ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jun 29, 2014

ルーサン・フリードマンの“完全な”『コンスタント・コンパニオン』  Ruthann Friedman’s complete “Constant Companion”

(English follows)
すてき! ルーサン・フリードマンの名作『コンスタント・コンパニオン』(1970年)が、チェリーレッドから再発されたの! 題して『コンプリート・コンスタント・コンパニオン・セッションズ』。11曲の未発表曲が一緒に収録されているのはオドロキよ! 『コンスタント・コンパニオン』の再発は今回で3度目だけど、これこそおススメね! 『ユリシーズ』や『アシッド・フォーク』の読者、それにジョニ・ミッチェルやジュディ・シルのファンには特にね。リイシューに当たってのプロデューサーはスティーヴ・スタンレー。彼はリンダ・パーハックスのニュー・アルバムのプロデューサーでもあったわ。彼はいい仕事をしているのね。

いつかルーサン・フリードマンが日本でプレイしてくれたらいいのに。実はユリシーズ・ボーイズは大のルーサン・フリードマン・ファンなの。彼らは彼女のアルバムなら全部持っているわ。彼らに言わせれば、ルーサンの作品は全部偉大だって。彼らはもちろん『コンプリート・コンスタント・コンパニオン・セッションズ』も買うはずよ。買わなければいけないアルバムだから買うのね。だから私達は全員、彼女と日本で会いたいと思っているわ! 大きな夢よ……。


Beautiful!  Ruthann Friedman’s masterpiece “Constant Companion” (originally released in 1970) has been just reissued from Cherry Red!  The title is called “The Complete Constant Companion Sessions”.  Amazing, it includes 11 previously unreleased songs.  This is the third reissue, but “The Complete Constant Companion Sessions” is a highly recommended album especially for the readers of “ULYSSES” and “Acid Folk”, or the fans of Joni Mitchell and Judee Sill.  The producer for the reissue is Steve Stanley.  He also produced Linda Perhacs’ new album.  Great job.

It would be so nice if Ruthann Friedman plays in Japan someday.  In fact, the ULYSSES Boys are the great Ruthann Friedman fans.  They have all albums of her.  According to them, every work of Ruthann Friedman is so great.  I believe they will not forget to buy “The Complete Constant Companion Sessions”.  They will get what they must get.  So we all want to enjoy her show in Japan in the future.  Yes, our big dream...

Jun 28, 2014

本が出た!  The book is out!

(English follows)
ワオ! ユリシーズ編『解読 レッド・ツェッペリン』が出たわ! とうとうよ! 出版は河出書房新社。私はレッド・ツェッペリンのことは詳しくないけれど、この本がすごくユニークだっていうことはよく分かるわ。数々の知的で驚くようなテキスト。瀟洒で美しいブック・デザイン。この本は私を目覚めさせてくれる。この本はとってもとってもスペシャルなの。ユリシーズはまたしてもいい仕事をしたと思うわ! だから私はこの本をみんなにぜひおススメしたいの……。
 
本の目次を見て。なんて刺激的! そして、驚いたわ。私も大好きなエントランス・バンドのメンバーまで『解読 レッド・ツェッペリン』に寄稿してくれているの! あなたはきっとこの本が好きになるわ。でしょう?



Wow!  "The Led Zeppelin Readings" edited by ULYSSES has been out now!  Yeah, finally!  The publisher is Kawade- shobou- shinsha.  I'm not familiar with Led Zeppelin, but I know well that it's a very unique book.  Various intelligent and amazing texts.  Elegant and beautiful book design.  The book turns me on.  The book is very, very, special.  I'm sure ULYSSES' done well again!  So I would like to recommend this book to all of you...

Look at the contents of the book.  How stimulus!  And, amazing, The Entrance Band (that's one of my favorite bands) contributed to the book!  I believe you'll love the book.  Why not?

Jun 23, 2014

レッド・ツェッペリン本のカヴァー  The cover of the Led Zeppelin book

(English follows)
アロハ! ユリシーズによる単行本『解読 レッド・ツェッペリン』は今週27日に河出書房新社から発売よ! そしてここに挙げるのはその本のカヴァー。クール! もちろんデザインもユリシーズよ。みんな、ぜひ買ってね! ありがとう!


Aloha!  The book on Led Zeppelin edited by ULYSSES is out on the 27th this week from Kawade-shobou-shinsha!  And here is the cover of the book.  COOL!  Needless to say, it's designed by ULYSSES too.  Guys, do not forget to buy the book!  Thank you so much!

Jun 21, 2014

ぼろ人形たち  The Rag Dolls

(English follows)
全ジャコバイツ・ファンには興奮のニュース! ジャコバイツ加入前にデイヴ・カスワースが組んでいた伝説のラッグ・ドールズ(ぼろ人形たち)の音源集『Such A Crime』が、来月トルバドール・レコーズか らリリースされるわ! のちにジャコバイツもレコーディングする「Pin Your Heart To Me」や「Snow White」のオリジナル・ヴァージョンも収録されているの。全18曲入りよ。

1982当時、ラッグ・ドールズはニュー・ウェイヴじゃなかったわ。ウェイヴの外にいたの。だから彼らのロックンロールは永遠にカッコいいのよね。デイヴ・カスワースはこの頃「貧乏なキース・リチャーズ」って呼ばれていたわ。それってステキなことじゃない?



Excited news for all Jacobites fans!  Prior to Jacobites, Dave Kusworth formed a legendary band called The Rag Dolls, and their album "Such A Crime" will be out on Troubadour Records next month!  Including the original versions of 'Pin Your Heart To Me' and 'Snow White', which were later recorded Jacobites too.  The album has 18 tracks.

In 1982, The Rag Dolls never belonged to "the new wave".  They were "out of wave".  So I think The Rag Dolls' rock'n'roll sounds cool forever.  Dave Kusworth was called "poor Keith Richards" at that time.  That's nice, isn't it?

Jun 9, 2014

ミッシェル・ポルナレフの伝説のライブ盤  The legendary live album of Michel Polnareff

(English follows)
フランスの天才ミッシェル・ポルナレフの伝説のライヴ盤なら2種類あるわ。ひとつは日本限定で発表された『ポルナレフ・ア・トーキョー』(1973年)で、もうひとつが『熱狂のオランピア』(1974年)なんだけど、『熱狂のオランピア』は最近ポリドールから再発されたの! すごいわ。完璧な70年代サウンドよ。バックはディナスティ・クリジス(フランスのすごいバンドなんだけど、知ってる?)とジャン=クロード・ヴァニエのオーケストラ。そして大変! LPの方にはかの悪名高いスキャンダルなポスターが付録に入っているの! ポスターは部屋の壁に絶対貼るべきよね。ポルナレフ自身もそうしていたみたいに。




There are 2 legendary live albums of French genius Michel Polnareff.  One is "Polnareff a Tokyo" (1973) which is released only in Japan, and another is "Polnarevolution" (1974).  And recently the latter has been re-issued from Polydor!  What a great album.  You can enjoy the perfect 70's sound.  Dynastie Crisis (You know the great French group?) and Jean-Claude Vannier's orchestras.  Amazing, by the way!  That notorious scandalous poster is included in the vinyl edition!  I think you should put the poster on the wall in your room.  Like Polnareff himself who did so.

Jun 4, 2014

ユリシーズによるレッド・ツェッペリンの本  A Led Zeppelin book by ULYSSES

(English follows)
アロハ! 先日もお伝えしたように、ユリシーズは目下レッド・ツェッペリンの本を制作中なの。題して『解読 レッド・ツェッペリン』。編集、大半の原稿の執筆、ブック・デザインを、ユリシーズが手掛けているの。少人数のグループのユリシーズなのに、彼らったら猛烈な勢いで仕事をしているわ! (そのせいでユリシーズ・ボーイズは私と口をきく暇もないんだって!) 本は6月27日に河出書房新社から刊行される予定よ。ユリシーズによれば、この本はレッド・ツェッペリンの決定的な研究書になるんだって。ワオ! これは「買い」よね!


Aloha!  As I told you the other day, ULYSSES is making a book on Led Zeppelin at the moment.  The book is called "The Led Zeppelin Readings".  ULYSSES does the editorial works, most of the texts, and the book design.  They are quite hard workers though ULYSSES is such a small group!  (They say the ULYSSES Boys don't have enough time to chat with me now!)  The book will come out on the 27th June, from Kawade-Shobou-Shinsha, Tokyo.  According to ULYSSES, the book will be a definitive study on Led Zeppelin.  Wow!  It's "MUST BUY"!