshments and drinks are available for sale.

Apr 22, 2016

ミック・ロックのドキュメンタリー映画  Mick Rock’s Documentary Film

(English follows)
大興奮! シド・バレット、デヴィッド・ボウイ、クイーン、ルー・リード、イギー・ポップ、ブロンディ、その他多くのミュージシャンを撮影したことで世界的に有名な写真家のミック・ロックのドキュメンタリー映画『Shot! The Psycho-Spiritual Mantra of Rock』が、ビルボード主催のトライベッカ・フィルム・フェスティヴァルで、「絶対見るべき映画の一本」として4月22日に上映されるの。でも、チケットはソールドアウトなんだって!


Thrilled for the documentary film “Shot! The Psycho-Spiritual Mantra of Rock” of Mick Rock, the world famous rock photographer of Syd Barrett, David Bowie, Queen, Lou Reed, Iggy Pop, Blondie and many others, to be called one of the most see films at the Tribecca Film Festival this year by Billboard! But, unfortunately, tickets of the 22nd this month for the screening are officially sold out!

Apr 21, 2016

ジョシュア・バーケットを忘れないで!  Don’t Forget Joshua Burkett!

(English follows)
ジョシュア・バーケットを忘れないで! 彼は90年代初期から今日に至るまでずっとアヴァン=フォーク/フリーク・フォーク・シーンの秘めたる中心人物なのよ。彼はベン・チャズニーに影響を与え、シックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスの音楽性を確立させたわ。それに2014年にはあの著名な伝説のエド・アスキューとコラボしてアルバムをリリースしているの。

私は彼のファンよ。ハンドメイドのパッケージが印象的な彼のアルバム『Life Less Lost』は、まさに全部が美しいの。ところで彼のアルバムって日本では買えるのかしら?……


Don’t forget Joshua Burkett! He has been the secret heart of the Avant-folk / freak folk scene from the early 90s all the way through today. He inspired Ben Chasny to make Six Organs of Admittance like Six Organs. Also, he even worked with world-famous legendary Ed Askew in 2014 to make an album.

I’m a fan of Joshua. His album “Life Less Lost” with it’s impressive handmade package is just totally beautiful. I wonder if his albums are available in Japan?...

Apr 18, 2016

パリのボウイ写真展  David Bowie Photo-Exhibition in Paris

(English follows)
注目! 今パリのAギャラリーですごい展覧会が開催中なの。題して「The Man Who Ruled The World」。デヴィッド・ボウイを被写体とする写真展よ(5月10日まで)。写真家たちは世界的に有名な、そうそうたる顔ぶれ。アルバート・ワトソン、ハーブ・リッツ、ランキン、テリー・オニール、マーク・セリガー、クロード・ガシアン、スティーヴ・シャピロ、ギャヴィン・エヴァンス、ロン・ガレラ(!)、フランク・オッケンフェルズ3世、リン・ゴールドスミス、マーカス・クリンコ、グレッグ・ゴーマン。パリに行きたい!








Attention! Now a great exhibition is held at A. galerie, Paris. It's called "The Man Who Ruled The World", that's a photo show of David Bowie (till 10 May). The photographers are all world-famous big names. Albert Watson, Herb Ritts, Rankin, Terry O'Neill, Mark Seliger, Claude Gassian, Steve Schapiro, Gavin Evans, Ron Galella(!), Frank Ockenfels Ⅲ, Lynn Goldsmith, Markus Klinko, Greg Gorman. I want to go to Paris!

Apr 17, 2016

ガイ・ブレークスリーのサード・ソロ?  Guy Blakeslee's Third Solo Album?

(English follows)
エントランス・バンドのフロントマンとして最もよく知られているガイ・ブレークスリーが、1月にリーヴィング・レコーズからセカンド・ソロLP『ミドル・シスター』を発表しているわ。このアルバムは全編インストゥルメンタルで、A面はアコースティックのインプロヴァイズド・ギター・ミュージック、B面はエレクトリックでノイジーなの。素晴らしい実験音楽アルバムよ。ジョン・フェイヒーとカンの間、あるいはサンディ・ブルとテリー・ライリーの間にいる彼について考えてみて。

ガイは「クリーン」になって以来、以前にもましてクリエイティヴだわ。実際、彼のお友達でもある私の友達によれば、ガイはすでにサード・ソロ・アルバムの完成で忙しくしているそうなの。インストゥルメンタル・アルバムにはならないわ。2014年の彼の最初のソロ・アルバム『オフェリア・スロウリー』のようにガイは歌っているの! ワオ!


Guy Blakeslee, best known as the front-man for The Entrance Band, released his second solo LP called "The Middle Sister" (from Leaving Records) in January. It's an instrumental album. Side A is all acoustic, improvised guitar music. Side B is all electric and noisy. Great experimental album. Think of him between John Fahey and Can. Or think of him between Sandy Bull and Terry Riley.

Guy has been much more creative than before, since he became "clean". In fact, according to my friend who's a friend of Guy, has been already busy to complete his third solo album. It won't be an instrumental album. Guy is singing, like his 2014 first solo LP "Ophelia Slowly". WOW!

Apr 10, 2016

リンダ・パーハックスのサード・アルバム  Linda Perhacs’ Third Album

(English follows)
偉大な、偉大な、リンダ―・パーハックス。彼女は目下3枚目のアルバムを準備中よ。彼女いわく、アルバムは「私達全員の心の中にある肯定性に捧げられたもの。多くのアーティストたちとの共同作業」とのことよ。

アルバムにはジュリア・ホルタ―が参加するわ。そして、たぶんデヴェンドラ・バンハートも? 一方、共同プロデューサーとしてウィルコのパット・サンソンがフェルナンド・ペルドーモと一緒に仕事をしているの(フェルナンドはリンダのセカンド『ザ・ソウル・オブ・オール・ナチュラル・シングズ』でクリス・プライスと一緒にプロデュースを担当したわ)。ゴージャスなアルバム? でも、リンダの音楽は寡黙に、もっと多くの魂の肯定性を願うものであることを、ファンは、そして『ユリシーズ』の読者は、みんな知っているわ。

ニュー・シングルは「ザ・ダンサー」。アイチューンズでも、バンドキャンプでも、それ以外でも購入可よ! そして私たちは今、彼女の3枚目のアルバムが待ち遠しい! 「買い」ね!



Great, great Linda Perhacs is presently releasing her third album. According to the artist, it is dedicated to the positive in us all, and it is a collaborative creation with many other artists.

Julia Holter is playing with Linda for the album. Maybe Devendra Banhart, too? Also, Wilco’s Pat Sansone is working as Linda’s co-producer along with Fernand Perdomo (Fernand was the co-producer of Linda’s second album “The Soul Of All Natural Things” with Chris Price). It will be a gorgeous album? But every fan of her and every reader of “ULYSSES” know well that her music wishes silently for more positives of heart and soul.

Her new single called “The Dancer” is now released and available on iTunes, Bandcamp, and more. And we are very looking forward to her third album! Must buy.

Apr 2, 2016

ありがとう、フロー・モリッシー  Thank you, Flo Morrissey

(English follows)
フロー・モリッシーのジャパン・ツアーは昨年以上に素晴らしかったわ! ありがとう、フロー! 私たちはシンプルで、率直で、親密で、夢想的で、ファンタスティックな彼女の歌の魅力を再発見することができたわ。そしてステージでの彼女はいつも堂々たる佇まいに見えたわ。彼女はとても美しかった。ヴィンテージの青いアフガン・ドレスがとてもステキだったわ。

彼女はタキシードムーンの曲「In a manner of Speaking」をカヴァーしたけど、彼女によれば、その曲について教えてくれた人は彼女のお父さんなの。彼女のお父さんも音楽ファン。フローはお父さんからデヴェンドラ・バンハートのことも教わったそうよ。

もちろん彼女はもう新曲も書いているわ。次のアルバムはヴァリエーションに富む内容になるかも。楽しみね!

ところで彼女は左の薬指に指輪をはめていたけど、念のため、彼女はまだ独身よ! フローは21歳。結婚するにはまだ早いわよね!

(写真:斎藤泉  / Photo by Izumi Saito)

Flo Morrissey's Japan tour was quite wonderful, better than the one of last year! Thank you, Flo! We could find again the greatness of her simple, honest, intimate, dreamy and fantastic songs . And Flo on the stage always looked dignified like a statue. She was so beautiful. Her vintage and blue colored Afghan dress was very nice.

She covered a song "In a Manner of Speaking" of Tuxedomoon, and, according to her, her father told her about this song. Her father is a great music lover, too. Flo was taught Devendra Banhart too by her father.

Of course, she is writing new songs. Probably next album will be the one full of variety. We're looking forward to her new album!

By the way, she had a ring on her third finger, but she's not a married woman! Flo is now 21. Too early to get married!