ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 27, 2013

アナップルのデビュー・アルバム!  Anapple's Debut Album!

(English follows)
アロハ! 林拓が率いるアナップルのデビュー・アルバムのタイトルが決まりました!題して『アルコイリス』。ワオ! そして全曲ライヴ・レコーディングになるそうよ(アシッドでサイケデリックなフォーク・ロックを展開するアナップルの凄まじいライヴ演奏を考えれば、それってすごくいいことかもね)。ジャケットは見開きの紙ジャケ仕様。発売日は11月29日。すごく楽しみ! これは間違いなく2013年のロック・アルバムのベストの一枚になるわ! 要ゲットね!

ちなみに、ジャケット・デザインについての情報はまだないわ。風変わりでカッコいいものになる、とだけ林拓の友達から教えられたけど。でも、分かったらみんなにもすぐにお伝えします!


Aloha!  Taku Hayashi's new group Anapple is ready to release their debut album, and it's called "Arcoiris"!  Wow!  All songs are recorded live (It's so good probably, because we know well about Anapple's wild play on stage who does acid / psychedelic folk rock. The format is mini LP one with gate-fold sleeves.  The release date is November 29.  Stay tuned!  It must be one of the greatest albums of the year! Must buy!

By the way, still no information on the design of the album cover.  Taku Hayashi's friend said to me, "It will be strange but cool"...  I'll let you know soon the image anyway!

Oct 25, 2013

これは何?  What's This?

(English follows)
これは何? ポール・マウス? でも、サー・ポール・マッカートニーとは何の関係もないの。おかしいわねー。

実はこれは伝説のグループ、MC5が、1967年9月15日にジョージ・ボールルームに出演した際の、超レアなチラシなのよ! 他の出演者はギャング、パック、アッシュモリヤン、クインテット、アワセルヴズ。チラシのデザインはドニ―・ドープ(ヤバい名前ね……)。サイズは10.5×27センチ。チラシだけがコンサート前に一度プリントされたそうよ。ポスターは存在しないんだって。

最近知ったんだけど、MC5のヴィンテージ・ポスターってすごく高額なのね! どれも2,000ドル以上もするみたいね。ポスター・アートに詳しい人によると、MC5、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド、アンディ・ウォーホル関係の60年代のヴィンテージ・ポスターとチラシはすごくレアで、どれもこれもすごく高いそうなの。私も何か欲しいけど、そんなんじゃとても買えないわ。ちょっとがっかりね。


What's this?  Paul Mouse?  But it's unrelated with Sir Paul McCartney.  Funny, isn't it?

In fact, it's a ultra rare handbill of the legendary MC5 for the concert of September 15, 1967, at George Ballroom.  Other performers were gang, the pack, Ashmollyam, Quintet and Ourselves.  The designer was Donnie Dope (Oh, a sick name...).  It measures 10.5 x 27cm.  The handbill was only printed once before the concert.  No poster is known to exist.

Recently I've known, the MC5 vintage posters are so expensive!  Each is over $2,000.  According to a guy who knows well about the poster art, the 1960s vintage posters and handbills of MC5, the Velvet Underground and Andy Warhol are extremely rare and so costly.  It's so hard for me though I want some.  I feel bad a little.

Oct 19, 2013

うわさ話?  Just a Rumor?

(English follows)
うわさ話? でも、これはある友達からこのあいだ聞いたことなんだけど、英レコード・レーベルのイージー・アクションは、クリエイションから1991年にデイヴ・カスワースがリリースした唯一のソロ・アルバム『All The Heartbreak Stories』の再発を目下こっそり計画中なんですって。実現すれば、それはボーナストラック付きの限定アナログ盤としてリリースされるそうよ。でも、おかしいの。この計画をデイヴ・カスワース自身はまだ知らないんだって!

とにかく『All The Heartbreak Stories』が再発されることはいいことよね。このアルバムは今では入手が困難だものね。しかも、隠れた名盤。ジャコバイツをいったん離れた後にデイヴが作った、ニッキ・サドゥン抜きの最初の「良い」アルバムなの。どの曲もパーソナルで、抒情的で、クールで、胸を打つほどロマンティックで、貧乏。デイヴ・カスワースは「貧乏なキース・リチャーズ」って言われているんだって。だとしたら、キースはお金持ちのデイヴ・カスワースだと私は言うわ!

デイヴのアルバムなら『Princess Thousand Beauty』もいつか再発されるといいな。彼のことに詳しいユリシーズ・ボーイの河添剛さんによれば、このアルバムも白眉なんだって。ニッキ・サドゥンも大絶賛してるんだって。私はこのアルバムは持っていないけど、でもデイヴはソングライターとしての才能はすごく高いんじゃない? 彼は単なるロックンローラーじゃないわ。過小評価されたトルバドールだと思うの。

All The Heartbreak Stories / Dave Kusworth






Just a rumor?  But, it's a story that a friend of mine told me the other day, the British record label Easy Action is now planning secretly to reissue Dave Kusworth's solo album "All The Heartbreak Stories" that was originally released in 1991 by Creation.  If the plan comes true, it will come out as vinyl and limited edition with bonus tracks.  But, funny.  Dave Kusworth himself doesn't know this plan yet!

Anyway, it's good for us that "All The Heartbreak Stories" will be released again.  The album is hard to find now.  But it's a hidden treasure.  It's his first great album without Nikki Sudden after Dave left the Jacobites.  Every song is personal, lyrical, cool, heartbreakly romantic, and poor.  People call Dave Kusworth "poor Keith Richards".  So I call Keith "rich Dave Kusworth"!

It would be so nice if Dave's another album "Princess Thousand Beauty" will be reissued too.   According to Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES who knows the works of Dave well, it's also definite.   Nikki Sudden also appreciated that much highly.  I don't have a copy, but I believe Dave is such a talented songwriter.  He's not only a rock'n'roller, but also a very underrated troubadour, I think.

Oct 15, 2013

BBCのマーク・ボラン  Marc Bolan at the BBC

(English follows)
アロハ! 今日はマーク・ボランの凄いニュース。みなさんもたぶんよく覚えていると思うけど、『Bolan at the BEEB』(2007年にポリドールから出た3枚組CDセット)はすごいア ルバムだったわよね! 長らく消失したものと思われていた楽曲「My Baby's Like A Cloud Form」まで収録されていて(でも、間違って「Cloudfall」って表記されていたけど)、ポリドールのこのセットの後ではマーク・ボランのBBCレコーディングなんかもう出ないって思っていたわ。

でも、今回ユニヴァーサルからリリースされた『MARC BOLAN at the BBC』は、もっともっと凄いの。こちらは何と6枚組CDボックスよ! マーク・ボランがBBC放送のために残したレコーディ ングの全音源。明らかに最大級の充実した内容よ。収録されている全118曲中(ジョンズ・チルドレン、ティラノザウルス・レックス、T・レックスをフィーチャーした、1967年から1977年まで)、これまでリリースされたことのないティラノザウルス・レックスの曲が16曲、T・レックスだと20曲以上が収録されているの。これこそが本当に一流のコレクションよ。それに、レア写真満載のゴージャスなブックレットもステキ。ジャケット写真も飛び抜けてる!(これは1971年のマーク・ボランね。彼ってものすごくきれいな顔の男の子だったのね)

『MARC BOLAN at The BBC』、これは全音楽ファンのための宝物。彼が死んで36年が経ったけど、私達はマーク・ボランを忘れたりはしないわ。マークの音楽は時間を超越しているし、霊感に溢れているもの。今や彼は若い世代のDNAの一部にもなっている。マークに挨拶を送るわ!
Marc Bolan at the BBC / Marc Bolan

Aloha!  Here's great news on Marc Bolan today.  As you probably remember well, "Bolan at the BEEB" (3 CD released in 2007 by Polydor) was an excellent job!  First release of the thought-to-be-lost gem 'My Baby's like a Cloud Form' (but wrongly listed as 'Cloudfall') included in this set, and we didn't expect another Bolan BBC release after the Polydor set.

However, "MARC BOLAN at the BBC", that Universal has just released this time, is much more important.  Amazingly, this is a 6 CD collection in a box!  It's obviously the most ambitious and complete collection of Marc Bolan's BBC recordings so far.  Of the 118 tracks in the box set, featuring John's Children, Tyrannosaurus Rex and T. Rex from 1967 to 1977, 16 of Tyrannosaurus Rex tracks and over 20 of T. Rex are previously unreleased.  This is a stellar collection really.  Also, the gorgeous booklet with full of rare photos is great.  And the cover photograph is superb!  (It's Marc in 1971.  He was a very beautiful boy.)

"MARC BOLAN at the BBC", it's a treasure for all music lovers.  We won't forget Marc Bolan though it's been 36 years since he died.  Marc's music is timeless and inspirational.  Now he is part of the DNA of the youth.  We salute you, Marc!

Oct 14, 2013

トゥインクのニュー・アルバム  Twink's New Album

(English follows)
アロハ! 筋金入りのアングラ・ロック好きな人には、今さら伝説のジョン"トゥインク"アルダーのことなんか説明不要よね。トゥインクはトゥモローやプリティ・シングスのメンバーだった人。シド・バレットとスターズを結成した人。スティーヴ・ペレグリン・トゥック(ティラノザウルス・レックス)やミック・ファーレン(デヴィアンツ)と友だち(?)だった人。そして、絶対に忘れてはいけないサイケの歴史的大名盤『Think Pink』(1970年)(私にはまだちょっと苦手だけど……)の作者。

ううん、彼はまだ死んでいないのよ! 彼は今マラケシュ(モロッコ)に在住。しかも幸いサンビームが先日トゥインクのニュー・アルバム『You Reached For The Stars』をリリースしたばかりよ。 アルバムはイタリアのバンドのテクニカラー・ドリーム(いい名前!)をバックに、ゲスト・ギタリストとしてブロッサム・トウズのブライアン・ゴッディング(!)も招いて、ローマでレコーディングされたの。マスタリングはアビィ・ロード・スタジオで、60年代にプリティ・シングスやトゥモロウのレコーディングを手掛けた有名なピーター・ミュウが担当。ゴージャスよね? で、肝心の音楽はといえば、これはもうまさしく精神拡張型ね! 『Think Pink』が好きな人には、これは絶対おススメのアルバムよ!

ボーナストラックが8曲入っているわ。「10,000 Words In A Cardboard Box (live)」とか「Suicide (live)」とか。ヤバいわよね~……。 

YOU REACHED FOR THE STARS /
TWINK AND THE TECHNICLOUR DREAM
Aloha!  The legendary John "Twink" Alder will require no introduction to seriously deep fans of underground rock.  Twink was a member of Tomorrow and Pretty Things.  He founded the Stars with Syd Barrett.  He was a friend (?) of Steve Peregrine Took (Tyrannosaurus Rex) and Mick Farren (The Deviants).  And, never forget, he's the artist of that psychedelic great historic masterpiece "Think Pink" (released in 1970) though it's still more than match for myself... 

No, he's NOT dead!  Twink lives in Marrakech, Morocco now.  Also, he's just come out a new album "You Reached For the Stars" from Sunbeam.  Wow.  The album was recorded in Rome with the Italian band Technicolour Dream (I love the name!) plus guest guitarist Brian Godding from Blossom Toes (!), and mastered at Abbey Road Studios buy noted engineer Peter Mew who had worked on Pretty Things and Tomorrow recordings in the 1960s.  Gorgeous, isn't it?  So, as for the music itself, it's really mind-expanded!  Highly recommended for those who love "Think Pink"!

"You Reached For The Stars" contains eight bonus tracks.  '10,000 Words In A Cardboard Box (live)' and 'Suicide (live)' are included.  So sick!...

Oct 13, 2013

フェルトの写真集  The Photo Book on Felt

(English follows)
再びフェルトのことで驚き。2011年には、ローレンスのドキュメンタリー映画『Lawrence of Belgravia』が完成していただけではなく、フェルトの写真集までイギリスで刊行されていたの。知らなかったー。

この写真集は1000部限定。布張りのハードカヴァー本で、ローレンス自身によるナンバリングとサインが入ったすごい豪華本。20人以上の写真家たちによるフェルトのたくさんのポートレイトが収められているの。ファンにとっては一生ものね。出版元は、ロンドンとパリに拠点を置くファースト・サード・ブックス。この出版社は要注目よ。パンク・ロック以降のミュージック・シーンに関する、個性的で質の高い写真集をこれからもどんどん刊行していくそうだから。

FELT / Photography by various photographers
Again, surprised with Felt.  In 2011, not only the documentary film on Lawrence called "Lawrence of Belgravia" was completed, but also the photo book on Felt released in England.  I didn't know that.

This photo book is the limited edition of 1000.  It's so gorgeous with hardback cloth-bound cover, and signed and numbered by Lawrence himself.  It contains many portraits of Felt taken by over 20 different photographers.  This book must be a great treasure for all fans, I believe.  The publisher is First Third Books, based in London and Paris.  You should keep attention to this publisher.  First Third Books will continue to release unique and high-quality photo books on the music scene after punk rock. 

Oct 8, 2013

ローレンスのドキュメンタリー映画?  A Documentary Film on Lawrence?

(English follows)
信じられないことに、ローレンスについての90分のドキュメンタリー映画が存在するの。タイトルは『Lawrence Of Belgravia』。監督はポール・ケリー。それは2011年の映画で、完成 に8年が費やされたそうよ。イギリスでは、さまざまなフィルム・フェスティヴァルですでに上映されてきたわ。今年の夏もね。

ローレンスのバックグラウンドや私生活のことはほとんど知られていないのよね。私達が知っているのはただ、彼がフェルトのリード・シンガーとして、デニムやゴー・カート・モーツァルトを結成する以前の80年代に、もっとも貴重なタイプの音楽を代表する人だった、ということくらいかしら。彼は巨大な謎。まれにみる才能を持ったアーティストでありながら、名声やリムジンに乗ることに憧れたりしなかった。『Lawrence Of Belgravia』は、そんなひとりのポップの天才の素顔に迫っているの。そして、幸い、DVDが近い内にリリースされるって!

ちなみにチェリー・レッドからリリースされた初期フェルトの3枚のアルバムにはユリシーズ・ボーイズもとても関心があるそうよ。彼らによれば、ローレンスはナイスな詩人だって。私はフェルトの曲だとシングルの「My Face Is On Fire」しか知らない。アルバムを試してみようかな。

Crumbling The Antiseptic Beauty / Felt



Unbelievably, there's a 90 min documentary film on Lawrence.  It's called "Lawrence Of Belgravia".  The director is Paul Kelly.  It's a film of 2011, that took 8 years to complete.  "Lawrence Of Belgravia" has already been screened for various film festivals in the UK.  It was screened this summer too.

Very little is known about Lawrence's background and personal life.  Only what we know is that as the lead singer with Felt, Lawrence was responsible for some of the most precious music of the 1980s before forming Denim and Go Kart Mozart.  He is a big enigma.  An artist of rare talents but left dreaming about fame and riding in limousines.  "Lawrence Of Belgravia" offers an intimate portrait of such a pop genius.  Also, fortunately, a DVD is coming out soon!

Incidentally, the ULYSSES Boys are much interested in the 3 albums of early Felt released from Cherry Red.  According to them, Lawrence is a nice poet.  I know only their EP "My Face Is On Fire".  I think I will try their albums.

Oct 6, 2013

LAのベスト・ロック・バンド  LA's Best Rock Band

(English follows)
ワオ! 『LAウィークリー』誌が今年のベスト・バンドとしてエントランス・バンドを選んだわ! でも、驚く必要はないかもね。しごく当然のことよね。実際、エントランス・バンドは私達にとってはずっと最大のスターだったもの!

前にもここでお知らせしたように、エントランス・バンドは11月にニュー・アルバム『Face The Sun』を発表するわ。ブルックリンの新興レーベルBeyond Beyond Is Beyondから。これは絶対聴いてね! 彼らはドラッグ中毒と、疲労と、悲しみの長いトンネルをくぐりぬけた後に、遂に本物の光を見出したの。音楽を照らす光、愛の光を。『Face The Sun』はあなたをきっと励ましてくれるはず。リリースを楽しみにしていてね!

一方、バンドのリーダー、ガイ・ブレークスリーは、目下ニューヨークにいてソロ・アルバムをレコーディング中。こちらは「エントランス」名義でリリースされるのかしら?

Face The Sun / The Entrance Band

Wow!  "LA Weekly" calls The Entrance Band best rock band of 2013!  But you don't have to be surprised.  The Entrance Band is the best, that's obvious.  In fact, The Entrance Band has been a great star for all of us!

As I let you know before, The Entrance Band will release a new album called "Face The Sun" in November, from the Brooklyn-based label Beyond Beyond Is Beyond.  Don't forget to listen to this!  After they went through a long tunnel of addiction, exhaustion, and sadness, they've finally found real light; light that shines on music, light of love.   I believe "Face The Sun" will encourage you.  Let's look forward to the album release!

On the other hand, Guy Blakeslee, the band leader, is now in New York to record a solo album. The album will be under the name of "Entrance"?

Oct 1, 2013

ポール・マッカートニーのピアノ  Paul McCartney's Piano

(English follows)
ポール・マッカートニーの新作が間もなくリリース。そして彼の日本公演は来月。あー、慌ただしいわ! そう、私は興奮しているの!……

そして、ひとつとっても気になることがあるのよね。今ポールがワールド・ツアーで使っているサイケデリックなペイントを施したピアノのこと。これは1967年にダドリー・エドワーズ(「ビンダー、エドワーズ&ヴォーガン」という伝説的なイギリスのデザイナー・グループのメンバー)がポールのためにペイントしたピアノよ。ポールはなぜ今あえてこのピアノを弾くの? そもそも彼が人前でこのピアノを使うのは初めてのことなのよ。でも、このピアノがあればポールはビートルズを思い出すことがとても簡単になるのかもしれないわ。事実、今回のツアーでは、ポールはたくさんのビートルズ曲をプレイしているのよね。興味深いわ……。

ちなみにダドリー・エドワーズは、60年代にポールやリンゴ・スターの家の壁にも絵を描いた人なのよ。それに、キンクスの編集盤『サニー・アフタヌーン』のジャケットに映っているサイケでカラフルなビューイックも彼のデザイナー・グループの仕事なの。すごくカッコいい。ロンドンの60年代ってステキな時代だったのねえ。


Paul McCartney's new album is coming soon.  Also, he will play in Japan next month.  Wow, I'm so busy!  Yes, I'm excited!...

In addition, I'm so interested in one thing; The psychedelically painted piano Paul uses this time.  It's the piano that Dudley Edwards, a member from the legendary British designer group "Binder, Edwards & Vaughn", painted for Paul in 1967.  I wonder why Paul dares to play this piano now.  It's for the very first time Paul plays this piano in front of the audience, that's true.  But I think it's probably so easy for Paul with the piano, to remember The Beatles.  In fact, Paul plays a lot of The Beatles songs this time for the World Tour he continues.  How interesting...

Incidentally, Dudley Edwards is a painter who also made the mural paintings for Paul and Ringo Starr's houses in the sixties.  Also, that psychedelic and colorful Buick that you can see on the cover of The Kinks' "Sunny Afternoon" was painted by Binder, Edwards & Vaughan.  So cool.  The sixties in London was a beautiful era, wasn't it?