ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 30, 2013

キング・クリムゾンのレア・ポスター!  Rare Poster for the King Crimson!

(English follows)
ファンタスティック! これはキング・クリムゾンの超レアなポスターよ!(見たことある?)制作年は1969年。アーティストは伝説のアルバム『クリムゾン・キングの宮殿』(1969年)のジャケットを手掛けたバリー・ゴッドバーで、アルミ・ホイルの上にプリントされているの。カッコいい! これほしいなー。でも、一体どうしたら手に入れることができるのかしら?

King Crimson poster by Barry Godber

クリムゾン・キングの宮殿 / In The Court Of The Crimson King
Fantastic!  This is a super mega-rare King Crimson poster!  (Have you seen it before?)  Executed in 1969.  It's by the legendary LP "In The Court of The Crimson King" (1969) cover artist Barry Godber, and is printed on aluminium foil.  How cool!  I want this poster!  But I wonder how I can get it.

Sep 28, 2013

キング・クリムゾンの帰還  King Crimson is Returning

(English follows) 
2008年に最後にプレイしたキング・クリムゾンが、再活動するべく戻ってくる! お披露目は2014年9月1日、アメリカのどこかでやるそうよ。グループの歴史にとって第8期に当たる今回のラインナップは、ロバート・フリップ、ギャヴィン・ハリソン、ビル・リーフリン、トニー・レヴィン、パット・マステロット、メル・コリンズ(!)、そしてジャコ・ジャクスジク。7人のメンバー。4人がイギリス人で、3人がアメリカ人。そして、何とドラマーが3人! ひえ~。

ロバート・フリップ自身は2010年以来ライヴ・パフォーマンスからは遠ざかっていたわ。彼はカニエ・ウェストがやった「21世紀の精神異常者」のサンプリングをめぐってユニヴァーサル・ミュージックと法廷で争っていたの。で、結果はフリップの勝訴。それでキング・クリムゾンが帰還することになったわけね。

ところで、オリジナル・メンバーのイアン・マクドナルドは最近元気にしているのかなー……。私、クリムゾンのニュースに触れるたびに私が大好きなアルバム『マクドナルド&ジャイルス』をいつも思い出しちゃうのよね……(当然でしょ?)。

McDonald & Giles

King Crimson, who last played together in 2008, is returning to active service! They will do a live performance somewhere in USA on September 1, 2014.  The line-up, the 8th in the band's history, will be Robert Fripp, Gavin Harrison, Bill Rieflin, Tony Levin, Pat Mastelotto, Mel Collins(!) and Jakko Jakszyk.  7 members.  4 English musicians and 3 Americans.  And, amazing, 3 drummers!  Big surprise.

Robert Fripp himself has retired from live performance since 2010.  Because he was busy to sue Universal Music over the sampling of "21st Century Schizoid Man" by Kanye West.  Mr. Fripp just won in the result.  So King Crimson is back.

By the way, one of the original members Ian McDonald is fine recently?...  I always remember my favorite album "McDonald & Giles" when I read the news on King Crimson...  (Why not?)

Sep 25, 2013

デマ! A False Information!

(English follows) 
残念! 先日ここでお伝えした、リトル・ジョイがホット・ダニーとバンド名を変えて再結成したというニュース、あれはバンドと何の関係もないフェイスブックのあるファン・サイトが流したデマでした! でも、私達としては、リトル・ジョイが一刻も早く活動を再開することを祈り続けましょう!……

一方、これは本当の話。メンバーのロドリゴ・アマランテは新作アルバム『Cavalo』をリリースしたわ。それと、ビンキ・シャピロと最近コラボしているアダム・グリーンは今年ある女性と結婚したばかりなの(ビンキとアダムは恋人同士だと思っていたんだけど、それは私の勘違いだったのね……)。

Cavalo / Rodrigo Amarante
As for the news I told you the other day that Little Joy got the band back together in referring to themselves Hot Danny, much unfortunately, it was a false information(!) from a Facebook fan page that does not any relationship with the band!!!  But let's keep on praying that Little Joy will start working again as soon as possible...

On the other hand, these are true.  Rodrigo Amarante from Little Joy has released a new album  called "Cavalo".   Also, Adam Green who works together with Binki Shapiro recently married with a woman this year (I thought Binki and Adam were lovers, but it was my misunderstanding...).

Sep 22, 2013

ニッキ・サドゥンのアルバムがレコードで蘇る!  Nikki Sudden on Wax!

(English follows)
ワオ! ヌメロ・グループがニッキ・サドゥンのアルバムをレコードでどんどんリイシューしていくんだって! 初回は11月12日。1982年のデビュー作「Waiting on Egypt」、83年の「The Bible Belt」(デイヴ・カ スワース参加!)、そして同じくジャコバイツ(ニッキ・サドゥンとデイヴ・カスワース)の84年のセルフ・タイトル・アルバム、85年の「Robespierre's Velvet Basement」の4枚よ。

その次のレコード化の波は来年の2月。86年の「TEXAS」、87年の「Dead Men Tell No Tales」、それと「Kiss Your Kidnapped Charabanc」(バースデイ・パーティのローランド・S・ハワードとの共作)が出るわ。

ニッキ・サドゥンのアルバムをレコードで愉しむってステキなことよね!彼のアルバムは全部グレイト。もしもあなたがローリング・ストーンズやニール・ヤングやマーク・ボランやフェイセズやジョニー・サンダースのファンなら、ニッキのことも間違いなく好きになるわよ。それにニッキの音楽はすごく深いの。ニッキにもっと詳しくなりたい人は、ぜひ『ユリシーズ』3号を読んでね。19ページ分の特集記事があるわ!

ニッキがいなくて寂しい。彼は2006年に49歳の若さで心臓発作で亡くなったのよね……。

ところで、1988年のアルバム「Crown of Thorns」はヴァイナル化されないのかしら。ニッキ自身は「あれはイタリア製のブートレッグだ!」って怒っていたけど、でも私にとっては好きなアルバム。特にアコースティック・サイドがね。抒情的で、寂しくて、ポンコツで、しかもすごく美しい曲ばかり……。

Waiting on Egypt

The Bible Belt

Jacobites

Robespierre's Velvet Basement
Wow!  It was announced that the Numero Group would reissue a series of Nikki Sudden's album on vinyl!  The first of reissues drops on wax November 12.  This includes Nikki's 1982 debut "Waiting on Egypt", 83's "The Bible Belt" (with Dave Kusworth!), as well as the Jacobites (Nikki Sudden & Dave Kusworth)' 1984 self-titled debut and 1985's "Robespierre's Velvet Basement".

The next wave of reissue is in February, and will cover 1986's "TEXAS", 1987's "Dead Men Tell No Tales", as well as "Kiss Your Kidnapped Charabanc" with Rowland S. Howard from the Birthday Party.

It's so nice you can enjoy Nikki Sudden albums on vinyl, isn't it?  His albums are all great. If you are a fan of the Rolling Stones, Neil Young, Marc Bolan, the Faces and Johnny Thunders, you must love Nikki Sudden too.  Also, Nikki's music is so deep.  Please read "ULYSSES" vol. 3, if you want to know more about Nikki Sudden.  You can enjoy the 19 pages-feature article on Nikki!

We miss Nikki Sudden.  He died in 2006, from a heart attack at the age of 49...

By the way, 88's "Crown of Thorns" will not be reissued on vinyl?  Nikki himself said with anger, "That was a bootleg made in Italy!".  But I love the album, especially its acoustic side. The songs are lyrical, lonely, totally broken, and so beautiful...

Sep 21, 2013

HOT DANNY?  HOT DANNY?

(English follows)
ごめんなさーい! しばらくここを離れていて、ハワイで遅い夏休みを満喫していたの。あー、すごく楽しかった!

で、夏休み中に驚きのニュースが。何と、私が大好きなバンドのあのリトル・ジョイが突然再結成したのよ! もちろんファブリツィオ・モレッティ、ビンキ・シャピロ、ロドリゴ・アマランテのオリジナル・メンバーで! 彼らは新曲も作っているんだって。ワオ。でも、グループ名はリトル・ジョイからホット・ダニーに変更。どうして?



SO SOOOOOOORRY!  I've been out from here to enjoy my late summer vacation in Hawaii.  Ah, I had a fun time really!

On the other hand, it was amazing news during my stay in Hawaii.  Surprisingly, my favorite Little Joy has been getting the band back together suddenly!  Of course the members are Fabrizio Moretti, Binki Shapiro, and Rodrigo Amarante!  They are composing new songs now.  Wow.  But they're now referring to themselves Hot Danny, not Little Joy.  WHY?

Sep 5, 2013

Face The Entrance Band!  Face The Entrance Band!

(English follows)
ワオ。遂に!……

……そうよ。あの偉大なエントランス・バンド、私達が最も好きなバンドのひとつが、ビヨンド・ビヨンド・イズ・ビヨンド(Beyond Beyond Is Beyond)と契約し、11月19日に待望のニュー・ アルバム『Face The Sun』(太陽に顔を向けて)をリリースすることになったの! これはサーストン・ムーアのレーベル「エクスタティック・ピース」からリリースされた2009年のセルフ・タイトル作以来のセカンド・アルバム。私達はずっとこれを待っていたわ。エントランス・バンドに顔を向けながら。11月19日よ。この日を覚えておきましょう!

新作をすでに全部聴かせてもらっているという河添剛さんがこう言っているわ。

「このアルバムは、もともとは『スパイダー』というタイトルで呼ばれていたと思うよ。でも、僕は『Face The Sun』の方が好きだ。というのも、エントランス・バンドは僕の黒い太陽だもの。ただし、注意してもらいたいんだけど、彼らの新しい音楽はアラビアの蜘蛛の巣のように繊細で、ブルースの廃墟の中に突然咲いた獰猛な花のように美しくて、サイケデリアを超えて、善悪の彼岸で、あらゆる生き物のようにサイケデリックなんだ。つまり、大文字の啓示なんだよ。彼らは音楽の未来に顔を向けている……。ガイ・ブレークスリーは依然として世界で最も美しく、最も純粋で、最も悲劇的な声を持ったシンガーだ。マルチ・プレイヤーのパズ・ランチャンタンはエントランス・バンドの音楽を育てる偉大な母親だ。そして、デレク・W・ジェームス、彼はロバート・ワイアットやマイケル・ジャイルスやリンゴ・スターのように、ドラムを歌わせることができる稀な若者なんだよ。僕は彼らを信頼しているんだよ。僕は聴く前にエントランス・バンドを褒め、聴いた後に再びエントランス・バンドを褒めることがマナーだと思っているような人間なんだ」

2011年に、ユリシーズはエントランス・バンドのプロモーション・ポスターを作ったことがあるわ(すごくかっこいいの!)。それに、今年はパズ・ランチャンタンのライヴ告知ポスターも作った(これもかっこよかったわ!)。ユリシーズ・ボーイズはエントランス・バンドが大好き。彼らはずっとこう言っているわ、「Face The Entrance Band!」って。『Face The Sun』の詳細はいずれまた……。楽しみにしていてね!




Wow.  Finally!...

...YES.  The great Entrance Band, one of our favorite bands, has signed to BEYOND BEYOND IS BEYOND, and will release their long-awaited new album "FACE THE SUN" on November 19th!   You know, this is the second album since the 2009 self-titled album released on Thurston Moore's ECSTATIC PEACE label.  We've been waiting for that for long, in facing The Entrance Band constantly.  Let's keep November 19th in mind!

This is Tsuyoshi Kawasoe's saying who has already listened to "Face The Sun".

"I believe the album was originally called SPIDER.  But I prefer FACE THE SUN.  Because the Entrance Band is my black sun.  However, note, their new music is delicate like an Arabian spider web, beautiful like a flower that suddenly blooms in the ruin of blues, and psychedelic like every living beyond psychedelia or beyond good and evil.  In short, it's a REVELATION itself.  They all face to the future of music... Guy Blakeslee is still a singer with the most beautiful, the most innocent, and the most tragic voice.  Multi-player Paz Lenchantin is a great mother who raises the music of The Entrance Band.  And Derek W. James is an exceptional young guy who can "sing" with his drumming like Robert Wyatt, Michael Giles and Ringo Starr.  I trust them.  I'm a person who believe it's a good manner to adore The Entrance Band before enjoying them and after enjoying them again."

ULYSSES made a promotional poster for The Entrance Band in 2011 (So cool!).  Also, ULYSSES did a Paz Lenchantin poster for her solo show this year (It's so cool too!).  You see, the ULYSSES Boys love The Entrance Band so much.  They have emphasized consistently, "Face The Entrance Band!".  I'll tell you more about "Face The Sun"... so stay tuned!