ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 28, 2015

インデックス  Index

(English follows)
2015年はとても印象的な年だったわ。特に忘れられないのは10月のフロー・モリッシーの来日。ユリシーズが彼女を発見して3年が経ったのよね。同月ユリシーズが開催した展覧会「Stroll On」の会場にはフローも遊びに来てくれて、歌を歌ってくれたわ。ありがとう、フロー! 11月も凄かった。林拓が新作『オーレリア』を発表して(何度も言ったことだけど、これは大傑作アルバムよ!)、東京でライヴをやった際、何とエントランス・バンドのデレク・W・ジェームスが彼と一緒にプレイしたの。信じられない! 私たちは奇蹟を目撃したんだと思うわ……。

だから私は今年はフロー・モリッシーのことと林拓のことをここでいっぱい書いたのね。もちろん他のたくさんのアーティストのことも書いたわ。以下のように。

*ビートルズ(11月14日)
*バードクラウド(8月16日)
*ブラー(8月8日)
*ブライアン・ジョーンズ(5月3日)
*ブリジット・セント・ジョン(4月5日)
*デイヴ・カスワース(2月21日)
*デヴェンドラ・バンハート(2月12日、6月7日、7月11日、7月26日)
*ドノヴァン(6月21日、6月27日)
*『ファミリー・ジャムズ』(3月15日)
*フロー・モリッシー(2月11日、5月17日、8月23日、8月30日、9月12日、9月17日、9月20日、10月1日、10月4日、10月9日、10月15日、11月1日)
*グレゴリー・アラン・イサコフ(9月21日)
*GTOs(12月13日)
*イタスカ(12月20日)
*ヤッコ・ガードナー(7月14日)
*ジュディ・ナイロン(5月30日)
*キング・クリムゾン(8月1日)
*レッド・ツェッペリン(6月13日)
*リジー・メルシエ・デクルー(5月10日、7月20日)
*メイヨ・トンプソン(5月31日)
*メガプス(6月19日)
*メリディアン・ウェスト(5月2日)
*マイケル・デバレス(9月12日)
*ミッシェル・ポルナレフ(2月28日)
*ムーン・バンド(4月13日)
*ニック・ドレイク(4月12日)
*ニッキ・サドゥン(3月8日)
*ポール・マッカートニー(4月26日)
*ピンク・フロイド(3月31日、12月6日)
*プリティ・プリティ・ファクト(5月24日)
*クイーン(4月27日)
*リート(2月18日)
*ローリング・ストーンズ(2月8日、9月27日)
*サイモン・フィン(1月25日)
*シド・バレット(2月17日、3月29日、6月28日)
*シルヴィ・シモンズ(3月22日)
*林拓(3月21日、4月14日、4月25日、9月5日、11月5日、11月10日、11月15日、11月21日、11月29日、12月11日、12月24日)
*テリー・レイド(6月17日)
*サード・イアー・バンド(5月7日)
*トゥインク(5月6日、7月25日)
*ティラノザウルス・レックス(7月5日)
*ヴェティヴァー(3月10日)
*その他(1月1日、1月6日、1月11日、1月16日、6月15日、7月18日、9月22日、9月23日、10月25日)

ブログを読んでくれた方々には大感謝! またすぐにお会いしましょう。良いお年をお迎えください!!!





2015 was a very impressive year. The most unforgettable for me was that Flo Morrissey came to Japan in October for the first time. 3 years has passed since ULYSSES discovered her talent! At that time, when ULYSSES had an art show called “Stroll On”, Flo came to the gallery and performed. Thank you, Flo!!! Also, November was very exciting. Just after Taku Hayashi released a new album “Aurelia” (It’s a really great masterpiece as I’ve emphasized before), he played in Tokyo, and Derek W. James from The Entrance Band played together with him. INCREDIBLE! I think we watched a miracle...

So I wrote a lot about Flo Morrissey and Taku Hayashi here this year. Of course, I also wrote about other various artists as below;

*The Beatles (November 14)
*Birdcloud (August 16)
*Blur (August 8)
*Brian Jones (May 3)
*Bridget St. John (April 5)
*Dave Kusworth (February 21)
*Devendra Banhart (February 12, June 7, July 11, July 26)
*Donovan (June 21, June 27)
*"The Family Jams” (March 15)
*Flo Morrissey (February 11, May 17, August 23, August 30, September 12, September 17, September 20, October 1, October 4, October 9, October 15, November 1)
*Gregory Alan Isakov (September 21)
*The GTOs (December 13)
*Itasca (December 20)
*Jacco Gardner (July 14)
*Judy Nylon (May 30)
*King Crimson (August 1)
*Led Zeppelin (June 13)
*Lizzy Mercier Descloux (May 10, July 20)
*Mayo Thompson (May 31)
*Megapuss (June 19)
*Meridian West (May 2)
*Michael Des Barress (September 12)
*Michel Polnareff (February 28)
*The Moon Band (April 13)
*Nick Drake (April 12)
*Nikki Sudden (March 8)
*Paul McCartney (April 26)
*Pink Floyd (March 31, December 6)
*Pretty Pretty Fukt (May 24)
*Queen (April 27)
*Reet (February 18)
*The Rolling Stones (February 8, September 27)
*Simon Finn (January 25)
*Syd Barrett (February 17, June 7, July 11, July 26)
*Sylvie Simmons (March 22)
*Taku Hayashi (March 21, April 14, April 25, September 5, November 5, November 15, November 21, November 29, December 11, December 24)
*Terry Reid (June 17)
*Third Ear Band (May 7)
*Twink (May 6, July 25)
*Tyrannosaurus Rex (July 5)
*Vetiver (March 10)
*etc. (January 1, January 6, January 11, January 16, June 15, July 18, September 22, September 23, October 25)

Thanks a lot for my readers! See you again very soon. Very happy new year to you all!!!

Dec 24, 2015

林拓はクレイジー?  Taku Hayashi Is Crazy?

(English follows)
林拓はクレイジーなの? 新作アルバム『オーレリア』をリリースした直後だというのに、彼はもう次のことを考えているの。何と彼は「次のアルバムは2枚組にする」とさえ宣言しているわ。つまり彼はビートルズのホワイト・アルバムに匹敵するようなアルバムを作る気でいるの。気が早いわ! それにあまりにも無鉄砲よ! 大胆すぎる! でも、ユリシーズ・ボーイズは彼が上手くやると信じているの。ということは、ユリシーズ・ボーイズまでクレイジーなの?

とにかく、当分は『オーレリア』を聴いて。林拓はこの傑作アルバムで新たにポップな方向性を示したわ。聴き手全員の耳にとってすごく甘美な方向性よ。実際、どの曲もすごく美しくて、切なくて、カラフルで、非現実的。私はもっとじっくり『オーレリア』を繰り返し聴き込むことが大事だと思っているわ。『オーレリア』はすごいアルバムよ。本当にすごいの。ここでもう一度、みんなに林拓の『オーレリア』をおススメしておきたいわ。

いいお知らせ。来年2月からは林拓のアルバムはタワー・レコードやHMVでも取り扱われることになるわ。彼のアルバムがますます買い求めやすくなるということで、これはとてもステキなことよね。

ハッピー・クリスマス!



Taku Hayashi is crazy? He has already thought of his next album though he released the album "Aurelia" very recently. Amazingly, he even declares "My next album will be a 2 CD set". In other words, he wants to make an album equal to the Beatles' "White Album". It's yet too early though! He's too reckless! Also, too bold! But the ULYSSES Boys believe in his ability. So the ULYSSES Boys are crazy too?

Anyway, listen to "Aurelia" for a while. Taku Hayashi shows a new pop direction on this magnificent album. The direction is a very sweet one for all listeners. In fact, every song on the album is so beautiful, distressing, colorful and surrealistic. I think it's important to listen to "Aurelia" deeply and repeatedly. "Aurelia" is a masterpiece album. It's really so. So I now want to recommend all of you to try Taku's "Aurelia".

Good news. Taku Hayashi's albums will be available at Tower Records and HMV from  February 2016. It's so nice, for it's more convenient than before for us to buy his albums.

Happy Christmas!

Dec 20, 2015

イタスカのこと  On Itasca

(English follows)
今年のユリシーズ・ボーイズの間ではイタスカのことがしばしば話題になったわ。10月にユリシーズが展覧会「Stroll On」を開催した際、そのトーク・セッションの席で河添剛さんはイタスカを大絶賛していたわ。11月に来日したデレク・W・ジェームス(エントランス・バンド)も、イタスカはすごいアーティストでギターがとても上手いと言っていた……。

イタスカって誰? 彼女はロス在住の若いフォーク・シンガー。本名はカイラ・コーエン。その作品はイタスカの名でリリースされているわ。2015年にリリースされた最新作は『Ann's Tradition』。これは全曲インストゥ ルメンタルのカセットで、100点の限定もの。一方、ヴァイナルとCDの両方で昨年リリースされたアルバム『Unmoored by the Wind』では、イタスカの弾き語りが存分に堪能できるの。河添 剛さんによれば、イタスカは21世紀のブリジット・セント・ジョンでありシビル・バイヤーなんですって。

彼女のオブスキュアな内面世界。繊細なフィンガー・ピッキング。そして低い声。全部が確かに魅力的よ。派手ではないけど、すごくすごく奥深いの。イタスカの名前を憶えていて。彼女は本当に偉大だと私も思うわ。



In 2015, Itasca has often come up in conversation between the ULYSSES Boys. When ULYSSES had the art show "Stroll On" in October, Tsuyoshi Kawasoe highly appreciated Itasca at the gallery talk. Derek W. James (The Entrance Band) who came to Japan in November said, "Itasca is a great artist and she can play the guitar very well".

Who's Itasca? She is a Los Angeles-based young folk singer. Her real name is Kayla Cohen, and her works are released under the name Itasca. Her latest album is "Ann's Tradition" released in 2015. It's an all-instrumental cassette, limited edition of 100. By the way, you can enjoy her voice and guitar without reserve, in the 2014's album "Unmoored by the Wind" released as vinyl / CD. According to Tsuyoshi Kawasoe, Itasca is the 21st century Bridget St. John / Sibylle Baier.

Her obscure inner world. Her delicate finger picking in playing the guitar. Her low toned voice. Sure, everything is attractive. Not loud, but so deep. Keep the name Itasca in your heart. I also believe she's really great.

Dec 13, 2015

クリスマス・プレゼントに  Get It for Christmas

(English follows)
今日はステキな写真集を紹介するわ。バロン・ウォルマンの『Groupies and Other Electric Ladies』(ACC刊)。クリスマス・プレゼント用に最適よ!

バロン・ウォルマンは『ローリング・ストーン』誌の最初のチーフ・フォトグラファーだった人。彼は音楽と音楽を作る男たちを愛したグルーピーたちのポートレイトを撮ったことでもよく知られているわよね。未公開写真も含めて150点以上の写真が収められているこの写真集には、60年代後期のグルーピー達の記録が完全網羅されているわ。伝説のパメラ・デバレス率いる元祖グルーピー・バンドGTOsのポートレイトももちろんあるわよ。フランク・ザッパはGTOsの賞賛者で、バンドを激励していたのは有名な話よね。

私の目には、彼女たちはみんな美しくて、セクシーで、ファッショナブルで、はかなげに映るわ……。でも、とにかくこの写真集は欲しい!





Today I'm telling you about a nice photobook. It's "Groupies and Other Electric Ladies" by Baron Wolman (publisher: ACC Editions). Get it for Christmas!

As you know, Baron Wolman was the first chief photographer at Rolling Stone, and he photographed a series of groupies who loved music and the men who created. This photobook, with more than 150 photographs including never-before-seen outtakes, documents these women as they were in the late 1960s. You can see the photos of the original groupie band GTOs too, led by the legendary Pamera Des Barress. It's a famous story that Frank Zappa admired and encouraged the GTOs.

In my eyes, all of the groupies look beautiful, so sexy, fashionable and passing... I want a copy of the book anyway though!

Dec 11, 2015

林拓への言葉  Words on Taku Hayashi

(English follows)
林拓が在籍する京都のアルガ・レコーズが、フリー・ペーパー『Alga journal』の第5号を最近出したの。特集はもちろん林拓のニュー・アルバム『オーレリア』。で、4人の寄稿者の内3人がユリシーズからなのよ(河添剛さん、平治さん、そして私)。ぜひ手に入れて読んでみてね! すごく興味深い内容よ! そしてもちろん『オーレリア』も聴いて。本当に大傑作なんだから! そう、私はそういうことを『Alga Journal』に書いたの……。


Alga Records in Kyoto, working with Taku Hayashi, has released a free paper "Alga journal" vol. 5 very recently. Of course, its main article is about Taku Hayashi's new album "Aurelia". 3 of the 4 contributors are Tsuyoshi Kawasoe, Osamu Taira and me from ULYSSES. Do not forget to get and read it. It's very interesting for you to read, I believe! And, needless to say, listen to "Aurelia". The album is a really great masterpiece! Yes, I wrote so for "Alga Journal"...

Dec 6, 2015

初期ピンク・フロイド音源  The Recordings of Very Early Pink Floyd

(English follows)

すごいニュースよ。ピンク・フロイドが2枚組EPで初期音源をとうとう公式にリリースしたの。6曲入りの限定盤。タイトルは「1965-- Their First Recordings」。もちろん1967年のデビュー作『夜明けの口笛吹き』以前のもの。メンバーはシド・バレット、ロジャー・ウォータース、ニック・メイソン、リチャード・ライト、それにボブ・ラド・クロースよ。

この2枚組には4曲のシドのオリジナル(「Lucy Leave」「Double O Bo」「Remember Me」と「Butterfly」)と、ロジャーの最も初期の曲のひとつ「Walk with Me Sydney」(Sydneyはシド・バレットのことよ)、それにスリム・ハーポのカヴァー「I’m King Bee」が収録されているわ。

私は5人のメンバーがいたこの時代は彼らのことをピンク・フロイドと呼ぶべきではないと思うわ。実際これらは彼らがティー・セットとかシグマ・シックスと名乗っていた時に録音されたものでしょう? 私の友だちもそう思っているわ。でもいいニュースよね。



Great news. Pink Floyd released an official limited edition six song 2 EP set finally, titled “1965 - Their First Recordings” that was recorded prior to their debut album “The Piper at the Gates of Dawn” coming out in 1967. The personnel are Syd Barrett, Roger Waters, Nick Mason, Richard Wright, and Bob Rado Klose.

This set features 4 Barrett originals (“Lucy Leaves”, Double O Bo”, “Remember Me”, and Butterfly”), as well as “Walk with Me Sydney” (Sydney means Syd Barrett), one of Water’s earliest compositions, and the Slim Harpo cover “I’m King Bee”.

I think they were not called Pink Floyd at that time. When the 5 members were in the band, were these recordings done as Tea Set or Sigma Six... My friend agrees with my opinion. But it’s a good news anyway.