ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Aug 31, 2013

バック・トゥ・ザ・ビジネス  Back To the Business

(English follows)
ワオ。オドロキよ。シェラ・マクドナルド、セプテンバー・プロダクションのあの歌姫が、9月に遂に新作アルバムを引っ提げてシーンに復帰するの。そのアルバムは、1971年の『Stargazer』以来となる、サード・アルバムなのよ!

彼女が1971年に突然失踪したことは有名な話。LSDの過剰摂取が原因で、いわば引退を余儀なくされたのね(シェラ自身はそのことについてあまり多くのことを語りたがっていないけど)。その後、紆余曲折の人生を経て、彼女はシーンに帰って来たわ! すごい! 幸い彼女は今はとても元気で、しかも、信じられないことに昔とおんなじルックスなの。そして、今年になって行われた彼女のコンサートでは、彼女は相変わらずカレッジ・フォークとトラッドのファンタスティックな交差点に立っていたわ。シェラはなおシェラのままよ!……

日本に来ないかなー。

Album / Shelagh McDonald

Stargazer / Shelagh McDonald

Amazing!  Shelagh McDonald, who was the queen of the September Production, will be back to the business with her new album in September.  The album is the third one after she released "Stargazer" in 1971!

As you know well, she suddenly disappeared in 1971.  She was forced herself to retire because of her too much having LSD (and she doesn't talk about that in detail now).  However, she's coming back after much meandering!  GREAT!  Fortunately, she's very fine now, and, incredibly, she's as beautiful as before.  Also, she still stood at the crossroads of college and traditional folk music like in thee past.  Shelagh remains Shelagh!...

It would be so nice if she comes to Japan to play... I wonder...

Aug 28, 2013

アナップル!  Anapple!

(English follows)
アロハ! 林拓のグループ「アナップル」が、11月にデビュー・アルバムをリリースする模様よ! 遂に! 詳細はまた後日にあらためてご報告します! しばしお待ちください!

そしてこれは5月にアナップルのライヴを京都で目撃した河添剛さんの報告。「今やアナップルは恐るべきトリオだよ。僕は彼らのことをただのサイケデリック・フォーク・ロック・バンドとはもう呼びたくない。アナップルはアナップルだ。アナップルは地獄のように優美で、天国のようにシュールだよ。ティラノザウルス・レックスのように美しく、アモン・デュールのように出口なしで、ロザリー・ソレルスのように心地いい。僕はアナップルが大好きだ」

アナップルがアルバムを出す前に、私はもう一度林拓のソロ『オデュッセイア』を聴くことにするわ。みなさんはもう聴いた? 本当にすごくいいアルバムなのよ。最高の一枚。だから私はアナップルのアルバムもすごく楽しみ!


Aloha!  Taku Hayashi's new band Anapple will release the debut album this November!  Finally!  For the further information, I'll let you know later!  Please be patient for a while.  Thank you!

And, this is a report from Tsuyoshi Kawasoe who saw Anapple show in Kyoto in May.  "Now Anapple is a terrible trio.  I won't call them just a psychedelic folk rock band any more.  Anapple is Anapple.  Their music is graceful like hell, and surrealistic like heaven.  Their music is as beautiful as Tyrannosaurus Rex, as darkly mazy as Amon Duul, and as comfortable as Rosalie Sorrels.  I love Anapple very much."

Before that, I'll listen to Taku Hayashi's solo album "Odyssey" again.  Have you already enjoyed this album?  This is a really great album.  One of my favorites.  So I'm looking forward to the Anapple album too!

Aug 19, 2013

ジョー・ダレッサンドロのこと  About Joe Dallesandro

(English follows)
ハロー! 実は私、先日初めてセルジュ・ゲンズブールの映画『ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ』を観たの。うーん。いろんな意味ですごい映画だった(笑)。映画の中のジェーン・バーキンはジョー・ダレッサンドロに何をされたの? 彼女はとても痛がっているように見えたわ! ジョー・ダレッサンドロはアンディ・ウォーホルの「スーパースター」のひとりで、事実たくさんのウォーホル映画に出演している有名なアンダーグラウンド俳優なんだけど、彼にとってはこの映画こそが最愛のフィルムなんだって。

ゲンズブールがジョーを起用した理由は、彼がすごくセクシーな男性だからだと思うんだけど、彼はなぜかミュージシャンに愛される特別な俳優だとも言えるかもしれないわ……。

たとえばルー・リードの曲「ウォーク・オン・ザ・ワイルド・サイド」。この曲の中で歌われている「リトル・ジョー」ってジョー・ダレッサンドロのあだ名よね。ローリング・ストーンズの有名なアルバム『スティッキー・フィンガーズ』のジャケットは、タイトなジーンズをはいたジョーの下半身の写真よ。それにザ・スミスのデビュー・アルバムのジャケット写真は、映画『フレッシュ』に出演時のジョーのスティル写真が使われてる。また、2005年にはノルウェイ出身のBriskebyが「Joe Dallesandro」っていうシングル盤をリリースしているわ。

彼の存在を忘れないようにするための様々な努力がこの音楽界の中で起こっているとしたら、それはすごく興味深いことだなあって思いました。ジョーは全然歌を歌えないのにね! 



"Sticky Fingers" / Rolling Stones

"The Smiths" / The Smiths

Hello!  In fact, I've seen the Serge Gainsburg film "Je t'aime moi non plus" the other day for the first time.  Mmm...  It was a too-much film in various senses for me.  lol.  In this film, what really happened to Jane Birkin by Joe Dallesandro?  She seemed to feel much pain!  Joe Dallesandro is one of Andy Warhol's superstars, and he is a famous underground actor who appeared in many Warhol films.  But they say this is his favorite film.

I think the reason why Gainsburg used Joe is that Joe is an extraordinary sexy boy, and probably you can say he is a special actor who is loved by musicians...

Remember, for example, Lou Reed's hit song 'Walk on the Wild Side'. 'Little Joe' was Dallesandro's nickname that was used in.  The famous cover of the Rolling Stones' album "Sticky Fingers" is the photograph of Joe's lower part of the body wearing the tight jeans.  And The Smiths used a still photograph of Joe from the film "Flesh" as the cover of their debut album.  In addition, Briskeby, from Norway, released their single called 'Joe Dallesandro' in 2005.

I think it's so interesting if not a few people in this music world try not to forget him.  Joe can't sing at all though!

Aug 10, 2013

1968年のロバート・ワイアット (2)  Robert Wyatt in 1968 (2)

(English follows)

この前のYoutubeのヴィデオは削除されてしまったみたいなので、こちらを見て。



Youtube video I posted the other day seems to have been deleted so I hope you enjoy this one.

Aug 7, 2013

1968年のロバート・ワイアット  Robert Wyatt in 1968

(English follows)
1968年9月、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのサポートでソフト・マシーンが2度目のアメリカ・ツアーを終えた後、ロバート・ワイアットだけはアメリカにとどまって、ハリウッドとニューヨークでこっそりレコーディングをしたの。そうしてできた4曲のデモが、何と今年の10月8日、初めて全部纏まって、『Robert Wyatt '68』というアルバム・タイトルで CUNEIFORMからリリースされることになったのよ! すごい!

トラック・リストは以下の通り。

1. Chelsea
2. Rivmic Melodies
3. Slow Walkn' Talk
4. Moon In June

注意してね。このうち2曲は時々発表されたものだけど、残りの2曲は未発表で音源は無くなってしまったと信じられていたものだわ。ブラヴォー。CUNEIFORMに敬礼よ!

レコーディングから45年。このスペシャルなアルバムは英ポスト・サイケデリアを偲ぶ絶好の機会を私達に与えてくれることでしょう。ちなみに私は彼の「Moon In June」は大好きなの。



In September 1968, after the Soft Machine had just finished their second tour of the USA supporting the Jimi Hendrix Experience, Robert Wyatt still stayed working on recording secretly in Hollywood and New York.  And all four of the demos he made are collected together for the first time and released under the title of "Robert Wyatt '68" from CUNEIFORM Records on October 8 this year!  GREAT!

Track list is as below;

1. Chelsea
2. Rivmic Melodies
3. Slow Walkn' Talk
4. Moon In June

Note, 2 of them were eventually found and issued, but half of these recordings were unreleased and thought lost forever.  Bravo.  Hats off to CUNEIFORM!

45 years has passed since then.  I believe this special album will give a good opportunity to us to remember the British post psychedelic culture.  Incidentally, I love his 'Moon In June' so much.

Aug 6, 2013

ウォーホル・ミュージアムのジェネシス・P=オリッジ  Genesis P-Orridge at the Andy Warhol Museum

(English follows)
こわーい。スロッビング・グリッスル、サイキックTV、ピッグフェイスでの活動で知られるジェネシス・ブライヤー・P=オリッジが、現在ピッツバーグのアンディ・ウォーホル・ミュージアムで展覧会を開催しているの(9月15日まで)。「S/HE IS HER/E」と題されたこれは、彼(彼女?)にとって初となる美術館での個展で、70年代半ばから現在に至るまでの100点以上のアート作品が概観できるんですって。サイキックTVは8月16日にこの場所でライヴ・パフォーマンスも披露するわ……。

Genesis Breyer P-Orridge, Coum Transmissions The British 

Genesis Breyer P-Orridge, English Breakfast, 2009

Awful.  Genesis Breyer P-Orridge, who has performed in a number of music projects including Throbbing Gristle, Psychic TV and Pigface as you know, has his show now at The Andy Warhol Museum, Pittsburgh (until September 15).  This is his (or her?) first solo museum exhibition titled "S/HE IS HER/E", that showcases his art practice through over 100 works, dating from mid 1970s to the present.  Also, on the 16th this month, Psychic TV will play at the museum...