ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 25, 2016

ジュリアン・レノンの展覧会  Julian Lennon’s Exhibition

(English follows)

今では「写真家」としても知られるジュリアン・レノン。彼の最新の連作「Horizon」がメゾン・ドゥ・ラ・フォトグラフィ(フランス、リール)ですでに始まっているわ(2月10日から3月6日まで)。彼はケニアやエチオピアへの旅行の間に幅広いイメージを撮ったの。

ジュリアンいわく、「共感はこの惑星をひとつに繋げるものだよ。僕たちはみんなここに一緒にいる。そして、願わくばいつか、世界はこのことに気づくのさ。写真は、異文化を理解したり、それに感謝の気持ちを抱いたり、学んだり、共有したりするための、そして他者の生に共感するための、ひとつの手段なんだ」。

ジョン・レノンはいい息子を持ったのね!




Now Julian Lennon is also known as a photographer. His latest series “Horizon” is exhibited at La Maison de la Photographie, Lille, France (from Feb 10 to Mar 6). Julian captured a wide variety of images during travels through Kenya and Ethiopia.

Julian says, “Empathy is the bond that unites the planet. We are all in this together, and hopefully someday, the world will realize that. Photography is one way to share, learn, appreciate and understand about other cultures and empathize with other people lives”

John Lennon was lucky enough to have such a good son!

Feb 14, 2016

1979年か1980年のリジー  Lizzy in 1979 or 1980

(English follows)
ワオ! なんてクールな映像! 貴重な発見! フランスの、「ノー・ウェイヴ」のリジー・メルシエ・デクルーの、1979年か1980年のライヴ映像がとうとう発掘されたの! リジーがプレイしているのは「スパイ大作戦のテーマ」。彼女の名盤でファースト・アルバムの『プレス・カラー』の時期ね。ユリシーズ・ボーイズはみんな彼女の大ファン。特に河添剛さんは、彼女に会うためだけに2003年に南フランスに行ったくらいなの(でも、その翌年に彼女は亡くなったわ)。映像はもっとないの?



Wow! What a cool film! How precious! Now you can see French “No Wave” Lizzy Mercier Descloux’s live performance in 1979 or 1980! Lizzy plays “Mission Impossible”. It’s the era of her magnificent and first album “Press Color”. You know, all ULYSSES Boys are big fans of her. Especially, Tsuyoshi Kawasoe went to the south France in 2003 only to meet her (She passed away next year). More films?

Feb 11, 2016

カーリー・サイモンの自伝  Carly Simon’s Autobiography

(English follows.)
アロハ! アメリカでカーリー・サイモンの自伝『Boys in the Trees : A Memoir』が刊行されたの。すごく良く売れているわ! 大ベストセラーなの! 言うまでもないことだけど、Boys in the Treesは1978年にリリースされた彼女の7枚目のスタジオ・アルバムのタイトルよね。カーリー・サイモンは70年代に一世を風靡した偉大なシンガー=ソングライター。「Let the River Run」 ではオスカーを獲った最初の女性ソロ・アーティストよ。

『Boys in the Trees : A Memoir』は興味深い本。知的で、心をわしづかみにして離さない。奥深い仕草でとってもエレガントに書かれているし。有名人による、本年度ナンバーワンの自伝よ。彼女の子供時代、キャリア、そして付き合った男たちのことを、抒情的に、そして率直に回想している。実際、彼女の人生において出会った有名人は、キャット・スティーヴンス、ジミ・ヘンドリックス、ミック・ジャガー(!)、ジェームス・テイラ―(元夫ね、もちろん)から、ベニー・グッドマン、アルバート・アインシュタイン、ウォーレン・ベイティ、ジャック・ニコルソンまでと、おそろしく幅が広いの。もちろんカーリーにとってはジェームス・テイラ―が一番重要な男ね。彼に最初に会ったのは彼女がまだ10代だった頃。その後、彼らには2人の子供ができたわ。でも今はジェームス・テイラーは彼女とは音信不通らしいの。痛ましいわ……。

手に取って。読んでみて。おススメの本よ! もしも日本語で翻訳がされたらステキよね!


Aloha! In the USA, Carly Simon’s autobiography “Boys in the Trees: A Memoir” has come out, and it’s selling very well right now! It’s a bestseller book! Needless to say, “Boys in the Trees” is from her 7th studio album’s title released in 1978. Carly Simon is a great singer / songwriter who became big in the 70s. She was the first solo woman to win the Best Song Oscar for “Let the River Run”.

“Boys in the Trees: A Memoir” is an interesting book. Intelligent, captivating and very elegantly written, in a profound manner. This is one of the best celebrity memoirs of the year. A lyrical and honest look back to her childhood, her career, and the men. In fact, in her life, she’s crossed paths with an astonishing range of famous people, from Cat Stevens, Jimi Hendrix, Mick Jagger (!), James Taylor (ex-husband, of course), to Benny Goodman, Albert Einstein, Warren Beatty and Jack Nicholson. For Carly herself, the most important man is James Taylor. She met him first as a young teenager... Then they had two children, but he’s now not in touch... Painful...

Do not miss it anyway. Try to read. Highly recommended. It would be nice if the good Japanese translation is released!