ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 27, 2014

ガイ・ブレークスリーの初ソロ・アルバム  Guy Blakeslee's first solo album

(English follows)
エントランス・バンドのガイ・ブレークスリーが、エントランス名義ではなく初めて彼自身の名前でソロ・アルバムをエヴァーラヴィング・レコーズからリリースするの。アルバム・タイトルは『Ophelia Slowly』(アルチュール・ ランボーの詩から取ったもの。オフェリアはガイにとってのファム・ファタールなのかしら?)。プロデュースしたのはビーチ・ハウスやヤー・ヤー・ヤーズを手掛けたクリス・コーディ。6月にリリースされる予定よ!

アルバムをすでに聴いたというユリシーズ・ボーイの河添剛さんによれば、『Ophelia Slowly』はすごくパーソナルでエモーショナルで内省的なアルバムなんだって。ガイは素晴らしいソングライターだって。ということは、これは「買い」ね!ところで、エントランス・バンドのニュー・アルバム『Face The Sun』もおススメのアルバムなのよ! みんな、もう聴いた? 知っての通り、ユリシーズ・ボーイズは大絶賛しているわ。それに、『LA Weekly』はエントランス・バンドを2013年のベスト・ロック・バンドに選んだわ。当然よね?



Guy Blakeslee of The Entrance Band, is finally releasing a solo album under his own name, not Entrance, on Everloving Records.  The album is called "Ophelia Slowly" (It was taken from a poem by Arthur Rimbaud.  Ophelia is Guy's femme fatale?).  It was produced by Chris Coady of Beach House and Yeah Yeah Yeahs, and is slated for a June release!  
According to Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES who have already listened to the album, "Ophelia Slowly" is a very personal, emotional, and introspective album that shows Guy is a great songwriter.  So, it's a "MUST BUY", isn't it?  On the other hand, The Entrance Band's new album "Face The Sun" is highly recommended too!  Have you already listened to that?  As you know well, ULYSSES Boys appreciate the album much highly.  Also, according to "LA Weekly", The Entrance Band was "The Best Rock Band 2013".  Why not?

Feb 23, 2014

デヴェンドラに会いたい  I miss Devendra

(English follows)
4月にデヴェンドラ・バンハートはオーストラリア・ツアーをするの。でも、いつもと違って今回はその後に日本には来る予定がないわ。デヴェンドラいわく、「誰も呼んでくれない!」から。でも、彼は日本は好きな人なの。そして彼はなおフジロックやサマー・ソニックへのフル・バンドでの出演を熱望しているわ。本当よ!……

1月、デヴェンドラはミラノで絵を描いていたそうよ。これからは、ウルグアイの伝説的な歌手のために曲を書く予定もあるみたい。昨年のアルバム『Mala』は本当にすごい作品だったけど、2014年の彼の活動にも私はすごく関心があるの。日本でまたプレイしてくれないかなあー。彼がいなくてすごく寂しいのよね、本音を言えば。

From www.devendrabanhartart.com

Devendra Banhart will play in Australia in April.  But he won't play in Japan after that, unlike always.  Devendra says, "There's no offers!".  But he loves Japan.  And he wants to play full band at Fuji Rock Festival or Summer Sonic.  That's true!...

People say Devendra did drawings in Milan in January.  Also, he will write a song for a legendary Uruguayan singer.  His recent album "Mala", released last year, was really great, but I'm much interested in his works of this year.  I would be very happy if he played in Tokyo again.  I do miss him, in honestly saying.

Feb 16, 2014

ケヴィン・エアーズ追悼  Remember Kevin Ayers

(English follows)
ケヴィン・エアーズが亡くなってまもなく1年。彼が永眠しているのはスペインのマヨルカ島。彼は音楽上の共同制作者で大親友でもあった故オリー・ハルソールの隣に埋葬されているの。

私はケヴィン・エアーズのファン。みんなは彼のことをイギリスののんきでサイケな天才だと見做しているわ。また、ブリジット・セント・ジョンは「ケヴィンはラヴリーで美しい人だった」と言っている。私は何と言ったらいいの? 私はただ、彼のアルバム『Shooting At The Moon(月に撃つ)』(1970年)が大好きなだけ。そのアルバムに はブリジット・セント・ジョンも参加して、ケヴィンと一緒に歌っているのよ。

すごく驚いたことがあるの。友だちから教わったことなんだけど、生前ケヴィンは「スラップ・ハッピーのアルバム『Desperate Straights』(1974)は誰も作りえることのできなかったベスト のレコードだ」って言っていたんだって。それ分かるわ。アーティスティックな事柄に関して、ケヴィンは常に正しい判断力と断固たる姿勢を持っていたのね。

ケヴィン・エアーズの事を憶えていて……。


Slapp Happy / Desperate Straights

One year has almost gone since Kevin Ayers passed away.  Kevin's final resting place is in Mallorca, Spain.  He's buried next to his musical collaborator / best friend Ollie Halsall.

I'm a fan of Kevin Ayers.  People regard him as Britain's carefree psychedelic genius.  Bridget St. John says, "He was a lovely, beautiful human being." by the way.  So I wonder what to say.  I'm just a great listener of his album "Shooting At The Moon" (1970).  Bridget St. John sings together with Kevin on the album.

Big surprise.  According to my friend, Kevin had said in the past, "Desperate Straights (1974), Slapp Happy's album was the best record anybody had ever made."  I understand that.  Kevin was always judicious and decisive in artistic matters.

Remember Kevin Ayers...

Feb 11, 2014

まるで夢のよう……  Like a Dream...

(English follows)
こんにちは。ねえ、このコンサート・ポスターを見て。イギリスの、伝説的な凄い名前の数々。サード・イアー・バンド、ドクター・ストレンジリィ・ストレンジ、ケヴィン・エアーズ&ザ・ホール・ワールド、それにマイク・チャップマン。ポスターは1970年? 1971年? とにかく、『ユリシーズ』や『アシッド・フォーク』の日本の読者にとってもまるで夢のようなフェスティヴァル。しかも、入場料は10シリングだって。安すぎ! 信じられなーい! 


Hello, guys.  Hey, look at this poster for a concert.  You can find legendary great names from England.  Third Ear Band, Dr. Strangely Strange, Kevin Ayers & The Whole World, and Mike Chapman.  The poster was published in 1970 or 1971?  It was a rock festival like a dream anyway, for the Japanese readers of "ULYSSES" and "Acid Folk" too.  Besides, the admission was 10 shillings!  Too cheap!  UNBELIEVABLE!

Feb 6, 2014

1969年と70年のマーク・ボラン Marc Bolan in 1969 & 1970

(English follows)
ステキなニュース! ティラノザウルス・レックスの最後のアルバム『ア・ビアード・オブ・スターズ』(1969年)と、T・レックスのファースト・アルバム『T・レックス』(1970年)が、3月にリイシューされるの! それぞれ未発表曲や別ヴァージョンやレア曲などを含めたボーナス・トラック満載の、2枚組のデラックス・エディション。同時に7インチのシングル盤もリリースされるそうよ。ワオ!

マーク・ボランのアルバムだと、一番人気はやっぱり『電気の武者』(1971年)。『ザ・スライダー』(1972年)も評価が高いわ。でも、私は『ア・ビアード・オブ・スターズ』と『T・レックス』が個人的にはとても好きなの。すごく初々しいアルバム。春のそよ風みたいな。すごくユニークで風変わり、だけどきれいな曲ばかりなの。何度聴いても飽きないくらい。ユリシーズ・ボーイズもティラノザウルス・レックスとT・レックスの大ファンよ。マーク・ボランは今もスーパー・アイドルね!

Tyrannosaurus Rex / A Beard of Stars

Tyrannosaurus Rex in 1969

T.Rex / T.Rex

T.Rex in 1970



Great news!  The last album of Tyrannosaurus Rex "A Beard of Stars"(1969) and the first album of T. Rex "T. Rex" (1970) will be re-issued in March!  Each will be coming as the deluxe edition of 2 CD-set, including many bonus tracks with previously unreleased songs, alternative versions, rare tracks and so on.  7"singles will be released at the same time.  Wow!

You know the most popular Marc Bolan album is "Electric Warrior" (1970).  "The Slider" (1972) is highly appreciated too.  But I love "A Beard of Stars" and "T. Rex" personally.  They are so innocent albums like a gentle breeze of spring.  So many beautiful songs though they are quite unique and strange.  I never grow tired of them in listening for many times. The ULYSSES Boys are the great fans of Tyrannosaurus Rex and T. Rex too.  Yes, Marc Bolan is still a super star!