ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jan 22, 2013

3種類の映画ポスター  3 Kinds of Film Posters

(English follows.)
知ってる? ケヴィン・バーカー監督の映画『ファミリー・ジャムズ』には3種類のポスターがあるのよ。私の知る限りではね!

ひとつはナサニエル・ラッセルがデザインしたポスター(彼はLAの人気アーティストよ。昨年は東京のギャラリーで個展をやったわ!)。 そして、シアターNで上映された際の2011年のポスター。加えて、今回ユリシーズが制作したポスター。それぞれが個性的でとてもカッコいい。もちろん私は全部好きよ! あなたはどうかしら?

そして、今週の土曜日、『ファミリー・ジャムズ』がいよいよ落合SOUPで上映される! 本当に、本当に、楽しみ。だから私の頭は今はこのことでいっぱいなの。みんなもぜひ観に来てね! 2004年のデヴェンドラ・バンハート、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァーを目撃できる絶好の機会の到来なのよ! またね!

Designed by Nathaniel Russel

For the screening at The Theatre N

Designed by ULYSSES

You know what?  There are 3 kinds of film posters for "The Family Jams" directed by Kevin Barker, as far as I know!

The one is designed by Nathaniel Russel (He's a famous artist in LA.  He had a solo exhibition at a gallery in Tokyo last year!).  And the one for the screening at The Theatre N in 2011.  And in addition, the one that ULYSSES designed this time.  Each looks unique and very cool.  Of course, I love all of them!  How about you?

And, "The Family Jams" will be screened finally at SOUP this Saturday!  I'm really really looking forward to seeing the film.  So the screening is dominating my mind now.  Come to SOUP because it's a very good chance to watch Devendra Banhart, Joanna Newsom and Vetiver of 2004!  See you very soon!

Jan 18, 2013

『ファミリー・ジャムズ』のポスター!  The Poster for "The Family Jams"!


(English follows.)

ワオ! カッコいい! これが1月26日(土曜日)にSOUPで日本で初めて上映される映画『ファミリー・ジャムズ』のポスターよ! デザインしたのはユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんの2人。相変わらずいい仕事ね! 私、彼らの作ったポスターが大好きなの。ビューティフルで、風変わりで、ヒップで、エレガントでしょ? 彼らがデザインしたポスターなら、私は全部コレクションしているのよ!

このポスターの裏側には、ケヴィン・バーカー監督へのインタヴュー記事や、日本のファンに送られたデヴェンドラ・バンハートやアンディ・キャビック(ヴェティヴァー)からのステキなメッセージや、その他のテキストが掲載されるそうよ。そして、ポスターは『ファミリー・ジャムズ』上映会の来場者全員にプレゼントされるの!

1月26日(土曜日)はぜひSOUPに来て! 2004年のデヴェンドラ・バンハート、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァーを、フリーク・フォーク・ムーヴメントのものすごい活況を、ぜひ自分の目で目撃して! アントニー&ザ・ジョンソンズ、エスパーズ、ザ・プリーズド、リンダ・パーハックスもこの『ファミリー・ジャムズ』には出演しているのよ。だから、絶対見逃さないでね! ありがとう!

当日のスケジュールについてはこちらを見てね(SOUP)。SOUPは予約も受け付けているわ!


Wow!  How COOL! This is the poster for the film "The Family Jams" that will be screened for the very first time in Japan at SOUP, Tokyo on Saturday, January 26th.  It is designed by Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES.  Good work as always!  I love the posters they designed.   They are beautiful, strange, hip and elegant, aren't they?  I have all the ULYSSES posters in my collection!

They say the interview with Kevin Barker (the film director), the sweet messages for the Japanese fans from Devendra Banhart and Andy Cabic (Vetiver), and other interesting articles will appear on the back of this poster.  And all the guest at the screening will get one each.

Please do not forget to come to SOUP then!  Watch Devendra Banhart, Joanna Newsom and Vetiver of 2004, or the great spirit of the freak folk movement with your eyes!  Also, you can see Antony & The Johnsons, Espers, The Pleased and Linda Perhacs in this film.   So, guys, don't miss it!   Thank you!

For the further details of the screening, visit SOUP's website.  SOUP is pleased to accept your reservation!

Jan 13, 2013

ユリシーズが選ぶ2012年のベスト・アルバム20枚(パート3) ULYSSES CHOICE: 20 Best Albums of 2012 (Part3)


Jessika Kenney & Eyvind Kang / The Face Of The Earth

ハイ! 今日は清水久靖さんのベスト・アルバム20枚よ。(緑色の文字で表記されているのが新録盤で、赤い文字で表記されているのがリイシュー盤よ。)
もう知っていると思うけど、彼はレコード・ショップ「レコンキスタ」のオーナーで、素敵な音楽をたくさん紹介しているわ。レコンキスタのウェブサイトもぜひ見てみて!

Hi!  Today is Hisayasu Shimizu's Best 20 albums of 2012.  (New albums are in green and reissued ones are in red).
As you already know, he is the owner of the record/CD shop called "Reconquista" and introducing lots of nice music.  Please visit Reconquista's website too!

Jessika Kenney & Eyvind Kang / The Face Of The Earth 
Eyvind Kang / With Visible Breath (I Am Walking) 
Antonio Loureiro / So 
John Jacob Niles / Boone-Tolliver Recordings
Shin Sasakubo (笹久保伸)  / Metamorphosis 
Mustapha Skandrani (ムスタファ・スカンドラニ) / Istikhbars and Improvisations (イスティクバルと即興) (CD)
Josephine Foster & The Victor Herrero Band / Anda Jaleo + Perlas 
Amparo Sanchez / Alma De Cantaora 
Trembling Bells & Bonnie Prince Billy / Marble Downs 
Nico Muhly / Drones 
Karenautas / Recreo 
Le Ton Mite (ル・トン・ミテ)/ クモコクド(雲国土)(Kumokokudo)
Nora Sarmoria , Victoria Zotalis / Colibri 
林拓 (Taku Hayashi) / オデュッセイア (Odyssey)
Guyun Y Su Grupo / Canta Elisa Portal
Tsege Mariam Gebru / Spielt Eigene Komposition
Eric Chenaux / Guitar & Vocal 
Wu Fei / A Distant Youth 
Six Organs Of Admittance / Ascent 
Ruthann Friedman / Chinatown 

Jan 9, 2013

ユリシーズが選ぶ2012年のベスト・アルバム20枚(パート2) ULYSSES CHOICE: 20 Best Albums of 2012 (Part2)

Lee Hazlewood
THE LHI YEARS: Singles Nudes & Backsides 1968-71

ハロー! 今日は平治さんのベスト・アルバム20枚よ。彼は12枚の新録盤と8枚のリイシュー盤を選んだの。(緑色の文字で表記されているのが新録盤で、赤い文字で表記されているのがリイシュー盤よ)。なんと、彼も一番印象的だったアルバムは林拓『オデュッセイア』だったの! 私、林拓の2012年のベスト・アルバム20枚も知りたいな。

Hello!  Today I'm showing you Osamu Taira's 20 best albums of 2012.  He has chosen 12 new albums and 8 reissued ones.  (New albums are in green and reissued ones are in red).  Surprisingly, the most impressive album for him was Taku Hayashi's "Odyssey" as well!  Now I want to know Taku Hayashi's 20 best albums of 2012.


**Taku Hayashi (林拓) / Odyssey (オデュッセイア)
MV & EE / Space Homestead
Karen Dalton / 1966
Six Organs Of Admittance / Ascent
Samara Lubelski / Wavelength
Josephine Foster / Blood Rushing
Lee Hazlewood / THE LHI YEARS: Singles Nudes & Backsides 1968-71
Alvarius B. / Alvarius B.
Led Zeppelin / Celebration Day 
Larkin Grimm / Soul Retrieval
James Blackshaw / Love Is the Plan, the Plan is Death
Laura Gibson / La Grande
Ringo Starr / Ringo 2012
Johan Asherton / The House Of Many Doors
T.Rex / Electric Warrior: Super Deluxe Edition
Ruthann Friedman / Chinatown
Tony Caro & John / Blue Clouds
Richard Lockwood / In the Doorway of the Dawn
David Kauffman & Eric Caboor / Songs From Suicide Bridge
Total Issue / Total Issue

(注)** 2012年この1枚!、以下順不同。EP、ミニアルバムは除外。
(Note) ** The album of 2012!  Others are in random order.  Excluding EP and mini albums.

Jan 7, 2013

ユリシーズが選ぶ2012年のベスト・アルバム20枚(パート1) ULYSSES CHOICE: 20 Best Albums of 2012 (Part1)


林拓 Taku Hayashi / オデュッセイア Odyssey

アロハ! ユリシーズ・ボーイズが2012年のベスト・アルバムを20枚選んだの。今日は河添剛さんのリストから。彼は10枚の新録盤と10枚のリイシュー盤を選んで、アルファベット順に並べているわ(緑色の文字で表記されているのが新録盤で、赤い文字で表記されているのがリイシュー盤よ)。そして、彼にとって一番印象的だったアルバムは林拓『オデュッセイア』だったの!

Aloha!  Each of The ULYSSES Boys has chosen 20 best albums of 2012.  Today I'm showing you the list from Tsuyoshi Kawasoe.  He puts 10 new albums and 10 reissued ones in alphabetical order (New albums are in green and reissued ones are in red).  And the most impressive album for him was Taku Hayashi's "Odyssey"!


Cecilia Zabala / Presente Infinito
Gregory Rogove / Piana
Johan Asherton / The House of Many Doors
Josephine Foster / Blood Rushing
Josephine Foster & The Victor Herrero Band / Perlas
Led Zeppelin / Celebration Day
Muffin / Live 2012
Ruthann Friedman / Chinatown
Six Organs of Admittance / Ascent
Taku Hayashi (林拓) / Odyssey (オデュッセイア)
Caetano Veloso / same
Entrance / 13 unreleased Songs 2002-2006
Karen Dalton / 1966
Kathy Smith / 2
Meic Stevens / Caneuon Cynnar
Michael Chapman / Rainmaker
Moonstone / same
Silverhead / same
T. Rex / Electric Warrior - 40th Anniversary Super Deluxe Edition
Velvet Underground & Nico / same - 45th Anniversary Edition

Jan 4, 2013

ハッピー・ニュー・イヤー!  Happy New Year!


(English follows.)
ハッピー・ニュー・イヤー! 2013年がみなさまにもとっても素晴しい年でありますように! そして幸い、早くもわくわくすることがあるのよ! 年末にこのブログでお知らせしたように、まず1月26日には、ユリシーズとレコンキスタの主催による『ファミリー・ジャムズ』の上映会がSOUPで行なわれるの。ケヴィン・バーカー監督の、2004年のこの映画は、21世紀のミュージック・シーンを一変させたと言われているアメリカのフリーク・フォーク・シーンの歴史的ドキュメンタリーよ。主演はもちろんデヴェンドラ・バンハート、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァー。アントニー&ジョンソンズ、エスパーズ、ザ・プリーズド、リンダ・パーハックスの姿もあるわ。すごくエキサイティングな映画よ。臨場感溢れる生々しいその映像表現に触れると、まるでデヴェンドラたちと一緒に小さなおんぼろのヴァンに乗ってアメリカ中を放浪しているような気分にさせられるの。『ファミリー・ジャムズ』は一種のロード・ムーヴィで、21世紀のマジカル・ミステリー・ツアーで、宇宙をさまよう映画だわ。そう、つまり、何もかもが美しい映画。本邦初公開なのよ。この機会を逃さず、ぜひSOUPに観に来てね!

そしてもうひとつあるの。今月末にはアメリカで、アダム・グリーン&ビンキ・シャピロのデヴュー・アルバムがリリースされるわ。ビンキはリトル・ジョイ解散後(知ってる? リトル・ジョイは最高のトリオだったのよ!)、いつの間にかグッド・ルッキンなアダムと親しくなっていて、一緒に音楽活動を開始していたんだけど、この2人の作る曲がすごく、すごく、いいの! 60年代後半の、ロマンティックで、ヘイジーで、アシッドなポップ・ソングのような彼らの陰影に富む曲は、今の私達の気分にピッタリくる。だから、彼らのアルバムもめちゃくちゃ楽しみ。絶対にいいはずよ! だから、あなたも私と一緒に楽しみに待っていてね! アダム・グリーン&ビンキ・シャピロのアルバムは日本盤もリリースされるって聞いているけど、日本でもヒット間違いなしよ! それとね、このブログを読んでくれている人の中の、特に女の人達に向けて強調しておきたいんだけど、私はビンキが本当に大好きなの。だってビンキは音楽の才能があるだけではなくて、かわいいし、きれいだし、世界のファッション・リーダーでもあるから。私、時々ビンキのファッションを真似ることもあるくらいよ(今日のファッションはビンキ風だねって人から言われると、私はすごく嬉しくなるの!)。ビンキは私の憧れ。彼女にはこれからもずっと声援を送りたいわ。そして、ビンキ、今年こそは日本に来て!

一方、ユリシーズ・ボーイズ達は、今年は遂に本を出すみたいよ。ワオ! 詳しいことはまだ教えてもらっていないんだけど、とにかく彼らは再び動き出したということね。いいことよ! ステキ! みなさんも今年はユリシーズの本にぜひ期待していてね! ありがとう!

Adam Green & Binki Shapiro on Amazon.co.jp: http://www.amazon.co.jp/Adam-Green-Binki-Shapiro/dp/B009VL2AD4

『ファミリー・ジャムズ』監督のケヴィン・バーカー
Kevin Barker / Director of "The Family Jams"



Happy New Year!  I wish 2013 will be the great year for you too. And luckily, we already have something exciting!  As I have mentioned in this blog at the end of last year, firstly, we will have a screening of "The Family Jams" which is jointly presented by Ulysses and Reconquista at SOUP, Tokyo.  The director Kevin Barker's this film of 2004, is a historical documentary of the American freak folk scene which has been said it has dramatically changed the music scene of the 21st century.  It is starred by Devendra Banhart, Joanna Newsom and Vetiver, of course.  We can also see Antony and Johnsons, Espers, The Pleased, Linda Perhacs too.  It is a very exciting film.  When you touch the expression of this alive and fresh footage, it makes you feel as if you are traveling across America with Devendra and others in a small old van.  "The Family Jams" is a kind of the road movies, the "Magical Mystery Tour" of the 21st century and the movie wandering the space.  Yes, it means everything is beautiful about this film.  It is the first time to screen in Japan.  Don't miss this opportunity and come and watch it at SOUP!

And I have one more news.  At the end of this month, a debut album of Adam Green and Binki Shapiro will be released in the US.  After the break up of Little Joy (Did you know that Little Joy was an awesome trio?), Binki and good-looking Adam have become good friends before we know it, and started music activity together.  And the music they make is so so wonderful!  Their rich-in-shade tracks that are like romantic, hazy and acid pop songs in late 60's fits perfectly in our feeling now.  So I look forward to their album.  It must be good!  So let's look forward to it together with me!  I hear the album of the Japanese edition will come out too, and no doubt it will be a hit!  And I would like to emphasize this to especially ladies among the readers of this blog, I really like Binki.  Because not only has she musical talent, but also she is cute, beautiful and a world fashion leader.  Sometimes I even imitate her fashion (I am very happy when someone says my fashion today is Binki style!).  I adore her.  I will keep on supporting her.  And, Binki, please come to Japan this year!

On the other hand, the Ulysses Boys will publish a book finally this year.  Wow!  I haven't got the details yet but they have started moving again anyway.  Good!  Wonderful!  Expect the Ulysses book this year!  Thank you!

Adam Green & Binki Shapiro on Amazon.co.jp: http://www.amazon.co.jp/Adam-Green-Binki-Shapiro/dp/B009VL2AD4