ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 27, 2014

ピップ・プラウドのこと  On Pip Proud

(English follows)
アシッド・フォークの季節到来? というわけで、今日の私はピップ・プラウドを聴いてみたの。すごい。ユニーク。変な感じ。幻覚状態の中での子供じみたわめき声。チューニングの合っていないギターがテンポを無視して鳴っている……。 

ピップ・プラウドはメルボルンの人。「オーストラリアのシド・バレット」って呼ばれていたの。でも、ピップの最初の3枚のアルバムはシドが1970年にファースト・ソロを出す前に発表されていたのよ。最初のアルバムは「De Da De Dum」(1967年、50枚のみのプレス)、次が「Adrenaline and Richard」(1968年、フィリップス)、3枚目が「A Bird in the Engine」(1969年、フィリップス)。それから彼はイギリスにわたってキャリアを展開させようとしたわ。でも、ジョン・ピールは彼をダンデライオンのアーティストにさせたがっていたし、ビートルズのアップルも彼に興味を持ったらしいんだけど、実際には大したことは起こらなかったみたい。きっと彼はあまりにも天才だったからよね!……

私が持っているのは『ア・フレイング・スペース(もつれた空)』というアルバム。これは60年代のアルバムと70年代の未発表音源を纏めた編集盤で、emから先月リリースされたものなのよ。あなたもきっとこれが好きになるわ。ピップみたいな人は他にはいないもの!(シド・バレットを除いて?)



The season of acid folk has come? So I listened to Pip Proud today. Amazing. So unique. Bizarre. Childish rants of an hallucinated mind. Accompanied by an out-of-tune guitar and paced at irregular tempos...

Pip Proud was born in Melbourne. He was described as “The Australian Syd Barrett”. However, Pip’s first three albums were all out before Syd released his first set in 1970. His first album is “De Da De Dum” (1967, only 50 copies were released), his second one is “Adrenaline and Richard” (1968, Phillips), and his third one is “A Bird in the Engine” (1969, Phillips). Then he travelled to Britain to further his career. People say John Peel wanted to sign him to Dandelion, and there was even talk of interest from The Beatles’ Apple, but nothing much actually happened. Probably because he must have been a too genius!...

I have a copy called “A Fraying Space”. It’s a compilation of 1960s albums and 70s unreleased tracks, that was released from em records last month. I believe you must love this album. There has never been anyone like Pip! (Except for Syd Barrett?)

Jul 21, 2014

欲望  BLOW-UP

(English follows)
ミケランジェロ・アントニオーニが監督した1966年の名作『欲望』。ジミー・ペイジとジェフ・ベックの2人が在籍していた、奇蹟みたいな時代のヤードバーズのパフォーマンスを見ることができることで、ロック・ファンにもよく知られている映画よね。で、この映画の写真集がHATJE CANTZから最近出版されたの。すごい本! 映画のスティル写真に加えて、様々な美しい写真図版(ファッション写真から、ロック写真、ポップ・アート、アブストラクト写真まで)が収録されていて、当時のロンドンの文化的コンテクストがすごくわかるの。これこそ「スウィンギング・ロンドン」ね! 絶対にクール! おススメよ!


“Blow-Up” is the 1966’s classic masterpiece directed by Michelangelo Antonioni. It’s a well known film among rock music lovers, for the sequence of the Yarbirds’ legendary performance featuring the both of Jimmy Page and Jeff Beck. And, a photo-book of this film has been recently published from HATJE CANTZ. It’s such a really gorgeous book! In addition to the film stills, various plates of beautiful works (from fashion photography, rock photography and pop art to abstract photography) are included, to illuminate the cultural context of that time in London. This is “Swinging London”, isn’t it?! Absolutely cool! The book is highly recommended!

Jul 16, 2014

デヴェンドラ・バンハートの新作! Devendra Banhart’s new recordings!

(English follows)
一緒に感涙して! デヴェンドラ・バンハートのお友達によれば、デヴェンドラは『Mala』(傑作!)に続くニュー・アルバムの制作に取り組んでいるそうよ! で、いつものようにノア・ジョージソンがプロデュースを担当するの。デヴェンドラとノア、仲がいいのねえ。 どうして彼らは結婚しないのかしら?(ジョークよ!!!)

で、気になることがあるの。デヴェンドラは最近ディアネ・デノイールと親しくなったみたい。ディアネ・デノイールのことは知ってる? 河添剛さん監修の『アシッド・フォーク』(シンコーミュージック刊)によれば、彼女は偉大なエドゥアルド・マテオのお友達。1972年にはすごくいいソロ・アルバムを出しているの。あなたがもしもブリジット・セント・ジョンや、シビル・バイヤーや、ヴァシュティ・バニヤンや、フランソワーズ・アルディの大ファンなら、間違いなくディアネ・デノイールのファンになるわ。デヴェンドラは自分の新作で彼女とコラボするつもりなのかしら??? もしそうなったら、「すごいわ」!


Let’s weep together with joy! According to a friend of Devendra Banhart, Devendra is planning to make a new album after his masterpiece “Mala”! So it will be produced by Noah Georgeson as always. Devendra and Noah are so close. Why they don’t get married? (Joke!!!)

Also, I’m so curious... People say that Devendra has become a friend of Diane Denoir recently. You know about Diane Denoir? According to the book called “Acid Folk” supervised by Tsuyoshi Kawasoe, she’s great Eduardo Mateo’s friend. Also, she released a great solo album in 1972. If you are a fan of Bridget St. John, Sibylle Baier, Vashti Bunyan, and Francoise Hardy, I think you must love her. Devendra will work together with her for his new album? That would be extremely EXCITING if so!

Jul 15, 2014

ジミー・ペイジの最初の奥様 Jimmy Page's first wife

(English follows)
ユリシーズ編『解読 レッド・ツェッペリン』を読む私。うー。ジミー・ペイジってカッコいいのね! 神秘的で、謎めいていて、ソフィスティケイトとされていて。私はミーハーなので、彼の奥様に興味を持ったの。で、ビックリ! 彼って3回結婚しているのね! 最初はシャーロット・マーティン(1970-1983)、次がパトリシア・エッカー(1986-1995)、最後がジメナ・ゴメス=パラッチャ(1999-2008)。彼は今は独身。私にもチャンスがある? ハハハ!

ロック・ファンには最初の奥様のことが興味あるかも。彼女は有名なフランスのモデルだった人で、ジミー・ペイジと会う前まではエリック・クラプトンやジョージ・ハリスンとデートしていたのよ。ビートルズの「愛こそすべて」のレコーディングにも参加したんだって。でも、1970年以後はジミーに夢中になっちゃった。ジミーは彼女のことを「マイ・レディ」と呼んだわ。それと、彼らの娘さんのスカーレットは、今では有名な写真家ね。いろんなロック・ミュージシャンの写真もよく撮っているのよ。

シャーロットはきれいで、すごくかっこいいスタイルの持ち主だと思うわ。ジミーのタイプなのね。でも、私はジミーの方が好き!





I'm reading the Led Zeppelin book edited by ULYSSES right now. Woo. Jimmy Page looks so good! He's mysterious, enigmatic and sophisticated. I'm flippant, so I got interested in his wife. Then, amazing! Jimmy has married for 3 times! His first wife is Charlotte Martin (1970-1983), then Patricia Ecker (1986-1995), and lastly Jimena Gomez-Paratcha (1999-2008). Now he is single. I wonder if I have a chance? lol

I think probably the rock music lovers are interested in his first wife. She's a famous French model, and she dated Eric Clapton and George Harrison before meeting Jimmy. Also, she took part in the recording session of The Beatles' "All You Need Is Love". But she had got involved with Jimmy since 1970. Jimmy called her "My lady". Also, their daughter Scarlet is now a famous photographer. She often takes photographs of various rock artists.

I think Charlotte is beautiful and she definitely has great style. She's Jimmy's type. But I prefer Jimmy!

Jul 8, 2014

ツェッペリン本、ラジオ番組に登場!  The Led Zeppelin book on air!

(English follows)
アロハ! ユリシーズ編『解読 レッド・ツェッペリン』はもう読んだ? 実はこの本のことがラジオ番組「The Dave Fromm Show」(InterFM 月曜日~金曜日 19:00-21:00)で毎日紹介されているところなのよ! 詳細はこちらをチェック!
ぜひお楽しみくださいね! どうもありがとう!


Aloha! Have you already read “Led Zeppelin” edited by ULYSSES? Much fortunately the topic of this book is introduced everyday by the radio program called “The Dave Fromm Show”! (At InterFM, from 7pm to 9pm on Monday to Friday.) For further information, please visit 
Guys, enjoy the program! Thank you so much!