ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 31, 2012

アナップルが東京で!?  Anapple in Tokyo!?

(English follows)
デヴェンドラ・バンハートもリンダ・パーハックスも今では賞賛を惜しまない、『オデュッセイア』の林拓。彼が最近ひとりのパーカッション・プレイヤーと2人でアナップルという名前の小さなバンドを組んでいるの。ワオ。彼らは新たなるティラノザウルス・レックスかしら。私の考えでは、イエスでもあるし、ノーでもあるけどね。私は先日彼らのライヴを京都で観たけど、アナップルはヒップで、神秘的で、荒々しかったわ。ストレンジなアナップルにはすごい未来が開けているの。率直に言って、私はもうすでにアナップルのファンよ!

そして、いいニュースがあるわ! アナップルがまもなく東京でもライヴをやるのよ! 11月16日と11月17日。詳しくは林拓のウェブサイトを見て! ダメよ、これを見逃しては! だってあなたも私と同じくワクワクするのが大好きでしょ?

Anapple

Anapple

Taku Hayashi and his album "Odyssey", that now Devendra Banhart and Linda Perhacs give unstinted praise.  Taku recently forms a small duo band called Anapple, with a percussion player.  Wow.  Are they new Tyrannosaurus Rex?  It's yes and no, in my opinion.  The other day I saw their live show in Kyoto, Anapple was hip, mysterious and wild.  Strange Anapple has a great future.  Honestly saying, I'm already a fan of Anapple!

And, it's a good news!  Anapple will have shows in Tokyo very soon!  It's on November 16th and 17th.  For more details, visit Taku Hayashi's website!  No, no, no!  Don't miss them!  You love to be excited like me, don't you?

Oct 25, 2012

来日したジェームス・ブラックショウ   James Blackshaw, Coming to Japan

こんにちは! イギリスのギタリストで作曲家のジェームス・ブラックショウ(1981年生まれ)が日本にやってきてライヴをしたわ。彼はジョン・フェイヒィ風のフィンガー・ピッキングで12弦ギターに語らせることができるものすごいテクニシャン。でも、その音楽はエモーショナルで、マジカルで、ビューティフルで、すごーくユニーク。『ローリング・ストーン』誌のデヴィッド・フリックは、「新たなるアコースティック・ルネッサンスにおける、最もすぐれていて個性的なインストゥルメンタリストのひとり」としてジェームス・ブラックショウを賞賛しているの。ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは、「ジェームス・ブラックショウは本物の天才だよ」っていつも言っている。その河添さんが、先日彼のライヴに感動した後、運良く彼と話す機会を持ったの。河添さんによれば、ジェームスはすごく礼儀正しくて、恥ずかしがり屋で、好感の持てる人だったんだって。そして、以下はジェームスの言葉! ありがとう、ジェームス! あなたは素晴しいミュージシャンよ! みんなそのことを知ってるわ!

「僕は今ロンドンの近くに住んでいます。でも、僕がイギリスでライヴをやるのは年に1、2回。ヨーロッパでツアーをすることが多いんです。僕のファンはいろいろな人たちですね。年齢も20代から50代、時には10代の人や60代の人もいます。僕は主にクラシック音楽に影響されていますが、60年代や70年代のブリティッシュ・ロックやサイケデリック・ミュージックも大好き。でも、あの時代の日本にもいいミュージシャンはたくさんいましたよね。僕はジャックス、フラワー・トラヴェリン・バンド、ブルース・クリエイション、浅川マキのファンなんですよ。そして、今のバンドだと、アメリカのエスパーズはグレイトだと思っています。……僕の音楽ですか? 僕はあまり即興を重視していません。あらかじめ念入りに作曲した楽曲、僕はそれをなぜか「歌」と呼んでいるのですが、それを人前でプレイするんです。歌は歌いません。歌はこれから学びます! それと、僕の10枚目のアルバムが来年リリースされます。バックには素晴しいピアニストがついてくれていますよ。リリース元はインポータント・レコーズ。インポータント・レコーズから出るインポータントなアルバム(笑)。でも、僕のアルバムを日本で見つけるのは難しいそうですね。僕の罪です。ごめんなさい!」

Love Is the Plan the Plan Is Death / James Blackshaw



Hello!  British guitarist-composer James Blackshaw, born in 1981, came to Japan to play.  He's a great technician who lets his masterful John Fahey-styled finger picking do the talking by the 12 strings guitar.  But his music is deeply emotional, magical, beautiful and soooo unique.  David Fricke from the "Rolling Stone" magazine appreciates him highly in writing, "He is one of the best and most original instrumentalists in the new acoustic renaissance".  Ulysses Boy Tsuyoshi Kawasoe always says, "James Blackshaw is a real genius".  Tsuyoshi was much fortunate to have an opportunity to talk with him the other day after his moving show. According to Tsuyoshi, James was a very polite, shy, and favorable person.  And, James' words are as below!  Thank you, James!  We all know you're a great artist!

"Now I'm living near London, but it's only once or twice a year for me to play in England.  I tour through mainly Europe.  My fans are mixed.  From twenties to fifties, and sometimes teenagers and sixties too.  I'm influenced mainly by the classic music, but I also love the British rock music of the 60's and the 70's and the psychedelic music.  At that time, there were many great artists in Japan too.  I'm a fan of Jacks, Flower Travellin' Band, Blues Creation, and Maki Asakawa.  Also, I think Espers is a great group in recent America.  ...My music?  I personally don't attach much importance to improvisation.  I play my music that I composed carefully in advance, and I don't know why but I call "song", in front of my audience.  I don't sing.  I have to learn to sing next time!  And my 10th album will come out next year.  A wonderful pianist worked with me.  The album is from Important Records.  The important album from Important Records. Haha.  It's hard to find my albums in Japan?  Nobody's fault but mine.  So sorry!"

Oct 24, 2012

ビンキ・シャピロ、大好き!  I LOVE BINKI SHAPIRO!

(English follows.)
私にとって、ロスで一番カッコいい女の子はビンキ・シャピロ。ビンキ、大好き! 彼女はシンガーで、ソングライターで、いろいろな楽器もプレイできて、その上いつもステキな服を着ているのよ(彼女はボヘミアン・ルックがとても似合うの!)。残念なことに、彼女が在籍していた私が大好きなトリオ、リトル・ジョイは、解散している。でも、ビンキは今モルディ・ピーチィズのメンバーであるアダム・グリーンと組んでいて、来年1月29日にコンコード・ラウンダー・レコーズからアルバムをリリースするのよ! ワオ! まずはシングル「Here I Am」を聴いて! 最高! この曲は世界中の全ての恋人達の心に届くはずよ。すごくいいムードなの。ポップで夢想的、でも同時に気高いの。私はまたしてもビンキのことが好きになっているわ。それに、アダムのことも気になる。彼の低い声はエロティックで官能的。ゲンズブールを想起する人もいるかもしれないわね……。

アルバムでは、ビンキとアダムの個性がどんなスウィートな化学変化を起こしているのかしら? みんな、2人に注目よ!

Click to enlarge.
From http://www.adamandbinki.com/



For me, Binki Shapiro is the coolest girl in LA.  I love Binki!  She's a singer, a songwriter, and a multi-instrumentalist.  Also, she's always in beautiful clothes (The Bohemian style is so good to her!).  Sadly, my favorite trio Little Joy, that Binki was in, now disbanded, but she's set to release a new album from Concord Rounder Records on January 29, 2013, with Adam Green from the Moldy Peaches.  Wow!  Firstly, listen to the single "Here I Am"!  Beautiful!  This song must reach to the all hearts of the lovers in the world.  Great atmosphere.  It's pop and dreamy, but noble at the same time.  I love Binki again.  And I've got interested in Adam too.  His low toned voices are erotic and sensual.  Some people may remember Gainsbourg...

Wondering how sweetly the two personalities of Binki and Adam react upon each other in the album.  Guys, pay attention to them!  Thank you!

Oct 20, 2012

アンディ・キャビック&デヴェンドラ・バンハート、来日の思い出  Memories on Andy Cabic & Devendra Banhart in Japan

(English follows.)
アンディ・キャビックとデヴェンドラ・バンハートが一緒に日本でツアーをした10月5日から13日までの「Superb Honey Moon」のことは、私は一生忘れないわ。私は全部のコンサートを観たし、アンディやデヴェンドラともいっぱいお話をすることができたの。そんなわけで、今日は彼らについてのとっておきの話をここに披露するわ。これを読めば、あなたはもっと2人のことが好きになると思うの。

  • アンディとデヴェンドラが最初に出会った場所はサンフランシスコの本屋さん。以来2人は大の仲良しよ。
  • 彼らは細野晴臣、はっぴいえんど、ティン・パン・アレーの大ファン。また、デヴェンドラの浅川マキ好きは昔からとても有名な話だけど、実は彼は坂本慎太郎(ゆらゆら帝国)にも興味があるの。加えて、最近では、林拓のアルバム『オデュッセイア』を絶賛していて、その中の1曲をカヴァーしたいと思っているわ。「林拓は本当に驚くべきアーティストだよ。それに『オデュッセイア』のジャケット・デザインは最高だね!」
  • 日本滞在中、アンディは寸暇を惜しんでレコード屋通い。クリス・スペディング、フランソワーズ・アルディ、プリンス、その他多くのアーティストのレコードを御購入。「僕は主にレコードの方を買うんだ。CDではなくてね」
  • デヴェンドラは俳優の勝新太郎の大ファン。
  • 2人とも日本食がとても好き。アンディは特に蕎麦が好き。デヴェンドラは納豆、蟹、鰻、ゴーヤ、マグロの目玉(!)が好物。
  • 上野動物園に行ったデヴェンドラ。彼によれば、レッサーパンダは世界一可愛らしい動物なんですって。「オスとメスがキスを何回もするんだよ!」
  • アンディは猫が大好き。
  • アンディは何とニッキ・サドゥン(ジャコバイツ)のファンなの!
  • デヴェンドラはテリー・レイドのファンで、彼のアルバム『リヴァー』の中の曲をいつかカヴァーしたいと考えているわ。
  • アンディにとってビートルズの最悪の曲は「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」。でも、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんが、「最悪の曲は「サヴォイ・トラッフル」だと思う」と言うと、なぜかアンディは腹を抱えて大爆笑。一方のデヴェンドラは、ビートルズの曲は全部素晴しいよ、と真顔で呟いていたわ。ただし、「アイム・ダウン」とか「アイム・ア・ルーザー」のような曲は、ちょっと理解しがたい部分があるって彼は考えているの。
  • アンディは真面目な読書家。それに、ダダイズムには特に強い関心を持っているの。アルフレッド・ジャリの『ユビュ王』が好きらしいわ。また、自宅にはマルセル・デュシャンの本のコレクションがあるんだって。
  • デヴェンドラが好きな画家はフェルナンド・ボテロ、ルフィーノ・タマヨ、ゴヤ、マーク・ロスコ、サイ・トゥオンブリ、アグネス・マーティン、ルイーズ・ブルジョアなどなどなど。
  • デヴェンドラは故郷のヴェネズエラでは一度もコンサートをしたことがないんですって。そのことが彼にはとても悲しいことなの……。
  • デヴェンドラが一番好きなヴェティヴァーの曲は「On A Nerve」。
  • アンディがヴェティヴァーの新作用に書いた曲はまだひとつだけ。「僕はすごくゆっくりと仕事をするんだ」って。
  • デヴェンドラの新作は名門ノンサッチからリリースされる模様!

何回も言うけど、アンディもデヴェンドラもとても親切でやさしいの。本当に素晴しい人達! 彼らのことを思い出すと、心が芯から温まっていく……。





I'll never forget "Superb Honey Moon", Andy Cabic and Devendra Banhart played as a duo in Japan from 5th to 13th October.  I enjoyed all of their concerts, and talked a lot with them.  So, here I'm telling you some special episodes about both.  I'm sure you will have to love them much more after reading them.

  • The place where Andy and Devendra met for the first time was a bookshop in San Francisco.  Since then, they have been very good friends.
  • They are big fans of Haruomi Hosono, Happy End and Tin Pan Alley.  Also, it's well known Devendra has been a great fan of Maki Asakawa as well for a long time, and now he's interested in Shintaro Sakamoto (Yura-Yura-Teikoku) at the same time.  In addition, he highly appreciates Taku Hayashi's album "Oddysey" recently, and he even wants to cover one of the songs in it.  "Taku Hayashi is amazing!  And the cover design of his album is so great!"
  • During his stay in Japan, Andy went to record shops utilizing every odd moment.  He bought the records of Chris Spedding, Francoise Hardy, Prince and many others.  "I prefer vinyls to CDs."
  • Devendra's favorite Japanese actor is Shintaro Katsu.
  • Both love Japanese foods.  Andy's favorite food is soba (Japanese noodle).  Devendra's favorites are natto (fermented soybeans), crab, eel, goya (bitter melon in Okinawa), and eyes of tuna (!).
  • Devendra went to the zoo in Ueno, Tokyo.  He believes the cutest animal is red panda.  "Red pandas kiss each other for many times!"
  • Andy loves cats.
  • Amazingly, Andy is a big Nikki Sudden (Jacobites) fan!
  • Devendra is a Terry Reid fan, and he wants to cover some songs from Terry Reid's "River" someday.
  • For Andy, the worst Beatles song is "The Long And Winding Road".  But when Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES said to him, "My worst Beatles song is 'SavoyTruffle'...", Andy held his sides with laughter for some unknown reason.  On the other hand, Devendra muttered to himself with a serious look, "Every Beatles song is good".  However, he seemed to think "I don't understand well the songs such like 'I'm Down' and 'I'm A Loser'..."
  • Andy is a serious book reader.  And he's much interested in dada.  He likes Alfred Jarry's "Ubu roi".  Also, he has a great Marcel Duchamp book collection.
  • Devendra's favorite painters are Fernand Botero, Rufino Tamayo, Goya, Mark Rothko, Cy Twombly, Agnes Martin, Louise Bourgeous, and many others.
  • Devendra has not played in his second home Venezuela, that makes him feel sorrow...
  • Devendra's favorite Vetiver song is "On A Nerve".
  • Andy has written only one song as yet for Vetiver's new album.  "I work so slowly."
  • Devendra's new album will come out from Nonesuch, the great music label!

As I've told you many times before, Andy and Devendra are so kind and gentle.  They are really beautiful people! I feel heartwarming deeply whenever I remember them...

Oct 15, 2012

ありがとう、アンディ! ありがとう、デヴェンドラ!  Thank you, Andy! Thank you, Devendra!

(English follows.)
アンディ・キャビックとデヴェンドラ・バンハートのジャパン・ツアー「Superb Honey Moon」が終わっちゃった。どれもこれも素晴しいライヴで、私は今も胸がいっぱい。私は今回、彼らの8回の公演を全部観たのよ! その上アンディやデヴェンドラともたくさん話をしたわ。詳しいことは追々ここでご報告することにするわね。そう、私の気持ちが落ち着くようになったら……。私は今、とても寂しいの。センチメンタルな気持ち。だって彼らは昨日帰国してしまったから。私は心の中でずっと呟いている、「ありがとう、アンディ! ありがとう、デヴェンドラ!」って。親切で、オープンで、フレンドリーな、私達全員の友達である彼らは、同時にやっぱり素晴しいアーティスト達だった。

今日ここにご紹介する2枚の写真は、10月5日に東京はVACANTで撮影されたもの。そして、ドゥローイングはデヴェンドラが日本滞在中にホテルで描いたもの(水甕のようなイメージは僕のニュー・スタイルだよ、とデヴェンドラは言っていたわ)。これらを眺めながら、私は当分、寂しさを紛らわすことにするわ……。

Devendra Banhart / Photo by Keishi Matsunaga

Andy Cabic / Photo by Keishi Matsunaga

Drawing / By Devendra Banhart

Andy Cabic and Devendra Banhart Japan tour "Superb Honey Moon" is over.  Every show was extremely beautiful, and still I fill my heart with great moving.  I saw all the 8 shows this time!  In addition, I much fortunately talked a lot with Andy and Devendra.  I'll let you know the details here by and by.  Yes, when I recover my composure...  Now I feel lonely.  I become sentimental.  Because they were back to America yesterday.  I keep on saying to myself, "Thank you, Andy!  Thank you, Devendra!".  They, who were kind, open, friendly and good friends of us all, were great artists at the same time as before.

Today I'm showing you 2 photographs, that were taken at VACANT, Tokyo, on October 5.  And the drawing that Devendra did at the hotel during his stay in Japan (It's his new style, according to Devendra himself).  In looking at them, I cheat my loneliness...

Oct 5, 2012

SUPERB HONEY MOON!  SUPERB HONEY MOON!

(English follows.)
アンディ・キャビック(ヴェティヴァー)とデヴェンドラ・バンハートは、昨夜無事に日本に到着したわ(ああ、よかった!)。そして今日からは彼ら2人によるジャパン・ツアー「Superb Honey Moon」が遂に始まる! 彼らがデュオでツアーをするのは2004年以来のことじゃない? ということは、これは大事件ってことなのよ! 見逃さないで!

From Vetiver's website

From Vetiver's website
Andy Cabic (Vetiver) and Devendra Banhart arrived in Tokyo safely yesterday evening (That's nice!).  And, thier Japan tour "Superb Honey Moon" starts today finally!  This is the first time they've played as a duo since 2004, isn't it?  So I want to say it's just a great event!  Don't miss it!

Oct 4, 2012

遂にリンダ・パーハックスが!  Linda Perhacs, At Last!

アロハ! グッド・ニュースよ! リンダ・ハーハックスが遂にニュー・アルバムのためにレコーディングを開始したの! アルバム・タイトルやリリース日などはまだ未定なんだけど、彼女がレコーディングしていることは間違いのない事実。ゲスト・プレイヤーはフェルナンド・ぺルドーモとクリス・プライス。「私はとても素晴しい人々と共同作業をしているの。彼らの愛情と手助けぬきには、このアルバムは決してクリエイトされないでしょう。音楽と作曲についての彼らの才能と知識ときたら、まさしく驚異的なんです!」と、リンダはコラボレーターの2人を大絶賛しているわ。

そしてリンダはユリシーズとユリシーズの読者に向けて次のように語ってくれたの。「アルバムの進展については必ずお知らせします。素晴しいユリシーズ・オフィシャル・ブログの読者の方々に、私をめぐって何が起こっているのかをあなたがもっと伝えてくださることは、私には名誉なことです!」

ありがとう、リンダ! 1970年の『パラレログラムズ』に次ぐあなたの待望のセカンド・アルバムを、私達はとにかく楽しみに待つことにするわ!

(そして、デヴェンドラ・バンハートにも感謝。周知のように、彼はリンダの大ファンよ。その証拠に、彼の2005年のアルバム『クリップル・クロウ』のフロント・ジャケットにはリンダの姿が認められるし、2007年のアルバム『スモーキー・ロールズ・ダウン・サンダー・キャニオン』では、彼はリンダと一緒に「フリーリー」を歌っているの。彼は、歯科衛生士としてのキャリアを重ねる多忙なリンダを再度音楽の世界に連れ戻した、真に重要な人間のひとりだわ。そして、ユリシーズの河添剛さんとリンダとの出会いを可能にしてくれたのもデヴェンドラなの。すべてがまるで神話のよう……)

From Linda Perhacs' Facebook page

From Linda Perhacs' Facebook page

From Linda Perhacs' Facebook page

Aloha!  This is a good news!  Linda Perhacs has finally started recording for her new album!  The album title, the release date, and others are still uncertain, but it's really true she's working hard on that.  The guest players are Fernando Rerdomo and Chris Price.  Linda appreciates them highly, in saying "I can tell you that I am collaborating with really great people that without their help and love, this album would never be created.  Their talent and knowledge of music and composition is just amazing!"

And, Linda kindly says to ULYSSES and the readers of ULYSSES, "We'll stay in touch and let you know how it all progresses.  I am honored that you want the readers of your fantastic ULYSSES OFFICIAL BLOG to know more about what is going on with me!"

Thank you so much, Linda!  Anyway, we all are very looking forward to your second album after the 1970 album "Parallelograms"!

(Also, we are deeply grateful to Devendra Banhart.  As you know well, Devendra is a devoted fan of Linda.  You can find Linda on the front cover of his 2005 album "Cripple Crow".  And, Devendra and Linda sing together on 'Freely' in his 2007 album "Smokey Rolls Down Thunder Canyon".  He is one of the really important persons who took Linda, who had been busy for her career as a dental hygienist, back to the music world.  In addition, he was a guy who kindly introduced Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES to Linda.  Now everything looks like a myth...)