ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 25, 2013

ケヴィン・エアーズの最後の言葉  Kevin Ayers' Last Words

(English follows)
ソフト・マシーンの創設者ケヴィン・エアーズが、先週南仏で亡くなったわ。享年68歳だった。彼はユリシーズ・ボーイズにとってもユリシーズ・ボーイズが重視しているアーティストたちにとっても偉大なアーティストだったわ。昨年、デヴェンドラ・バンハートは私にこう言ったの、「ケヴィンは不当に過小評価されている。僕はいつかケヴィンとコラボしたいと真剣に考えているよ」って。エントランス・バンドのデレク・W・ジェームスは、「ケヴィン・エアーズは最高さ。彼の"レディ・レイチェル"は僕のフェイヴァリット・ソングだよ!」って言っていた。そして、もちろんみんなも知ってるわよね? 私が大好きなブリジット・セント・ジョンは、ケヴィンの古い古いお友達だってことを。ブリジットはケヴィンの『月に撃つ』で歌っているわ。それに、彼の遺作『アンフェアグラウンド』でも。

先日新聞を読みかえしていたら、ケヴィンの2008年のインタヴューを見つけたの。彼の最後のインタヴューのひとつかもしれないその中で、彼はこう言っていたわ。「僕は恋をしていないと曲が書けない。そして僕はいつもそんな風だった。恋をしていないと、一切が僕には無意味なものになってしまう。僕にはもう気力がないんだ」。そして、「"メイ・アイ?"とか"レディ・レイチェル"はもう演れないよ。歌詞もコードも覚えていないんだ」と。

ケヴィン、安らかに眠って。





Soft Machine founder Kevin Ayers died last week in the South France, aged 68.  He was a really important artist for both of the ULYSSES Boys and the artists that the ULYSSES Boys value highly.  Last year Devendra Banhart said to me, "Kevin is underrated unreasonably.  I seriously want to work with him someday."  Derek W. James of The Entrance Band said, "I love Kevin Ayers.  His song 'Lady Rachel' is my favorite!"  And, of course as you know very well, Bridget St. John, my favorite, was his old friend.  She sang in Kevin's album "Shooting At the Moon" and his last one "Unfairground" as well.

The other day I found an old article in reading the news.  It's probably one of the final ever interviews with Kevin in 2008.  In the interview, he said, "I can't write songs unless I am in love.  And I have always been that way.  If I am not in love, nothing is meaningful to me.  I have no energy."  Then he added, "I can't do 'May I?' and 'Lady Rachel'.  Because I don't know the words and the chords."

Kevin, rest in peace.

Feb 20, 2013

ニッキ・サドゥンの6枚組CDボックス・セット!  Nikki Sudden's 6-CD Box Set!

(English follows)
ワオ! ついに! そうよ、英イージー・アクションが5月にニッキ・サドゥンの6枚組CDボックスをリリースするの! タイトルは『The Boy From Nowhere Who Fell Out Of The Sky』。私たち はみんな、このリリースを何年間も待ちわびてきたんだわ!……

このセットにはたくさんの未発表曲やレア・トラックスが満載されているの。32ページのブックレットには未発表写真もいっぱい。加えて、伝説のファンジン『What a nice way to turn seventeen』(マニア の間では垂涎の的になっているアレよ!)のコピーまで収められているというのだから、すごいわ! このボックスは限定販売。みんな、絶対に、絶対に、買い逃してはダメよ!

ユリシーズ・ボーイズはみんなニッキ・サドゥンの熱狂的なファンよ。ご存知の通り、ユリシーズ第3号では19ページもの充実したニッキ・サドゥンの特集記事(きっと世界で最初よね!?)があったわ。それに、私が大好きなヴェティヴァーのアンディ・キャビックも、実はニッキ・サドゥンの大ファンなの。うれしい! ニッキはもはや孤独なアーティストではないんだわ! 21世紀は1980年代とは違うってことよね?

The Boy From Nowhere Who Fell Out Of The Sky / Nikki Sudden

Wow!  At last!  YES, Easy Action, the British record label, will release Nikki Sudden's 6-CD box set in May!  It's called "The Boy From Nowhere Who Fell Out Of The Sky".  We've been waiting years for this!......

In this box set, full of unreleased and extremely rare tracks, unseen photos feature throughout the 32 page booklet, and, facsimile of the legendary fanzine "What a nice way to turn seventeen" (It's the mouth-watering one for the Nikki Sudden manias!).  So gorgeous!  This is the limited edition, so, guys, don't forget to get one!  Never!

The ULYSSES Boys are the big fans of Nikki Sudden.  As you know, 19 pages of the substantial feature articles on Nikki (Probably it's the first in the world!?) appeared in the 3rd issue of "ULYSSES" in fact.  Also, my favorite Andy Cabic of Vetiver is a great Nikki Sudden fan too.  Nice!  Nikki is not a lonely artist now.  The 21st century is much different from the 1980's, isn't it?

Feb 14, 2013

全世界の恋人たちのために  For All Lovers In The World

(English follows)
今日はヴァレンタイン・デー! この日、日本では、女の子が好きな男の子にチョコレートをプレゼントする日なのよ! 簡単に言ってしまうと、恋人たちがスウィートに愛し合う日。だから今日は、全世界の恋人たちのために、ここにステキな映像を紹介するわ。アダム・グリーンとビンキ・シャピロの映像よ。アダムとビンキは今最も注目されているカップルよね! 彼らは先月アルバムを出したばかり。とってもいいアルバムよ! 私は彼らのアルバムがすごくすごく好きなの! いつかこの2人にインタヴューしたいわ。夢はかなうかしら?

素晴らしい1日を、この映像とともに! またね!



Today is St. Valentine's Day.  This day, in Japan, every girl gives a package of chocolates to a boy whom she loves!  In short, all lovers love sweetly each other today.  So I'm showing all lovers in the world a beautiful video of Adam Green and Binki Shapiro.  Adam and Binki are the good couple who absorb public attention the most now.  They have just released a first album last month.  It's a very wonderful album, and I really love it very, very much!  I would like to interview them in the future.  Will my dream come true?

Guys, have a beautiful day with this video!  See you very soon!

Feb 12, 2013

マーク・フライがやって来る!  Mark Fry's Coming Soon!

(English follows.)
素晴らしいニュース! アシッド・フォーク界の最後のカリスマの一人マーク・フライ(そしてもう一人はマイク・スティーヴンスかしら?)が4月に初来日して、東京で3回ショウをやるのよ! すごい! 詳細はキャプテン・トリップ・レコーズのHPを即行チェック!

私、実はマーク・フライが1972年にリリースした最初のアルバム『Dreaming With Alice』しか聴いてないの。2008年のセカンド『Shooting The Moon』と2011年のサード『I Live In Trees』はまだゲットしてない……。恥よね、やっぱり。でも、 この機に私も彼の音楽をもっとディグするつもりよ。それに私、キャプテン・トリップ・レコーズが招聘するアーティストがいつもとっても気がかりなの。サイモン・フィン(彼は2011年に初来日したわ)とか、コウマス(コウマスは去年ね)とかね。でも、キャプテン・トリップ・レコーズさん、次はテリー・レイドを日本に呼んで! お願い!

Dreaming With Alice / Mark Fry

What a great news!  Mark Fry, one of the last charismata of acid folk music (Another is Meic Stevens?), will come to Japan for the first time in April to have 3 shows in Tokyo!  Incredible!  For further details, see immediately the Captain Trip Records' website!

In fact, I've listened to only his first album "Dreaming With Alice" Mark Fry released in 1972.  I haven't bought his second "Shooting The Moon" (released in 2008) and his third "I Live In Trees" (released in 2011) yet...  Big shame.  But I think a good opportunity's coming for me to dig his music more.  Also, I'm always much interested in the artists whom Captain Trip Records invite to Japan such like Simon Finn (He played in 2011 for the first time) and Comus (They played last year).  Captain Trip Records, invite Terry Reid next time!  PLEASE!

Feb 8, 2013

ようこそ日本へ、親愛なるグレッグ・ロゴーヴ!  Welcome Back To Japan, Dear Greg Rogove!

(English follows)

1月26日の『ファミリー・ジャムズ』の上映会は本当に素晴らしかったわ! お礼が遅れちゃったけど、来場者のみなさまには謹んで感謝の言葉を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました!

そして、その『ファミリー・ジャムズ』のアーティストたちと深い関係で繋がっているグレッグ・ロゴーヴと、先週末会ったのよ! グレッグのことならみんなはもうよくご存じよね? 彼はデヴェンドラ・バンハートのバンド『ザ・グロッグス』のパワフルなドラマーで、昨年はソロ・アルバム『ピアナ』(エリック・サティやドビュッシーの音楽を連想させる胸を打つようなピアノ曲集で、これは名作よ!)をリリースした、偉大なミュージシャンよ。私たちは彼のことが大好きで、とても尊敬しているから、ユリシーズ・オフィシャル・ブログでは彼のロング・インタヴューを掲載したこともあったわ。さいわい、今回はアンノウン・モータル・オーケストラのメンバーとして来日し、Hostess Club Weekender(at Zepp DiverCity Tokyo)に出演したグレッグから、いろいろな話を聞くことができたわ!

「実は僕は、アンノウン・モータル・オーケストラのパーマネント・メンバーではないんだ。すでに半年ほど一緒に働いたし、彼らの音楽には親近感を覚えているんだけど、僕は僕自身の新しいプロジェクトに集中しなければいけないんだよ」

「デヴェンドラ(・バンハート)はじきに新作『Mala』を発表するよね。僕も数曲レコーディングに参加したんだ。面白いアルバムだと思うよ。デヴェンドラの声はクリーンに、そしてクリアになったね。思うに、彼にとってこの2年間はとても大きな意味があったんだ」

「ノア(・ジョージソン)がユリシーズによろしくって言ってたよ。彼は今、大忙しなんだ。たくさんのミュージシャンたちのレコーディングにプロデューサーとして関わっているからね! でも、彼と連絡を取り合うのってすごく大変だよ。何しろ彼は電話に出たがらないし、メールも書きたがらない。でも、僕たちはすごく仲のいい友達なんだ!」

「ユリシーズが『ファミリー・ジャムズ』を上映したんだってね。みんなの反応はどうだったかな。良かった? あの映画が撮影された当時のアメリカは本当にすごかったんだよ。一挙にたくさんの素晴らしいミュージシャンが誕生したんだ。僕は監督のケヴィン・バーカーとは友達だよ。ケヴィンは知的で物静かな人。ユニークなキャラクターなんだ」

「ユニークといえば、今回ビンキ・シャピロと共同でアルバムをリリースしたアダム・グリーンもユニークだな。僕は彼のソロ・アルバムに少し関与したことがあるよ。アダムは面白い人なんだ。彼の声もいいと思うよ。低音がセクシーでね(笑)。アダムとビンキのことは、今度君に紹介するよ」

「昨年僕がGAPのファッション・モデルをしたことはもう言わないで! メッチャクチャ恥ずかしいんだから!」

「かつてのイギリスの音楽は素晴らしかったね。タイムマシンでもあれば、60年代後半から70年代初頭のロンドンに行って、ミュージシャンとして活動してみたいと思うよ。現在もイギリスには人気のあるミュージシャンたちがいるし、彼らの多くはアメリカでもよく売れているんだけど、僕に言わせれば、ストレンジな事態なんだなあ……」

「アルバム『リヴァー』(1973)のテリー・レイドは、僕のフェイヴァリット・アーティストの一人だよ!」

グレッグは相変わらずとても感じの良い人。でも、それだけではなくて、彼は旺盛なクリエイティヴィティの持ち主であることが再確認できたわ。『ピアナ』に続く彼の新しいプロジェクトには大いに期待したいわ!

PIANA / Greg Rogove






Source: youtu.be via Gap on Pinterest


Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

Hostess Club Weekender (Unknown Mortal Orchestra)

The screening of "The Family Jams" on January 26th was really great!  Sorry it's late, but I would like to say thank you for coming to the screening.  Thank you very much again!

And I met Greg Rogove last weekend, who is deeply connected with artists in "The Family Jams" !   You know about Greg well, don’t you?  He is a powerful drummer of Devendra's band "The Grogs", and he is a great musician who released a solo album "PIANA" last year.   (It is a masterpiece, that is a moving piano suite associates with the music of Erik Satie and Debussy!)  As we love and respect him, we have posted his long interview on Ulysses Official Blog.  Luckily, we could speak on various things with him who came to Japan as a member of Unknown Mortal Orchestra and played at Hostess Club Weekender at Zepp DiverCity Tokyo this time.

"Actually, I am not a permanent member of Unknown Mortal Orchestra.  We have worked together for about 6 months and I feel intimate with their music, but I have to concentrate on my own new projects."

"Devendra (Banhart) will release a new album 'Mala' soon.  I participated to record a few songs.  I think it is an interesting album.  Devendra’s voice has become clean and clear.  I think these 2 years has a big meaning for him. "

"Noah (Georgeson) said hello to Ulysses.  He has been very busy at the moment.  He has been involved with recordings of many musicians as a producer!  But it is hard to get in touch with him.  He does not want to pick up the phone and write emails.  But we are very good friends!"

"Did Ulysses have a screening of 'The Family Jams'?  How was everyone's reaction?   Was it good?   America was really great when it was filmed.  Many nice musicians appeared at the same time.   I am a friend of the director, Kevin Barker.  He is intelligent and a quiet person.  Very unique character."

"Talking of unique, Adam Green, who has just released an album with Binki Shapiro is unique too.   I have been involved with his solo album a little.  He is a very funny person.  His voice is good.  His low voice is sexy (lol).  I will introduce Adam and Binki to you."

"Please don't say another word about me being a fashion model for GAP last year.  It is a big shame!"

"British music in the past was great.  I would like to be a musician in the late 60s or early 70s if we have a time machine.  They have popular musicians in England now and many of them are doing well in the US but for me it is a strange situation..."

"Terry Reid of his album 'River' (1973) is one of my favorite artists!"

Greg is a very sweet person as ever.  But not only that, I reaffirmed that he has active creativity.  I much look forward to his new projects following "Piana".