ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 28, 2015

ポルナレフ展!  Michel Polnareff exhibition!

(English follows)
信じられないほどステキなニュース! フランス中部の都市モンリュソンのミュージアム「MUPOP」で、フランスの偉大な天才ミッシェル・ポルナレフの展覧会「PolnaExpo」が開催されるの(6月21日から12月31日まで)! コスチューム、様々な私物、手稿、レコードなどが展示される予定。すごく面白そう。誰か私をフランスに連れて行って!

2015年はもしかするとポルナレフの待望の新作がリリースされるかもしれない年。ユリシーズ・ボーイズもすごく期待しているわ。そう、音楽を真剣に愛する人はミッシェル・ポルナレフを決して忘れてはいけないものね!


What an incredible news! An exhibition on the French great genius Michel Polnareff called “PolnaExpo” will be held at MUPOP located in Montlucon, the city in the middle of France. The exhibition will be from 21st June to 31st December to show his costumes, private objects, manuscripts, records and so on. So interesting. Anyone who goes to France with me?

2015 is a year when a long-awaited new album of Polnareff will be probably released. The ULYSSES Boys are looking forward to that too. Yes, those who love music seriously will never forget Michel Polnareff!

Feb 21, 2015

デイヴ・カスワースの『Princess Thousand Beauty』  Dave Kusworth’s “Princess Thousand Beauty”

(English follows)
元ジャコバイツのデイヴ・カスワースの幻のソロ『Princess Thousand Beauty』(1996年)が再発されたわ! 私は知識がないので、以下はユリシーズ・ボーイの河添剛さんのコメント。

「 彼のソロの中で最も入手困難だったアルバム。当時はチェコとドイツでしか流通しなかったんじゃない? でも、 名曲のオンパレード。傑作だよ。大好きなロック・アルバムだ。僕はこれを聴いたらいつも泣くよ。デイヴ・カスワースはイギリスで最も過小評価されているトルバドールのひとりだね。再発盤はオリジナル盤とジャケットが違うよ」

アルバムは英イージー・アクションから。スタジオ録音と未発表だったライヴ録音の2枚組よ。ライヴ録音の方はジャコバイツの曲も収録されているの。気になる!


Ex-Jacobites member Dave Kusworth’s legendary solo album “Princess Thousand Beauty” (originally released in 1996) has been just reissued! I don’t know so much about him, so this is a comment from Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES.

“This is the album that has been extremely hard to find. I think it was sold only in Czech Republic and Germany at that time. But it’s a great masterpiece. So many great songs included. I really love such a rock & roll album. In fact I always cry when I listen to the album. Dave Kusworth is one of the most underestimated troubadours in England, I do believe. The cover of the reissued album is different from the original one.”

The album is from an English record label Easy Action. 2 CD set of studio recordings and previously unreleased live recordings. Dave plays some Jacobites songs in the latter too. So curious!

Feb 18, 2015

レートを忘れないで!  Don't forget REET!

(English follows)
レートを忘れないで! レート・ヘンドリクソン(1944-2000)はエストニア生まれのギタリスト兼シンガー。1969年にカナダで制作した唯一のアルバム『Eesti Rahvalaule』を通じて、彼女が避難せざるをえな かった祖国の文化をみんなに伝えた人よ。この幻のアルバムは昨年再発されたわ。オドロキ。あなたはブリジット・セント・ジョンやヴァシュティ・ブニヤンやシビル・バイヤーは好きかしら? もしもそうなら、これは絶対におススメよ! これは本当に美しいアルバムなの。時を超えたフォークソングの数々。


Don't forget REET! Reet Hendrikson (1944-2000) was a singer / guitarist born in Estonia. She shared the memories on the culture of her native land where she had to exile, through her only album "Eesti Rahvalaule" produced in Canada, 1969. This legendary album was reissued last year. Amazing. If you like Bridget St. John, Vashti Bunyan and Sibylle Baier, this is highly recommended. Definitely. Reet's album is really beautiful. Timeless folk songs.

Feb 17, 2015

1969年のシド・バレット  Syd Barrett in 1969

(English follows)
ハロー。昨年もここでお知らせしたように、イギリスの有名な画家ケヴィン・ホイットニーがアンディ・ウォーホルの影響下で制作した幻の短編映画『サイケデリア』(1969年/サイレント/2面スクリーン/22分34秒)に、何とシド・バレットが出演しているの! そして、昨年リヴァイヴァルされたこの映画のプロモーション・フィルムがこれなのよ! 彼は画面左上にいるわ。

暗闇の中でシドは微笑んでいる。The Madcap Smilesね……。





Hello. As I let you know here last year, Kevin Whitney, a British famous painter, made a legendary short film called “PSYCHEDELIA” under the big influence of Andy Warhol (executed in 1969 / silent / twin screen / 22 minutes 34 seconds), and it features Syd Barrett! So amazing! Guys, enjoy this promotion for this short film! Syd is on the top left.

Syd is smiling in the dark. The Madcap Smiles...

Feb 12, 2015

デヴェンドラ・バンハートの画集  Artbook of Devendra Banhart

(English follows)
遂に! デヴェンドラ・バンハートの最初の画集が出るわ!ハードカヴァーよ! 6月1日、出版社はプレステルから。注目よ!!!

本のタイトルは『I Left My Noodle on Ramen Street : Paintings and Drawings』(僕はラーメン通りで麺を食べ残した)。可笑しい! でも、デヴェンドラは日本食が大好きなの。テキスト執筆者はベック(ミュージシャン)、ディエゴ・コルテス(キュレーター)、アダム・グリーン(ミュージシャン、画家)、ジェフリー・ダイチ(元ロサンゼルス現代美術館ディレクター)。この本は、彼のヴィジュアル作品が音楽同様に洗練されたものであることを明らかにするわ。


Finally! Devendra Banhart’s first visual book will come out soon! It’s the hardcover edition! From Prestel (June 1, 2015!). Worthy of attention!!!

The book is called “I Left My Noodle on Ramen Street : Paintings and Drawings”. Funny! But Devendra is a big fan of Japanese food! Texts are written by Beck (musician), Diego Cortez (curator), Adam Green (musician, painter) and Jeffrey Deitch (ex-director of the Museum of Contemporary Art, Los Angeles). The book reveals that his visual creations are as sophisticated as his music.

Feb 11, 2015

フロー・モリッセイのUKツアー  Flo Morrissey’s UK tour

(English follows)
今ユリシーズが最も注目している期待の新人フロー・モリッセイがUKツアーを開始したわ! なんてエキサイティング! あー、私イギリスに行きたい! でも、彼女が日本に来てくれたらステキよね。

春には彼女のファースト・アルバムがリリースされるかしら。プロデュースはノア・ジョージソン。デヴェンドラ・バンハートのファンならノアのことはみんな知っているわよね! 彼が手掛けたアルバムは全部傑作なのよ!


Flo Morrissey, the most talented new artist as ULYSSES regards, has just started the UK tour! How exciting! I want to go to the UK! But it would be so nice if she comes to Japan to play...

I wonder if her first album comes out this spring. It is produced by Noah Georgeson. All the Devendra Banhart fans must know about him. In fact, the albums he produced are all masterpieces!

Feb 8, 2015

ローリング・ストーンズとマン・レイ  Rolling Stones with Man Ray

(English follows)
ワオ! 知らなかった! 偉大なダダイストのマン・レイが、ローリング・ストーンズと一緒に仕事をしたことがあったなんて!……

1972年、ドラマーのチャーリー・ワッツとバンドのフランス人マネージャーのドミニック・ランブランがマン・レイに会って、アルバム『メイン・ストリートのならず者』のジャケット・デザインを依頼したの。それで、マン・レイが制作したのがこれ。30.8センチ角の紙に、フォトモンタージュとインク・ドゥローイング。結局採用されなかったけど。でも、この作品はアルバムに収録されている「タンブリング・ダイス」を意識していることは明らかなのよ。

ちなみに、『メイン・ストリートのならず者』のジャケットは最終的には写真家のロバート・フランクが手掛けたわ。ロバート・フランクは偉大ね! 彼はストーンズの映画『コックサッカー・ブルース』の監督でもあるアーティストよね!


Wow! I didn’t know that! The great Dadaist Man Ray worked with Rolling Stones in the past!...

In 1972, Charlie Watts, the drummer of Rolling Stones, and Dominic Lamblin, their French manager, met Man Ray to ask to design the cover of the album “Exile on Main Street”. So, this is what Man Ray made. Photomontage and ink drawing on paper sized 30.8 x 30.8cm. Unfortunately, it was never used. However, it’s obvious that this work reminded a song of the album : “Tumbling Dice” .

Incidentally, the designer of the cover of “Exile on Main Street” was famous photographer Robert Frank. Robert Frank is great! As you know, he was a director of the notorious Rolling Stones film “Cocksucker Blues” too!