ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 31, 2012

ユリシーズ・エクスポーズド  ULYSSES EXPOSED

すごいニュース! ユリシーズが仙台のギャラリー「チフリグリ」でアート・ショウをやることになったの! 信じられないくらいステキなことじゃない? すごく興奮してきた!

思えば『ユリシーズ』はただの音楽雑誌だったことなんかなかったわ。エディトリアル・デザイン、写真、グラフィックに至るまでいつも細心の注意を払う、視覚的にもすごくビューティフルな雑誌だったわよね。それに、ここ2年くらいは河添剛さんと倉茂透さんの2人が一緒になって、たくさんのポスターやCDジャケットをこしらえてきたけど、そのどれもが型破りでカッコよかった! そうよ、だからユリシーズが展覧会をやるのは自然の成り行きなのよ!……

展覧会をオーガナイズすることになった河添さんによると、「『ユリシーズ』のユニークな魅力のひとつは、雑誌に優秀なアーティストがたくさん集結したということだよ。展覧会にはそんな彼らの写真、グラフィック、ポスターなどの作品が集められる。もちろん僕も自分の作品をいくつか出すよ。とてもポップな展覧会になるだろうね。みんな、きっと楽しんでくれると思うな。ショウのタイトルは『ユリシーズ・エクスポーズド』だよ」ですって。

「ユリシーズ・エクスポーズド」。みんな、この展覧会の名前を当分は忘れないでいてね! お願い!

河添さんと倉茂さんは早速展覧会告知ポスターを作ったわ。相変わらず超カッコいい! このポスターは仙台の街のいろいろな場所に飾られるのね。私、こうなったらすぐに仙台に移住したいくらい。そもそも仙台は美しい街なのよ。こういうポスターがとても似合う街なの。

大切なことをお伝えしなくちゃね。「ユリシーズ・エクスポーズド」の会期は6月15日(金)から24日(日)まで。16日(土)は河添剛さんによるギャラリー・トークと、傑作『オデュッセイア』をリリースしたばかりの林拓によるライヴ・パフォーマンスが予定されているそうよ。詳細はギャラリー・チフリグリのホームページを見て。http://web.me.com/yoshigindagashiya/chifuriguri/chifuriguri.html そして、あなたも展覧会へGO!

「ユリシーズ・エクスポーズド」のことは、私あらためて書くわ。またね!


Amazing news!  ULYSSES will have an art show at Gallery Chifuriguri, Sendai!  That's incredibly beautiful, isn't it?  I'm getting so excited!

Think, "ULYSSES" has never been just a music magazine.  "ULYSSES"'s also a visually beautiful magazine that always concentrates serious attention on its editorial design, photographs, and graphics.  Also, Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige have worked together for these two years to make many posters and CD covers, that were totally extraordinary and cool!  So, yes, it's natural for ULYSSES to have the art show!...

Tsuyoshi Kawasoe, who will organize the show, says, "So many great artists came together to the magazine, that's one of the unique glamor of 'ULYSSES'.  You'll see their photographic works, graphic art, and posters.  Of course, I'll show some of my works, too.  The show will be very pop.  You'll have to enjoy the exhibition.  The show is called 'ULYSSES EXPOSED'".

ULYSSES EXPOSED.  Guys, don't forget the name of the exhibition for a while!  Please!

Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige have already made a promotional poster for the show immediately.  The poster is super cool as always!  You can see the posters at various places in Sendai.  I want to move to Sendai soon, if possible.  Sendai is a beautiful city.  Such a poster matches the city well.

I have to tell you the important things;  ULYSSES EXPOSED is from 15th to 24th June.  On 16th June, Tsuyoshi Kawasoe will do the gallery talk and then Taku Hayashi, who has just released the masterpiece album "Odyssey", will play live at the gallery.  For further details, see the website of Gallery Chifuriguri http://web.me.com/yoshigindagashiya/chifuriguri/chifuriguri.html  Then, guys, go to the art show!

I'll post on ULYSSES EXPOSED again.  See you!

May 25, 2012

ジョセフィン・フォスターの新作  New Album of Josephine Foster

言い忘れていたわ! ジョセフィン・フォスターのこと。彼女のことなら、名著『アシッド・フォーク』の中の平治さんの記述が詳しいわ。そのジョセフィン・フォスターがまもなく新作を発表するけど、そこに何と、エントランス・バンドのパズ・ランチャンタンが参加しているのよ。はっきり言って、パズが参加したアルバムは全部名盤なの。だから当然、ジョセフィンの新作も名作になるのよ。

男の子はみんな、ジョセフィンもパズも両方大好きよね? でも、このアルバムには女の子も期待していいわ。

過日ジョセフィンはパズと一緒にスペインでライヴをやったんですって。すごいことじゃない? ジョセフィンの才能は、今やヴェルヴェット・アンダーグラウンドの影響を超えたところで、フォーク・ソングの新しい魅力に到達している最中だと私は思うわ。そして、そんな彼女に応えることができるのは、マルチ・プレイヤーで真摯なサポーターにもなれるパズなのね。

Hazel Eyes I Will Lead You / Josephine Foster

One thing I forgot to say!  About Josephine Foster, who was described in detail by Osamu Taira in the magnificent book called "Acid Folk".  Josephine will release the new album soon, where Paz Lenchantin takes part.  Honestly saying, all albums Paz played are masterpieces.  So, naturally, Josephine's new album will be the masterpiece.

You boys must love both Josephine and Paz, mustn't you?  However, you girls can expect much of the album too!

Josephine recently played together with Paz in Spain.  That's great, isn't it?  I think Josephine's talent is now reaching for the new attraction of folk music beyond the influences of the Velvet Underground.  And, I also think, those who can react to her talent is Paz who is a multi-player and a sincere supporter.

May 23, 2012

アリアナ・ドゥラワリの新作で  For the Forthcoming Album of Ariana Delawari

(English follows)
コンニチハ! ローレン・デュコフの素晴しい写真集『ファミリー』を持っている人なら、アリアナ・ドゥラワリのことはもうよく知っているわよね。彼女の2009年の『Lion of Panjshir』は、アフガニスタンのトラッドに深く影響されたユニークなサイケデリック・フォーク・ロック・アルバムだったわ。そこにはデヴィッド・リンチも参加していたっけ。

今アリアナは新しいアルバムを準備中なの。で、そのアルバム・ジャケットを撮ったのがアマンダ・チャーチアン。彼女を知っている? アマンダはシュールでスピリチュアルで女性的な新進アーティストよ。彼女にはまったく驚かされるよ、とユリシーズの河添剛さんはいつも微笑を浮かべて言っているわ。だとすると、アマンダの撮った美しい写真を見ることができるアリアナの新作は、2重にすごいということになるわよね。楽しみ!

ところで、アマンダ・チャーチアンはエントランス・バンドのガイ・ブレークスリーのガールフレンドなのよ。だから彼女はエントランス・バンドのカッコいい写真もいっぱい撮っているわ。私はそんな彼女がすごく羨ましいの!……

From http://amandacharchian.com/

Kon-nichiwa!  I believe those who have already gotten Lauren Dukoff's magnificent photobook "Family" know well about Ariana Delawari.  Her "Lion of Panjshir", released in 2009, was a unique psychedelic folk rock album with deep influences of traditional Afghan music.  David Lynch also took part in the album, I believe.

Now Ariana is preparing herself for releasing another album.  And, for her forthcoming album, Amanda Charchian took the cover photo.  You know about Amanda?  She's a surrealistic, spiritual, feminine, and young artist.  Tsuyoshi Kawasoe, the ULYSSES boy, always says in smiling, "She's totally amazing".  So, Ariana's new album will be great double for we'll be able to enjoy Amanda's beautiful photograph too.  Can't wait!

By the way, Amanda Charchian is a girlfriend of Guy Blakeslee of The Entrance Band.  So she takes so many cool photographs of The Entrance Band too.  I deeply envy that her, in fact!...

May 20, 2012

林拓『オデュッセイア』、リリース目前!  Taku Hayashi's album "Odyssey" Is Coming Very Soon!

(English follows)
アロハ! 嬉しいことに、林拓のアルバム『オデュッセイア』がリリース目前よ! 発売は5月23日、水曜日。これは強力にオススメのアルバムよ! 「MUSICとMAGICの識別を遂に廃棄する『オデュッセイア』は、ただならぬ神秘の叙情の中、フォーク・アルバムであることを自ら乗り越えていく」と、昨日河添剛さんは私に語ったわ。「僕は、これほど重要な作品をアシッド・フォークなどとありきたりな呼び方をして満足するつもりはないよ」とも。彼の言う通りよ! その証拠に、林拓の謎めいた創造性は、今、最初の絶頂を迎えているわ。最新号の『POPEYE』には、そんな林拓の『オデュッセイア』が早くも紹介されていたの。私、すごく嬉しくなっちゃった! (サンキュー、「レコンキスタ」!)

『オデュッセイア』はいろいろなお店で購入可能よ。もちろん、ユリシーズのお友達のショップ「レコンキスタ」でもね! ぜひ買って、そして楽しんで! 『オデュッセイア』はあなたを決してがっかりさせないわ! 『オデュッセイア』はあなたを目覚めさせてくれるの!

そして、ワオ、『オデュッセイア』の超クールな宣伝ポスターが出来上がったわ! デザインはいつものようにユリシーズ(河添剛さんと倉茂透さん)。彼らはいつも一緒で、その仕事はめちゃくちゃにビューティフル。ポスターはいろいろなお店やコンサート会場で見かけることができると思うけど、私はこのポスターを手に入れることに興味があるのよね。あなたもそうでしょ?




Aloha!  Gladsomely, Taku Hayashi's album "Odyssey" is coming very soon!  The release date is the 23rd, May.  This is a highly recommended album!  "'Odyssey' where the difference between MUSIC and MAGIC is finally abandoned will go beyond being the folk album by itself, in an extraordinary lyricism of the mysticism", Tsuyoshi Kawasoe told me so yesterday.  He added, "I won't be content to call such an important works in the usual name acid folk".  Tsuyoshi, you're right!  For the enigmatic creativity of Taku Hayashi is at the first peak now. The article on Taku and his "Odyssey" has already appeared in the latest "POPEYE", one of the most popular fashion magazines in Japan.  I was so excited!  (Thank you, Reconquista!)

You can get "Odyssey" at various shops.  Of course, at Reconquista, the friend shop of ULYSSES, as well!  Buy and enjoy "Odyssey"!  "Odyssey" will never disappoint you!  "Odyssey" will turn you on!

And, wow, the super cool promotional poster for "Odyssey" is out!  As before, it was designed by Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurasuge from ULYSSES.  They always work together, and the artworks are extremely beautiful.  You will be able to see the posters at various shops and venues, but I'm much interested in getting the poster.  And you?  You too?

May 14, 2012

ビューティフル・ボーイズ!  Beautiful Boys!

(English follows)
デヴェンドラ・バンハートは、『What Will We Be』に続く新作をレコーディングし終えたばかり。デヴェンドラに近い私の友達によれば、彼のニュー・アルバムは「悲しいディスコ (Sad Disco)」になるんですって。ハハハ! 誰がそんな話を信じるの? ちなみに彼は、最近ではモダン・ジャズをよく聴いているそうよ。

デヴェンドラはデヴェンドラよ。彼は私が大好きなイケメンの魔法使い。それは変わらないわ。それに、彼は友達が大好きなの。ここに掲載するのは、デヴェンドラとアンディ・キャビックのごく最近の2ショット写真。デヴェンドラはアンディを今もとても尊敬しているの。アンディのグループで、私も大好きなヴェティヴァーのメンバーだったこともあるデヴェンドラは、アンディのことを兄のように慕っているのよ。

写真を見ていると、2人の会話が聞こえてきそう。

「ねえアンディ、近いうちに日本で一緒にライヴをしようよ」
「そりゃいいね。2006年を最後に僕は日本で演奏していないからねえ」
「じゃあ、ぐっと来るような親密な感じにしようよ。アコースティック・ライヴを一緒にやろう。コーヒー・ショップみたいなとってもとっても小さな場所で。名付けて、"コーヒー・ショップ・ツアー"。どう? 日本のファンとも様々な交流を深めることができるよ!」
「楽しそうだね! 昨年君が東京でやったチャリティ・ライヴみたいなことを、2012年に2人でやるのはいいことだよ。何しろ君は、レコード・デビューして今年で10年だしね。原点回帰みたいな試みも大切かもしれないね……」

きっとデヴェンドラは今年も日本にやってくると思うわ。そんな気がするの。だから、彼のアルバムがリリースされたら、すぐにお祈りしなくちゃ! デヴェンドラ、日本に来てプレイしてって。そうしたら、夢はきっとかなうわ! ワオ!








From  http://www.priscillamarodriguez.blogspot.jp/2012/04/echo-april-26-2012.html


Devendra Banhart has just finished recording the new album which follows "What Will We Be".  According to my friend who is close to him, his new album will be "Sad Disco".  Ha ha ha!  Who would believe such a story?  He has been a modern jazz listener recently.

Devendra is just Devendra.  He is a good-looking wizard, whom I love.  That doesn’t change.  And he likes his friends very much.  Here are the recent photos of Devendra and Andy Cabic.  Devendra still respects Andy.  Devendra, who's been a member of my favorite band, Vetiver, considers Andy as his elder brother.

When I look at the photos, I feel as if I can hear their conversation.

"Hey Andy, why don’t we have live performances in Japan sometime soon?"
"That’s nice.  I haven’t played in Japan since 2006."
"Then let’s have acoustic live shows together in the intimate atmosphere.  At a very very small place like a coffee shop.  Let’s call it 'Coffee Shop Tour', how’s that?   Then we'll be able to deepen various exchange with the Japanese fans."
"Sounds great!  It will be beautiful for us to have some shows like you did a charity in Tokyo last year.  Also, it is 10 years after your debut.  Probably it's important for yourself to go back to the starting point in a sense..."

I think Devendra will probably come back to Japan this year.  I just have the feeling.   So I have to pray as soon as his album has been released -- Devendra, please come to Japan and play!  Then the dream will come true!  Wow!

May 6, 2012

ティラノザウルス・レックス、豆知識  Trivia on Tyrannosaurus Rex

(English follows)
1968年に遡るわ。私が生まれるはるか昔のこと。でも、私はマーク・ボランとスティーヴ・ペレグリン・トゥックのティラノザウルス・レックスがすごくカッコよかったってことを知っている。当時マークはステージでは床にあぐらをかいてアコースティック・ギターを弾いていたのよ。ティラノザウルス・レックスはイギリスのアンダーグラウンド・ロックの帝王だったの。

ティラノザウルス・レックスのセカンド・アルバムのジャケット写真。2人はすごくビューティフル。マークが着ているストライプの上着は女物で、彼の後の妻ジューン・チャイルドから借りたものよ。その2年前に、ローリング・ストーンズのブライアン・ジョーンズが同じ上着を着ていたわ。マークとブライアンはとても小柄な男の子だったの。

スティーヴの方はといえば、彼の長いマントが印象的ね。お伽噺の中の魔法使いみたいに見えるわ。実はマントにはきれいな絵が描いてあるのよ。

たぶんマークとスティーヴの服はロンドンで当時一番ヒップだったブティック「グラニー・テイクス・ア・トリップ」で販売されていたものだと思うわ。そしてそのブティックの内装を手掛けたデザイナーがミッキー・フィンで、彼は後にスティーヴの後釜に座ってマーク・ボランの相棒になるのよね。マーク・ボランはきっと、いつもビューティフルな男の子が好きだったに違いないわ!

Prophets, Seers & Sages / Tyrannosaurus Rex


Far back in 1968, that's before I was born.  But I know that Marc Bolan and Steve Peregrine Took of Tyrannosaurus Rex were so cool.  At that time Marc Bolan sat cross-legged on a stage playing acoustic guitar.  Tyrannosaurus Rex was the KING of the underground rock music in England.

See the cover photo of the second album of Tyrannosaurus Rex.  Both are so beautiful.  The striped jacket Marc wore is for women, and he borrowed that from June Child, his future wife.  2 years before that, Brian Jones of the Rolling Stones used to wear the same one.  Marc and Brian were so small.

On the other hand, Steve's long manteau is impressive really.  He looks like a wizard from a kind of children books.  I know some beautiful drawings on his manteau in fact.

I think both were probably sold at Granny Takes A Trip, the hippiest boutique at that time in London. And the one of the interior designers was Micky Finn, and he became a partner of Marc Bolan just after Steve left the band.  Marc Bolan must have always loved such beautiful boys, I believe!

May 4, 2012

電気の武者 Electric Warrior

(English follows)
最高! T・レックスの大傑作『電気の武者』の40周年記念(でも、正確には41周年ね!)スーパー・デラックス・エディションが、ユニヴァーサルから遂にリリースされたわ! オリジナル・アルバムやシングル盤からの楽曲、21曲の未発表デモやアウトテイクを収録した2枚のCDと、DVDが1枚と、32ページのハードカヴァーの本と、ポスター、コースター、メモラビリアが、超カッコいいボックスに纏められているのよ! ワオ!

ユリシーズ・ボーイズは全員T・レックス/マーク・ボランの大ファンなのよ。特に河添剛さんは『T・レックス・ファイル』を書いたことがあるくらいのマーク・ボラン博士。彼はマーク・ボランのことなら何でも知っているし、マークについて知的な文章を書けるのは世界でも彼だけなのよ! もちろん河添さんは、このスーパー・デラックス・エディションはもう買ったんだって。そして、彼曰く、「ロック・ミュージックの歴史上、依然最も美しく最もユニークなアルバムのひとつ」だって。T・レックスが嫌いな人間は人間じゃないのね? でも、河添さん、あなたはこれまで何枚『電気の武者』を買ったの? ハハハ!

とにかくオススメよ。ぜひ買ってね! 陽気で陰気、ワイルドで繊細、率直で屈折している『電気の武者』は、とてもとても不思議な魔力を持ったエロティックなアルバムで、明らかに普通ではないのよ! だから、もう一度、注目! それに、DVDを見てあらためて驚かされるのは、マーク・ボランとミッキー・フィンの信じられないくらいのイケメンぶりよ。あの2人ってやっぱり絶対ヤバいわ……。

Electric Warrior: Super Deluxe Edition / T. Rex

Great!  T. Rex's super masterpiece "Electric Warrior" / 40th anniversary super deluxe edition (but it's 41st anniversary, precisely saying!) is out now from Universal Music Group.  Containing 2 CDs featuring the original album plus singles, 21 previously unreleased demos + promos + out-takes, 1 DVD and 32 page hardback book, poster, coaster and memorabilia in the super cool box.  Wow!

You know, all of the ULYSSES BOYS are the great T. Rex / Marc Bolan fans.  Especially Tsuyoshi Kawasoe has written a great book called "T. Rex File" before, and he's a real specialist in Marc Bolan!  He knows everything on Marc Bolan, and he's the only one in the world who can write intelligently on him!  Tsuyoshi says that he's already bought the super deluxe edition of the album.  And he adds, "Still this is one of the most beautiful and the uniquest album in the rock music history".  He believes those who don't like T. Rex are not human beings.  However, Tsuyoshi, how many "Electric Warrior" albums have you bought before?  Hahaha!

Anyway, I do recommend you to get the album!  Jolly and gloomy, wild and delicate, straight and pervert "Electric Warrior" is a very, very strange and magical album of full of eroticism, that's obviously unusual!  So, please listen again!  And I'm so surprised that Marc Bolan and Micky Finn were the ultra-super-looking-good boys really.  Those 2 guys were absolutely greeeeeaaatttttttt....

May 1, 2012

シルヴァーヘッドのこと On Silverhead

(English follows)
先日東京で行なわれたシルヴァーヘッドの再結成ライヴ(何と38年ぶりの来日!)は凄かったそうよ! ユリシーズ・ボーイズの河添剛さんと平治さんは大はしゃぎしたんですって! 大興奮したんですって! 「2012年のシルヴァーヘッドは明らかに1970年のローリング・ストーンズよりもはるかに偉大だ」と河添さんが言えば、「シルヴァーヘッドを語ることでデヴィッド・ボウイの存在を鮮明化するようなロック・ミュージックの批評的環境を、河添と僕ならすぐにでも用意できると思うね」と平さんが応じたわ。すてきね! そして、あー、私もシルヴァーヘッドを見たかった! 私、実はマイケル・デバレスって最高のヴォーカリストの一人だと思っているのよ。彼は今なお凶暴で、悪魔的で、エロティックな声の持ち主よね? しかも彼は不健康なくらいビューティフルな男性よ。要するに、カッコいいの。

ところで、シルヴァーヘッドにとっても今回の東京公演はひどく特別なものになったと思うわ……。ギタリストのロビー・ブラントには高齢のママがいたの。そのママは彼が東京のホテルに着くや否や心臓発作で亡くなったわ。彼がどんな辛い思いでステージに立っていたかは想像もできない! もちろんロビーを思いやる他のメンバーも!……

昨日そのことを河添さんに伝えたら、彼はしばらく絶句して、それから「あの時、僕らオーディエンスは無邪気にもその事実をまったく知らずにシルヴァーヘッドのクレイジーな演奏を楽しんでいた。ステージのロビーはずっと微笑んでいたよ。でも、ひとつだけ不思議な出来事があったんだ。『ロング・レッグド・リザ』の時だけ、なぜかロビーのギターのチューニングが完全に狂っていたんだよ。他のメンバーは慌てていたけど、ロビー本人はそ知らぬ顔だった。僕は知らないけれど、ロビーのお母さんの名前はリザ(エリザベス)だったのかな……」と、悲しそうな口調で言ったわ……。

オーディエンスとシルヴァーヘッドはともに、絶対に忘れがたい体験をまたしても日本で共有したのね。シルヴァーヘッドを最初に熱狂的に評価したのは日本人だったわ。以来ずっとそう。日本では今も、シルヴァーヘッドのオリジナル・アルバム3枚が紙ジャケ仕様で買えるのよ。このことの意味、分かるわよね?

Silverhead - From Michael Des Barres Official Website

Live at the Rainbow London / Silverhead
Silverhead, the legendary British rock band that recently reunited, played in Tokyo the other day (Amazing, it was after a long interval of 38 years!), that was so great as people say.  Tsuyoshi Kawasoe and Osamu Taira from ULYSSES BOYS were so playful and excited then!  Tsuyoshi says, "Silverhead in 2012 is obviously much greater than the Rolling Stones in 1970", and Osamu adds immediately, "I believe Tsuyoshi and I will be able to get ready soon to write an interesting critic on rock music in making clear what David Bowie is to think about Silverhead at the same time".  Fantastic!  And, my God, I wish I had rushed into the Silverhead concert then!  In fact, I think Michael Des Barres is one of the greatest rock vocalists.  Still his voice is violent, demonic and erotic, isn't it?  Also, he is an unhealthy beautiful man.  In short, Michael is COOL.

By the way, I believe, it was a very special event in Tokyo for Silverhead too...  The guitarist Robbie Blunt's elderly mother passed away of sudden heart attack as soon as he had arrived at his hotel in Tokyo.  I never imagine how sad Robbie was in standing on the stage at that night at all.  Of course, other Silverhead were too!...

When I let Tsuyoshi Kawasoe know of that yesterday, he lost his words for a while, and then said sadly, "You know, we the audience enjoyed totally deeply and innocently about the crazy Silverhead at that night, in knowing nothing sadness.  Robbie on the stage kept in smiling at the audience.  However, now I remember just one strange thing.  In playing 'Long Legged Lisa', Robbie's guitar was out of tunings so badly.  Then other band mates were upset, but Robbie himself looked coolly.  I don't know exactly, but I wonder now if his mother's name was Lisa (Elisabeth)..."

The audience and Silverhead shared an unforgettable experience in Japan again, anyway.  It was the Japanese people who felt excited with Silverhead firstly.  Since then, that's been the same.  3 Silverhead albums in the paper sleeve edition (mini LP format) are still available in Japan.  You know what that means, don't you?