ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 24, 2012

デヴェンドラ・バンハートの新作!  New Songs by Devendra Banhart!

ハロー! デヴェンドラ・バンハートが遂に新しいアルバムの制作に取り掛かっているそうよ! わくわくするわ! アルバムが出たら、またワールド・ツアーをするかしら? そうなったら日本にも来るかもね! ステキ!

アルバムに先駆けて、デヴェンドラは先日チリのイヴェントで3つの新曲を披露したの。そのときの映像がこれ。ぜひチェックして! 曖昧で、不可思議で、ゆるくて、メランコリックで、親密なデヴェンドラの魔力は、またしてもあなたの心を呪縛するに違いないわ!

ああ、デヴェンドラ!……


Hello!  People say Devendra Banhart finally starts to make a new album!  How exciting!  I wonder if he goes to the world tour again after the album is out.  I think probably he will also play in Japan then.  Beautiful!

Before the release of the new album, Devendra played 3 new songs at an event in Chile the other day.  Here's the film.  Don't miss out!  The vague, strange, relax, melancholic and intimate magical power of Devendra must spell on your heart again!

Oh, my, Devendra!...

Feb 20, 2012

これはひどい!  Too Bad!

友達みんなが言うように、ティラノザウルス・レックスのアルバムは全部いいわ。すごくいい。ユリシーズ・ボーイズはマーク・ボランの大ファンなのよ。ボーイズのひとり、河添剛さんは、2005年にマーク・ボランの決定的な研究書『T・レックス・ファイル』を刊行したけど、彼はティラノザウルス・レックスと初期T・レックスのアルバム(『T・レックス』、『電気の武者』、『ザ・スライダー』)のクレイジーなファンなの。彼はまた、『アシッド・フォーク』という本の中でも、ティラノザウルス・レックスに注意を喚起させる記述を重ねているわ。当然よね?でも、60年代は、ティラノザウルス・レックスってひどい扱いを受けていたそうよ。この間知ってビックリしたんだけど、ティラノザウルス・レックスの最高傑作と今日一般に見做されている69年のアルバム『ユニコーン』の、オリジナル・ドイツ盤には、理由は分からないけど、重要な曲が4曲、「'Pon A Hill」、「Like A White Star」、「The Misty Coast Of Albany」、「Romany Soup」が収録されていないのよ。それって意味が全然わかんない。だって、ウォール・サウンドに挑戦した『ユニコーン』のティラノザウルス・レックスにとって、特に「Romany Soup」は絶対に聴くべき曲だもの。『T・レックス・ファイル』を読めばすぐに分かることよ!とにかくひどい話! ドイツにとってなんという国辱! でも、その後ドイツの人々は、周知のように、マーク・ボランのとても真剣なサポーターになったわ。そう、世界は変わるのね……。



As all of my friends insist, every Tyrannosaurus Rex album is great.  Really great.  ULYSSES Boys are the big Marc Bolan fans.  Tsuyoshi Kawasoe, one ofthe Boys, published a definitive study called "T. Rex File" in 2005, and he is a crazy fan of Tyrannosaurus Rex and early T. Rex (from "T. Rex" to "Electric Warrior" and "The Slider").  He also called our attention to Tyrannosaurus Rex again in the book "Acid Folk", that's so normal!  However, people say Tyrannosaurus Rex got a bad deal in the sixties.  I was so shocked to know the other day, don't know why, but the original German "Unicorn" in 1969, now it's regarded as the greatest masterpiece album by Tyrannosaurus Rex, missed 4 important tracks; 'Pon A Hill', 'Like A White Star', 'The Misty Coast Of Albany' and 'Romany Soup'.  That's unreasonable totally.  For especially 'Romany Soup' is absolutely unforgetable to listen, in "Unicorn" where Tyrannosaurus Rex tried the wall sound.  You'll understand easily what I say if you read "T. Rex File"!  So bad, anyway!  That's a national scandal in Germany!  But after the sixties, you know the German people have been greatly serious supporters of Marc Bolan.  Yes, the world can change...

Feb 14, 2012

これはいい!  So Good!

たぶん私は、アデルの良いファンではないわ。でも、昨年来の彼女のずば抜けた栄誉をたたえるこのポスターは、本当に、本当に、ビューティフルで、クールで、忘れがたいものがあると思うの。写真を撮ったのはローレン・デュコフよ。あの有名な写真集『ファミリー』で、デヴェンドラ・バンハートや彼のたくさんの友達を記録した、若くて才能豊かな女性。私は今、ローレンのイメージを介してアデルを愛そうとしているところなのかも。でも、それって別に変なことじゃないわよね? 良いイメージ、良いアート、良いデザインは、良いミュージシャンが誰なのかを私たちに教えてくれるはずよ。でしょ? ヴァレンタイン・デーには恋人と一緒にアデルの『21』を聴きましょう、って言いたいわ。そういえば、『21』のジャケット写真もローレン・デュコフによるものなのよ。


Perhaps I'm not a good fan of Adele.  However, I think this poster that shows her extraordinaly glory from last year is really really beautiful, cool, and unforgettable.  The photo is taken by Lauren Dukoff.  She's a young and talented woman who's known well as the artist of her famous photobook "Family" that recorded Devendra Banhart and his many friends.  Now I may begin to love Adele through the Lauren's photo.  But it's not strange, is it?  Good image, good art, and good design must tell us who's a really good musician.  OK?  I want to say, let's listen to Adele's "21" together with your lover on the St. Valentine Day.  By the way, the cover photo of "21" was by Lauren Dukoff.

Feb 13, 2012

コウマス・イン・ジャパン  Comus in Japan

キース・レヴィンとは違って、コウマスは無事来日を果たし、東京で先日2回ライヴを行なったわ。ユリシーズ・ボーイズによれば、それはもう素晴しいショウだったそうよ。コウマスの演奏は、不穏な雰囲気の中にも思いがけないような活気がいつもあって、全体的にアグレッシヴ、そしてノリノリだったんだって。まあ! コウマスはただのストレンジなフォーク・グループではなかったのね! プレイの大半はみんなが好きなファースト・アルバムからの曲だったけど、加えて3つの新曲もバッチリ披露されたそうだから、コウマスってもしかすると親切な人々なのかしら? それに、コウマスは、何とNHK(テレビ)の取材にも快く応じたのよ……。

私は今確信しているわ。キャプテン・トリップ・レコーズは絶対にコウマスのライヴ・イン・ジャパン・アルバムをリリースするって。実は今、その噂で持ちきりなのよ、私のお友達の間では。でも、それが本当に実現したらすごいわよね! そうよ。サイモン・フィンのあのグレイトなライヴ盤『The Distance Between Stones』の次にリリースされるべきは絶 対にコウマスのライブ盤なのよ。間違いないわ。そうでしょ、キャプテン・トリップ・レコーズさん?


Unlike Keith Levene, Comus came to Japan safely the other day to play twice in Tokyo.  According to the ULYSSES Boys, each was such a wonderful show.  They say Comus' play was always vital unexpectedly even in some restelss feeling, that was totally agressive and driving.  Oh, my! Comus was not just a strange folk group!  Comus may be even kind, for, as ULYSSES Boys say, most songs were from the first album you prefer, but 3 new songs were also played properly for the Japanese audience.  Also, Comus was glad to accept some reporters from NHK (The famous Japanese TV station) ...

Now I'm sure, Captain Trip Records will release the live-in-Japan album of Comus definitely.  In fact, now it's the sole topic of conversation among my friends.  I believe it's great if the album really comes out!  Yes.  After that great live album "The Distance Between Stones" of Simon Finn, the live album of Comus should be released next time. Why not?  I'm not wrong, am I?  Hello, dear Captain Trip Records?

Feb 1, 2012

キース・レヴィン、入国許可が下りず・・・   Keith Levene, not legally allowed to land in Japan...

とても残念なニュース。キース・レヴィンの入国許可が下りなかったために、東京で3回、大阪で1回行なわれる予定だったメタル・ボックス・イン・ダブ(ジャー・ウォーブルとのコラボ)の日本公演は、急遽、すべてキャンセルになってしまったわ。入国許可が下りなかった理由は今のところ良く分からなくて、ビザが不備だったとか(まさか!)、ドラッグを所持していたからだとか(オウ、ノー!)言う人もいる。けれど、理由は何であれ、この件はすごく残念。私達は全員落胆しているわ。

「キースに関しては、僕はもはや彼の"才能"だけしか信じないよ」と、今日ユリシーズ・ボーイの河添剛さんが私に言ったわ。彼はこうなることを予想していたみたい。でも、アーティストにとって才能はとても大切よね。そして、事実『ユリシーズ』は、キース・レヴィンの「才能」を高く評価した、近年では唯一の音楽雑誌だったわ。『ユリシーズ』の創刊号を読んで。キース・レヴィンを単独取材した長いインタヴュー記事や、彼の詳細なディスコグラフィが掲載されているの。『ユリシーズ』を読んであらためてキース・レヴィンの偉大さを認識した人達もいるんじゃないかしら。

キース、これ以上私達をがっかりさせ続けないで。私達はあなたをあまりにも長く待ちすぎてしまったわ……。

From Slogan's website.

This is a very disappointing news.  As Keith Levene was not allowed to enter Japan, Metal Box In Dub (collaboration with Jah Wobble) Japan tour, scheduled 3 shows in Tokyo and one in Osaka, has been suddenly cancelled.  We are not sure of the reason why he was not allowed to enter Japan, but some people say it was a visa problem (No!), or he had drugs (Oh, no!).  But whatever the reason is, this is a great shame.  We are all disappointed.

"As for Keith, I only believe his 'talent' now", said Tsuyoshi Kawasoe, one of the Ulysses Boys to me.  It seems that he expected this to happen.  But for artists, talent is very important.  In fact, "Ulysses" is the only music magazine in recent years that has regarded Keith Levene's "talent" highly.  Read the first issue of "Ulysses".  It contains a long private interview with Keith Levene and his detailed discography.   There might be some people who recognized the greatness of Keith Levene again.

Keith, don't keep us disappointed any more.  We have been waiting for you for too long...


- - - - -

=【METAL BOX IN DUB 】来日公演に関する重要なお知らせ=

既にVINYL JAPANのHP等でご存知の方もいらっしゃるかとはもいますが昨夕、KEITH LEVENEが諸般の事情で入国できませんでした。今週末の東京公演、ならびに来週の大阪公演は開催不可能な状況に陥りました。

JAH WABBLEをはじめメンバー、スタッフはKEITHが入国できなかった知らせを聞き、急遽、来日を延期する運びとなりました。

現在、公演延期の方向でバンドと話し合い中ですが、2/3(金)より払い戻しの対応もさせていただきます。

なお、2/4(土)FRICTION、2/5(日)NESSの出演に関しましては、現在、検討中です。早急に発表いたしますので今暫くおまちください。

チケット代金払い戻しをご希望の方は以下の方法でお願いいたします。

2/3(金)よりVINYL JAPANもしくは2/3(金)~2/5(日)に会場の下北沢GARDEN(18:00~21:00)にて払戻しの対応をさせていただきます。その際は必ずお手持ちチケットをご持参ください。VINYL JAPAN店頭での払戻しをご希望の方は恐れ入りますが2ヶ月をめどにお願いいたします。

またまわりにローソンチケットにてチケットをご購入した方をご存知でしたらこのお知らせを知らせていただけると幸いです。ローソンチケットにて返金させていただきます。

上記について何かご不明な点等ございましたらお手数ですが,英国音楽/VINYL JAPANまでご連絡願います。

本公演に関する情報等は、随時、VINYL JAPANのHPおよびFacebookのVINYL JAPAN/英国音楽のページにてお知らせいたします。

最後に、この度は皆様に大変ご迷惑をおかけいたしました事を心よりお詫びいたします。

英国音楽/VINYL JAPAN
03-3365-0910

- - - - -