ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 28, 2013

シド・バレットのドキュメンタリー映画  Documentary Film on Syd Barrett

(English follows)
4月に亡くなったストーム・ソージャーソン(元ヒプノシスのメンバー。ヒプノシスはケンブリッジ生まれのストームとオードリー・パウエル、そしてのちにピーター・クリストファーソンを加えたイギリスの有名なデザイナー・グループで、1968年から1983年まで活動)は、2010年の終わりからずっとシド・バレットに関するドキュメンタリー映画の制作に取りかかっていたんだって。彼はシドの学友、フラット・メイツ、ガールフレンド、関係ミュージシャン、それにピンク・フロイドのメンバーを含む、たくさんの人たちの証言をフィルムに収めたの。そして幸い、フィルムは目下編集段階に入っているそうよ。いずれ私達はこの映画を観ることができる! ワオ!

ちなみにシド・バレットの2枚組レコード『The Madcap Laughs & Barrett』のシドのポートレイトを撮影したのはストーム・ソージャーソンよ。素晴らしい写真。とてもとても悲しい写真……。

From HIPGNOSIS - Storm Thorgerson and beyond

From HIPGNOSIS - Storm Thorgerson and beyond

Storm Thorgerson who has passed in April (Storm was the founder member of Hipgnosis.  Hipgnosis was the famous English design group working from 1968 to 1983, consisted primarily of Cambridge natives Storm and Audrey Powell, and later Peter Christopherson) had been very busy filming a documentary about Syd Barrett since the end of 2010.  He filmed many interviews including old school friends, flat mates, girlfriends, fellow musicians, and all the surviving members of Pink Floyd.  Much fortunately, the film itself is at the editing stage right now.  We will be able to watch the film sooner or later!  Wow!

Incidentally Syd's portraits on his 2-record set "The Madcap Laughs & Barrett" were taken by Storm Thorgerson.  Great pics.  Very very sad pics...

Jul 26, 2013

デトロイト財政破綻!  Detroit Bankrupt!

(English follows)
デトロイト財政破綻! 衝撃すぎ。1960年にはデトロイトはアメリカで一番リッチな年だったわ。でも50年経ってデトロイトは破産したゴースト・タウンになってしまった。このことを対岸の火事だと思ってはいけないんだわ……。

世界中の音楽ファンにとっても、このことはとても悲しいことよね。キッスによれば、デトロイトは「ロック・シティ」よ。モータウンはデトロイト発祥のレコード・レーベルでしょう? それに、アリス・クーパー、エミネム、ホワイト・ストライプス、スージー・クアトロはデトロイト出身のアーティスト。加えて、偉大なMC5の活動拠点はデトロイトだったし。

そして、キャディラックのこともあるわ。GM社のこの車はたくさんのミュージシャンに愛された。「キング」エルヴィスの愛車はキャディラックだったわ。そして、キンクスも、T・レックスも、キャディラックのことを歌っている。愛を込めて。

デトロイト、元気を出して!



Detroit Bankrupt!  Too shocking.  In 1960, the richest per capita city in America was Detroit.  But 50 years changed Detroit to a bankrupt ghost town.  You don't look on this trouble with indifference...

For every music lover in the world, it's a very sad news too.  According to KISS, Detroit is a "ROCK CITY".  You know, Motown is a record label established in Detroit.  Also, Alice Cooper, Eminem, White Stripes and Suzi Quatro were born in this city.  In addition, great MC5 based in Detroit.

And, you don't forget about Cadillac.  The car made by GM has been loved by many musicians.  "The King" Elvis's car was Cadillac.  Also, The Kinks and T. Rex sang about Cadillac with love.

Hold on, Detroit!

Jul 23, 2013

デヴェンドラ、大好き!  I Love Devendra!

(English follows)
日本では今、11年ぶりに来日するポール・マッカートニーの話題で持ちきり。もちろんポールはすごい才能の人だと思うわ。でも、私はキース・リチャーズの方が好きなの。そして、キース以上に私はデヴェンドラ・バンハートの方がもっと好き。だから、私としてはデヴェンドラに来日してもらいたいなーって思っているところ。第一、新作『Mala』はすごく良かったしね。シンプルなんだけどディープ、ストレンジなんだけどビューティフル。いくつかの曲では、私、今でも本当に涙が出そうになるくらい。

その『Mala』の収録曲「Für Hildegard von Bingen」のことで、この間ユリシーズ・ボーイの河添剛さんからとても興味深いお話を聞いたわ。この曲は、ヤング・マーブル・ジャイアンツ解散後にスチュアート・モクサンが始めたユニット、ザ・ジストの、1982年のシングル「Love at First Sight」のあからさまなリメイクであり、オマージュ・ソングだって。そしてデヴェンドラはこの曲を介して80年代にユニークな目配せを送っているんだって。

確かに両者の曲を聴き比べてみると面白いわ。デヴェンドラの音楽を聴いていると、他の音楽のことも分かってくるってこと? 彼の音楽にはたくさんの歴史的背景があるってこと? 私にとって、デヴェンドラは相変わらず謎すぎる人。でも、とにかく彼のことは大好きなの! ライヴ行きたいなー! 彼は今ヨーロッパをツアー中よね。



LOVE AT FIRST SIGHT / THE GIST



People in Japan are excited over the news on Paul McCartney who will come to play over here after an interval of 11 years.  Of course I believe Paul is a great-talented artist.  But I prefer Keith Richards.  And I love Devendra Banhart much more than Keith.  So I think I want Devendra to come to Japan.  Remember, his new album "Mala" was so good.  It's simple / deep, and strange / beautiful.  Some songs still make me almost cry.

The other day, Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES told me a very interesting thing on the song 'Für Hildegard von Bingen' from "Mala".  According to him, this song is obviously a remake / homage song dedicated to 'Love at First Sight' (1982) by The Gist, that was a unit by Stuart Moxham after the breaking of Young Marble Giants.  Tsuyoshi insists that Devendra makes a unique sign with his eye to the 80's culture through his song.

Surely, it's so interesting to compare these two songs.  I wonder if you understand other various music in listening to Devendra's songs.  I wonder if his music has so many historical background.  Devendra is still too enigmatic for myself.  But I love Devendra anyway!  I want to see his concert!  Now he's touring the EU.

Jul 20, 2013

スティーヴ・ペレグリン・トゥックの伝記?  The Biography on Steve Peregrine Took?

(English follows)
びっくり! 年末にイギリスでスティーヴ・ペレグリン・トゥックの伝記が刊行されるんだって。ユリシーズ・ボーイズが大好きなスティーヴは、元ティラノザウルス・レックスのメンバー。ディヴィアンツ、ピンク・フェアリーズ、シド・バレットなどと親しかった人。死後リリースされた彼のアルバムは4枚あるけど、どれもすごく良かった……(『The Missing Link To Tyrannosaurus Rex』、『Lone Star』、『Pink Jackets Required』、それと『Steve Took's Horns』。でも、トゥインクがプロデュースしてブックレットも書いた『Pink Jackets Required』には嘘っぱちの情報があふれているって聞いたことがあるわ)。悲しいことだけど、彼はとても過小評価されているアーティストのひとり。アシッドが全部悪いのよ。でも、彼がたぐいまれなマルチ・プレイヤーで、すごく優美な歌声をしていて、しかも美しいアシッド・フォーク・ソングを書ける才能ある人だったということは、本当のことでしょ? 彼は初期マーク・ボランの素晴らしい相棒だったけど、ソロもすごくいいのよね! 何人かの日本人とバンドを組んでいたこともあるんだって。 でも、とにかく彼の人生は謎に 包まれている……。彼はジョン・レノンが亡くなった1980年に亡くなったわ。

伝記が出たら読まなくちゃ。刊行の日がすごく楽しみ!





Amazing!  I've heard that the biography book on Steve Peregrine Took will come out in the UK at the end of this year.  Steve, whom the ULYSSES boys love so much, was the Ex-member of Tyrannosaurus Rex.  He was also a friend of The Deviants, Pink Fairies, Syd Barrett and so on.  His 4 albums released after his death were totally great...  (I mean "The Missing Link To Tyrannosaurus Rex", "Lone Star", "Pink Jackets Required", and "Steve Took's Horns".  But some people say the booklet of "Pink Jackets Required" written by the producer Twink is full of lies.)  Sadly, he is one of the most underrated artist - because of acid he loved to take.  However, it's true that he was an extraordinary multi-player, he could sing so gracefully, and he was a talented composer of beautiful acid folk songs.  Steve was a great sidekick for early Marc Bolan, but his solo works were really great too!  I know he had formed a band with a few Japanese guys.  On the other hand, his life was so enigmatic anyway...  Steve passed away in 1980 when John Lennon was killed.

I want to read the his biography.  I'm very looking forward to the publication date!

夏の失敗  Failure in the Summer

(English follows)
ユリシーズ・ボーイズに騙されて、トゥインクの1970年の最初のソロ・アルバム『シンク・ピンク』の再発盤を買っちゃったの(ボートラ満載!)。で、びっくり。強烈。ものすごくサイケデリック。頭がくらくらしてきたわ。元ティラノザウルス・レックスのスティーヴ・ペレグリン・トゥックも参加しているの。でも、おかげでひどく夏バテしちゃった。ぐつぐつ煮立った闇鍋をつついているみたいなんだもの。夏はサイケの季節というけれど、これは絶対に夏に聴くものじゃないわよねー。何しろ日本の夏はすごく熱いのよね……。

みなさんにとってこの夏のフェイヴァリット・アルバムはなあに? 私はやっぱりボサノヴァを聴くのが好きよ。

Twink / Think Pink

I, having been forced by the ULYSSES Boys, bought a reissued album called "Think Pink" (with full of bonus tracks!) by Twink.  It's his first solo album originally released in 1970.  I listened to this, and SOOOO SHOCKED immediately.  Too psychedelic.  Too intense.  My head was going around and around.  Ex-Tyrannosaurus Rex boy Steve Peregrine Took takes part in the recordings.  But I was fagged out this summer.  The album is like a pan boiling in the dark over the fire.  People say that the summer is a good season for psychedelic music, but I believe "Think Pink" is absolutely not for the summer.  For, the summer in Japan is very hot...

What's your favorite album this summer?  I still love to listen to Bossa Nova albums.

Jul 11, 2013

ザ・ライクが好き  I Like The Like

(English follows)
理由は分からないけど、夏になるとザ・ライクのことを思い出すわ。私がザ・ライクが好き。ザ・ライクがいなくて寂しいわ。

念のため、ザ・ライクはロスのバンドよ。3枚のEPと『Are You Thinking What I'm Thinking?』(2005年)と『Release Me』(2010年)を発表し、その後彼らは2011年5月25日に、フェイスブックのページで「以後のショウはすべてキャンセルします」ってメッセージを残して消えたの。ザ・ケイク(60年代の伝説的なガール・グループ)が好きな人なら、ザ・ライクも間違いなく好きになれる。でも、ステキなガール・グループは2枚しかアルバムを作らないものなのね……。

この映像を見て。ザ・ライクはステキなグループだったってわかると思うわ。ちなみに映像を撮ったのはマクシミラ・ルーカックス。彼女はエントランス・バンドのプロモ映像も手掛けたすごいアーティストなの。



I don't know the reason, but I remember The Like whenever the summertime comes.  I like The Like.  I miss The Like.

To be sure, The Like was a band from Los Angeles. The band released three extended plays (EPs) and two studio albums called "Are You Thinking What I'm Thinking" (2005) and "Release Me" (2010).  After the band posted the message on May 25, 2011, on its official Facebook page, "The Like have cancelled all their upcoming shows...", The Like disappeared.  You must love The Like if you love The Cake, the legendary girl group of the sixties.  But every cool girl group releases only two albums...

Watch the film.  Then you'll find The Like was a beautiful band.  By the way, The film director was Maximilla Lukacs.  She is a great artist who has also made the promotion films for The Entrance Band.

Jul 4, 2013

リンダ・パーハックスが歌う!  Linda Perhacs Sings!

(English follows)
アロハ! すごく気分がいい今日は、先日ロスで行われたナカルビ・ミュージック・フェストで名曲「チマカム・レイン」を歌うリンダ・パーハックスの最新映像をみなさまにお届けすることにするわ! 彼女はやっぱり最高のアーティストのひとりね。穏やかで瞑想的なヴィジョンを開く彼女の歌は、いつでも私達を遠い未知の場所に連れ出していってくれる。そして、これも注目よ。彼女をサポートする二人のギタリスト、クリス・プライスとフェルナンド・ペルドーモは、彼女のニュー・アルバムをプロデュースした鬼才なの!

そう、リンダは実は、すでにニュー・アルバムのレコーディングを終えているの。これは本当に本当にすごいことよ。世紀の名盤『パラレログラムス』から40年以上も経過した後の、セカンド・アルバムに当たるこの新作は、今、世界中からものすごい関心が集まっているところ。その詳細はもちろん分かり次第ここでお知らせするわ!

そして、『ユリシーズ』創刊号ではリンダ・パーハックスとのステキな会見記事が掲載されていることも忘れないでほしいわ。ロスのあるパーティで彼女に会見した河添剛さんによれば、リンダはとてもとても親切で、しかも際立って美しい女性だったんですって。



Aloha!  Today when I feel so good, I'm pleased to show you the very recent film where Linda Perhacs sang her great song "Chimacum Rain" at Nacarubi Music Festival, LA.  I believe she's still one of the greatest artists.  Her songs that open various calm and meditative visions always take us down to a  unknown place much far from here.  Also, please attention, folks!  Chris Price and Fernando Perdomo, the guitarists who support her, are both of the genius guys who also worked for her new album as the producers!

Yes, Linda has already finished the recordings for her new album in fact.  This is really really exciting.  Now people in the world are so much interested in her long-waited album next to that great masterpiece first album "Parallelograms" released in 1970.  Of course, I'll let you know about the details!  Thank you for your patience!

On the other hand, do not forget the long and moving article on Linda Perhacs appeared in "ULYSSES" issue#1.  According to Tsuyoshi Kawasoe, who interviewed her at a party in LA, Linda was very very kind and she was an extremely beautiful lady.