ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 27, 2012

デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビック、ブリティッシュ・フォーク・ロックを語る  Devendra Banhart & Andy Cabic, talking about British Folk Rock

(English follows.)
アロハ! デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビックのジャパン・ツアー「Superb Honey Moon」まであと1週間。「もう待ちきれない!」という人のために、今日は『Ptolemaic Terrascope』誌(No.36, 2007)の中からとても興味深い記事を紹介するわ。それは、70年代に『メロディ・メイカー』が「ブラインド・デイト」と呼んでいたたぐいの記事。ミュージシャンにそれがどんなレコードなのかを知らせずに聴かせて、彼らの考えやコメントを引き出したりするの。そして、彼らというのはこの場合、デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビック。場所はサンフランシスコのアンディ・キャビックのアパートメント。彼らが聴いたのは以下の12曲よ。

1. Shirley Collins "Space Girl" (from the 1960 various artists album "Rocket Along : New Ballads On Old Lines")
2. Shirley Collins "All Thing Are Quite Silent" (from the 1967 album "The Sweet Primroses")
3. Michael Chapman "Kodak Ghosts" (from the 1970 album "Fully Qualified Survivor")
4. Michael Chapman "Wrecked Again" (from the 1971 album "Wrecked Again")
5. Davy Graham "She Moves Through The Fair" (from the 1963 various artists EP "London Hootenanny")
6. Davy Graham "Both Sides Now" (from the 1968 album "Large As Life And Twice As Natural")
7. Vashti Bunyan "Winter Is Blue" (from the soundtrack album to the 1967 movie "Tonight Let's All Make Love In London")
8. Vashti Bunyan "Diamond Day" (from the 1970 album "Just Another Diamond Day")
9. Fotheringay "Wild Mountain Time" (from a 1970 BBC Radio session)
10. Roy Harper "Don't You Grieve" (from the 1970 album "Flat Baroque And Berserk")
11. Martin Carthy "Famous Flower Of Serving Men" (from the 1972 album "Shearwater")
12. Giles, Giles, & Fripp "I Talked To The Wind" (from the 1975 album "A Young Person's Guide To King Crimson")

そう、見ての通り、デヴェンドラとアンディが聴かされたのはすべて、ブリティッシュ・フォーク・ロックの古典なの!(でも、それは当然よね。もともとはイギリスの片田舎でスタートしたこの雑誌について、ディヴィアンツのミック・ファーレンは「英アンダーグラウンドの小教区のような雑誌」だと評したことがあったくらいだもの)

2人のコメントはとても面白いわ。デヴェンドラはマイケル・チャップマンにとっても感激しているの。彼はチャップマンのことを「クリス・スミザーの質を持った、いい感じのサイケデリア」って考えているわ。そしてもちろん、バシュティ・ブニヤンのことは褒めちぎっている。でも、彼はいろんなことを勘違いしているみたいなの。一方のアンディは、その種の音楽についてはとても詳しい人なのに、なぜかサンディ・デニーには興味がない様子。そして2人は、ともにキング・クリムゾンの名前を思い出すことができなかったの! また、残念なことに、アメリカではマイケル・チャップマンとロイ・ハーパーはほとんど無名の存在だということが読者には分かるわ(私もマイケル・チャップマンを聴いたことがない・・・・・・。ブリジット・セント・ジョンの親友である彼を無視していてはダメね。恥よね・・・・・・)

でも、若いアメリカ人がシャーリー・コリンズやデイヴィ・グラハムに親しんでいるのは意外なことね。ブリティッシュ・フォーク・ロックの古典が彼らの関心の大きな部分になっているなんてね。世界は本当に変わったんだわ。そう、とてもいい意味で。私もあなたもいろいろな音楽にトライし続けなくちゃね。そんな気持ちにさせてくれる、とてもよい記事。

では最後にひとこと。デヴェンドラ! アンディ! あなた達の来日が楽しみよ!

Devendra Banhart & Andy Cabic

"Ptolemaic Terrascope" 

Aloha!  It's just a week till the beginning of the Japan Tour called "Superb Honey Moon" of Devendra Banhart & Andy Cabic.  For those who say "Can't wait at all!", I'm telling about a very interesting article from the "Ptolemaic Terrascope" magazine (No.36, 2007).  It's sort of like what Melody Maker in the 70's used to call a "Blind Date" - playing music to somebody and not telling them what they are listening to and making them guess and comment on it.  In this case, "somebody" are Devendra Banhart and Andy Cabic.  The listening session took place in San Francisco at Andy's apartment.  They listened to 12 songs as below;

1. Shirley Collins "Space Girl" (from the 1960 various artists album "Rocket Along : New Ballads On Old Lines")
2. Shirley Collins "All Thing Are Quite Silent" (from the 1967 album "The Sweet Primroses")
3. Michael Chapman "Kodak Ghosts" (from the 1970 album "Fully Qualified Survivor")
4. Michael Chapman "Wrecked Again" (from the 1971 album "Wrecked Again")
5. Davy Graham "She Moves Through The Fair" (from the 1963 various artists EP "London Hootenanny")
6. Davy Graham "Both Sides Now" (from the 1968 album "Large As Life And Twice As Natural")
7. Vashti Bunyan "Winter Is Blue" (from the soundtrack album to the 1967 movie "Tonight Let's All Make Love In London")
8. Vashti Bunyan "Diamond Day" (from the 1970 album "Just Another Diamond Day")
9. Fotheringay "Wild Mountain Time" (from a 1970 BBC Radio session)
10. Roy Harper "Don't You Grieve" (from the 1970 album "Flat Baroque And Berserk")
11. Martin Carthy "Famous Flower Of Serving Men" (from the 1972 album "Shearwater")
12. Giles, Giles, & Fripp "I Talked To The Wind" (from the 1975 album "A Young Person's Guide To King Crimson")

Yes, as you see, all songs are the classics of British folk rock!  (But it's normal, isn't it?  "Ptolemaic Terrascope" started originally in rural England, and Mick Farren from the Deviants once described the magazine as "the Parish-Magazine of the English Underground".)

Both comments are so interesting to read.  Devendra is deeply moved by Michael Chapman.  He regards Chapman's music as "A Chris Smither-like quality.  So tastefully psychedelic".  And, of course, he highly appreciates Vashti Bunyan.  However, he also seems to guess wrong on various things.  On the other hand, Andy doesn't know much about Sandy Denny strangely though he knows well about British folk music.  And both of them can't remember the name of King Crimson!  Also, unfortunately, you can find Michael Chapman and Roy Harper are still not well-known artists in America (I've never listened to Michael Chapman either...  What a big shame, for he's one of the best friends of Bridget St. John.  You must not ignore him.  No more...)

Anyway, it's amazing these young Americans are familiar with the works of Shirley Collins and Davy Graham.  For both, British folk rock has great meanings.  The world has changed certainly.  Yes, in a very good sense.  So you and I have to keep on trying various music too.  It's a good article for us to feel so.

Let me add a few more words lastly.  Devendra!  Andy!  I'm looking forward to seeing you!

Sep 24, 2012

タバコを吸うキース・リチャーズの写真  Photo of Smoking Keith Richards

ワオ! 英『NME』誌が最近、「タバコを吸っているロック・スターの写真ベスト20」を選んだの。そうしたら、ヤン・パーソンがスウェーデンはマルモでリハーサル中のキース・リチャーズを撮影した1970年のポートレイトが見事にランク・インしたわ! そう、『ユリシーズ』第3号の表紙を飾ったあのカッコいい写真よ!

ユリシーズ・ボーイズから聞いた話なんだけど、この写真を使ったことでユリシーズを非難した人達が当時日本には一部いたそうよ。「意味が分からない写真だ」とか、「曖昧なイメージだね!」とか、「タバコは身体によくない」とか言って。最低ね。私に言わせれば、それこそ意味の分からない非難だわ。この写真は絶対にステキよ。私はタバコは吸わないけれど、この写真のことは愛しているの。そして、この写真を表紙にした『ユリシーズ』のことも愛している。すべてがとっても美しい。私の眼には、今もそう映っているわ。あなたもそう思うでしょ?

ULYSSES #3

Wow!  The British music magazine "NME" has recently chosen 20 photos of rock stars smoking.  And a portrait of Keith Richards, during rehearsals in Malmo, Sweden, 1970, taken by Jan Persson, ranks splendidly!  Yes, it's the cool one that appeared on the cover of "ULYSSES" #3!

According to the ULYSSES Boys, there were a few people who attacked "ULYSSES" in saying "The photo has no meanings", "A weasel image!", and "Smoking is not good for your health".  Too bad.  In my opinion, those attacks had no meanings.  This photo is absolutely great.  I love it though I'm not a smoker.  And I also love "ULYSSES" that used this photo for its cover.  Everything looks so beautiful.  It still does so in my eyes.  You agree with me, don't you?

Sep 22, 2012

ジョセフィン・フォスター、最高!  I Love Josephine Foster!

アロハ! 以前ここでお伝えしたジョセフィン・フォスターのこと。彼女の新作『Blood Rushing』、通算6枚目のソロ・アルバムが、今週月曜日(9月17日)にファイア・レコーズから遂にリリースされたの。これがもうとんでもないほど素晴しいアルバムで、言葉を失ってしまうほどなのよ!

『Blood Rushing』で彼女が表現しているのは、ネイティヴ・アメリカンと伝統的なインド音楽の間を繋ぐ魅力的なフォーク・ロック・ミュージック。アシッド・フォークの本質を突く偉大な『Grapfic As A Star』(2009年)や、アンダルシアの民衆音楽に基づく『Anda Jaleo』(2010年)と違い、このアルバムはもっと音楽的な内容にこだわっているの。このアルバムが2012年発表の最も優れたアルバムの1枚であることは、疑問の余地はないわ! 彼女の10の収録曲をサポートしているのはヴィクトール・ヘレロ(エレキトリック&スパニッシュ・ギター)、パズ・ランチャンタン(ベース、ヴァイオリン、インディアン・フルート)、ヘザー・トロスト(ヴァイオリン、インディアン・フルート)、そしてベン・トリンブル(パーカッション)。言うまでもなく、パズはエントランス・バンドのあのパズよ! ジョセフィンの表現力豊かな歌と、パズのややバロック的なアレンジを、ぜひ注意して聴いて! 繰り返すけど、『Blood Rushing』は本当にすごいアルバムなのよ! オススメよ!……

ジャケットのグラフィックはすごく意味深ね。アメリカは彼女の作品を堪能できるほど寛容なのかしら? でも、『ユリシーズ』と同じくらい私が信頼しているアメリカのグレイトな音楽誌『WIRE』の最新号は、ジョセフィンが表紙なのよ(ちなみに『WIRE』は、灰野敬二を表紙にした最初のアメリカの雑誌なの!)。そして、ジョセフィンのイギリス・ツアーは10月29日から11月6日まで。

ねえ、みんな。このアルバムは絶対レコードかCDで買いましょう。ダウンロードはもうダメよ。だって、一体誰が初めてダウンロードした音源のことなんか覚えているというの?

"Blood Rushing" / Josephine Foster


WIRE #343 September 2012

Aloha!  About Josephine Foster I told you here before.  Her new album "Blood Rushing", the 6th album of her, has finally come out on Monday (September 17th) from Fire Records.  It's an extraordinarily wonderful album and you must lose your words!

"Blood Rushing" is a folk-rock album to explore the connection between her acoustic songs, Native American and traditional Indian music.  Unlike the superb "Graphic As A Star" (2009) that's an essential work of acid folk and "Anda Jeleo" that's based on Andalusian popular music, this album is focused on the musical side.  No doubt, that's one of the most greatest albums in 2012!  From Josephine herself, who is accompanied on these ten songs by Victor Herrero (electric and Spanish guitar), Paz Lenchantin (bass, violin, Indian flute), Heather Trost (violin, Raramuri Indian flute) and Ben Trimble (percussion).  You know, Paz is the member of The Entrance Band!  Please listen carefully to Josephine's expressive songs and Paz's slightly baroque arrangements.  I'm saying again, "Blood Rushing" is a really amazing album!  Highly recommended!...

The cover art is meaningful.  America is generous enough to enjoy her album?  However, Josephine is on the cover of this month's "WIRE", that's as great as "ULYSSES" I've loved to read (By the way, "Wire"is the first American magazine that Keiji Haino was on the cover!).  And her UK tour is from 29th October to 6th November.

Guys, let's buy "Blood Rushing" in the vinyl or the CD edition.  No downloads.  For nobody can remember their first download.  You agree with me?

Sep 21, 2012

3つの鋤田正義展  3 Solo Exhibitions of Masayoshi Sukita

(English follows.)
東京で目下開催中の、3つの鋤田正義展を全部観たわ(「サウンド&ヴィジョン」@東京都写真美術館、「きれい」@パルコ・ミュージアム、そして「スピード・オブ・ライフ」@ポール・スミス・スペース・ギャラリー)。みんなもよく知っているように、鋤田正義さんは、アメリカやヨーロッパでは「SUKITA」の名で通っている、ロック・フォトグラフが特に有名な日本の写真家よね。デヴィッド・ボウイの『ヒーローズ』のジャケット写真が鋤田正義さんによるものだということは常識でしょ?

どれもいい展覧会だと思ったわ。SUKITAの代表作をまとめて見ることができる、すごくいい機会だものね! 私が個人的に気に入ったのは、彼の60年代と70年代の作品。特に胸がどきどきしたのはT・レックスと沢田研二のポートレイト。T・レックスの写真はどれも鬼気迫るものがあったわ。写真から変なオーラが出ているの。それに、ちょっと信じられないくらいビューティフル。沢田研二の写真はひたすら妖艶。裸の上半身が細かい水滴で濡れている彼は、たぶん当時は日本一カッコいい男だったのね(ううん、今でも彼が日本では一番カッコいいかも!)。ボウイの写真は、私にはジギー・スターダスト時代のイメージがピンと来るわ。70年代前半の頃の彼は、本当に宇宙人みたいだったのね! ごく最近のポートレイトもステキ(ボウイは皺取り手術でもしているのかしら?)。でも、80年代のボウイだけはイヤだなあ。なんかカッコ悪い……。韓国の俳優を撮ったポートレイトの方が、80年代のボウイよりもステキに見えたわ。

ひとつ残念だったのは、東京都写真美術館のデタラメさ。キャプションを見ると、マーク・ボラン(Marc Bolan)はMark Bolanになっているし、パブリック・イメージ・リミテッド(PIL)はPILLになっている。東京の公立美術館のくせに、こんな初歩的な間違いをしているなんて、私には信じられなかったわ。これはスキャンダルよ!


From Parco Museum website (click to enlarge)


From The Tokyo Metropolitan Museum of Photography website (click to enlarge)


From Paul Smith Space Gallery website (click to enlarge)


From the Tokyo Metropolitan Museum of Photography website (click to enlarge)


I've enjoyed all of 3 solo exhibitions (retrospectives) of Masayoshi Sukita, held in Tokyo now ("Sound & Vision" @The Tokyo Metropolitan Museum of Photography, "Kirei (Beautiful)" @Parco Museum, and "Speed of Life" @Paul Smith Space Gallery).  As you've known very well, Masayoshi Sukita, who's usually called just "SUKITA" in America and Europe, is well known as a Japanese rock photographer.  Everyone knows the cover photo of David Bowie's "Heroes" was taken by him.

I thought every exhibition was great.  It's a good opportunity for you too, to see his masterpieces!  I personally loved his works of the 60's and the 70's.  Especially, I felt my heart throbbing to see the portraits of T. Rex and Kenji Sawada (Julie).  Every T. Rex portrait was ghastly.  Some strange aura appeared from the photos.  Also, they were incredibly beautiful.  The Kenji Sawada portrait was totally voluptuous.  I think he, who got naked bust wet with dew, was probably the coolest guy in Japan at that time (No, he may be still the coolest Japanese!).  As for the Bowie portraits, the ones of the Ziggy Stardust era come home to myself.  Bowie of the early 70's was really like a a spaceman!  Also, his recent portrait is beautiful (I wonder if he did face-lifting).  But I don't like his portraits of the 80's.  They look uncool...  The portrait of a Korean actor looked more beautiful than them, in my eyes.

One thing I felt sad was a carelessness of the Tokyo Metropolitan Museum of Photography.  Marc Bolan was described "Mark", and PIL (Public Image Ltd.) was "PILL" on the labels at the museum.  I couldn't believe the public museum in Tokyo did such a primal mistake.  It's a scandal!

Sep 14, 2012

5月の後の青春  An Adolescence in The After-May

東京では目下映画『カルロス』が絶賛上映中なんだけど、その監督オリヴィエ・アサイヤスが自身の半生を記した本『5月の後の青春』の翻訳が、boidからつい先日刊行されたわ。とても面白い本よ。映画ファンだけではなく、私みたいな音楽ファンでも楽しめる本なの。ここには1968年フランスの5月革命の後を生きた青年アサイヤスの思考と行動が、当時の文化状況と絡めて詳細に描かれているわ。60年代のイギリスのサイケデリック・カルチュア、『IT(インターナショナル・タイムズ)』や『OZ』のようなアンダーグラウンド・マガジン、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ、アンディ・ウォーホル、T・レックス、セックス・ピストルズ、クラッシュ、ファクトリー・レーベルのことなんかも、アサイヤスは触れているの。時に思慕を込めて、時に批判的な再検討を加えてね。本当にいいこと書いてあるわ! とても刺激的! 『ユリシーズ』の読者ならきっと好きになる本よ!

本のデザインもステキ。瀟洒で、気品があって、美しいの。デザイナーはユリシーズ・ボーイの倉茂透さんよ。そして、その倉茂さんによる表紙は、同じユリシーズ・ボーイの河添剛さんの貴重なポスター・コレクションを使ってこしらえたものなのね。彼らときたら、まったく! 2人とも相変わらずいろいろな場所でちょっかいを出しているのねえ! 

"An Adolescence in The After-May"
(Une adolescence dans l'apres-Mai)

The cinema called "Carlos" is now on in Tokyo, and the Japanese edition of its director Olivier Assayas's autobiography "An Adolescence in The After-May" (Une adolescence dans l'apres-Mai) has come out from boid very recently.  This is a very interesting book, not only for the film lovers but also the music fans like me.  In the book, the thoughts and acts of young Assayas who lived after the revolution of May 1968, in France are described in detail, in being close touch with the culture scene at that time.  Assayas refers to the British psychedelic culture in the 60's, the underground magazines like "IT (International Times)"and "OZ", Velvet Underground & Nico, Andy Warhol, T. Rex, Sex Pistols, Clash, and Factory Label, sometimes in feeling an irresistible yearning and sometimes in reexamining critically.  In fact, really good writing!  Very stimulus!  If you're the ULYSSES readers, I believe you'll absolutely love this book!

I also love the book design.  It's elegant, graceful, and beautiful.  It's the work by Toru Kurashige, the ULYSSES Boy.  And he made a book cover in using the rare poster collection from Tsuyoshi Kawasoe, another ULYSSES boy.  Amazing boys!  Both of them are poking their noses into various affairs as before!  Hahaha!

Sep 9, 2012

シー・エミリー・プレイ! See Emily Play!

ワオ! あなたはこの映像を絶対に見たことはないでしょ!? これは1967年7月6日にピンク・フロイドが「トップ・オブ・ザ・ポップス」に出演して「シー・エミリー・プレイ」のプレイした時の、スーパー・ウルトラ・レア映像よ! ごく最近発見されたものなの。T・レックスの関係者から流出したものだという噂もあるわ(本当かしら)。クオリティは悪いけど、ぜひ楽しんで! 何しろこれは歴史的な映像だもの! ね?

驚いちゃったわ。長いガウンを着たシド・バレットは、意外とまともな様子なの……。



Wow!  You've absolutely never watched this before!?  This is the super ultra rare live film that Pink Floyd played "See Emily Play" at Top Of The Pops in July 6th, 1967!  It was recently found.  Some people say it's issued by a person concerned T. Rex (Really?).  Still in bad quality, but enjoy!  Don't forget it's a historic film, OK?

Amazing.  Syd Barrett, wearing a long gown, looks normal unwillingly...

Sep 7, 2012

ファミリー・ジャムズ  Family Jams

(English follows.)
デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビックの来日を目前に控えて、私は今、『ファミリー・ジャムズ』のことで頭がいっぱいなの。『ファミリー・ジャムズ』は映画よ。2004年にアメリカで撮影された最高のフリーク・フォーク・ドキュメンタリーなの。監督はケヴィン・バーカー。彼はこれまで5枚もアルバムをリリースしているミュージシャンでもあるわ。そして出演はデヴェンドラ、ジョアンナ・ニューサム、ヴェティヴァー、ケヴィン・バーカー、アントニー&ザ・ジョンソンズ、エスパーズ、リンダ・パーハックス(!!!)。すごいでしょ? たまらないわ! 世界一ビューティフルで、クレイジーで、グレーテストなアーティストたちが、ものすごく親密な素顔を見せたり、ぶっ飛んだライヴ・パフォーマーになったり、ヴァンに乗って町から町へと一緒に移動したりするこの映画を、私、すごくすごく観たい! 一刻も早く!

『インタヴュー』誌を読んでいたら、『ファミリー・ジャムズ』は世界中でとっても好評を得ているって知ったわ。ボーナス映像や豪華ブックレットを添えたDVDも、年内にリリースされる予定よ。いい話よね。でも、日本のどこかでこれが上映されたら最高! あなたもそう思わない? 思うに、『ファミリー・ジャムズ』は重要な歴史的ドキュメントとして未来永劫参照され続けることになる映画なんだわ。でも上映会は誰が実現できるの? 私、ユリシーズ・ボーイズに相談してみるわ!





Family Jams poster

From Family Jams

Just before the Devendra Banhart & Andy Cabic Japan tour, now I'm totally dominated by "Family Jams".  "Family Jams" is a film.  It's a great freak folk music documentary, filmed in 2004, America.  The director is Kevin Barker.  He's a musician too, who has released 5 albums before.  And, it features Devendra, Joanna Newsom, Vetiver, Kevin Barker, Antony & The Johnsons, Espers, Linda Perhacs(!!!).  Amazing!  Exciting!  Don't you feel so too?  So, I want to watch the film very very much where the most beautiful, craziest and greatest artists show their intimate nature, do the hip live performances, and move from town to town riding a van!  The sooner the better!

According to the INTERVIEW magazine, "Family Jams" is well reviewed worldwide.  The DVD, with bonus live stuff and huge booklet, will come out before the end of the year.  Great.  However, it will be the greatest if we watch the film somewhere in Japan!  You'll agree with me.  We believe "Family Jams" is the film that people in the future will keep on referring to as an important historic document.  By the way, who will be able to realize the screening?  I'll ask the ULYSSES Boys' advise!