ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 30, 2014

写真展  Photo Exhibition

(English follows)
注目よ! キース・リチャーズの70年代のシングル「ハーダー・ゼイ・カム」のジャケット写真を撮ったことでとっても有名なクロード・ガシアンが、11月15日までブリュッセルのA・ギャラリーで写真展「Music (Rolling Stones et autres anonymes)」を開催しているの。ストーンズのベストな写真80枚と、他のミュージシャンたちの写真が展示されているんですって。すごく気になる!

なお、A・ギャラリーの住所は
Rue du Page 25, 1050, Bruxelles

パリにあるA・ギャラリーの方は本店よ。お間違いなく! またね!




Attention! Claude Gassian, a very well known artist who took a cover photo of Keith Richards’ single "Harder They Come" in the seventies, is having a photo exhibition called "Music (Rolling Stones et autres anonymes)" at A. galerie in Brussels until November 15. You can see the 80 best Stones photos and other musicians photos. I'm so curious!

A. galerie's address is:
Rue du Page 25, 1050, Bruxelles

Please don't misunderstand, another A. galerie in Paris is the head gallery. Thank you and see you again!

Sep 23, 2014

ステキ!  Beautiful!

(English follows.)
林拓=アナップルが在籍する京都のインディ・レーベル「Alga」が、最近すごくすごく美しいリーフレットを刊行したの。その名も「Alga Journal」。第一号には林拓のインタヴューが掲載されているわ! すごくステキ! まさにこれはコレクターズ・アイテムね。あなたも欲しい? これは林拓やアナップルがライヴをする場所でのみ手に入るのよ。とっても貴重よ。「Alga」、やっぱり気になるレーベルよね……。


The Kyoto indie label "Alga", that works with Taku Hayashi / Anapple, has published a very very beautiful leaflet recently. It’s called "Alga Journal". The vol.1 has an article on Taku Hayashi (interview)! So exciting! This is a really collector’s treasure. You want a copy too? You can get where Taku Hayashi or Anapple play. Precious. Yeah, Alga is a label for us to be curious...

Sep 20, 2014

若き日のケヴィン・エアーズの詩集  Young Kevin Ayers Poetry Book

(English follows.)
お友達が教えてくれたこと。1965年に、ケヴィン・エアーズがデヴィッド・グレイと共同で、『Leo The Lilo』という小さな詩集を自費出版していたんですって。知らなかったー! この本の中には「メイ・アイ?」の初期プロト・ヴァージョンに当たる詩「Mambow」も収録されているの。そして、表紙のアートワークはデヴィッド・アレン? とにかくすごく貴重な一冊。欲しい! あなたも?


This is what my friend let me know. According to him, Kevin Ayers collaborating with David Gray self-published a small booklet of poems called “Leo The Lilo” in 1965. I didn’t know that at all! The book includes a poem “Mambow”, a very early proto-version of “May I ?”. The front cover artwork is by Daevid Allen??? Anyway it’s so precious. I want a copy! You too?

Sep 15, 2014

デヴェンドラとアンディ  Devendra and Andy

(English follows.)
これは私のひとりごと。デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビックが、10月23日にカリフォルニアのビッグ・サーで一緒にプレイするの。私、どうしても観に行きたいの。でも、一体どうしたらいいの? 私は今仕事がすごく忙しくて、ボーイ・フレンドとデートする暇もないの。最悪……。

2012年のデヴェンドラとアンディのジャパン・ツアーは最高だったわ。私は彼らの全ライヴを観たの。すごく良かった! それに彼らとも親しくなれたの。だから彼らにもう一度ハローって言いたい。私はデヴェンドラとアンディの大ファンなんだもの。


This is what I say to myself... Devendra Banhart and Andy Cabic will play together on the 23rd October in Big Sur, CA. I really want to see them. But how can I do? I’m so busy with my job right now, and I have no time even to see my boyfriend. Too bad...

I remember the Devendra Banhart & Andy Cabic Japan tour in 2012... That was really great. I enjoyed all of the shows, and everything was sublime! Also, I was quite happy to be close to both of them. So I want to say hello again to them. In fact I’m big fans of Devendra and Andy.

Sep 14, 2014

グラム・パーソンズが出ているSF映画?  The Gram Parsons SF film?

(English follows.)
むかしむかし、『スター・ウォーズ』よりも何年も前に、トニー・フォーツという名の一匹狼の映画監督が、カリフォルニアの砂漠にクルーを率いてサイケデリックなSF映画を制作したの。出演はグラム・パーソンズと、ブライアン・ジョーンズの5歳の息子。撮影は1969年。でも、映画は完成しなかったし、フィルムは散逸してしまったわ。この逸話はロックの伝説になっちゃった……。映画のタイトルは『Saturation 70』。グラム・パーソンズはコズミック・キディーズと呼ばれる4人の宇宙人のひとりを演じているの。

トニー・フォーツはディズニー社のお偉いさんの息子で、グラム・パーソンズとローリング・ストーンズの両方の友達だった人。なるほどねー。ブライアン・ジョーンズの息子さんのリンダは、のちにドノヴァンと結婚したわ……。

幸い、最近になって映画のスティル写真はいくつか発見されたのよ。見て。グラム・パーソンズってこんなにもカッコいい!




A long long time ago... Years before “Star Wars”, a maverick director Tony Foutz led a crew into the California desert to film a psychedelic science fiction epic. Starring Gram Parsons and the fine-year-old son of Rolling Stone Brian Jones. The film was shot in 1969, but never completed and it was lost. Then the story went into rock legend... The film was called “Saturation 70”. Parsons played one of four alien beings called Kosmic Kiddies.

Tony Foutz is the son of a Walt Disney company executive and a friend of both Parsons and the Rolling Stones. Tiens, tiens. Brian Jones son’s mother Linda married Donovan later...

Fortunately, some of film stills were discovered recently. Look! Gram Parsons is so cool!

Sep 13, 2014

アネット・ピーコックの『ファースト』アルバム  Annette Peacock’s FIRST album

(English follows)
注目! 1968年から69年にかけてアネット・ピーコックがレコーディングした『Revenge』、ポリドールから1971年に発表されたんだけどずっと廃盤になっていたあのレコードが、リマスターされて、ジャケットを変えて、タイトルを『I Belong To A World That’s Destroying Itself』とあらためて、彼女のレーベル「Ironic」から再発されたわ! 

「これは私の最初の録音よ」と、アネット・ピーコックは言っているわ。「『Revenge』は、間違った世紀に発表された正しいアルバムだったの」 って。

『Revenge』はブレイ=ピーコック・シンセサイザー・ショウのライヴ・レコーディング。今さら言うまでもないわよね。当時の彼女の夫はジャズ・インプロヴァイザーのポール・ブレイで、彼はこのレコーディングにも何曲かで参加しているわ。すごくおススメ!


ATTENTION! In 1968 and 1969 Annette Peacock recorded “Revenge”, a long out-of-print record, originally released in 1971 from Polydor. But It’s now been remastered, repacked, and retitled “I Belong To A World That’s Destroying Itself” released from her own Ironic label.

“This is my first record”, she says. “It was the right album, in the wrong century...”

You know, “Revenge” is the live recordings from the Bley-Peacock Synthesizer Show. Needless to say, Annette Peacock’s husband at that time was the jazz improviser Paul Bley, who plays on some of the record. Yeah, it’s HIGHLY RECOMMENDED!

Sep 12, 2014

ヴァシュティ・バニヤンのサポート・アクト  Vashti Bunyan’s Support Act

(English follows.)
ハロー! みんなもすでによく知っているように、デヴェンドラ・バンハートの女神ヴァシュティ・バニヤンは待望の新作アルバムを10月にリリースするんだけど、そのレコ発ライヴでは、9メアリーことフロ・モリッセイが彼女のサポート・アクトを務めるのよ! そう、フロ・モリッセイはユリシーズのお友達。歌と楽曲作りで誰もが驚くものすごい才能を持った、美貌のブリティッシュ・ガール。彼女はまもなくきっと大成功するはずよ! ユリシーズは早くから彼女にずっと注目していたの。詳しくはこのブログの2012年12月1日12月18日の記事を参照してください!

そして、すごくいいニュースが届いたわ! 彼女はじきにデビュー・アルバムを完成させることができるの! もしかすると、彼女は日本でプレイするかも?




Hello! As you already know well, Vashti Bunyan, Devendra Banhart's goddess, will release the long-awaited new album in October, and Flo Morrissey (aka 9Mary) will play at her album release party as the support act for her! Yes, Flo Morrissey is a great friend of ULYSSES. She’s a beautiful British girl who has a great talent for singing / song writing. I believe she will score a great success very soon! In fact, ULYSSES has watched her for long. For the further information on her, please see my articles of 1st and 18th December, 2012! Thank you!

Also, GOOD NEWS! She will finish her debt album soon! Maybe she’ll play in Japan too?...

Sep 5, 2014

サード・イアー・バンドの新作?  New Third Ear Band album?

(English follows)
すごい! ユリシーズ・ボーイから聞いた話なんだけど、ある人がサード・イアー・バンドのアルバムを制作中なんですって。アルバムは謎めいたレア曲のコンピレーションになるらしくて、バンドの初期にさかのぼる古典曲をファンは堪能できるんだとか。リリースは年内? ユリシーズ・ボーイは当然すごく興奮しているわ。でも私はサード・イアー・バンドを聴きながら寝ていい?(笑)


Amazing! According to a ULYSSES Boy, a guy is working on a new CD of the Third Ear Band. It will be a compilation of enigmatic rarities, and let the fans to listen to versions of obscure classics of the band just at the beginning of its story. I don’t know if it is released in 2014, but the ULYSSES Boy gets excited really. Hey, boy, may I sleep in listening to Third Ear Band? lol