ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jun 28, 2015

シド・バレットのドキュメンタリー映画  Syd Barrett documentary film

(English follows)
ワオ! シド・バレットの新しいドキュメンタリー映画『Have You Got It?』がこの夏の終わりに公開される模様よ! このタイトルはピンク・フロイドの有名な未発表曲から取られたもの(シドが繰り返し「Have you got it yet?」と だけしか歌わない曲)。映画にはピンク・フロイドのメンバーのインタヴューも含まれているわ。監督はロビー・ボガワ。彼は2012年にはイギリスの有名なグラフィック・デザイナーで、ピンク・フロイドのアルバム・カヴァーの仕事で特によく知られているストーム・トージャーソンのドキュメンタリー映画『Taken by Storm』の監督もしたわ。

ボガワ監督は『Have You Got It?』について、「真にユニークな映画」と述べ、「他のシド・バレット映画では捉えられていなかったような核心的な内容がある」と付け加えているわ。もう一度、ワオ!




Wow! A new documentary film about Syd Barrett is expected to be released in the late summer, 2015! Its title is comes from a famous unreleased Pink Floyd (In this song, Syd sings only "Have you got it yet?" repeatedly). The film features interviews with the surviving members of Pink Floyd. The director is Robby Bogawa. He also directed 2012's "Taken by Storm", a documentary about the famous English graphic designer Storm Thorgerson who's most known for his Pink Floyd album art.

Bogawa describes the film as "truly unique", adding that "it has an intimate quality that the other films about Syd haven't been able to capture". Wow, again!

Jun 27, 2015

ウォーホル・ファクトリーのドノヴァン  Donovan at the Andy Warhol's Factory

(English follows)
ハロー。先日はドノヴァンが音楽界に入って50周年を迎えたことをお伝えしたわ。そのドノヴァンが、1966年にアンディ・ウォーホルの「ファクトリー」を訪ねて、ウォーホルのコダック16ミリに撮影されていたの(白黒。サイレント。4分2秒)。ウォーホルの連作「スクリーン・テスト」のひとつね。ドノヴァンはリラックスしていて、カジュアルな様子。彼はカウチに座り、ノートを読み、それをポケットにしまうと、カメラを見て微笑むの。この様子の一部は、ジェラード・マランガ&アンディ・ウォーホルのアートブック『スクリーン・テスト/ア・ダイアリー』(1967年)に収められたわ。

そして、この写真は「スクリーン・テスト」からのもので、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんのコレクションなの。たった5部限定のプリントなんですって! ワオ!


Hello! The other day I told you about Donovan's 50th anniversary. Today I'm telling you about Donovan's visiting at the Andy Warhol's Factory in 1966, when Warhol filmed his "Screen Test" with Warhol's Kodak 16 mm camera (b&w, silent, 4.2min.). Donovan seems relaxed and casual. He sits down on the couch, reads a note, folds it up, and puts it in his pocket, looks at the camera, and smiles. You can find the sequence in the artbook "Screen Tests / A Diary" (1967) by Gerard Malanga & Andy Warhol.

And this photograph is "Donovan's Screen Test", from the Tsuyoshi Kawasoe (the ULYSSES Boy) collection, in the edition of only 5! Wow!

Jun 21, 2015

50周年!  The 50th Anniversary!

(English follows)
60年代の伝説、アイコン、詩人、そして最重要のシンガー=ソングライターであるドノヴァンが、音楽界に入って今年で50周年を迎えたわ。おめでとう、ドノヴァン! それを記念して、今、2枚組のアンソロジー CD『Donovan Retrospective』がリリースされているの。全曲、ドノヴァン自身がセレクトした60年代からのもの。でも、レゲエ風の新曲「One English Summer」も収録されているのよ!

ちなみに彼は10月にUKとアイルランドでツアーをして、それから11月と12月はヨーロッパ、北米、そしてアジアでプレイする模様。ということは、彼は東京でライヴをやるのかしら!?




Donovan, 60s legend, icon, poet, and one of the most important singer-songwriters, marks his 50th year in the music business. Congratulations, Donovan! In the memory of that, a double CD anthology "Donovan Retrospective" is on sale now. All songs are from the 60s, selected by Donovan himself. But it includes a brand new reggae-style single 'One English Summer' too!

He will do a UK & Ireland tour in October 2015, and then he will also play in EU, North America and the East in November and December. Donovan will play in Tokyo!?

Jun 19, 2015

私の後悔  My regret

(English follows)
私はデヴェンドラ・バンハートの大ファン。そしてデヴェンドラの友だちの大ファン。だから、デヴェンドラが友だちのグレッグ・ロゴーヴと組んだメガプスも大好きなの。メガプスのアルバム『Surfing』を聴いたことある? あれは本当のダーティなロック・アルバムで、同時に偉大なロックの記憶についてのアルバムなの。大好き。ローレン・デュコフが撮ったジャケット写真もすごかった!

私の後悔。2008年9月25日にはウェスト・ハリウッドに、9月28日にはサンフランシスコに、私は絶対いるべきだったんだわ。だってその両日はメガプスとリトル・ジョイとエントランス・バンドが一緒にライヴをやったんだから。すごい組み合わせでしょ。信じられない。想像して。あれは奇蹟のような夜だったに違いないわ……。




I’m a big fan of Devendra Banhart. Also, I’m a big fan of his friends. So I love Megapuss that Devendra and his friend Greg Rogove have formed. Have you ever listened to Megapuss’ album “Surfing”? That’s a truly dirty rock album, and the one on the memories on great rock music. I love that. In addition, the cover photo took by Lauren Dukoff was amazing!

My regret. I should have stayed in West Hollywood on September 25, 2008, and should have stayed in San Francisco on September 28, 2008. Because Megapuss, Little Joy and The Entrance Band shared the same stages on both days. What a combination. Incredible. Imagine, they must have been miracle-like evening...

Jun 17, 2015

テリー・レイドのボックス・セット  Terry Reid’s box set

(English follows)
ごめんなさい! 言い忘れていたわ! 世界で一番過小評価されている偉大なシンガー=ソングライターはテリー・レイドよ。そして、ライノ/ワーナーから、テリー・レイドの「オリジナル・アルバムシリーズ」として5枚入りCDボックス・セットがすでにリリースされているの(アメリカでは先月リリースされたわ)。内容は、

Bang, Bang You’re Terry Reid (1968)
Terry Reid (1969)
River (1973)
Rogue Waves (1979)
The Driver (1991)

の5枚。『Seed of Memory』(1976)は欠けているのね。でもいいわ。入手が難しいアルバムがここにはあるから。これは彼がどんなにすごいアーティストかが分かる偉大なパッケージよ。おススメ。それにとっても安価なの!


Sorry! I forgot to tell you! The most underrated singer/songwriter in the world is great Terry Reid. And the 5 CD box set called “Original Album Series” by Terry Reid has already come out from Rhino / Warner (It was released in US last month). The box contains;

Bang, Bang You’re Terry Reid (1968)
Terry Reid (1969)
River (1973)
Rogue Waves (1979)
The Driver (1991)

Sadly, it lacks “Seed of Memory” (1976). But it’s OK, for some albums included in the box are now hard to find. It’s a great package that shows how Terry Reid is amazing. Highly recommended. Also, it’s so cheap!

Jun 15, 2015

私的研究本  Books for a Private Study

(English follows)
ワオ! ステキなニュース! 目下、仙台のギャラリー「チフリグリ」で、「私的研究本」というタイトルの、知的でエキサイティングで興味深い展覧会が開催中なの(6月21日まで)。そこに、音楽雑誌として『ユリシーズ』も展示されているわ。アートワークも一緒に。本が好きな人、音楽が好きな人、アートが好きな人は、ぜひギャラリーにお出かけください!

ちなみにギャラリー・チフリグリは、2012年6月15日から24日までユリシーズの展覧会「ユリシーズ・エクスポーズド」を開催した若いギャラリーなのよ。そこでは林拓もライヴをやったわ。ユリシーズいわく、仙台で最もクールな場所のひとつがチフリグリなの。その通りね!




Wow! What a great news! Now a so intelligent, exciting and interesting show called “Books for a Private Study” is held at Gallery Chifuriguri, Sendai, Japan (from 13th to 21st, June), and the back numbers of the ULYSSES magazines are exhibited there, together with an artwork. Book lovers, music lovers, art lovers, come and join the show!

Incidentally, Chifuriguri is the young gallery that held that ULYSSES art show “ULYSSES EXPOSED” from June 15 to 24, 2012. Then Taku Hayashi played live there too. According to the ULYSSES Boys, Gallery Chifuriguri is one of the coolest places in Sendai. YES!

Jun 13, 2015

ありがとう!  Thank you!

(English follows)
とってもありがとう! このブログを読んでくれた人の数が100,000人を超えました! 嬉しいわ!

(写真はジミー・ペイジ。この夏にはレッド・ツェッペリンのリマスター盤が3種出揃うわ。併せてユリシーズによるレッド・ツェッペリン本もぜひお読みください!)



Thank you soooo much! Our page viewers are now over 100,000! I'm so happy!

(It's the photo of Jimmy Page. You know, 3 remastered Led Zeppelin albums will come out this summer. Please enjoy ULYSSES' Led Zeppelin book together. Thank you again!)

Jun 7, 2015

意味にはとらわれずに  Unburdened by Meaning

(English follows)
今日は興味深い本を紹介するわ。デヴェンドラ・バンハートと彼の友だちアダム・トゥリーによるアートブック『Unburdened by Meaning』がAnteismから出版されるの。ハード・カヴァー、64ページ、200部限定、アーティストのサインとナンバー入りよ。見逃さないで。心通いあう2人がデヴェンドラのニューヨークのスタジオで個別におこなった仕事を私達は愉しむことができるの。意味にはとらわれずに。デヴェンドラ、また会いましょう!






I’m telling you about an interesting book today. The artbook called “Unburdened by Meaning” by Devendra Banhart and his dearest friend Adam Tullie is coming out from Anteism. Hardcover, 64 pages, limited edition of 200, and numbered & singed by the artists. Don’t miss it. Such two sympathetic artists worked in parallel in Devendra’s New York studio, that will make us fun. With unburdened by meanings. Devendra, see you again very soon!