ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Aug 30, 2012

リンダ・パーハックスからのメッセージ  Words from Linda Perhacs

(English follows.)
ワオ! 傑作『パラレログラムズ』のリンダ・パーハックスが、ユリシーズのために素晴しいメッセージを届けてくれたわ! 彼女は林拓のアルバム『オデュッセイア』に言及し、それから彼女自身の近況についても語ってくれているの。リンダ、ありがとう! 私達は全員、あなたのことをとても愛しているわ! そして、今はとにかくあなたのセカンド・アルバムの完成を心待ちにしているところ。言うまでもなく、それは、あなたのインタヴュー記事が掲載された『ユリシーズ』創刊号を読んでいる読者全員の気持ちでもあるわ!

* * * * *

ハイ、ユリシーズ!

先日いただいたプレゼントはとてもすばらしいものでした! 林拓の『オデュッセイア』をお送りいただき、ありがとうございました!

まず、あなた方(ユリシーズ・デザイン・オフィス:河添剛&倉茂透)が手掛けたアルバムのアートワークですが、清冽で、美しく、他にはないような特別なものでした! あなた方はまったくもって才能豊かです。そして、あなた方の仕事にはこれと同じ清冽さがいつも示されているのです!

そして、この若者の声ときたら、極めて力強い。心をわしづかみにするような力強さ。林拓はまさに、その魂の声によって高い評価を受ける資格を有するのです。彼のヴォーカルは宇宙と結びつきます。そしてそんな彼の声に見合った特殊なサウンドがある。素晴しいCDでした! 多くの人達が彼のヴォーカルと歌の才能に魅了されていくでしょう。

ご理解いただきたいのですが、私は今日に至るまで優れたギタリストであったためしはないのです。でも、私は自分で旋律を書き、演奏の達人にそれを伝えます。他に方法はなかったから! つまり私にあって作曲と歌うことは、私がギターを弾くことに先んじていたということですが、時に歩み寄って、手助けをしてくれそうなアーティストと組まなければいけないわけです。

私はずっと熱心に音楽に取り組んでいます。この間の日曜日はすごく生産的な日になりました。私は遂に、新曲のレコーディングのために手助けをしてくれる人と出会ったかもしれないのです!

あなた方のことをずっと思っています!

たくさんの愛を込めて。

リンダ

"Parallelograms" / Linda Perhacs

Wow! Linda Perhacs, the artist of the truely great masterpiece "Parallelograms", sent her incredible words for ULYSSES! She refers to Taku Hayashi's album "Odyssey", and then talks about her present situation, too. Thank you very much, dear Linda! We all love you deeply! And now we are looking forward to your long-waited second album. Needless to say, it's also the sensation of all the people who read the long article on you appeared in the first issue of "ULYSSES"!

* * * * *

Hi, ULYSSES!

What a wonderful surprise I got in the mail the other day!  Thank you for sending me a copy of ODYSSEY by Taku Hayashi!

Your Artwork on the CD was sweet and beautiful and exceptional!  You are quite talented and show such sweetness in your art as well!

The young singer Taku Hayashi has a very powerful voice, it's powerful in a way that grabs you and he really deserves praise for his soulful voice.  His vocals are really connected with the universe and there is exceptional sound to his voice.  It was a wonderful CD!  Many people are going to be attracted to his vocals and singing talent.

Please understand, I am not an excellent guitar player to this day but I write every note and teach it to someone who is an expert because I had no choice, songwriting and singing was way ahead of my guitar playing.  Sometimes you have to compromise and find the talent that you need to help out.

I've been working so hard on music.  Sunday was a really productive day and I at last may have found someone to help in getting my new music recorded!

I have been thinking about you and hope you are well!

Much love to you and yours!

Linda

Aug 22, 2012

夏のために  For The Summertime

アロハ! 今日は何も言うことはないわ。夏(サマー)、じゃなくて、サマーフィールドのこと以外は。私が言ってるのはサフロン・サマーフィールドのことよ。彼女の決定的なまでに素晴しい1974年のファースト・アルバム『Salisbury Plain』が、Media Arteから300枚限定でリイシューされているの。何てシンプルで、素朴で、味わい深い、美しい曲の数々。もしあなたがブリジット・セント・ジョンのファンなら、このアルバムもあなたはきっと好きになるはずよ。ジャケット写真もキュートでしょ? アルバムは幸いにも紙ジャケ仕様よ。

以下は、サフロン・サマーフィールドの言葉。

「過去5年にわたる曲作りの果てに、私はこのアルバムのレコーディングに心から夢中になったわ。そして私は自分のレーベル(Mother Earth Music)を設立した、イギリスで最初のシンガー=ソングライターのひとりになったの。2つのメジャー系レコード会社から契約の話もあったけど、結局何にも発表できないままだった。私、待ちくたびれちゃったのね! そんなわけなので、母にちょっと財政援助をしてもらって、このアルバム『Salisbury Plain』を作ったわ」

私はこのアルバムをあなたのステキな夏に捧げたい。




Aloha!  I have nothing to tell you today.  Nothing but except for about summer, no, about Summerfield.  I'm telling about Saffron Summerfield.  Her definitely great first album "Salisbury Plain" (Originally released in 1974) is re-issued in the very limited edition of 300 from Media Arte.  How simple, naive, interesting, and beautiful her songs are!  If you are a Bridget St. John fan, I believe you'll also love this album.  Don't you feel the cover photo is cute too?  This edition is in the mini LP format (the paper sleeve edition) fortunately.

This is the words from Saffron Summerfield as below;

"I had been writing songs for five years and was really excited about recording this album.  I was one of the first singer-songwriters in the UK to set up their own label (Mother Earth Music).  I had been offered contracts with two major labels but nothing got released.  I was tired of waiting!  So, with a little financial help from my mother I recorded 'Salisbury Plain'."

I'd love to dedicate this album to your beautiful summertime.

Aug 21, 2012

待ちきれない!  Can't Wait!

先日もお伝えしたように、この10月はデヴェンドラ・バンハートとヴェティヴァーのアンディ・キャビックが日本で一緒にプレイすることになっているの。すごい楽しみ! 待ちきれないわ! 特にデヴェンドラのアコースティック・プレイには私はいつも興味津々よ。今日はあなたに面白いテレビ映像を紹介するわ。アルバム『What Will We Be』リリース前の、2009年初頭のデヴェンドラが、アンプラグドで「アンジェリカ」やその他をプレイしているの。ステキよ! 彼をサポートするのはお馴染みノア・ジョージソン、グレッグ・ロゴーヴ、ラッキー・レミントン。オーディエンスに、昨年日本でデヴェンドラと一緒にプレイしたギタリストのジョシア・スタインブリックの姿があったのはオドロキ! みんな、楽しんで! そして、もう一度言うけど、私は10月を待ちきれないの!





As I mentioned before, Devendra Banhart and Andy Cabic (Vetiver) will come to Japan in October to play together.  I'm excited and looking forward to their shows!  Can't wait!  I'm always so much interested in Devendra's accoustic play especially.  Today I show you a great TV field, which Devendra of early 2009, just before the release of his album "What Will We Be", plays "Angelika" and others unplugged. Beautiful!  Those who support him are Noah Georgeson, Greg Rogove and Luckey Remington as always.  And, amazing, you can see Josiah Steinbrick in the audience who played the guitar with Devendra in Japan last year!  Guys, enjoy that!  And, I'm saying again, I can't wait for October!

Aug 9, 2012

デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビックの来日公演  Devendra Banhart & Andy Cabic to tour in Japan

(English follows)
デヴェンドラ・バンハートとアンディ・キャビック(ヴェティヴァー)の来日が決定したわ! 
詳細はこちらのサイトを見てね。
http://windbelljournal.blogspot.jp/2012/08/andy-devendra.html






The Japan tour of Devendra Banhart and Andy Cabic (Vetiver) has been announced!
For details, please visit the following site.
http://windbelljournal.blogspot.jp/2012/08/andy-devendra.html

Aug 4, 2012

ミッシェル・ポルナレフの本  The Book on Michel Polnareff

6月に仙台で行なわれた展覧会「ユリシーズ・エクスポーズド」にはいろいろな人達が来場してくれたの(ありがとう!)。その中には瀬尾雅弘さんの姿もあったわ。彼はミッシェル・ポルナレフの日本では初となる研究書『Polnareport -- ミッシェル・ポルナレフ 挑戦と変遷のレポート』(愛育社刊、2010年)の著者。そのときユリシーズ・ボーイズの誰も彼と直接会うことができなかったのはとっても残念なことだったけど、でも、明らかなことは彼らは潜在的に瀬尾さんのよいお友達だということよ。だって、ユリシーズ・ボーイズはポルナレフのファンだもの。特に河添剛さんと平治さんが。平さんなんか刊行直後にこの『Polnareport』を購入していたのよ! 平さんはいつもとっても目ざといの!……

とにかく、あなたにもこの本はお勧めしたいわ。「シェリーに口づけ」や「愛の休日」で有名な天才フランス人のことは、もっともっと正しく評価されるべきだけど、それができる数少ない日本人こそ瀬尾雅弘さんだものね。ポルナレフが年内に新しいアルバムを発表するという噂があるの(もしかすると2枚組のアルバム?)。それに備えるためにも、この本はあなたにとって適切なガイドブックになるはずよ。間違いなく。瀬尾さんは本を書くためにフランス語の文献まで徹底的に読み込んだの。

以下は、河添さんの言葉。

「ポルナレフはブライアン・ウィルソンと同じくらい偉大な才能の持ち主だけど、僕はポルナレフの方がずっと好きなんだ。何しろポルナレフには音響をめぐる正しいディレクションが認められる。その上彼は、ブライアン・ウィルソンとは違って、抑圧的感情を表現できる。僕は瀬尾さんが羨ましい。彼は僕が大好きなアーティストのことを最初に本に書いた日本人なんだからね!」

繰り返すわ。『Polnareport』はオススメよ! 瀬尾さん、ステキな本をありがとう! 私もあなたの本に啓発されたわ!

Polnareport



So many people came to the exhibition "ULYSSES EXPOSED" at Gallery Chifuriguri, Sendai in June (Thank you!).  Mr. Masahiro Seo was the one.  He's the author of "Polnareport" (published by Aiikusha, Tokyo, 2010) that's the great study on Michel Polnareff for the first time in Japan.  It's so unfortunate ULYSSES Boys didn't meet him then, however it's obvious that they are good friends of Mr. Seo essentially, for they are great Polnareff fans, especially Tsuyoshi Kawasoe and Osamu Taira are so serious.  Amazing, Osamu got "Polnareport" immediately after the book was published!  Osamu is always so quick-sighted!...

Anyway, I want to recommend you to get this book.  The French genius, famous for the songs like "Tout Tout Pour Ma Cherie" and "Holidays", should be still much more appreciated highly, and I believe Mr. Seo is one of only a few Japanese who can do so.  There's a rumor that Polnareff will release the new album (possibly 2 CD set?) before the end of the year.  The book must be a good guide for you who are waiting for that eagerly.  Absolutely.  Mr. Seo read even many French literatures on Polnareff, to wtite "Polnareport".

That's the words from Tsuyoshi Kawasoe as below;

"Great Michel Polnareff is as talented as Brian Wilson, but I do prefer Polnareff very much.  Polnareff's sound direction is surprisingly correct.  Besides, unlike Brian Wilson, he can express the depressive emotion through his music.  I envy Mr. Seo.  He's the very first Japanese who wrote on a great artist I've loved for a very long time!"

I say again. "Polnareport" is a highly recommended book!  Thanks, Mr. Masahiro Seo!  I was also illuminated by your wonderful book!