ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 29, 2013

アナップルのプロモーション用ポスター!  Anapple's promotional poster!

(English follows)
アナップルの最初のプロモ―ション用ポスターが完成! ステキ―! デザインはユリシーズ(河添剛さん&倉茂透さん)よ。これ欲しいー! 30日にSOUPで行われるアナップルのレコ発ライヴでは、このポスターがみなさまを入り口でお出迎えします。楽しみにしていてね! そしてもちろん、アナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』もぜひお買い求めください! 『アルコイリス』は本当に傑作よ。激しくて、野性的で、サイケデリックで、美しくて、信じられないような歌の数々。誰もが彼らの音楽が好きになると思うの。おススメ!



Anapple's first promotional poster has just come out!  Beautiful!  It was designed by ULYSSES (Tsuyoshi Kawasoe & Toru Kurashige).  I want to have one!  The poster will be waiting for you at the entrance of SOUP where Anapple is playing for their album release party on the 30th.  Stay tuned!  Also, do not forget to buy Anapple's debut album "Arcoiris" then!  "Arcoiris" is a great masterpiece really.  It includes hard, wild, psychedelic, beautiful and incredible songs.  I believe everyone must love Anapple's music.  HIGHLY RECOMMENDED!

Nov 28, 2013

アナップルのミニ・ポスター!  Anapple's mini poster!

(English follows)
29日に発売されるアナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』。中には小さなサイズのポスターが封入されているの。裏面には歌詞が掲載されているわ。すてき、すてき、すてき! これは宝物のようにすごく美しい……。

30日のアナップルのライヴにはぜひ来てね! 以前もお知らせした通り、場所はSOUPよ。またね!


Anapple's debut album "ARCOIRIS" that is coming out on the 29th this week.  It includes a small sized poster (and you can find all lyrics on the back of the poster).  Wow, wow, wow!  This is so beautiful like a treasure...

Guys, please come to the Anapple's show at SOUP on the 30th (Saturday)!  See you then!  Bye for now!

Nov 23, 2013

アナップルのデビュー・アルバム!  Anapple's debut album!

(English follows)
ワオ! アナップルのデビュー・アルバム『アルコイリス』が11月29日に発売されるわ! 全10曲入り。リリース元はAlga。もちろんレコンキスタでも買えるわよ! すでに音を聴いたユリシーズ・ボーイの平治さんによれば、「アナップルを聴けばもう誰も安眠はできない」とのこと。河添剛さんによれば、「新たなるランボー。アナップルの叙情は野性的な幻視家のそれだ」とのこと。期待していてね! 『アルコイリス』が2013年のベスト・ロック・アルバムの一枚に数えられることは間違いないわ!

アルバムのジャケット・デザインはユリシーズによるもの(河添剛さん&倉茂透さん)。相変わらず超カッコいい! ちなみにこれは見開きの紙ジャケ仕様らしいわ。

そして11月30日は、アルバム発売を記念してSOUPでライヴ。こちらもすごく楽しみ。オープニング・アクトがあの竹田賢一さんだというのも嬉しいことだわ。みなさま、ライヴにはぜひお越しください! ステキな夜を一緒に過ごしましょう!

Arcoiris by Anapple

Wow!  Anapple's debut album "Arcoiris" is out on the 29th this month!  The album has 10 songs.  It's from Alga.  Of course, you can buy it at Reconquista!  According to ULYSSES Boy Osamu Taira, who has already listened to the album, you'll never sleep well after listening to Anapple.  According to Tsuyoshi Kawasoe, it's new Rimbaud, and the lyricism of Anapple is the one of the wild visionnaire.  Stay tuned, guys!  I believe "Arcoiris" is regarded as one of the greatest rock albums in 2013!

The sleeve design is by ULYSSES (Tsuyoshi Kawasoe & Toru Kurashige).  Sooooo cool as always!  It's a gate-fold sleeve / mini LP format, by the way.

Also, Anapple will play at SOUP on the 30th November, for celebration of the album release. It's exciting too.  Besides, I am so happy that the opening act is great Ken-ichi Takeda.  So, guys, please come to the show!  Let's enjoy the wonderful evening together!

Nov 18, 2013

ゴシップ  Gossip

(English follows)
お友だちから聞いた話。パトリシア・インダーという名前の女性がいるの。実は彼女の初恋の人は何とジョン・レノンで、50年代にはジョンから求婚すらされたことがあるんだって。ジョンは本気だったのかしら。でも、二人はその後分かれて、ジョンはパトリシア同様にブロンドの髪のシンシアと最初の結婚をしたわ。で、パトリシアがその後付き合うようになるのはモーターヘッドのレミーなの。当時レミーはサム・ゴパルのメンバー。それから彼女はレミーの子供を産むわ。赤ん坊は男の子で、ポールという名前。でも、この時の2人の関係も長続きしないの。それから数年たつと、パトリシアは今度は元ティラノザウルス・レックスのスティーヴ・ペレグリン・トゥックと仲良くなるわ。彼女の息子のポールによれば、スティーヴはとてもやさしい人で、幼いポールの面倒も良く見ていたんだって。信じられないわ! でも、スティーヴはその後あるフランス人女性と恋に落ちて、その女性のそばで死ぬの。1980年、ジョン・レノンが殺された年に。

面白いわね。ジョン・レノン、レミー、スティーヴ・ペレグリン・トゥックを結びつける女性が存在するなんてね。ロックの歴史はすごく深いのね。頭がくらくらしそうよ。




It's a story I heard from my friend.  There's a lady named Patricia Inder.  In fact, Patricia's first lover was John Lennon, and she was even asked to marry by him in the fifties.  I wonder if John was serious.  But they said goodbye each other, and John married Cynthia Powell who was a blonde haired woman like Patricia.  And then Patricia dated with Lemmy, a guy of Moterhead but a member of Sam Gopal at that time.  Then she has borne him a child whose name is Paul.  However, the relation of the two was never kept.  After a few years, Patricia was "good" friend with ex-Tyrannosaurus Rex guy Steve Peregrine Took.  According her son Paul, Steve was so gentle, and he also took good care of him.  Unbelievable!  However, Steve fell in love with a French woman and he died beside her in 1980 when John Lennon was killed.

Interesting, anyway.  There's a woman among John Lennon, Lemmy, and Steve Peregrine Took.  The rock history is so deep, and I almost feel dizzy.

Nov 16, 2013

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞?  The Velvet Underground newspaper?

(English follows)
ルー・リードが亡くなって以来、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコばかり聴いている私。私、普段はあんまり自覚がなかったんだけど、本当はヴェルヴェット・アンダーグラウンドの音楽は好きなのね。「毛皮のヴィーナス」を聴くと、今年の4月にこの曲を東京のステージでカヴァーしたパズ・ランチャンタンのことを思い出すわ。パズにまた会いたい。でも、ルー・リードにはもう会えないのね。寂しい……。

ルー・リードを偲んで、今日は私のお宝をみんなに披露するわ。ひとつはアンディ・ウォーホルの有名だけどすごくレアなアートブック『INDEX』(1967年)。表紙にも、本の中にも、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドが登場しているの。それに、バンドの「ノイズ」(リハーサル風景)を録音したソノシートもついているの。もうひとつはウォーホルの『Inter/View』(vol.1, no.2, 1969年)。
ウォーホル本の広告に、なぜかニコが出ているの。そして最後に、ルー・リードが1975年に初来日した時のチラシ。とっても素朴なデザインよね。今ではありえない。これは以前、気前のいい友達がくれたの。

一方、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは、面白いお宝を持っているんだって。それは『Air Mail』、通称「ヴェルヴェット・アンダーグラウンド新聞」で、芥川賞を取った『限りなく透明に近いブルー』(1976年)で小説家デビューを果たす前の村上龍がひとりで作っていた1974年のミニコミ。へー、そんなものがあったのね! 驚き!

「『Air Mail』は捨ててないよ。絶対に僕のアーカイヴにあるはず。探しておくよ。あれは当時100円だったんだ。でもきれいなデザインのミニコミだった。ヴェルヴェッツについて書かれた彼のエッセイには、ジョルジュ・バタイユの影響が濃厚だった。興味深かったね。そして、彼の本名は村上龍之介なんだけど、彼は当時から村上龍というペンネームで書いていたんだよ」と河添さん。

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドは、今では歴史の大きな一部。でも、河添さんによれば、70年代の日本ではヴェルヴェッツもルー・リードもただの「アンダーグラウンドな伝説の一部」にすぎなかったんだって。昔の日本にはルー・リードのファンは少なかったんだって。確かに、60年代と70年代は、日本の音楽ファンはもっぱらブリティッシュ・ロックを高く評価していたものね……。

ルー・リード、安らかに眠って。

INDEX






Inter/View



Since Lou Reed passed away, I've often listened to the album of the Velvet Underground & Nico. I like the music of the group in fact, though I am not conscious of the fact usually.  In listening to "Venus In Furs", I'm obliged to remember Paz Lenchantin who covered this song in Tokyo, April this year.  I want to see Paz again.  However, we can't see Lou Reed again. I miss him...

In remembering Lou Reed, I'm pleased to show you some treasures of mine today.  One is a famous but rare artbook "Index"(1967) by Andy Warhol.  You can find the Velvet Underground both on the cover and the inside.  Also, a flexi disc that was recorded some noise (rehearsal) by the band is included.  Also, I have a copy of Warhol's "Inter/View" (Vol. 1, no.2, 1969). in the advertisement of the Warhol's book, I don't know why but a portrait of Nico appears.  And, lastly, I have a handbill of Lou Reed that was published when Lou Reed came to Japan for the very first time in 1975.  Very naive design, and that is impossible now.  The handbill was given to me in the past, by a generous friend of mine.

On the other hand, Tsuyoshi Kawasoe, a ULYSSES Boy, has a very special treasure.  It is "Air Mail", so-called "The Velvet Underground newspaper", that is a underground paper edited and written only by Ryu Murakami before he debuted as a novelist with "Almost Transparent Blue"(1976), an Akutagawa-prized novel.  Amazing, I didn't know about such that!

"I have not thrown that away.  I believe 'Air Mail' is still in my archives.  I'll look for that.  I remember it was 100 Yen at that time, but it was a beautifully designed publication. His essay on the Velvet Underground was obviously under the influence of Georges Bataille.  That was interesting for me.  And, his real name is Ryunosuke Murakami, but he was already writing under the name of Ryu Murakami at that time.", saying Tsuyoshi.

As you see, the Velvet Underground is a great part of the history.  However, according to Tsuyoshi, both the Velvets and Lou Reed were regarded just as "a part of the underground rock legend" in the 70's of Japan.  In the past, there were few Lou Reed fans in Japan.  Surely, in the 60's and the 70's, almost music fans in Japan appreciated much highly the British rock music mainly...

Lou Reed, R.I.P....

Nov 2, 2013

アナップルの東京ライヴ!  Anapple's Live in Tokyo!

(English follows)
ワオ! アナップルがデビュー・アルバム『アルコイリス』の発表を記念して東京でライヴをするの! 日にちは11月30日。場所は落合SOUP。サポートは竹田賢一(彼が日本のアンダーグラウンド界を代表するミュージシャンであると同時に偉大な音楽評論家でもあることは、誰もがよく知っていることよね?)。イヴェントを主催するのはユリシーズとレコンキスタ。絶対に、絶対に、絶対に見逃さないで! ものすごい夜になるのは間違いないわ! うまくは言えないけれど、アナップルの音楽はひどく美しくて、奇妙で、謎めいていて、時に荒々しくて、全面的にサイケデリックなの。そう、もちろん私はアナップルの大ファンよ! アナップルは天才!




Wow!  Anapple will play in Tokyo soon, to celebrate the release of their first album "Arcoiris"!  The date is November 30.  At Ochiai SOUP.  The support player is Ken-ichi Takeda (As you all know well, he is not only a legendary artist in the Japanese underground music scene but also a great music critic).  The event is organized by Ulysses Magazine and Reconquista.  Never, never, never miss that!  It must be the great evening for you all!  Sorry, I can't explain well, but Anapple's music is so beautiful, bizarre, enigmatic, sometimes wild, and totally psychedelic.  Yes, of course I'm a big Anapple fan!  Anapple is a rock of genius!