ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Apr 29, 2014

すごくおしゃれなアコースティック・ギター  A Very Decorative Acoustic Guitar

(English follows)
マーク・ボランのアコースティック・ギター。デコラティヴにペイントされてる! ステキ! サイケ風にペイントされているエレキ・ギターならいろいろあるわ。60年代のエリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ビートルズのギターとか。でも、こんなアコースティック・ギターは見たことがない! この写真は1971年に撮影されたもの?

私はアコースティック・ギターが好き。アコースティック・ギターを弾くのも好きなの。最近はすごく忙しいのでその時間があんまりないのが悲しいんだけど。でも、いつか私もマーク・ボランのとおんなじギターが欲しい……。


Marc Bolan's acoustic guitar.  It's painted decoratively!  Beautiful!  I know various electric guitars painted psychedelically.  For example, the guitars that Eric Clapton, Jimmy Page, and the Beatles played in the 60's.  But I've never seen such an acoustic guitar!  Was the picture taken in 1971 by the way?

I love acoustic guitar.  I also love to play it.  It's sad not to have enough time playing it because I've been so busy recently.  But I want to have the same guitar as Marc Bolan someday...

Apr 20, 2014

ヴェルヴェッツのファースト・アルバムは何枚売れたの?  Exactly How Many Albums the Velvet Underground & Nico Sold?

(English follows)
先日もここで書いたように、私は今ではルー・リードのファン。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの方が好きかもしれないけど。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはいろんな意味で真に偉大なバンド。でも、昔は大して売れなかったそうね……。

正確に言って、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコは当時何枚売れたの? 私の友達によれば、このアルバムは、アルバムが発表された1967年3月12日からロイヤリティ報告がなされる1969年2月14日までの2年以内に、アメリカでは58476枚が売れたんだって(モノ盤は13336枚、ステレオ盤45140枚)。加えて、MGMによって他の国からのロイヤリティが支払われているわ。ドイツからは444.83ドル、イギリスからは376.70ドル、カナダからは222.36ドル。そしてテープのセールスとしてアンぺックスからは596.41ドル。結果的にヴェルヴェッツのメンバーの手元に入ったのは合計で約5000ドル。充分とは言い難いわねえ。

ちなみにヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコが日本でリリースされたのは1973年。遅すぎ! 歴史は皮肉なものなのね! 


As I wrote here the other day, I now become a Lou Reed fan.  Probably I prefer the Velvet Underground though.  The Velvet Underground is a really great band in various senses.  But people say the band was not sold well in the past...

Exactly, how many albums the Velvet Underground & Nico sold at that time?  According to my friend, in just under two years it sold 58476 copies in the U.S. from March 12, 1967 when the album was released to February 14, 1969 when the royalty statement is for sales.  In addition, other royalty income was paid by MGM in Germany ($444.83), England ($376.70), Canada ($226.36) and paid by the Ampex Corp for sales on tape ($596.41).  In the result, the members of the Velvets got about $5000.  It's hard to say that was enough.

Incidentally, it was 1973 when the Velvet Underground & Nico was released in Japan.  Too late!  The history is often ironic!

Apr 6, 2014

ルー・リードが好き  I Love Lou Reed

(English follows)
なぜか最近ルー・リードばかり聴いている私。すごくすごく好きになってきた。以前はそんなことなかったのに……。そう、これは私のひとりごと。あなたはきっと、とっくの昔からルー・リードのファンよね。そうに決まってる。





I don't know why, but I often listen to the songs of Lou Reed recently.  I've been involved with him more and more, though I was different before...  Yes, this is my soliloquy.  You must have been a longtime Lou Reed fan.  You must be.

Apr 3, 2014

先月の最も重要なニュース  The Most Important News of the Last Month

(English follows)
先月の最も重要なニュース、それはやっぱりリンダ・パーハックスが遂にセカンド・アルバムを発表したことだったわよね! あなたはもう手に入れたかしら? アルバム・タイトルは『The Soul of All Natural Things』。サイケデリック・フォークの女王による本物の偉大な大傑作よ。このアルバム、全世界ですごく売れているの。それにたくさんの雑誌や新聞が彼女のことを記事にしている……。でもリンダのアルバムは最新ファッションじゃないわ。時を超えているの。アルバムをプロデュースしたのはクリス・プライスとフェルナンド・ペルドーモ。2人はリンダの音楽世界をとても良く理解しているアーティスト。

ファースト・アルバム『Parallelograms』(言うまでもなく、これも名作!)からセカンド・アルバムが出るまでに要した時間は……何と44年! 信じられない! でも、待った甲斐はあったわよね。彼女は誰からも愛されている女王。彼女は昨年初めてヨーロッパ・ツアーをしたの。ベルリンからロンドンまで、スウェーデンやフランスも含めていろいろなところへ。聴衆は大熱狂。チケットはソールド・アウト。いつか日本でもプレイしてほしいわ。彼女のファンは日本にもたくさんいるもの。

『ユリシーズ』創刊号(2009年)をもう一度読んで! リンダ・パーハックスのロング・インタヴューが掲載されているわ。本当に素晴らしい記事よ。LAで彼女に会った最初の日本人(河添剛さん)によるインタヴュー。デヴェンドラ・バンハートは河添さんにこう言ったの、「LA滞在中は絶対にリンダ・パーハックスとルーサン・フリードマンに会わなければいけないよ!」って。ありがとう、デヴェンドラ。ありがとう、リンダ。そして、2014年はリンダ・パーハックスの年になったわ!



The most important news of this month, it's no doubt that Linda Perhacs released her second album finally!  Have you got one yet?  The title is "The Soul of All Natural Things".  It's a really great masterpiece by the queen of psychedelic folk.  The album is sold very well in the world.  Also, there are so many magazines and newspapers articles about her...  But Linda's album is not one of the latest fashion at all.  It's timeless.  The album was produced by Chris Price and Fernando Perdomo.  Both are the artists who really understand the music world of Linda Perhacs.

She got the record for time between releases of first "Parallelograms" (It's a masterpiece too, that's needless to say!) and second albums...  44 years!  Unbelievable!  But we have not waited patiently in vain.  She is a queen everyone loves.  Last year she toured Europe from Berlin to London and everywhere in between including Sweden and France.  The audiences were enthusiastic.  The tickets were sold out.  I want to ask her to play in Japan someday.  Because there are many Linda Perhacs fans in Japan too.

Guys, read the first issue of "ULYSSES" again!  Then you can find a long interview with Linda Perhacs.  Great readings, really. It's written by Tsuyoshi Kawasoe, the first Japanese, who met her in LA, 2009.  Devendra Banhart said to him, "You MUST meet Linda Perhacs and Ruthann Friedman during your stay in LA!".  Thank you, Devendra.  Thank you, Linda.  And, now, 2014 is the year of Linda Perhacs!