ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 28, 2012

バースデー・ソング  Birthday Song

ハロー! 私には蟹座生まれの友達が何人かいるの。ユリシーズの河添剛さんもそのひとり。で、私はそんな彼らに最近はバースデー・カードの代わりにステキな映像を送っているわ。それは、デヴェンドラ・バンハートがバースデー・ソングを歌っている映像よ。すごく奇妙で面白いので、友達の間でも大評判なんだけど、あなたにもぜひ聴いてもらいたいわ! 今では外見がすっかりノーマルになっちゃった彼だけど、その本質は10年前のデビュー・アルバム『Oh Me, Oh My』のままだということが、あなたにもすぐに分かると思うの。

ちなみにデヴェンドラは、年内はニューヨークで生活するつもりみたいね。彼はベックの家のキッチンで20人分の巨大オムレツを作ったり、サイクリングをしたりして、毎日を楽しんでいるって聞いたわ。それと、彼はワーナーを離れたわ。メジャー・レーベルに所属することは、結局「僕の道徳と倫理に反することだった」って反省しているの。それはいいけど、じゃあすでにレコーディングを終えた新作は一体どこからリリースされるのかしら? すごく気になる……。 



Hello!  I have several Cancerian friends.  Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES is one of them.  And I send each a nice video instead of a birthday card.  In that video, Devendra Banhart sings a birthday song.  It is very popular among all of them as it is very odd but funny, so I would like you to enjoy it too!  Now he looks totally normal, but I think you quickly recognize that his nature is still the same as his debut album "Oh Me, Oh My" 10 years ago.

By the way, he is going to live in New York within this year.  I heard that he enjoys making a huge omelet for 20 people at Beck's kitchen, and biking.  And he has left Warner Bros.  To belong to such a major label is "to go against my moral and ethic" as he reflects on in the end.  It is fine but which label will put out his new album, that has been already recorded?  I wonder...

Jul 24, 2012

シド・バレットの幻のライヴ音源  The Legendary Live Recording of Syd Barrett

今なお誰もがピンク・フロイド脱退後のシド・バレットの幻の音源を求め続けているわ。当然よね? シドはサイケデリアの悲劇的な王で、本物の天才だったんだから。あなたはもう『ユリシーズ』第4号を読んでいるわよね。そこで、河添剛さんがそんなシドについてポエティックでリリカルな、すごく印象的なエッセイを書いていたわ。以来、私もシドのファンになって、彼のいろんな情報をせっせと集めているの。

そして、今日はいいお話ができるわ。昨年もここで触れたことだけど、ケンブリッジに帰ったシドが1971年にスターズを結成する直前、即席バンド「ザ・ラスト・ミニッツ・プット・トゥギャザー・ブギー・バンド」で一晩プレイしたの。そのライヴ音源がまもなく英イージー・アクションからとうとう正式にリリースされるのよ! 本当よ! ライセンスの問題でEMIと争うこともないから、絶対に大丈夫! シドは2曲に参加していて、共演者はエディー・バーンズ、ジャック・モンク、トゥインク、ヘンリー・カウのフレッド・フリスらしいわ! すごい! リリースが待ち遠しい! あなたもそう思うでしょ?

ところで、シド、ジャック・モンク、トゥインクによるスターズの音源はどうなっているのかしら? テープが残っていたら、きっとトゥインクが30年前にリリースしていたかもね。以下はトゥインクの言葉。

「ヴィクター・クラフトがスターズのライヴをいっぱいレコーディングしていたことは本当だよ。僕は亡くなる直前のレナード・バーンスタインにコンタクトを取り、ヴィクターのことを訊ねたんだが、ヴィクターはもう故人で、しかも彼の息子のジェレミーの所在も分からないということだった。そして、僕自身はスターズのテープを所有していない」

ということは、私達はザ・ラスト・ミニッツ・プット・ドゥギャザー・ブギー・バンドの音源で満足しなければならないということね。でも、それは興味深い体験にはなるはずよ。絶対に。

(写真は1970年オリンピアでのシド・バレット)


Still everyone looks for the dreamlike stuff of Syd Barrett after the Pink Floyd era.  So normal, isn't it?  For Syd was a tragedic king of psycedelia, and he was a real genius.  I believe you've already read "ULYSSES" #4.  Tsuyoshi Kawasoe wrote a very poetic, lyrical and impressive essay on Syd for the issue.  Since then, I've been a Syd Barrett fan, and gathered various informations on him eagerly.

And today, I can tell you a good news.  As I told you here last year, Syd back to Cambridge, just before forming Stars in 1971, played with the instant band called The Last Minutes Put Together Boogie Band just for one night. Its live recordings will finally come out officially from the English label Easy Action soon!  It's true!  Don't worry, no licensing problem with EMI!  In the recordings, Syd played 2 songs, with Eddie Burns, Jack Monk, Twink, and Fred Frith from Henry Cow!  Exciting!  I can't wait for the release at all!  Don't you agree with me too?

By the way, where's the Stars stuff???  If Twink had that tape, he would have put it out 30 years ago.  It's the Twink's words as below;

"Victor Kraft recorded a lot of Stars gig, that's true.  I did contact Leonard Bernstein just before he died and he told me that Victor had passed away and didn't know the whereabouts of his son Jeremy.  And I don't have any Stars stuff with myself"

So, we will have to be content with the live recordings of The Last Minutes Put Together Boogie Band.  However, it can be a great experience for everyone.  Absolutely.

(Photo: Syd Barrett at Olympia, 1970)

Jul 21, 2012

マイク、シドと出会う  Meic Meets Syd

先日マイク・スティーヴンスのことをここで書いたのは、あなたも覚えている通り。そして、今日は彼とシド・バレットとの出会いについて書くわ。

これを見て。とても珍しい写真よ。1969年、『マッドキャップ・ラーフス』リリース直前のこの年の後半に、シド・バレットはウェールズ南西部にあるマイク・スティーヴンスのもとを訪れたの。白い帽子をかぶった手前のギタリストがシド(帽子のシドなんて見たことないでしょ?)。他はマイクと彼のバンド「Bara Menyn」。ウェールズのBBCがその模様をドキュメンタリー風に撮影したんだけど、フィルムは5分くらいの映像の断片にまとめられた後は破棄されてしまったみたい……。

それだけではないわ。1970年にはシドとマイクはロンドンはオリンピア・エクストラヴァガンザで同じステージに立っているのよ(でも、そのことはマイクは覚えていないの)。あれはシドが生涯でやった唯一の「ソロ・ライヴ」だったわよね……。


I told you about Meic Stevens the other day, as you remember well.  Today, I'm telling you his meeting with Syd Barrett.

Look at this.  It's a very rare photo.  In late 1969, when it was just before "Madcap Laughs" came out, Syd Barrett visited at Meic's house in southwest Wales.  The guitarist in a white hat in the foreground is Syd (I believe you've never seen Syd in a hat!).  Others are Meic and his group called Bara Menyn.  A BBC documentary-type thing was filmed at Meic's place, but the film seems to have been destroyed after being edited down to a 5-minute segment...

No, not only that.  Syd and Meic were on the same bill at the Olympia Extravaganza in 1970 (But now Meic forgets that).  It was the only solo gig Syd Barrett ever did...

Jul 19, 2012

マイク・スティーヴンス!  Meic Stevens!

ワオ! すごい! 「ウェールズのボブ・ディラン」と言われているアシッド・フォーク・シンガーのマイク・スティーヴンスによる幻のアルバム『Caneuon Cynnar』が、韓国のステキなレーベル「Riverman-Bella Terra Music」から紙ジャケ仕様で遂に再発されたのよ! このアルバムはもともとは50枚限定で(!)ウェールズのレーベル「Tic Toc Records」から1979年に発表されたものなんだけど、収録曲はすべて1968年から72年にレコーディングされた初期作品なの。どの曲もナイーヴで初々しい彼の感性がきらめいているわ。きっとあなたも深く好きになるアルバムよ! ありがとう、マイク! ありがとう、韓国!

"Caneuon Cynnar" / Meic Stevens

Wow!  Amazing!  The dreamlike album "Caneuon Cynnar" by Meic Stevens who's called "the Welsh Bob Dylan" is finally re-issued in the paper sleeve edition (Mini LP format) from the fantastic Korean label Riverman-Bella Terra Music!  This album was originally released in the limited edition of only 50(!), in 1979 from the Welsh label Tic Toc Records, but all songs are from his early recordings between 1968 and 1972.  You can find his naive and flesh sensitivity in every song, so I believe you must be involved with the album deeply!  Thanks, Meic!  Thanks, Korea!

Jul 11, 2012

ライヴ・オデュッセイア  Live Odyssey

(English follows.)
7月7日、落合SOUPでの林拓のライヴは、とても、とても、素晴らしかったわ! 彼のソロ・パフォーマンスも、ゲストを交えたプレイも、何もかも、すべてがまるで魔法のようだったわ! その日の夜、彼は音楽を自由にし、音楽に自由になったの。本当よ。新曲もいくつか披露されて、リリースされたばかりのアルバム『オデュッセイア』とは違う新しい魅力までオーディエンスには伝わったわ。その魅力というのは、たぶんロック・オリエンティッドなもの。でも、すごく個性的で、謎めいていて、神秘的な、林拓のあの独自な世界に、相変わらず属しているのよ!

そんな彼には、京都だけではなく東京にもファンがすでにちゃんといるのね。会場はお客さんでいっぱいだったわ。これには林拓もすごく驚いていたけれど、彼はまったく謙虚な人なのね! お客さんは今後もっと増えると思うわ! 落合SOUPで林拓の2日間連続ライヴを敢行するのも面白いかもしれないね、と主催のユリシーズ&レコンキスタのひとりが言っていたけど、それはすごくいい思い付きじゃないかしら?






Taku Hayashi's live performance at Soup, Ochiai on July 7th was really, really great.  Everything including his solo performance and also the performance with the guests was like magic!  He freed music and got musically freed that evening.  It's true.  He also played some new songs and the audiences were attracted by his new charm which is different from his just-released album "Odyssey".  The new charm is probably something rock-oriented.  But it still belongs to Taku Hayashi's original world which is so unique, enigmatic and mysterious.

He already has fans in Tokyo, not only in Kyoto.  The venue was packed with audiences.  Taku Hayashi was surprised by that too – he is a very humble person!  I believe we have more audiences in the future!  "It might be interesting to press ahead with Taku Hayashi's two-day show at Soup, Ochiai" said one of the hosts ULYSSES & Reconquista.  Isn't it a great idea?

Jul 5, 2012

林拓との夕べ  Evening with Taku Hayashi

先日、林拓の曲がNHK FMで流れたそうよ! ステキ! ラジオは相変わらず真剣な音楽ファンのための大切なメディアなんだわ!

7月7日は林拓が東京は落合SOUPでライヴをやる日。あのラジオ放送を聴いて彼のファンになった人達にとっても、これはすごくいい機会になるはずよ。さあ、みんな、土曜日のステキな夕べを林拓の音楽とともに! 7月7日は落合SOUPで会いましょう!

林拓 Taku Hayashi

A song by Taku Hayashi was on the air the other day in the NHK FM program.  Great!  Radio is still a very important media for serious music lovers!

July 7th is the day when Taku Hayashi is playing live at Ochiai SOUP, Tokyo.  It must be a good opportunity for those who became his fan after the radio program.  Guys, let's spend a beautiful Saturday evening with the music of Taku Hayashi!  Let's meet together at Ochiai SOUP on the 7th July!  Thank you so much!

Jul 2, 2012

私はニック・ドレイクに会った  I saw Nick Drake

ワオ! 9月に英オーモンド・ヤード・プレスからものすごい写真集が出るわ! 題して『I saw Nick Drake: photographs by Keith Morris』。500部限定の豪華本よ。しかも縦60センチ横45センチというサイズの大きな大きな本。開けば縦60センチ横90センチにもなるのよ。この本はあなたの宝物になると思うわ。

言うまでもなく、写真家のキース・モリスは重要な人物。1969年4月から1971年11月までの2年半にわたってニック・ドレイクの3枚のアルバムすべてのためにフォトセッションをしたのは彼だもの。悲しいことにキース・モリスは2005年にスキューバ・ダイヴィングの事故で亡くなってしまったけど、彼の驚くべき写真アーカイヴは永遠よ。ニック・ドレイクのアルバムと同様に。

この写真集には『Bryter Layter』、『Five Laeves Left』、『Pink Moon』のフォトセッションのすべてが収録されているわ。そして、どの写真の中でも、ニック・ドレイクはいつもとても寂しそうな様子。あなたは彼が好き? 私は好きよ。彼の『Pink Moon』は特に素晴しいアルバム。彼のアルバムのことはディスクガイド本『アシッド・フォーク』の中で鈴木泉さんが詳しく触れているわ。

From Ormond Yard Press' website.

Wow!  The great photobook called "I Saw Nick Drake: photographs by Keith Morris" will come out early September 2012 from Ormond Yard Press, England!  Only 500 copies.  It's a huge book.  24 inches x 18 inches (60 x 45cm) when closed, opening up to a 24 x 36 inches (60 x 90cm) spread size.  I believe the book will be your treasure.

Needless to say, Keith Morris was a very important photographer.  He photographed Nick Drake for all three of his albums over a two and a half year period from April 1969 to November 1971.  Tragically, Keith died in a scuba diving accident in 2005 but his legacy lives on through his incredible archives of photographs.  His works are forever like the albums of Nick Drake.

You will find all the photosessions for "Bryter Layter", "Five Leaves Left" and "Pink Moon".  Nick Drake always looks so lonely in every photo.  You love him?  I love him.  I love "Pink Moon" especially.  In the book "Acid Folk", Izumi Suzuki writes on his albums.