ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 31, 2015

ありえない!  No, No, No!

(English follows)
アロハ! みんなもよく知っているように、シド・バレットはピンク・フロイドを1968年1月に脱退したわ。でも、バンドは新しいギタリストのデイヴ・ギルモアとともにツアーを続けるの。

でも、これってありえない! 写真を見て。これは同年2月中旬にフランスで放映されたピンク・フロイドのテレビ出演の際のイメージ。ピンク・フロイド(Pink Floyd)がPink Floidって紹介されているの! シドもいなければ、FloydのYもない! 恥よね!


Aloha! As you know well, Syd Barrett left Pink Floyd in January 1968. However, the band continued their journey with a new guitarist Dave Gilmour.

But, no, no, no! Look at this picture. It is an image of the Pink Floyd’s live TV appearance in the mid February, 1968. Pink Floyd was Pink Floid??? No Syd, and No Y of Floyd at the same time. What a shame!

Mar 29, 2015

ラマダン  Rhamadan

(English follows)
4月8日、日本ではシド・バレットのソロ・アルバム『帽子が笑う…不気味に』、『その名はバレット』、そして『オペル』の3枚が、紙ジャケ仕様で限定リリースされるわけなんだけど……。ここで注目したいのは、『帽子が笑う…不気味に』にボーナストラックとして初めて収録される謎めいた「ラマダン」よね。約20分も続くジャズ風インストゥルメンタル。録音は1968年5月14日。そして、シドとプレイしているのは当時ティラノザウルス・レックスのメンバーだったスティーヴ・ペレグリン・トゥック。危険な雰囲気!

シド・バレットとスティーヴ・ペレグリン・トゥックとの関係はよく知られているわよね。シドの「ランキー」でもスティーヴはプレイしているわ。それに、スティーヴの「シドのワイン」ではシドがレコーディングに参加しているし。彼らがここにいてくれたらいいのに。


As you see, all of the Syd Barrett album “The Madcap Laughs”, “Barrett” and “Opel” will come out in the limited editions of mini LP format on the 8th April, Japan only... Now we are interested especially in enigmatic “Rhamadan” that will be included as a bonus track for the first time for “The Madcap Laughs”. It’s a jazzy instrumental about 20 minutes in length. Recorded 14th May, 1968. And those who was playing with Syd is Steve Peregrine Took who was the member of Tyrannosaurus Rex at that time. Dangerous mood!

It’s well known about the relationship between Syd Barrett and Steve Peregrine Took. Steve also played in Syd’s oeuvre “Lanky”. On the other hand, Syd took part in the recording sessions on Steve’s song “Syd’s Wine”. Wish they were here...

Mar 22, 2015

天才シルヴィ  Genius Sylvie

(English follows)
アロハ! 最近なぜか私の友達がシルヴィ・シモンズを話題にしていたの!……

言うまでもなく、シルヴィ・シモンズといえば70年代後半以来サンフランシスコを拠点に活動するロック・ジャーナリスト兼小説家。セルジュ・ゲンズブール、ニール・ヤング、ジョニー・キャッシュ、レナード・コーエン、トム・ウェイツの本などでも世界的に有名よね。でも、それだけではないの。昨年の秋、彼女は何とライト・イン・ジ・アティックからアルバム『Sylvie』までリリースしたわ。そして、友達によれば、それがおそろしくいいアルバムだというの。「まるでシビル・バイヤーがカレン・ダルトンと唐突な出会いを果たしたかのようだ」って。へええ! そこで私も早速聴いてみました。

アルバムで、シルヴィは歌を歌い、ウクレレを弾いているの。ユニークな声。壊れたギターのようなウクレレの音色。遠い砂漠を連想させるようなシンプルなサウンド・プロダクション。とってもいい! これは名盤だわ! 確かに『Sylvie』は広く称賛されるべきアルバムね! もしかするとこれこそが私にとって一番の2014年のアルバム? プロデュースはジャイアント・サンドのハウ・ゲルブよ。

ちなみにデヴェンドラ・バンハートはこの作品について次のように述べているわ。「脆いのに、怖れを知らない作品。直截的なのに、詩的。こんなにも美しく構成され、時を超えたアルバムがあるなんて……。これはロザリー・ソレルスとオンリー・ワンズとの出会いだ!」

ビーチ・ボーイズのブライアン・ウィルソンはこう言っているわ。「甘美な音楽。まさしくシルヴィ自身のような」

美しい音楽。まさしく天才シルヴィのような。本当よ! 私はこのアルバムをみんなにおススメするわ! 遅すぎるってことはないでしょう?


Aloha! I didn’t know why, but a friend of mine had often talked about Sylvie Simmons recently!...

Needless to say, Sylvie Simmons is a San Francisco based music journalist / novelist having worked since the late 70’s. She’s also world famous as the author of books on Serge Gaisbourg, Neil Young, Johnny Cash, Leonard Cohen, Tom Waits and so on. But, it’s not only that. She released an album called “Sylvie” last fall from Light In The Attic Records. And, according to my friend, it’s a terribly great album. “It’s like a sudden encounter between Sibylle Baier and Karen Dalton”, he said to me. God! So I listened to the album immediately.

Sylvie sings and plays the ukulele in the album. What a unique voice. The tone of the ukulele like a broken guitar. the simple sound production that reminds you a far desert. I love it! This is a great masterpiece! As my friend emphasizes, “Sylvie” should be widely praised! Maybe it’s the album that I love the best in 2014? The album was produced by Howe Gelb (Giant Sand).

Incidentally, Devendra Banhart talks about the album. “Fragile and fearless, direct and poetic, such a beautifully constructed and timeless album... Rosalie Sorrels meets the Only Ones!”

Also, Brian Wilson says, “Sweet music just like Sylvie.”

Beautiful music just like genius Sylvie. That’s true! I recommend all of you this album! You won’t feel it’s too late, will you?

Mar 21, 2015

林拓、再び  Taku Hayashi, again

(English follows)
ワオ! グッド・ニュースよ! 林拓が昨年12月以来またしても東京でライヴをやるの! 4月16日、17日、18日よ! そして、注意してほしいのは、18日は完全なワンマン・ショウだってこと! 見逃せないわ! 詳しくは、彼のホームページをご覧ください!

知っての通り、2010年以来、ユリシーズは一貫して林拓を熱心に応援してきたわ。彼の才能がとってもユニークで、マジカルで、パワフルで、驚異的だからよ。彼が書く曲は全部美しいの! それに彼はやさしくって、フレンドリーで、すごくカッコいい男の子なのよ(私は間違ったことなんか言ってないわ!)。だから、みんなに彼のライヴを楽しんでもらいたいの。

友だちの話によれば、彼は今年新しいアルバムを出す予定よ。できるだけ早くこのニュースの詳細はみんなにお届けしたいところだわ! 期待していてね! ありがとう!


Wow! What a good news! Taku Hayashi will play in Tokyo again, since last December! He will do on the 16th, 17th and 18th April! And, please note, on the 18th he will have a one-man show! Don’t miss that! For the further information, please visit his website!

As you know well, ULYSSES has constantly supported Taku Hayashi so eagerly since 2010. Because his talent is so unique, magical, powerful and amazing. All of his songs he composed are extremely beautiful in fact! Also he is a gentle, friendly and cool boy (I’m not wrong at all!). So I would like you to enjoy his shows.

According to my friend, he will release a new album this year. I want to let you know more details on that as soon as possible! Stay tuned! Thank you!

Mar 15, 2015

ファミリー・ジャムズDVD!  “The Family Jams” gets a DVD release!

(English follows)
ハロー! みんなは憶えているわよね。2013年にユリシーズ主催により東京と京都で映画『ファミリー・ジャムズ』の特別上映会がおこなわれたことを。ケヴィン・バーカー監督のこの映画は、ジョアンナ・ニューサム、デヴェンドラ・バンハート、ヴェティヴァーが2004年に合同でツアーをした時のドキュメンタリー。そこにはアントニー&ザ・ジョンソンズ、リンダ・パーハックス、エスパーズ、メグ・ベアード、ジョアンナ・ニューサムが昔在籍していたプリーズドの姿もフィーチャーされていたわ。奇蹟のような時代の最も美しい記録……。

そして、遂によ! とっても嬉しいことに、映画はDVD化されて、4月21日にFactory 25からリリースされるの! しかも、ジョアンナ・ニューサム、デヴェンドラ・バンハート、ケヴィン・バーカー、それにアンディ・キャビック(ヴェティヴァー)のテキストと、未公開フォトを加えた52ページものブックレットを添えて。そう、これはまさしくデラックス・エディション。絶対に買わなきゃダメ!



Hello! All of my friends and readers must remember well that the film “The Family Jams” was specially screened in Tokyo and Kyoto in 2013, presented by ULYSSES. The film directed by Kevin Barker is a documentary one on the 2004’s US tour by Joanna Newsom, Devendra Banhart and Vetiver. The film also featured Antony & The Johnsons, Linda Perhacs, Espers, Meg Baird, and Newsom’s old band The Pleased. The most beautiful memories of the miracle-like days...

And, FINALLY. So wonderfully, the movie is getting a DVD release on April 21 via Factory 25! Also, it includes a 52-page booklet featuring writing Joanna Newsom, Devendra Banhart, Kevin Barker and Andy Cabic (Vetiver), plus previously unreleased photos. Yes, it is a deluxe edition truly. MUST BUY!

Mar 10, 2015

ヴェティヴァーの新作  Vetiver’s new album

(English follows)
いいニュース! ヴェティヴァーの6枚目のアルバム『Complete Strangers』が3月24日にイージー・サウンドからリリースされるの! 私はヴェティヴァーの大ファン。ポップで、フォーキーで、繊細で、美しいヴェティヴァーは、いつだって私達全員の昔の友達のような感じ。ヴェティヴァーはアメリカのベストのバンドのひとつだと思うわ。『Complete Strangers』は絶対におススメのアルバムよ。あなたにとってstrangerでは決してないアルバムよ。

そして、もうひとついいニュース! バンドのフロント・マンのアンディ・キャビックと、彼の大親友デヴェンドラ・バンハートが、5月に一緒にスペインとポルトガルでツアーをするの! すごく気になる!



Good news! Vetiver’s 6th album called “Complete Strangers” will be out on March 24 from Easy Sound! I’m a big fan of Vetiver. Pop, folky, delicate and beautiful Vetiver is always like an old friend of us all. I think Vetiver is one of the best bands in America. So I definitely recommend you the album “Complete Strangers”. It will never be a stranger to you.

Also, another good news! Andy Cabic, the front man of Vetiver, and his longtime friend Devendra Banhart will tour Spain and Portugal in May! SO INTERESTING!

Mar 8, 2015

ニッキ・サドゥンの7枚組アルバム・セット  Nikki Sudden’s 7 LP box set

(English follows)
知らなかった! 昨年暮れにヌメロ・グループからニッキ・サドゥンのアナログ盤7枚組ボックス・セット『Dark Rags At Dawn』がリリースされていたの! そこにはニッキのソロ『Waiting On Egypt』(1982年)と『The Bible Belt』(1983年)、デイヴ・カスワースと組んでいた時代の『Jacobites』(1984年)と『Robespierre’s Velvet Basement』(1985年)、ローランド・ S・ハワードとのコラボ作『Kiss You Kidnapped Charabank』(1987年)、そしてクリエイションから発表されていた傑作『Texas』(1986年)と『Dead Men Tell No Tales』(1988年)が収められているの。スリップケースに収められたこのボックスは限定500セット。ニッキのデビュー・ソロ・シングル「Back To The Start」b/w「Ringing On my Train」のおまけつき! ヌメロ・グループはいい仕事をしたわ!

ちなみに、ニッキのアルバムをもう何枚か、あるいは全部買いそろえている人のために、ヌメロ・グループはスリップケースだけの販売もおこなっているのよ。楽しい。

ニッキ・サドゥンって誰?なんてもう言わないで。ニッキ・サドゥンの評価は今では全世界でうなぎのぼりなのよ。彼についてもっと詳しく知りたい人は、『ユリシーズ』3号をもう一度読んでね! ありがとう!


I didn’t know that! Nikki Sudden’s 7 LP box set called “Dark Rags At Dawn” was released at the end of last year from Numero Group! The set complies Nikki’s solo LPs “Waiting On Egypt” (1982) , “The Bible Belt”(1983), the Dave Kusworth-era LPs “Jacobites” (1984), “Robespierre’s Velvet Basement” (1985), Nikki’s Roland S. Howard collaboration “Kiss You Kidnapped Charabanc” (1987), and his Creation-issued masterpieces “Texas” (1986) and “Dead Men Tell No Tales” (1987). This box in a slipcase is limited to just 500 copies, also including Nikki’s debut solo single “Back To The Start” b/w “Ringing On My Train”! Numero Group has done a great job!

Incidentally, Numero Group also extends the offer of purchasing just the slipcase to those who have already purchased some or all of these albums separately. Funny.

Don’t say any more “Who’s Nikki Sudden?”. Now he is much adored in the world. If you want to know more about him, read “ULYSSES” vol.3 again! Thank you!