ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 31, 2015

メイヨ・トンプソンの詩集  Poetry book by Mayo Thompson

(English follows)
ハロー! 驚いたわ! 私の友だちの友だちが、メイヨ・トンプソン(レッド・クレイオラ)の詩集を持っているの。タイトルは『Gorki & Co.』。1986年にドイツの出版社Meterverlagから出版されたもの。Gorkiはメイヨ・トンプソンが興味を持っていたロシアの文豪マクシム・ゴーリキーのことよ。こんな本、私は全然知らなかったわ! 今では珍しい本なの?


Hello! Amazing! My friend’s friend has a copy of a poetry book by Mayo Thompson (The Red Crayola). The book is called “Gorki & Co.”, that was published from a German publisher Meterverlag in 1986. Gorki means Russian great novelist Maxim Gorky that Mayo Thompson has been interested in. I didn’t know that book at all! Is the book rare now?

May 30, 2015

偉大なジュディ・ナイロン  Great Judy Nylon

(English follows)
アロハ! 私は今ジュディ・ナイロンのことを考えているところ。彼女の唯一のアルバム『Pal Judy』のことを。ダークで、ムーディで、セクシーな歌の数々。別の言い方をすればグラマラスよ。アルバムは1982年にOn-U Soundからリリースされたの。共同プロデューサーはエイドリアン・シャーウッド。すごくいいアルバム。傑作よ。なのに、おかしなことに『Pal Judy』は発売とほぼ同時に店頭から消えてしまったの。何という悲劇。でも彼女の伝説のダブ・アルバムがジュディをひとりの偉大な偶像として確立したことは事実よ。

ジュディはパティ・パラディン(ジョニー・サンダースのガールフレンド!)と組んでスナッチというパンク・バンドをやっていたことがあるわ。でも私は『Pal Judy』に関心があるの。日本盤で再発されたらいいのに。もちろん紙ジャケ仕様でね。


Aloha! Now I’m thinking of Judy Nylon and her only solo album “Pal Judy”. Full of dark, moody, and sexy songs. In another words, glamorous ones. The album was released in 1982, from On-U Sound. Co-produced with Adrian Sherwood. It’s a very good album. Masterpiece. Oddly “Pal Judy” disappeared almost immediately after its release though. What a tragedy. However, it’s true anyway that her legendary dub album established Judy as a great icon.

As you see, Judy collaborated with Patti Palladin (Johnny Thunders’ girlfriend!) in the punk rock group Snatch in the past. But I’m interested in “Pal Judy”. I would be happy if it’s re-issued as the Japanese edition. Of course, in the mini LP format (paper sleeve).

May 24, 2015

もうひとつのブライテスト・ホープ  Another Brightest Hope

(English follows)
もうひとつのブライテスト・ホープを忘れちゃダメよね。プリティ・プリティ・ファクトのことよ。エントランス・バンドやピクシーズのメンバーでベースを弾き、ジョセフィン・フォスターとは一緒に仕事をし、いている、日本でも大人気の「女神」パズ・ランチャンタンのニュー・グループよ! メンバーはパズとミカ・ディクソンの2人。ゴシック風で、アヴァンギャルドで、ノイジーな音楽性? 噂によれば、プリティ・プリティ・ファクトはレコーディングを始めているそうよ。だから彼らはじきにヴェールを脱ぐんだわ。でも、私達はいつだってパズのやることをとっても信頼しているの。

言うまでもなく、ユリシーズはパズの大ファンよ。パズはとてもフレンドリーで、親切で、才能あふれたアーティスト。彼女をユリシーズは一貫して応援してきたわ。「プリティ・プリティ・ファクトのためにプロモーション用ポスターを作りたいよ!」と、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは言っているわ。そう、実際ユリシーズはエントランス・バンドやパズのカッコいいポスターを作ったことがあるのよ!




Oh, don’t forget another brightest hope; I mean Pretty Pretty Fukt. It’s a new group of Paz Lenchantin who, as the bassist, is a member of The Entrance Band and the Pixies, works with Josephine Foster, and is so appreciated as the Goddess among Japanese people too. The members are Paz and Micah Dickson. The band is Gothic, avant-garde and noisy? According to a rumor, they have already started recordings. So I think Pretty Pretty Fukt will be unveiled soon. However, we always trust deeply Paz’ doing.

Needless to say, the ULYSSES Boys are big fans of Paz. Because Paz is a so friendly, kind and talented artist. So ULYSSES have supported her constantly. “I want to design a promotional poster for Pretty Pretty Fukt!”, says Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES. Yes, ULYSSES have made cool posters before, for The Entrance Band and Paz Lenchantin!

May 17, 2015

ブライテスト・ホープ  The Brightest Hope

(English follows)
アロハ! みんなも知っているように、ユリシーズはここ近年ずっとフロー・モリッセイを応援してきたわ。それだけじゃないわ。今、ユリシーズは確信しているの。彼女は今年のブライテスト・ホープだっていうことを。そして、いいニュースよ。遂に彼女のデビュー・アルバム『Tomorrow Will Be Beautiful』が6月にイギリスとEUで、そして7月にはアメリカとその他の国々でリリースされるの! 絶対に聴いて。フローはとんでもない才能を持ったシンガー=ソングライターなのよ!

アルバムのプロデュースはノア・ジョージソン。そう、デヴェンドラ・バンハートのファンなら誰もが知っているノアよ! もしもあなたがデヴェンドラのファンなら、あなたはユリシーズとフローのファンでもあるのよ。フロー、ノアと一緒に日本に来てライヴをやって!

ところでフローはこの6月、ロンドンとパリで初のヘッドラインを飾るライヴを敢行するの。彼女は間違いなく大成功するわ。彼女の明日はステキなの(Her tomorrow will be beautiful)。





Aloha! As you've known well, ULYSSES has supported Flo Morrissey for these years. Not only that, but also ULYSSES is sure now that she's the brightest hope of the year. And, good news for you. Finally her debut album "Tomorrow Will Be Beautiful" will be released this June in the UK and the EU, and then the US and the rest of the world in July! Never miss that. Flo is an extraordinary talented singer / songwriter!

Her album is produced by Noah Georgeson. Yes, Noah is the guy every Devendra Banhart fan knows well. If you are a fan of both Devendra and ULYSSES, you are a fan of Flo too. Flo, come to Japan together with Noah to play live!

By the way, Flo will be playing her first ever headline shows in London and Paris, June. She'll score a great success, I believe. Her tomorrow will be beautiful.

May 10, 2015

リジー・メルシエ・デクルーの年  The Year of Lizzy Mercier Descloux

(English follows)
ノー・ウェイヴ・シーンの最も魅力的な王女リジー・メルシエ・デクルーのことならあなたもよく知っているわよね。彼女はZEレコーズのアーティストとして、1978年に最初のミニLPをローザ・イエメン名義で発表。その後、1979年から89年までに5枚のアルバムを彼女自身の名義で制作したわ。どれも永遠にコンテンポラリーなアルバム。日本にも彼女のファンは多いわ。2009年にはPヴァインから彼女のアルバム全部が紙ジャケ仕様で再発されてすごく話題になったもの。

でも、物語は続くの。そう、嬉しいニュースがあるの! リジー・メルシエ・デクルーの未発表音源集『The Lost Album』が遂にこの秋にリリースされるわ! 楽曲は1995年にアメリカとジャマイカでレコーディングされたもので、本当はそれが彼女の最後のアルバムになる予定だったの。でも、それらは生前にはリリースされなかったわ。そして彼女は2004年に亡くなってしまった……。

『The Lost Album』に先駆けて、4曲入りEPがリリースされたばかり。素晴らしい内容。リジーの声って本当に愛らしいの。それにしても、なぜ十字架がジャケットにあるのかって? それはリジーがマレーヴィッチの絵画「黒い十字架」を愛していたからよ!

加えて、リジーのオリジナル・アルバムは今年ライト・イン・ジ・アティックから再発される予定。2015年はリジー・メルシエ・デクルーを再発見する年なのね!



You know well about Lizzy Mercier Descloux who’s the most attractive princess in the no wave scene. She, as an artist of ZE records, recorded a first record, mini LP, under the name of Rosa Yemen. Then she made 5 albums from 1979 to 1989 under her own name. Every album of her is eternally contemporary. There are many fans of her in Japan. In 2009, P-Vine records reissued her all albums in the mini LP format / paper sleeve edition, that made her fans so exited.

However, the story has no end. Yes, I have to let you know a good news! Finally this autumn, Lizzy Mercier Descloux will release a new album called “The Lost Album” containing previously unreleased tracks! All songs were recorded in the U.S. and Jamaica, 1995, that was to be her real last album. But it was never released during her life time. And she passed away in 2004...

4 track EP of her has just come out before “The Lost Album”. Wonderful. Lizzy’s voice is really lovely. Why a cross on the cover by the way? Because Lizzy loved Malevich’s painting “The Black Cross”!

In addition, all of Lizzy’s classic albums will be reissued from Light In The Attic this year. You see, 2015 is the year when you can find Lizzy Mercier Descloux again!

May 7, 2015

サード・イアー・バンドのレア・トラックス集  Rare Tracks of Third Ear Band

(English follows)
遂に! 全ユリシーズ・ボーイズが大好きなサード・イアー・バンドのアルバム『Necromancers of the Drifting West』が5月25日にゴンゾ・メディア・グループからリリースされるわ。1968年から1971年に録音された8曲のレア・トラックで構成されていて、サード・イアー・バンドの前身ナショナル・バルカン・アンサンブルの楽曲も収録されているの。全曲、オフィシャルでは初めてリリースされるものよ! 嬉しいでしょ?

ついでに喜ばせてあげるわ。このステキな白黒ポスターを見て。サード・イアー・バンド、ケヴィン・エアーズ、ブリジット・セント・ジョンの名前を見ることができるわ。 これはブラックヒルズ・エンタープラ イズが1970年に発行したものよ。これもレアよね。噂では、このポスターはマイケル・チャップマンのコレクションなの!



Finally! All of the ULYSSES Boys' favorite Third Ear Band will release a new album "Necromancers of the Drifting West" on the 25th this month from Gonzo Media Group. The album contains 8 rare tracks recorded between 1968 and 1971, and note that it also includes the National Balkan Ensemble's (pre-Third Ear Band) tracks. All are for the very first time on an official record! You feel happy, don't you?

I would like to make you feel happy more. Look at this beautiful black & white poster. You can find the names of Third Ear Band, Kevin Ayers, and Bridget St. John. It was published by Blackhills Enterprise in 1970. Rare one too. According to a rumor, the poster is Michael Chapman's collection!

May 6, 2015

シンク・ピンク2!  Think Pink 2!

(English follows)
ワオ! すごいニュースよ! トゥインク(モハメッド・アブドラ・ジョン・アルダー氏)はまもなくサンビーム・レコーズから新作『Think Pink 2』をリリースするの!『Think Pink 2』よ! 私は言葉を失ったわ! この意味分かるわよね? サポートは例によってテクニカラー・ドリームよ(あなたはトゥインクの前作『You Reached for the Stars』を聴いた?)。トゥインクは今ではサイケのゴッドファーザーなのね。でも、昔の彼は可愛かったわ。




Wow! Great news for you all! Twink (Mr. Mohammed Abdullah John Alder) will release a new album called “Think Pink 2” from Sunbeam Records! “Think Pink 2”! I lost my words! You know what I mean, don’t you? The support band is The Technicolour Dream (Have you already listened to Twink’s latest album “You Reached for the Stars”?). Now Twink is a godfather of psychedelia. But I think he was cute when he was young.

May 3, 2015

ジミー・ペイジと一緒にいるブライアン・ジョーンズ  Brian Jones with Jimmy Page

(English follows)
再び映画のこと。あなたがブライアン・ジョーンズのファンなら、アニタ・パレンバーグが主演してフォルカー・シュレンドルフが監督した1967年の西ドイツ映画『A Degree of Murder』のことは知っている わよね。この映画はブライアン自身が作曲し、プロデュースし、アレンジし、プレイしたサウンドトラックのせいで広く認知されているわ(何とブライアンはシタール、オルガン、アコースティック・ギター、リコーダー、チェロ、ベース、メロトロン、ダルシマー、バンジョー、クラリネット、ハーモニカ、その他をプレイしているの!)。加えて、当時ヤードバーズのギタリストだったジミー・ペイジはそのレコーディング・セッションに参加しているの。この写真を見て! ステキ!

でも、とても残念なことに、サウンドトラックは法的にややこしい事情があるせいで公式にはリリースされたことがないのね。ブートレッグで楽しむことしかできないの? ブライアンは天才なのに!




I'm talking about another film... If you are a fan of Brian Jones, you know about "A Murder of Degree", a 1967 West German film directed by Volker Schlondorff, starring Anita Pallenberg. The film is widely recognized because of the soundtrack composed, produced, arranged and played by Brian himself (Amazingly Brian played the sitar, organ, acoustic guitar, recorder, cello, bass guitar, mellotron, dulcimer, banjo, clarinet, harmonica and so on!). In addition, Jimmy Page, who was the guitarist of the Yardbirds at that time, contributed to the recording sessions. Look at the pictures! Beautiful!

However, much unfortunately, the soundtrack has never had an official release, because of legal conflicts. I wonder if we enjoy only the bootleg album? Brian is a real genius though!

May 2, 2015

メリディアン・ウェスト  Meridian West

(English follows)
アロハ! 私は今、 自宅でのんびりと何本かDVDを見て楽しんでいるところ。そのうちの1本が『ブリット』。『ブリット』はピーター・イエイツが監督した1968年のアメリカのアクション映画で、出演はスティーヴ・マックイーン、ロバート・ヴォーン、ジャクリーン・ビセット。クールな映画よ!

ところで、その映画で私は忘れられない音楽を聴いたの。マックイーンとビセットが一緒にいるレストランの場面で、あるジャズ・カルテットがほんの少しだけ演奏するの(一分後には終わってしまうんだけど……)。若い女性のフルートがすごくロマンティック、そして全体の音は火花の散るような華々しいクオリティ。なんてステキなの! このグループは何? クレジットによると、グループ名はメリディアン・ウェスト。実在のグループなのよ。かの有名なトライデントでそのパフォーマンスを見たことのあるマックイーンの支援で、メルディアン・ウェストは映画に出演することになったそうよ。

さらに調べてみたわ。メンバーはJulie Iger-Roseman(フルート)、Larry Vogt(ギター)、Nat Johnson(ベース)、Al Pimentel (パーカッション)。グループの結成は1967年初頭。彼らのレパートリーにはジャズだけではなくて、アメリカやイスラエルのアシッド・フォーク・ソングも含まれていたそうよ。興味深いわ。とてもとても興味深い。

彼らがレコーディングしたかどうかについては知らないけれど、私はこのクループが好き。それに私は彼らのグループ名も好きよ。今日はどうしてもそのことが言いたかったの……。



Aloha! Now I relax at home to enjoy some DVDs. One of them is “Bullitt”. “Bullitt” is a 1968 American crime action police film directed by Peter Yates, starring Steve McQueen, Robert Vaughn and Jacqueline Bissett. It’s a cool film!

In this film, I noticed unforgettable music by the way. In the restaurant scene with McQueen and Bissett, a jazz quartet played in the background for a short time (A minute passes. and it’s over...). A young girl played the flute so romantically, and the total tune had a real pyrotechnic quality. What’s this? According to the credit, the group’s name is Meridian West. A real group. They say Meridian West appeared on this film with a support from McQueen who had been captured by a performance at the famous Trident.

I dug more. The members are Julie Iger-Roseman (flute), Larry Vogt (guitar), Nat Johnson (bass), and Al Pimentel (percussion). The group was formed in early 1967. The repertoire consisted of not only jazz but also American / Israeli acid folk songs. How interesting. Very, very interesting.

Unfortunately I’m unaware of any recordings, but I love this group. Also I love the group name. Today I eagerly wanted to say that...