ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 28, 2012

キース・リチャーズが?  Keith Richards?...

(English follows.)
今日の私はすごく傷ついているわ。友達が私に言ったの、今キース・リチャーズはとても弱っていて、ローリング・ストーンズの苛酷なワールド・ツアーにはもう絶対に耐えられない健康状態なんだって。え? キースは寝たきりなの? あぶないの? もう死ぬの? でも友達はそれ以上のことは何も知らないの。だから私は不安で、ただただ心が傷ついている。誰か私に本当のことを教えて。そして、できれば楽観的な話が聞きたいわ。無理?

ねえ、みんな、お願いだから想像して。キース・リチャーズのいないロック・シーンって存在可能なの? 彼は海賊の王様で、優雅な狼で、60年代と70年代では頽廃したダンディで、下手糞で上手なギタリストで、リズム&ブルースの友よ。つまり私達全員の魂よ。私は「ジャンピング・ジャック・フラッシュ」のリフが大好き。あなたも絶対にそうでしょう? 彼はクールで、クールであることはロックンロールなの。キースは掟よ。ジョン・レノンもそうだった。だから私は彼がここにいてほしいと思っている。

しわしわでよぼよぼの彼もステキよ。キュートよ。車椅子に座ってギターを弾いたってかまわない。私達はみんな、キースのことを待っているわ……。





I'm badly hurt today.  My friend said, "Now Keith Richards is in weak physical condition so that he can't keep on the hard world tour of the Rolling Stones".  What?  Keith's been in bed?  He's in a critical condition?  His life hangs by thread?  But that's all my friend knows.  So I fear, and I'm just hurt deeply in my heart.  Does anyone tell me the truth?  I want some rosy stories if possible.  Is that difficult?

Well, guys, please imagine.  Can our music scene exsist without Keith Richards?  He's the king of pirates, an elegant wolf, a decadent dandy, a bad and good guitarist and a friend of R&B.  He's a soul of all of us, in short.  I love the riff of "Jamping Jack Flash".  You also do definitely, don't you?  He's cool, and being cool is rock'n'roll.  Keith is the rule.  John Lennon was too.  So I wish he were here.

Wrinkled and tottering Keith is beautiful, too.  He's so cute.  We don't care if he plays the guitar sitting on a wheelchair.  We are all waiting for Keith...

Mar 21, 2012

スコルピオ・ライジング  The Scorpio Rising

(English follows.)

ユリシーズ・ボーイズは林拓(はやし たく)さんのことが好き。私も当然彼の大ファン。彼は傑出したシンガー=ソングライターで、深くてジェントルで奇妙なフォーク・ソングで聴衆全員を金縛りにするの。デヴェンドラ・バンハートやティラノザウルス・レックスや浅川マキが好きな人なら、林拓のことは絶対に愛せるはずよ(そして彼は、いつの日にか、彼自身の「ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー」を書き上げるんだと私は信じているの)。彼は若くて、長髪で、さそりのように痩せていて、カッコいい人。それに、ブリジット・セント・ジョンとのジャパン・ツアーを記録したライヴ・アルバム『ジョリィ・マダム』に比肩する偉大なアルバムは、2011年の日本には存在しなかったわ。

そんな彼が動き出しているわ! 彼はこれからどんどんライヴ活動を展開していくの。京都に住んでいる彼を実際に目にする機会は多くない私達にとって、これは朗報よ! まずは3月25日の東京は落合スープ。詳細は彼のホームページでチェックして! 
http://hayactaku.ciao.jp/

それだけではないのよ。4月中旬には彼の待望のアルバムがリリースされるの。『オデュッセイア』というタイトルになるそうよ。そのアルバムの制作に協力しているユリシーズ・ボーイズのひとりによれば、『オデュッセイア』はアシッド・フォークの真の歴史的傑作なんですって。林拓は林拓になるために林拓を超えたんですって。ワオ。発売日がメチャメチャ待ち遠しいわ! 

でも、このアルバムに関する詳しい情報は、またの機会に皆さんにお伝えするわね。実は、今日の私は興奮しすぎて疲れちゃっているの。私が大好きな林拓のせいよ。もう寝るわ。またね。


The ULYSSES Boys love the music of Taku Hayashi.  I'm also a big fan of him naturally.  He's an extraordinary singer / songwriter, who spells on all of his listeners with his deep, gentle and strange folk songs.  Those who are the fans of Devendra Banhart, Tyrannosaurus Rex and Maki Asakawa must love Taku Hayashi absolutely (and I believe he will write his own "Strawberry Fields Forever" some future day).  He's a young, long-haired, skinny like a scorpio and cool guy.  Also note, no great albums in Japan of 2011 could be equal to "Jolie Madame", the live recordings with Bridget St. John.

That he's started to work!  From now on, he will play live aggressively.  For us who seldom have opportunities to see him living in Kyoto, that's a good news!  Firstly, he will play at Soup, Tokyo on March 25th.  For the further information, visit his website.  http://hayactaku.ciao.jp/

Not only that, but also his long-awaited album will come out in mid April.  It will be called "Odyssey".  According to one guy of the ULYSSES Boys who works with him to make the album, "Odyssey" will be a really historic masterpiece of acid folk, and Taku Hayashi has surpassed Taku Hayashi to be Taku Hayashi.  Wow.  I'm extremely looking forward to "Odyssey"!

But I'll tell you the detailed information on this album next time.  In fact, I'm so excited and tired today.  It's for my favorite Taku Hayashi.  I'm going to bed now.  See you soon.

Mar 15, 2012

グレゴリー・ロゴーヴ・インタヴュー(パート2)  Gregory Rogove Interview (Part2)

(English follows.)
注目のソロ・アルバム『PIANA』について語ってくれたグレゴリー・ロゴーヴは、次に、彼の人生、音楽観、友人のことなどについていろいろ話してくれたの。ありがとう、グレッグ! でも、話を聞けば聞くほど私は彼のライヴ・パフォーマンスが恋しくなってくる!……
ああん、もうイヤ、私、絶対我慢ができないわ! グレッグ・ロゴーヴの来日を誰か実現させて! 彼に興味を持った良識的プロモーターの方々は、手遅れになる前に即刻彼に連絡をとることをおススメします!


Lee Elle: あなたは大変厳格で宗教的な家庭環境の中で育ったと聞きますが、そんなあなたがポップ・ミュージックに魅了されていく過程は一体どこにあったのでしょうか。また、あなたの学生時代の音楽的ヒーローは誰だったのですか。
Gregory Rogove: 間違った情報が流れているんだね。アーミッシュ達が周りを取り囲む町で僕が育ったのは本当の話だけど、僕自身はアーミッシュのコミュニティには決して属していなかったんだよ。でも僕は、彼らから遠く離れたところにいて、彼らと、語のあらゆる意味において驚くべきその生活様式とに、ひたすら感嘆していたなあ。


Lee Elle: なぜあなたはインド楽器を学ぶためにインドに留学したのですか。あなたはインド音楽のどこに魅了されたのでしょうか。
Gregory Rogove: ヒンドスタンの音楽に類するものなんかないよね。感情表現における信じられないような深奥さ、焦点の定まった内面的表現、豊かな芸術的技巧などを思うとね。僕はタンブーラのドローンが大好きだ。僕はそれぞれのラーガに表れる様々な特色が大好きだ。僕はヒンドスタンの人々がリズムやテンポに注意を傾けるその仕方が大好きだ。楽曲は長大で、そのひとつひとつの着想が異なる様々なアングルから求められていることが、僕は大好きだ。厳しい技術的修練を経て遂にはその熟達者が自由の高みの感覚にたどり着けることが、僕は大好きだ。


Lee Elle: どれくらいの楽器を弾けるのですか。
Gregory Rogove: いくつかの楽器を鳴らしまくってはいるけれど、もっと上手になれたらなあと思っているよ。


Lee Elle: メガプスの新作を心待ちにしているのですが…予定はありますか。
Gregory Rogove: デモ音源ならあるんだけど、でも、メガプスとしてこれから何をいつするのかについては確かなことが決まっていないんだ……。


Lee Elle: 今は何をしているのですか。デヴェンドラ・バンハートの新作には参加する予定ですか。
Gregory Rogove: 前にも言ったように、次のアルバムのための曲を書いているよ。それと、デヴェンドラの新作のことを訊ねてくれるのは楽しいね。ちょうど今日、それのためにドラム・パートをレコーディングしたばかりなんだよ。それに明日はパーカッションとバック・ヴォーカルをレコーディングするんだ。デヴェンドラの新作は本当にビューティフルだよ。彼には興奮させられちゃうな。


Lee Elle: フランスのファッション誌『L'Officiel』がそうであるように、ジャーナリズムはここ近年、あなたを含むロスの様々なアーティスト達のことを「ニュー・ヒッピー」と呼んでいます。「ニュー・ヒッピー」とは60年代のフラワー・チルドレンと有名なエンターテイナーを意味するヒップスターの中間の存在を意味する呼称で、その代表的な人物のひとりとしてデヴェンドラ・バンハートの名も挙がったりもしていますが、あなた自身は「ニュー・ヒッピー」と呼ばれることにどんな気持ちを抱きますか。
Gregory Rogove: ガール・フレンドのダイアナ・ガルシアに出会うまでのハイ・スクール時代には、僕はヒッピーだなんて言われたこともなかったけどね。今じゃダイアナは、以前の僕以上にずっとヒッピーだよ。


Lee Elle: ロサンゼルスの、またロサンゼルス以外のミュージシャンやアーティストの誰に最近興味がありますか。
Gregory Rogove: ラッキー・ドラゴンズ、バッチィ・フェゴ、ニコル・シモーネ、僕も関わっているリヴィング・サクリファイス、ライのことは、僕は大好きだよ。


Lee Elle: 今何か特別な予定はありますか。(イベントやツアーなど)
Gregory Rogove: 何人かの大好きなアーティスト達と、まもなくアメリカの東海岸と西海岸を回る予定なんだ。そこで僕達はそれぞれ単独にソロ作品を披露しながら、ひとつのショウを構成する。僕は『PIANA』を演るよ。アーケイド・ファイアのサラ・ヌーフェルドは力強いソロ・ヴァイオリンを、メデスキ・マーティン&ウッドのビリー・マーティン、僕にとってドラムの師匠みたいな彼は、パーカッションの即興を、ボン・アイヴァーのコリン・ステットソンはごっついバス・サックスのソロを演る。東海岸には4月中旬に、西海岸には5月初旬に行くよ。すごくわくわくしているところなんだ。リンクを教えるよ。もっと詳しい情報が分かるからね。
http://www.gregoryrogove.com/yobananaboy/news/Entries/2012/3/6_PIANA_Tour_w__Billy_Martin%2C_Colin_Stetson%2C_Sarah_Neufeld.html


Lee Elle: 私はあなたと、あなたのお友達のことも好きです。今、リトル・ジョイとノア・ジョージソンは何をしていますか。ノアのことはどう思いますか。彼と一緒に仕事をするのはどうですか?
Gregory Rogove: 何か嬉しいねえ。僕は僕で君のことが好きだよ。で、ノアとはかなりうまくいっているよ。彼はいい。というか、彼はベストだ。彼と一緒に仕事をするのってとっても楽ちんなことでさ。僕達は好みがほとんど同じなので、難なく一緒にいろいろなプロジェクトに取り組めるんだよ。


Lee Elle: ぜひ日本に来て下さい!  ♥
Gregory Rogove: 日本には行きたいです! 日本で『PIANA』ライヴを演らせてもらえませんか?!


photo © Mariana Garcia


photo © Mariana Garcia


After talking about "PIANA" which draws public attention now, Gregory Rogove kindly told various things on his life, his vision on music, his friends and so on.  Thank you Greg!  But more I hear his story, more I miss his live performance!...
Oh no, I cannot stand it!  Can anyone make Gregory Rogove's visit to Japan come true?  If you are a promotor with common sense and interested in him, I suggest you to contact him immediately before it is too late!


Lee Elle: I've heard that you grew up in a so strict and religious home background.  Please tell me how you find the process to be involved with pop music.  Also, please tell me your heroes in the music world during your school boy days.
Gregory Rogove: That must be a mistake.  I grew up in town that is surrounded by the Amish but I was never part of that community.  I just admired them and their incredible style (in every sense of the word) from afar.


Lee Elle: Why did you go to India to study the Hindu instruments?  Tell me please, on the attractions of the Indian music you found.
Gregory Rogove: What is there not to like in Hindustani music: incredible depth of emotion, focused personal expression, and masterful artistic dexterity.  I love the the tambura's drone.  I love the varied colors of different ragas.  I love the way they bend rhythmic time.  I love that the pieces are long and that each idea is explored from a variety of different angles.  I love that the technical training is so demanding that eventually the masters reach an heightened sense of freedom.


Lee Elle: How many musical instruments can you play?
Gregory Rogove: I bang around on a couple instruments but wish I could play more well.


Lee Elle: I am looking for the next Megapuss album...do you have any plans?
Gregory Rogove: We have a bunch of demos but I'm not sure what we'll do with them, or when . . .


Lee Elle: What have you been doing at the moment?  Are you going to participate in Devendra's new album?
Gregory Rogove: I writing a new record as I believe I mentioned before.  Funny that you should ask about Devendra's new album since I just recorded some drums for it today.  And tomorrow I'm going to record some percussion and vocals.  It sounds really beautiful.  I'm excited for him.


Lee Elle: For there years, various journalists, including the French fashion magazine "L'Officiel", have called many young artists in LA such like you "the new hippies".  They say "the new hippie" means the existence between the flower child of the 60's and the hipster as a famous entertainer, that is represented by Devendra Banhart for example.  How do you feel when you are called "a new hippie"?
Gregory Rogove: I hadn't been called a hippie since I was in high school until my I met my girlfriend, Diana Garcia. Now she's more of a hippie than I ever was.


Lee Elle: Which musicians and artists in LA, and not in LA, are you interested in recently?
Gregory Rogove: I'm a fan of Lucky Dragons, Butchy Fuego, Nicole Simone, (our) Living Sacrifice, Rhye


Lee Elle: Do you have any special plan now? (Events, tour etc...)
Gregory Rogove: I'm doing a tour on the East and West coast of the States with a few of my favorite people/artists.  We are each going to do our solo pieces separately but all part of one show.  I'll be playing the PIANA songs.  Sarah Neufeld (Arcade Fire) will play her vibrant, solo violin works, Billy Martin (Medeski Martin & Wood), my drum dad, will be playing his spontaneous percussion compositions, and Colin Stetson (Bon Iver) will play his massive solo bass saxophone pieces.  The East Coast run will be in mid-April and the West Coast run will be in early May.  I really excited.  Here's a link with more info about it.
http://www.gregoryrogove.com/yobananaboy/news/Entries/2012/3/6_PIANA_Tour_w__Billy_Martin%2C_Colin_Stetson%2C_Sarah_Neufeld.html


Lee Elle: I like you, and I like your friends too.  What are Little Joy and Noah Georgeson doing now?  How do you feel about Noah?  Is it easy for you to work with him?
Gregory Rogove: Why thanks. I like you, too.  I feel pretty good about Noah.  He's a okay.  Nah, he's the best.  Very easy to work with.  We mostly like the same things so it makes doing projects together effortless.


Lee Elle: Please come to Japan! ♥
Gregory Rogove: I want to!!!  Can I do a PIANA show there please?!

Mar 10, 2012

グレゴリー・ロゴーヴ・インタヴュー(パート1)  Gregory Rogove Interview (Part1)

(English follows.)
彼の世代の中では最も才能あるアメリカのアーティストのひとり、グレゴリー・ロゴーヴ。プリーストバード、デヴェンドラ・バンハートとのユニットであるメガプス、さらにデヴェンドラのバンドであるザ・グロッグスでの活動は、作曲家ならびにドラマーとしての彼の名を私達音楽ファンの脳裡にはっきりと印象づけてきたわ。「グレッグのドラミングは、ジョン・ボーナムのドラミングがそうであったように人間精神を熱狂させる強烈なパフォーマンスそのものだけれど、その本質は実は彼自身のデリカシーに支えられた純粋に音楽的なものなんだよ」と、ユリシーズ・ボーイズのひとりである河添剛さんはいつも私にそう語っているわ。

ところが、そんなグレゴリー・ロゴーヴが最近ニッティング・ファクトリーからリリースした待望のソロ・アルバム『PIANA』では、彼はまったくドラムをプレイしていないし、歌も歌っていないの。DVD付のこのアルバムは、瞑想的で寡黙な美しいピアノ曲だけで全篇が構成されているの。さすがの私もこれにはビックリしたわ! グレッグ、あなたは一体何を考えてこのアルバムを作ったの? あなたの中に何か大きな変化が起こったの? いろいろな疑問が頭を駆け巡りながらも、でも私は『PIANA』が2012年を代表する本当に素晴しいアルバムだと確信しているところよ。

そんなわけで、私、思い切ってグレッグにインタヴューを申し込んでみたの。私は彼の大ファンなんだもの、もうじっとしてはいられなかったんだわ! 幸いにも、彼は申し出を快く受けてくれたので、私は飛び上がっちゃったわよ! 彼が心の優しい親切な人で本当に良かった! そして、以下がそのインタヴュー。ぜひ読んで。もちろん『PIANA』は忘れずに買って!
http://www.amazon.co.jp/dp/B005O64VMS



Lee Elle: そもそも『PIANA』というタイトルが興味深いです。このタイトルを逆さに読めばan aip(ape)となりますが、それはあなたがひとりの野蛮な類人猿のように振舞っていたあのメガプスのことを私達に思わず連想させるのです。その意味で、『PIANA』はメガプスとあなた自身の陰画をなす、とても繊細なアルバムだと思われました。メガプスから『PIANA』へのあなたの創造的移行について、そしてなぜ『PIANA』がピアノ曲集であるのかを、まずお話をしてください。
Gregory Rogove: メガプスから『PIANA』への移行は、コインをひっくり返すようなものでね。誰だって無数の感情的な面を持っているわけで、メガプスと『PIANA』はまさにそうした内なるプリズムが煌かせる2つの異なる切り子面を際立たせている。僕が大好きな音楽のいくつかはソロ・ピアノものなので、そういうレコードを作ってみたかった。それと、メロディやマテリアルをミニマルにするだけじゃなくて、それぞれの楽曲のアレンジも手掛けてみたかったんだ。


Lee Elle: 作曲者であるあなたが、レコーディングではご自身でピアノを弾かなかった理由は?
Gregory Rogove: 作曲と演奏の間にはものすごい違いがあるんだよ。ジョン・メデスキ(『PIANA』の演奏者)はピアノ演奏における真の巨匠だ。彼は信じられないくらい優美で巧みなプレイをする。ピアノの名手ってやつ。僕なんかかないっこない。


Lee Elle: あなたにとって曲作りは簡単なことですか?『PIANA』の作曲にはどれくらいかかりましたか?
Gregory Rogove: 作曲が大好きでね。いつもいろんなアイディアを書き留めている。『PIANA』はここ数年の間溜め込んでいたそんなアイディアの中から生まれた。数ヶ月ほどメキシコ・シティに行って、そこで楽曲を完成させたよ。


Lee Elle: 楽曲の瞑想的で瀟洒な佇まいはいずれも親密な家具のようで、部分的に(諧謔的でない場合の)エリック・サティを連想させますが、サティからインスピレーションを受けたことはありますか?
Gregory Rogove: サティは大好きだ。サティは僕がピアノを弾くきっかけになった人だよ。僕は彼の音楽からエモーショナルなインパクトとテクニック上のシンプリシティを聴き取り、いくつか自分でも弾けるよう勉強できないかなって思ったんだ。で、「グノシエンヌ」とか「ジムノペディ」は弾けるようになったよ。それと、ドビュッシーのプレリュードはありえないくらい素晴しいよね。いつか自分でも何曲かは演奏できるようにするよ。サティとドビュッシーは友達の関係だったんだ。


Lee Elle: それにしても、あなたの曲はなぜメランコリックなのでしょうか。
Gregory Rogove: ただメランコリックってわけじゃなく希望に満ちているものだという風に僕はずっと思っていたけどね。


Lee Elle: あなたはピアノ曲の印象派であるように思われます。そんなあなたから見て、フリップ&イーノや『グレイ・スケール』のデヴィッド・カニンガムがやっていたようなかつてのシステマティックな実験音楽についてどうお感じになりますか?
Gregory Rogove: 先にも言ったとおり、僕は印象主義者のピアノ・ミュージックを愛しているわけだけど、フリップとイーノのコラボも好きだよ。ドローンをベースとする実験音楽だと、僕が心底のめりこんでいるのはラ・モンテ・ヤングの「Well Tuned Piano 」と「 B Flat Dorian Blues 19 X 63 」だなあ。


Lee Elle: なぜ『PIANA』にDVDも作られたのでしょうか?『PIANA』はインストルメンタル・アルバムですが、ただのインストルメンタルではないという可能性を示したのですか?ソロ・アルバムという孤独から解放されたかったのですか?あなたの音楽は何か視覚的なものを持っているということを意図的に示したのですか?
Gregory Rogove: 共同作業も好きだしひとりでこつこつ作業することも好きな僕にとって、DVDを付けることは解決策になったよ。アレンジされ、楽器を増やした曲をいっぱい耳にすることは刺激的なことだった。音楽をリミックスするってことに関してね。それと、DVDにすることで楽曲は視覚的傾向を強めるから、作品の再解釈ということに関してその面での探索も深めていけたように思うよ。


Lee Elle: 将来的に『PIANA』のようなピアノ曲のアルバムをまた制作したいと思われますか?
Gregory Rogove: そうしたいなあ。近い将来にパーカッションに集約したレコードを作りたいって思っているんだよね。でも、その前に歌もののレコードも作りたいんだ。歌とか歌詞とかその他のものが入っているようなやつをね。曲はもう書いているところだよ。今はそのデモをこしらえることに夢中になっているよ!









Gregory Rogove is one of the most talented American artists among his generation.

His activities in Priestbird, Megapuss (a unit with Devendra Banhart), and The Grogs (Devendra's band) have clearly impressed our mind with his name as a composer and a drummer.

"Greg's drumming is exactly an intense performance that enthralls minds of men as John Bonhams' was, but actually its essence is purely musical which is supported by his own delicacy" Tsuyoshi Kawasoe, one of the Ulysses Boys,
always says to me.

But he doesn't play drums nor sing at all in a much-anticipated solo album "PIANA", which Gregory Rogove has recently released from Knitting Factory.  This album with DVD only consists of meditative and quiet beautiful piano pieces from start to finish.  Even for me, it was amazing.  Greg, what was in your mind when you were making this album?  Were there great changes in your mind?  Various questions go through my mind but I am confident that "PIANA" is a really great album which represents the year 2012.

So, I went ahead and asked Greg for an interview.  As I am a big fan of him, I could not keep still.  Luckily, he accepted my request so I jumped up and down!  Thank God he is a pure-hearted kind person!  The following is the interview.  Please read.  And don't forget to get "PIANA"!
http://www.amazon.co.jp/dp/B005O64VMS


Lee Elle: Firstly, the album title "PIANA" is so interesting.  It's "an aip (ape)" in reading this backward, that can be reminded Megapuss immediately where you behaved like a wild anthropoid ape.  In this sense, we feel "PIANA" is a very delicate album that shows a negative of Megapuss or yourself.  For a start, please tell us about your creative change from Megapuss to "PIANA", and why "PIANA" contains only piano music.
Gregory Rogove: The transition from Megapuss to doing PIANA is like the simple flip of a coin.  Every person has multiple emotional facets and Megapuss and PIANA simply focus on two different aspects of that internal prism.  I was inspired to to make a record like this since some of my favorite pieces of music are solo piano.  Also, I wanted not only the melodies and material to be minimal but also the arrangement of each piece.


Lee Elle: Why didn't you play the piano by yourself during the recording sessions though you are the composer of all pieces?
Gregory Rogove: There is a big difference between the composing and the execution of music.  John Medeski is a true master at his instrument.  He plays with incredible grace and dexterity.  He is a virtuoso - something that I am not on the piano.


Lee Elle: Is it easy for you to write music?  How long did it take you to write the pieces in "PIANA"?
Gregory Rogove: I love writing music.  I am always writing sketches and taking down ideas.  PIANA was born from a number of such sketches that I had accumulated over the past few years.  I went to Mexico City for two or three months to turn those sketches into finished pieces.


Lee Elle: The meditative and elegant feeling in each piece is like an intimate furniture, and that reminds Eric Satie (not ironic Satie in this case) partly.  Have you ever been inspired by the works of Satie?
Gregory Rogove: I love Satie.  He is the reason I started playing piano.  I heard the emotional impact and technical simplicity of his music and thought that I could learn to play some of them.  I learned a few of the Gnossiennes and Gymnopedies.  Debussy's preludes are also incredible.  I hope to one day be able to play some of those pieces.  Satie and Debussy were friends.


Lee Elle: Why do all your pieces sound so melancholic, by the way?
Gregory Rogove: I always thought of them as not just melancholic but hopeful.


Lee Elle: I think you are an impressionist of piano music.  On the other hand, how do you feel about the systematic experimental music in the past by Fripp& Eno and "Gray Scale" of David Cunningham?
Gregory Rogove: I love impressionist piano music as I mentioned above.  I like the Fripp and Eno collaboration.  What I truly love in droned based experimental music is the Well Tuned Piano and B Flat Dorian Blues 19 X 63 of LaMonte Young.


Lee Elle: Why did you make DVD for "PIANA"?  "PIANA" is an instrumental album but did you want to show the possibility that it was not just instrumental?  Did you want to be free from loneliness as a solo album?  Did you intend to tell that your music shows something visually?
Gregory Rogove: I love collaboration but also love working alone so the DVD solved the contradiction.  I heard a number of the pieces arranged and expanded for instruments so that was the impetus for the musical remixes.  Also, the pieces are so visually oriented that it only seemed right to explore that aspect for re-interpretations as well.


Lee Elle: Would you like to make another album with piano music like "PIANA" in the future?
Gregory Rogove: I would love to.  I'm thinking I'd like to do a focused percussion record in the near future.  But before that I want to make a record of songs, with singing and lyrics etc.  I'm already in the process of writing.  So far I'm very excited about the demos!

Mar 6, 2012

ひとりごと  Just Talking To Myself

久しぶりにエスパーズのサード・アルバムを聴いたの。ビックリよ。すごくカッコいい。私、エスパーズのことを見くびっていたみたい。反省……。

でも、プログレッシヴ・フォークの魅力がだんだん分かってきたような気がする今の私にとって、エスパーズを聴けば思い出されるのはやっぱりヴェティヴァー。ライヴを観たいなあ。素晴らしい作曲家で美しい声の持ち主でもあるアンディ・キャビックに会いたいなあ(というか、彼を近くで見ることができればそれで充分なの。でも、できたら「ハロー!」って声をかけてみたいわ)。ヴェティヴァーが来日するって噂は何度か聞いたことがあるけど、確かなことが分からないわ。誰か私に事の真相を教えて!

III / Espers

I have listened to Espers' 3rd album after a long interval.  So shocked.  The their music is very cool.  I regret that I seem to have underestimated them.  I'm reflecting on myself...

But now I, who feel like I slowly understand the attraction of the progressive folk music, am obliged to recall Vetiver in listening to Espers.  I want to go to the show.  I'd really like to see Andy Cabic, who is a great composer and also has a beautiful voice (I mean, if I can see him from up close, it is good enough for me.  But if I could, I would like to say "Hello!" to him).  I have heard the rumors for a few times that Vetiver will visit Japan but I don't know for sure.  Will anyone tell me the truth?