ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Apr 25, 2013

期待される林拓 Taku Hayashi Who's Much Expected Now

(English follows)
林拓は偉大なアーティスト?もちろんそうよ! ユリシーズ・ボーイズが彼を発見して大絶賛した2009年以来、林拓の音楽はずっと偉大なままだった。それに、ますます良いものになっているの。実際、彼が昨年リリースした『オデュッセイア』というアルバムは、本当に、本当に、衝撃的なアルバムだったわ。ひどく奇妙なのにポップで、かっこよくて、フォーキーでオーガニックで、美しい、真の傑作アルバムがあれ。私達はみんな、彼のことを「大物」だって確信しているの。

嬉しいことに、彼を称賛している人の数は、海外でも増えているのよ。デヴェンドラ・バンハートは林拓の『オデュッセイア』をすごく褒めているの。リンダ・パーハックスはこのブログの中で彼の音楽について真剣に論じてくれたわ(ありがとう、リンダ!)。2010年に彼と一緒に日本でツアーをしたブリジット・セント・ジョンは、林拓をケヴィン・エアーズみたいな人だと言ってたわ。それに、この間来日したパズ・ランチャンタンは、林拓のレコーディングならぜひ参加したいって言っていたし、ジョセフィン・フォスターなんか彼にすっかり感心していたくらいよ。林拓は、4月17日は京都でジョセフィン・フォスターの、翌18日は東京でパズ・ランチャンタンのライヴでオープニング・アクトを務め、彼らに深い感銘を与えたの。

それだけではないわ。つい先日、ドイツのオンライン・カルチャー誌『Aqua01』に、若手インテリア・デザイナーの筆頭アナ・クラスのインタヴュー記事が掲載されたんだけど、そこで、最近気に入った音楽について尋ねられたアナは、「友達が林拓のアルバムを送ってくれたんだけど、ぶっ飛んだわ。そのアルバムは『オデュッセイア』っていうんです」って答えていたの。林拓の名前が日本以外の国のメディアに出たのはこれが最初ね!ありがとう、アナ!

私、アナには会ったことがあるわ。彼女は「ボンボン・ランプ」の制作などで世界的に有名になった才能あるアーティスト。デヴェンドラ・バンハートのガールフレンドよ。彼女は優しくて、フレンドリーで、しっかりしていて、料理も得意な、すごい美人なの。とにかく素晴らしい女性よ。デヴェンドラの新作『Mala』ではバッキング・ヴォーカルも務めているわ。彼女の最近の映像をここに添付しておくわ。デヴェンドラも一緒に映っているの。見て!

で、林拓に話を戻せば、たぶんみんなも知っているように、彼はアナップルという4ピースのバンドを結成していて、そこでもすごい音楽を展開しているの。最近のアナップルのライヴ・レコーディングを聴いた河添剛さんによれば、「もはや手に負えないよ。アナップルはとことんワイルドで、優美で、常軌を逸しているからね。アナップルの音楽は1968年のティラノザウルス・レックスの「ウィザード」のライヴ・ヴァージョンのように美しい」ですって。平治さんによれば、「困るね。アナップルを聴くと、仕事がまったく手につかなくなるよ」ですって。ワオ!

林拓の活動に注目!そして、私たちが今熱望しているのはアナップルのアルバムね。タク、新作が待ち遠しいわ!好きよ!

"Odyssey" by Taku Hayashi
"Jolie Madame Live in Japan 2010"
by Bridget St. John with Taku Hayashi




Is Taku Hayashi a great artist?  Of course! Since 2009, when Ulysses Boys found him and gave him rave review, his music has been great.  And it got better and better.  Actually, the album "Odyssey" he released last year was a real real shocking album.  Very strange but pop, cool, folk, organic and beautiful, and it was a true masterpiece album.  We are all sure that he is "a great musician".

The good news is the number of people who admire him is increasing even abroad.  Devendra Banhart praises Taku Hayashi's "Odyssey" very much.  Linda Perhacs seriously discussed his music in this blog.  (Thank you, Linda!)  Bridget St. John, who toured Japan with him in 2010, said Taku Hayashi was like Kevin Ayers.  And Paz Lenchantin, who came to Japan not so long ago, said she would like to join his recordings and Josephine Foster was totally impressed by him.  He performed as an opening act for Josephine Foster's show in Kyoto on April 17, and for Paz Lenchantin's show on the next day, the 18th and made a profound impression.

And that's not all.  The other day, an interview with Ana Kraš, as the head of young interior designer, has appeared in the German online culture magazine "Aqua01".  She was asked what was her favorite music and she answered "Recently a friend sent me a CD by a Japanese author named Taku Hayashi, and I was blown away by some of the songs.  The album is called Odyssey".  This is the first time that Taku Hayashi’s name has appeared in the media outside Japan!  Thank you, Ana!

I have met Ana before.  She is a talented artist who became famous worldwide by making "bonbon lamp" etc.  She is Devendra Banhart's girlfriend. She is kind, friendly, reliable, a good cook and beautiful.  She is a great woman.  She is a backing vocalist in Devendra's new album "Mala".  I have put her recent video here. Devendra is with her too.  Please have a look!

And back to Taku Hayashi, as you already know, he has formed a 4-piece band called "anapple" and he is developing a great music.  According to Tsuyoshi Kawasoe, who has listened to anapple's recent live recordings, "They are already out of control. Anapple is totally wild, elegant and off the edge.  Anapple's music is beautiful like a live version of 'The Wizard' by Tyrannosaurus Rex in 1968."   According to Osamu Taira, "I don't know what to do.  I can't concentrate on my work if I listen to anapple."  Wow!   Please keep an eye on Taku Hayashi's activities!  And what we aspire is anapple's album.  We can hardly wait for the new work, Taku!   We love you!

Apr 21, 2013

ありがとう、パズ! Thank you, Paz Lenchantin!

(English follows)
先週木曜日にSOUPで行われたパズ・ランチャンタンのショウはとてもよかったわ! ベースとヴァイオリンを弾き、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの「ヴィーナス・イン・ファーズ」のカヴァーもし、ステージでセクシーに動き続ける彼女は、アヴァンギャルドなアーティストというよりむしろ音楽に祝福された崇高な女神。そして、そう、パズは同時に本当にかっこよかったの! SOUPのオーディエンスはみんな、とっても感動していたわ。ありがとう、パズ!

パズはフレンドリーでオープンで親切な人。私は彼女といっぱいお話をしたわ。たとえば、

エントランス・バンドについて。「ニュー・アルバムのレコーディングは先月完了したわ。私達はたくさんのアイディアを盛り込んだの。エントランス・バンドはさらに前進し、成熟したわ。エントランス・バンドこそ私のドリーム・バンドよ。ビートルズ以上の。リリースを楽しみにしていてね。でも、アルバムの前にEPをリリースすると思うわ。……ガイ(・ブレークスリー)はもうとっくにドラッグをやめていて、完全にしらふでね、これまでになくいい感じよ。そして彼は相変わらずとても知的で優しいの。デレク(・W・ジェームス)には可愛いベイビーが誕生したわ。デレクは楽しい人。そして彼は最高のDJでもあるわ。次回は私はぜひエントランス・バンドで日本でプレイしたいの!」

ジョセフィン・フォスターとガイ・ブレークスリーについて。「私はジョセフィンとガイを同時に知ったの。あるコンサートで、たぶん2002年に。ワオ、彼らはすごい!って思ったわ。彼らとはそれ以来の友達よ。ガイには、若くして亡くなった私の弟が生前使っていた素晴らしいギターを献上したわ。だから今は、ガイが私のブラザー。ジョセフィンは彼女の『ブラッド・ラッシング』のレコーディングのために私を呼んでくれた。ナッシュビルでレコーディングされた彼女の新作もグレイトな出来栄えよ。もうじきリリースされるんじゃないかしら?」

パズのオープニング・アクトを務めた林拓について。「タクは素晴らしい! いつか一緒にプレイしたいわ! 私はセンシティヴなので、誰彼かまわず一緒にプレイしたいとは思わないの。私が一緒にプレイしたいのはいつもエントランス・バンドとジョセフィン・フォスター。そして今は、タク・ハヤシもそこに加えるわ」

パズ自身について。「私はマン・レイが好き。シュルレアリストの芸術が好き。作家のオクタヴィオ・パスやフランス文学が好き。クラシック音楽が好き。CDよりもレコードが好き。バレーも好き。そして私が一番好きな都市はパリ。私の苗字はフランス経由よ。お酒とタバコはたしなみません。日本では別だけど!」

などなど。

とてもビューティフルなパズ、また日本に来てね! 私達はあなたのことがとても好きよ! YES。






Taku Hayashi
Paz Lenchantin's solo show at SOUP last Thursday was so beautiful!   Paz, who played the bass and violin, also sang the cover of the Velvet Underground's classic "Venus in Furs", and kept on moving so sensually on the stage, was a sublime goddess blessed by music rather than an avant-garde musician.   And, YES, she was really COOL too.  The audience were much impressed with her.  Thank you, Paz!

Paz is a friendly, open and kind person.  We were lucky enough to talk a lot with her.  For example;

On The Entrance Band.  "We have finally completed the recordings for our second album last month.  We used various good ideas.  We, The Entrance Band, have developed and matured.  The Entrance Band is my dream band really.  More than The Beatles for me!  I would be happy if you enjoy our new album.  But I think we will release the EP before that...  Guy Blakeslee has already stopped taking drugs.  He has been totally sober for long and he's brighter ever than before.  Also, he's still intelligent and so gentle as before.  Derek W. James has a pretty baby now!  He's funny and he's the best DJ too.  I want to come back to Japan next time with The Entrance Band!"

On Guy Blakeslee and Josephine Foster.  "I happened to find both of them at the same time at a show, probably in 2002.  Then I thought, wow, they're are great!  Since that time, we have been close friends.  I gave Guy a very good guitar that my brother (who passed away very young) had used to play during his lifetime.  So, now Guy is my brother.  Josephine kindly invited me to the recording for her great album "Blood Rushing".  Her another album, that has been recorded in Nashville is great too.  I think it will come out very soon."

On Taku Hayashi who played as an opening act for her.  "Taku is fantastic!  I want to play with him together someday!  I'm sensitive about music, so it's difficult for me to play with everybody.  I always want to play with The Entrance Band and Josephine Foster.  But now I'm pleased to add Taku Hayashi."

On herself.  "I love Man Ray.  I love the art of surrealists.  I love Octavio Paz and some French writers.  I love classic music.  I definitely prefer vinyl to CD.  I love ballet.  My favorite city is Paris.  My last name is from French.  I don't smoke and drink alcohols, except while I am in Japan.  Haha!"

and so on...

Beautiful Paz, please come back to Japan again very soon!  We all love you!  YES.

Apr 14, 2013

ルーサン・フリードマンの「ソングブック」! Ruthann Friedman's "songbook"!

(English follows)
何というニュース! 昨年の待望の新作『チャイナタウン』がユリシーズ・ボーイズに大絶賛されたルーサン・フリードマンが、間もなくチェリー・レッド・レコーズから別のアルバムを発表するの!    アルバム・タイトルは『Windy: A Ruthann Friedman Songbook』。そこには1966年から1970年までにレコーディングされた「Windy」を含む18曲が収められていて、しかもそれらはすべて初の音源化なのよ! 繰り返すけど、何というニュース! これは間違いなく重要な歴史的アルバムだわ!

そして、ワオ! このアルバムについて、ルーサンは私達に以下のコメントを寄せてくれたわ。ありがとう、ルーサン!

「このアルバムに収められている曲は大体レコーディング順ね。

グレイ・パクストンと録音した時は、私は22歳か23歳だった。いくつかのトラックは私がA&Mに所属していた時のもので、他のいくつかは私がワーナー・リプライズに所属していた時のもの。友達のスティーヴン・シャスターと録音したのもある……。とても素晴らしいミュージシャンがプレイに関わってくれたわ。ランディ・ニューマンとかヴァン・ダイク・パークスとか。他に、60年代当時の最高のスタジオ・ミュージシャンもね……。いくつかの曲はデモ。そしていくつかの曲はシングル用にレコーディングされたんだけど、リリースはされなかった。というのも、その頃私の身内に不幸があって、私は仕事をやり遂げることができなくなったの……。

このアルバムで聴くことができるのは、ひとりのソングライターの成長の記録ね。楽しんでもらえればと心から思うわ。」

ええ、もちろん私達は必ず楽しむわ! ルーサンのアルバムはすべて傑作だけど、これはある意味特別なアルバムでしょ? 発売は5月27日よ。ステキ。

From Cherry Red Records' website

What a news!  Ruthann Friedman, whose long-awaited new album "Chinatown" of last year was very much highly appreciated by the ULYSSES Boys, will release another album very soon from Cherry Red Records, England!  It’s called "Windy: A Ruthann Friedman Songbook".  The album contains 18 songs recorded from 1966 to 1970, including 'Windy'.  ALL TRACKS FIRST TIME EVER RELEASED!  I say again, what a news!  I believe this is absolutely a historic and important album!

And, wow!  Ruthann kindly gave some words on this album for us.  Thank you, Ruthann!

"The songs in in this collection are in more or less chronological order...  

Songs I recorded with Gary Paxton when I was about 22 or three...  Some are tracks I recorded when I was with A&M records.  Some with Warner Reprise...  Some with my friend Steven Schuaster on Micky Harts Ranch...  Very special people played on these tracks... among them, Randy Newman and Van Dyke Parks... also the best studio musicians around then in the sixties... Some are demos.  Some were meant to be singles but never released as I had a family tragedy that threw me way off track...

So you see, what you will hear is the evolution of a song writer, if you listen to it I sincerely hope you enjoy it..."

Yes, needless to say, we will never fail to enjoy "Windy: A Ruthann Friedman Songbook"!  All albums by her are great masterpieces, but it is a special one in a sense, isn't it?  The release date is 27th May.  Beautiful.

Apr 12, 2013

パズ・ランチャンタンから日本のファンにスペシャルなメッセージ Special Words for the Japanese Fans from Paz Lenchantin

(English follows)
アロハ! パズ・ランチャンタンが私達にステキなメッセージを送ってくれたわ!

「今、オーストラリアで毎日サーフィンをしています。カリフォルニアの海からオーストラリアの海、そして日本の海へと、インスピレーションと愛をみんなと一緒にシェアするのを、私はすごく楽しみにしています」
――平和(私の日本語の名前)PAZ

そう、PAZはPEACEという意味よね! ありがとう、パズ! 私達はみんなあなたのことを愛しているわ! YES!

パズ・ランチャンタンは世界一のベーシストのひとり。そして、ステージでの彼女はまさにかっこいいの一語に尽きるわ。男の子にとっても、女の子にとっても、彼女はいつも崇拝の的。彼女のソロ・ライヴは4月18日。場所はSOUPよ! みんな、絶対に見逃さないでね!



https://www.facebook.com/paz.lenchantin

Aloha!  This is a beautiful words for us from Paz Lenchantin!

"Now I enjoy surfing the sea of Australia everyday.  From the sea of California to the sea of Australia, and to the sea of Japan, I'm looking forward to sharing INSPIRATION and LOVE with all of you."  平和 (My Japanese name) PAZ

Yeah, Paz means "peace" in English!  Thanks, Paz!  We all love you!  YES!

Paz Lenchantin is one of the best bass players in the world.  And she's just COOL on the stage.  She's always the great admiration of boys and girls.  Paz is playing solo at SOUP, Tokyo on the 18th April!  Guys, never miss her show!

Apr 9, 2013

パズ・ランチャンタンのライヴ・ポスター!  The Poster for the Show of Paz Lenchantin!

(English follows)
ワオ! 4月18日に東京はSOUPでおこなわれるパズ・ランチャンタンのライヴ用に、ユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんはものすごくクールなポスターを作ったわ! ビューティフル! これは一種のマンダラね! ポスターはライヴの来場者全員にプレゼントされるの。このポスターにパズがサインしてくれたら最高ね!

私はクールなポスターが大好き。だから、私にとって、ユリシーズ・ボーイズは最高のデザイナーよ! このポスター、早くゲットしたいなー。


Wow!  Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES have just made a poster for Paz Lenchantin's show on the 18th April at SOUP, Tokyo!  Soooooo COOL!  How beautiful!  This is a kind of a mandala.  The poster will be presented for all the audiences at SOUP.  I think it's great if Paz gives you an autograph on it!

I love cool posters so much.  So, the ULYSSES Boys are the best designers for me!  I want to get the poster soon!  Can't wait! 

Apr 4, 2013

もうすぐパズ・ランチャンタンに会える!  You Can See Paz Lenchantin Very Soon!

(English follows.)
ワオ! すごいニュース! 4月に東京で短いホリデイを楽しむパズ・ランチャンタンが、4月18日に、1度だけSOUPでスペシャルなソロ・ライヴをするの! ライヴはユリシーズとレコンキスタの共同主催よ! ありがとう、ユリシーズ! ありがとう、レコンキスタ! 詳細はこちらよ。 
絶対に見逃さないで!

言うまでもなく、パズ・ランチャンタンはエントランス・バンドのベーシスト(エントランス・バンドはアメリカでもっとも重要なサイケデリック・ブルース・ロック・グループよ)。以前はズワンやア・パーフェクト・サークルのメンバーだったわ。ごく最近では、ジョセフィン・フォスターの話題の新作『ブラッド・ラッシング』のレコーディングにベース、ヴァイオリン、インディアン・フルート、バック・ヴァーカルで参加。パズにはソロ・アルバム『Songs For Luci』があるわ。

2010年、エントランス・バンドはフジロックに出演。「今年最高のライヴ・アクト!」、「強烈なロック・ヴァイブ!」、「かっこよすぎる!」などなど、日本のオーディエンスは彼らを大絶賛したっけ。また、その年の『ユリシーズ』4号では、エントランス・バンドについての長い記事が掲載されたわ。そこで河添剛さんは、「エントランス・バンドはブルースの廃墟の上にかかる虹だ」って書いているの(その言葉に喜んだパズは、自身のブログにそれを引用したのよ)。以来、私達はエントランス・バンドが大好き。だから私達はパズの熱烈なファンでもあるの。彼女は偉大なマルチ・プレイヤー。才能があり、美しく、しかもセクシーな彼女は、まさに音楽の女神なのよ。そして、彼女はサーフィンが大好きなの!

パズに早く会いたい!

Paz Lenchantin from The Entrance Band - June 12, 2010
From Scott Fitzgerald (Harmolodic)'s myspace

From Luna Guitars' website



Wow!  What a great news!  Paz Lenchantin, who will enjoy her short holiday in Tokyo, will have a special solo show at SOUP on the 18th April!  The show will be organized by ULYSSES and Reconquista!  Thank you, ULYSSES!  Thank you, Reconquista!  Check the details here: 
Don't miss that!

As you know, Paz Lenchantin is a bass player of The Entrance Band. (The Entrance Band is the most important psychedelic blues rock trio in America) In the past, she was a member of Zwan and A Perfect Circle. Recently, she supported Josephine Foster's beautiful album "Blood Rushing" to play the base, violin, Indian flute and choruses. Paz has released a solo album "Songs For Luci".

In 2010, The Entrance Band played at Fuji Rock festival.  The Japanese audience appreciated much highly in saying, "The best performance of the year!", "What a hard rock vibration!", "Too cool!" and so on.  At that time, a long article on The Entrance Band was appeared in "ULYSSES" #4.  In this article, Tsuyoshi Kawasoe wrote, "The Entrance Band is a rainbow over the ruin of blues music".  (Paz, who felt happy with his words, quoted that on her blog)  Since then, we all have loved The Entrance Band so much.  So we are great fans of Paz Lenchantin.  She's a great multi player.  Talented, beautiful and sexy Paz is a truly music goddess.  And she loves surfing!

We want to see Paz very soon!