ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Apr 27, 2015

40年が過ぎて 40 Years Have Gone

(English follows)
そういえば、クイーンが初めて来日してから(1975年4月)40年が経過したのね。私が生まれる前のこと、若いクイーンは当時、日本では特に女の子のファンが多かったの。だって彼らはとても礼儀正しくて、ルックスが良かったから(特にロジャー・テイラーがカッコいいの。でも、フレディ・マーキュリーですら可愛かったのよ)。

私、クイーンの 写真集を持っているの。1975年と76年に来日した時の、一番可愛くてグラマラスな時代のクイーンを見ることができる写真集。題して、ズバリ『QUEEN』。フォトグラファーはかの有名な長谷部宏さん。監修とアート・ディレクションは河添剛さん(ユリシーズ!)。出版社はシンコーミュージック・エンタテイメント。2008年刊行。すごく美しい本よ。ゴージャス。エディトリアル・デザインと構成はフランス風にシック。そして河添さんはいつものようにとても面白いエッセイを書いているの。「ジョン・ディーコンがディーコン・ジョンと表記されていた時代のクイーンについて、私が思い出すことのできる2、3の事柄」というタイトルで。この写真集を見れば、当時のクイーンがどれだけステキだったかすぐに分かるわ!

でも、残念なことに、この写真集はもう買えないわ。売り切れなのね。古本屋さんで見つけることができればラッキーね!


40 years have gone since Queen came to Japan for the first time (April, 1975) by the way... At that time, before I was born, new group Queen was so popular especially between Japanese young girls. Because Queen were so polite and looked very good (Especially Roger Taylor was cool. But even Freddie Mercury was cute).

I have a photobook on Queen specually photographed in Japan, 1975 and 1976... their most beautiful and glamorous days. The book is called “QUEEN”. All photographs are by that famous Koh Hasebe. Supervisor and art-director is Tsuyoshi Kawasoe (from ULYSSES). Published in 2008, from Shinko Music Entertainment co. ltd. This is a very beautiful book. Gorgeous. Both of its editorial design and construction are sick in the French manner. And Tsuyoshi Kawasoe writes a so interesting essay as always, called “A few things I can remember about Queen when John Deacon was described as Deacon John”. If you see the photobook, you ‘ll be able to find out immediately how Queen was big in Japan at that time.

However, much unfortunately, this book is not available now. SOLD OUT. You’ll be so lucky if you happen to get a second bookshop!

Apr 26, 2015

愛しのヘレン  Helen Wheels

(English follows)
アロハ! 明日は友だちと一緒にポール・マッカートニーのライヴに行くの! 興奮しているわ! 実は私は個人的にはポールとかジョージの方がジョンよりも好きなの。ジョンは偉大な芸術家。でもポールはいつもキュート。長髪のジョージはヒゲがステキ……。

そんな私にとって、ポールにぜひともプレイしてもらいたい曲があるの。それは「愛しのヘレン」(1973年)。すごく気持ちのいいブギー。大好きな曲よ。「ジュニアーズ・ファーム」(1974年)と同じくらい好き。ポール、「愛しのヘレン」を演ってね! お願い!



Aloha! I’ll enjoy Paul McCartney’s concert together with my friend tomorrow! So excited! To tell the truth, I personally prefer Paul and George to John. John is a great artist. But Paul is always cute. Also I’m involved with long-haired George with beards...

I would be so happy if Paul plays a song. It’s “Helen Wheels”(written in 1973). So comfortable boogie. My favorite song. I love that as well as “Junior’s Farm”(1974). Paul, sing “Helen Wheels”! PLEASE!

Apr 25, 2015

林拓の新しいポスター  New Poster for Taku Hayashi

(English follows)
先週の林拓のライヴ、すごく良かったー。荒々しくて、繊細で、マジカルで、スウィートで。やっぱり彼は日本でベストのシンガー=ソングライターね! 私が大好きな新曲「夜明けの口笛吹き」もプレイしてくれたわ。ものすごく美しいメロディだけど、不思議な雰囲気があるのよ。彼のニュー・アルバムが待ち遠しいわ!

そんな林拓のために、ユリシーズは新たにライヴ・ポスターを作ったの。見て。すごくカッコいいの! ユリシーズによれば、ポスターはたった50枚限定なんですって。ワオ。 私も一枚欲しい!


I enjoyed Taku Hayashi’s concert last week. It was soooo good. He was wild, delicate, magical and sweet. Still he’s the best singer / songwriter in Japan! He played my favorite new song called “The Piper at the Gates of Dawn” then. It has very beautiful melody, but in a strange mood. I’m looking forward to his new album!

ULYSSES made a new concert poster for Taku Hayashi. Look. So cool, isn’t it!? According to ULYSSES, the poster is a limited edition of only 50. Wow. I want to get a copy!!!

Apr 14, 2015

アルガ・ジャーナル  Alga Journal

(English follows)
林拓やアナップルのアルバムをリリースしている京都のレーベル「アルガ」が、『アルガ・ジャーナル』というとても美しいフリーペーパーを出しているの。その最新の第2号がこちら。そこで、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんが、林拓との友情、ユリシーズとの関係、彼の音楽についての分析などを率直かつポエティックに語っているわ。必読よ!

なお林拓は、4月は16日、17日、18日の3日間、東京でプレイするわ。期待していてね! 彼はきっと新曲も披露してくれるはずよ!


You know, the Kyoto based independent record label Alga, that releases the albums of Taku Hayashi and Anapple, publishes a so beautiful free paper called “Alga Journal”. Here, the second issue has just come out. In this issue, the ULYSSES Boy Tsuyoshi Kawasoe talks poetically and honestly about his friendship with Taku Hayashi, the relationship with ULYSSES, the analysis of his music and so on. MUST READ!

Taku Hayashi will play on the 16th, 17th and 18th this month in Tokyo by the way. Stay tuned! I believe he will sing some new songs!

Apr 13, 2015

ムーン・バンド  The Moon Band

(English follows)
こんにちは! あなたはアシッド・フォークのファン? 実はね、英ウィズダム・トゥイン・レコーズからファースト・アルバムがリリースされたばかりのニュー・グループ、ムーン・バンドがとっても興味深いの。メンバーはニコラス・トムリンソン(ブズーキ、ギター、シタール、フィドル、ヴォーカル)とルネ・フォーレスター(ギター、オートハープ、レコーダー、ギター)。ムーン・バンドは本物のマジカル・サイケ・フォーク・バンドよ。古典的なサウンド、だけど完璧に新鮮。おススメよ! 

そして、信じられないことに、彼らは21世紀のカナダのグループなの! 地元ではすごい人気らしいわ! レナード・コーエンやジョニ・ミッチェルを思い出して。カナダにはユニークな才能が存在するのね!




Hello! Are you a great listener of acid folk? In fact, The Moon Band, who have just released their debut album from the British record label Wisdom Twin, is a quite interesting new group. The members are Nicholas Tomlinson (Bouzouki, Guitar, Sitar, Fiddle, Vocals) and Renee Forrester (Guitar, Autoharp, Recorder, Vocals). The Moon Band is a real magical psych folk group. They have a classic sound, but completely fresh. Highly recommended!

And, unbelievably, The Moon Band is from Canada of the 21st century! People say the group have amazing audience over there! Remember Leonard Cohen and Joni Mitchell. There are unique talented artists in Canada!

Apr 12, 2015

少しの間思い出して  Remember for a while

(English follows)
ごめんなさい! お伝えするのを忘れていたわ。ニック・ドレイクの決定的な本が刊行されたの。題して『Remembered For A While』。ハードカヴァー。448ページ。フルカラー。ジョン・マレー社刊。レアな家族写真、音楽の分析、お姉さんのガブリエル・ドレイク(有名な女優さんよ!)による家族の歴史についてのエッセイ、ブリジット・セント・ジョンを含む友だちや心の通じ合った人々による寄稿、ニック・ドレイクの日記の一部をも収めたとても美しい本。この本があればニック・ドレイクへの理解はもっと深まるわ!

なお、この本にはサイン付きのエディションもあるの。箱入りで1,000部限定。とってもゴージャスよ!

みんな、ニック・ドレイクのことを少しの間だけ思い出して……。




Sorry! I forgot to tell you. A definitive book on Nick Drake has come out. It’s called “Remembered For A While”. Hardcover. 448 pages. Full color. It’s from John Murray Publishers Ltd., comprising family photos, music analysis of his songs, essays by his sister Gabrielle (She’s a famous actress!) about her family history, tributes from friends and kindred spirits including Bridget St. John, and even passages from Drakes diary. It’s a beautiful book, helping you to know him better than before!

Signature boxed edition is available too. It’s a limited edition of 1,000 copies. So gorgeous!

Guys, remember Nick Drake for a while...

Apr 5, 2015

ブリジット・セント・ジョンのこと  About Bridget St. John


(English follows)
ものすごくステキなニュースよ! 6月12日に英プレストンのザ・コンチネンタルでブリジット・セント・ジョンがライブをやるの! そして競演者は何とブリジットの「音楽兄弟」マイケル・チャップマン。何てゴージャス。彼らは故ジョン・ピールにとても愛されたアーティストたちよ。ジョン・ピールによれば、ブリジット・セント・ジョンはイギリスで最もすぐれたシンガー=ソングライター。そして彼は、マイケル・チャップマンのファースト・アルバム『Fully Qualified Survivor』を1970年で最もすぐれたアルバムの一枚に選んだわよね。このライヴ、観たい! ブリジットに会いたい!……

ブリジット・セント・ジョンはこれまで3回来日したわ。2001年、2006年、2010年と。『アンダー・トーキョー・スカイズ』は2001年の、そして『ジョリィ・マダム』は2010年のライヴ盤よね。2枚とも日本だけで買えるわ。『ユリシーズ』創刊号では彼女についての長い記事が掲載されていた。日本人は彼女のことがとても好きなのよ!

とにかくブリジット・セント・ジョンが嫌いな人なんかいないわ。彼女のことを知らない人は、チェリー・レッドからリリースされたばかりの4枚組CDボックスをぜひ聴いてね。彼女には本物の魂と心があるの!


So great news! Bridget St. John will perform at The Continental, Preston, UK on the 12th June! with “her musical brother” Michael Chapman. How gorgeous. They were so much loved by John Peel. According to Mr. Peel, Bridget is the greatest singer-songwriter in the UK. Also, he chose Michael Chapman’s first album “Fully Qualified Survivor” as one of the greatest albums of 1970. I really want to see their show ! I want to see Bridget!...

You know, Bridget St. John has come to Japan for 3 times. In 2001, 2006 and 2010. Her album “Under Tokyo Skies” was recorded live in 2001, and “Jolie Madame” was recorded live in 2010. Both albums are available only in Japan. Also, “ULYSSES” #1 featured a long article on her. Japanese people love her so much!

No one who doesn’t like Bridget St. John. Never. If you don’t know about her music, try to her 4 CD box set that has just come out from Cherry Red Records. She has real soul and spirit!