ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jan 29, 2012

リーダース・チョイス  Reader's Choice

ワオ! 『ユリシーズ』愛読者の方からステキなお手紙をもらったわ! 彼の名前は木下竜さん。彼は2011年に愛聴した10枚のアルバムについて書いてくれているわ。ありがとう! とってもビューティフルよ!

木下さん、カフェやコンサート会場で私を見かけたら、「ハイ」って声をかけてね!

Wow!  I got a nice letter from a ULYSSES reader!  His name is Ryu Kinoshita.  He kindly writes about 10 albums he loved to listen to last year.  Thank youuuuu!  That's so beautiful!

Kinoshita-san, say hi when you see me at a cafe or a concert venue!

Lucy / Lucy Wainwright Roche

<new albums>
Kurt Vile / Smoke Ring For My Halo
Lucy / Lucy Wainwright Roche
MARIZA MONTE / O QUE VOCE QUER SABER DE VERDADE
Peter Gabriel / New Blood
由紀さおり&ピンク・マルティーニ / 1969 (Pink Martini & Saori Yuki / 1969)

<others>
潘越雲(Michelle Pan) / 淡水情歌
The Entrance Band / The Entrance Band
Sonic Youth / The Eternal
Pentangling ; The Collection / Pentangle, Bert Jansch, John Renborn
Fiorella Mannoia / Il Tempo E L'armonia

ロックに律儀に忠誠を立てているつもりですが、頻繁に聴いていたものを選んだらこんな雑多になってしまいました。新譜は絶対数が少なすぎて、旧譜ばかりですがどうかご容赦を。あのThe Roches三姉妹のSuzzyの長女(光陰矢の如し!)、Lucy Wainwright Rocheの1stアルバムは本当に良かった。可憐としかいいようのない声は無感動でささくれてしまった心に染み入ります。潘越雲の「淡水情歌」は5年前に出たエッセイ集の付録CD。昨年台北で見つけて購入し、ひたすらリピートしました。明るいボサノヴァに彼女の哀調を帯びた声とちょっといなたいアコーディオンが乗ると、まるで淡水の街をそぞろ歩いている気分になります。滾石唱片(Rock Record)を離れて以来ベストの曲だと断言したい。
――木下竜(利助オフィス)

Jan 27, 2012

デイヴ・カスワース  Dave Kusworth

デイヴ・カスワースのあだ名は「貧乏なキース・リチャーズ」ですって! 笑っちゃダメよ。彼は不当に過小評価されているんだわ。デイヴはロックンロールのクール・キャットよ。吟遊詩人でもあり、素晴らしいソングライターでもあるの。ジャコバイツを聴いて。テンダーフックスを聴いて。そして、入門篇としてぜひチェックしておきたいのは『In Some Life Let Gone』というアルバムで、これは1977年から2007年までの彼の活動を纏めた2枚組のアンソロジー。レア・トラックスが満載なので、彼のことが昔から好きな人達にも強力におススメできるわ。

デイヴの写真を見て。すごくかっこいいでしょ? これはレアなポートレイトだと思うわ。彼は恥ずかしがり屋なので、普段はカメラに顔をまっすぐ向けていることができないのよね、実際……。



They say Dave Kusworth is nicknamed "Poor Keith Richards"!  Don't laugh, please.  I think he is unreasonably underrated.  Dave is a cool cat of rock'n'roll.  He's also a troubador and a wonderful songwriter.  Listen to The Jacobites.  Listen to The Tenderhooks.  And you should not forget to check a guide album called "In Some Life Let Gone", that's a 2 CD set of his anthology from 1977 to 2007.  That includes many rare tracks, so the album is highly recommended for his old fans too.

Look at the photo of Dave.  He's so cool, isn't he?  I think it's a rare portarait.  He's a shy boy, and he can't usually keep a straight face to the camera in fact...

Jan 25, 2012

キースとデイヴ  Keith & Dave

キースとデイヴの映像よ! キースとマーロンじゃないわ! それと、注意してね、ギターを弾いている子供がキースで、その隣に座ってタバコを吸っているのがデイヴなの! 間違えないで!

デイヴというのはデイヴ・カスワースよ。ジャコバイツのメンバーだった人で、現在は自分のバンドを持っているわ。キースというのはスティーヴィ=キース・カスワース。デイヴのお子さんよ。彼はパパの前で一生懸命ギターを弾いてストーンズの「No Expectations」をカヴァーしているの。カワイイ! デイヴの自宅で1990年に撮られたホーム・ヴィデオ映像ね。

驚いちゃうわ。デイヴ・カスワースってキース・リチャーズに瓜二つよ! しかも、子煩悩なところまでそっくりなのね!(笑)



It's the film featuring Keith and Dave!  Not the one featuring Keith and Marlon!  And, attention, the child guitar player is Keith and the smoker who sits next to him is Dave!  Don't be confused!

Dave is Dave Kusworth.  He was the member of Jacobites, and now he has his band.  Keith is Stevie-Keith Kusworth.  He is a son of Dave.  He plays the guitar as hard as he can to play the Rolling Stones' "No Expectations" in front of his dad.  Cuuuuuute! It was filmed privately at Dave's place in 1990.

Amazing.  Dave Kusworth and Keith Richards are exactly alike!  Also, both are fond parents!  lol

Jan 24, 2012

忘れじのジャコバイツ  Never forget Jacobites

ニッキ・サドゥンが亡くなって今年で6年。『ユリシーズ』が彼を大々的に特集して2年が経過しようとしているわ。今、イギリスでは、じきにニッキ・サドゥン・ボックス・セットがリリースされるという噂よ。

私達はニッキ・サドゥンのことも、それに彼がデイヴ・カスワースと組んだバンド、ジャコバイツのことも、絶対に、絶対に、忘れたりはしない。ジャコバイツはただのロックンロール・バンドなんかじゃなかったわ。ジャコバイツの音楽はぼろぼろで、叙情的で、徒刑場の朝のような湿り気を帯びていたわ(と、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんは、何度も私にそう言うの)。『ロベスピエールズ・ヴェルヴェット・ベースメント』は、ジャコバイツの最高のアルバムよ。古典的傑作って言えるわ(でも、ニッキが書いた「ロベスピエールス・ヴェルヴェット・ベースメント」という曲は、結局リリースされずにどこかに消えてしまったの……)。

ニッキとデイヴのインタヴュー映像(何と、日本語字幕入り!)を見つけたわ。すごくかっこいい。でも、ジャコバイツがすごく恋しい。ニッキがいなくてとても寂しい。





It's been 6 years since Nikki Sudden passed away.  And almost 2 years since "ULYSSES" had a great feature article on him.  Now in London, people say a Nikki Sudden Box Set will come out in the near future.

We'll never forget Nikki Sudden and Jacobites Nikki formed with Dave Kusworth.  Never.  Jacobites was not only a usual rock'n'roll band.  The music of Jacobites was ragged, lyrical, and humid like the morning of a prison (Tsuyoshi Kawasoe, one of the ULYSSES Boys, says to me repeatedly).  "Robespierre's Velvet Basement" is the best album of Jacobites.  You can say it's a classic masterpiece (But the song "Robespierre's Velvet Basement" composed by Nikki was never released and now it's lost...).

I found the interview films of Nikki and Dave (Amazing, both have Japanese captions!).  So cool.  But I miss Jacobites.  I miss Nikki so much.

Jan 23, 2012

ドリーム・オン  Dream On

私は空が好き。飛行機が好き。「フライ・ハイ」が好き(ブリジット・セント・ジョンの名曲よ)。私は今とてもロマンティックな気分。

ピンク・フロイドが1968年にリリースしたシングル盤「ポイント・ミー・アット・ザ・スカイ」、これなんてまさにそんな私のための曲だわ。夢と希望で胸が膨らむ、最高のポップ・ソング。当時の珍しいプロモーション映像を見つけたので、ここに紹介するわ。ノスタルジックで美しい映像を、あなたもぜひ楽しんで!

でも、不思議よねえ。「ポイント・ミー・アット・ザ・スカイ」は今日あまり顧みられない曲で、今ではバンドのボックス・セットでしか聴くことができなくなっているみたい。しかも、ピンク・フロイドのメンバー自身もこの曲を嫌っているの。どうしてかしら。ビートルズを部分的に連想させる曲だから? そして、ビートルズの大ファンだったあの不幸なシド・バレットを同時に連想させるから? 精神が錯乱したシドは、68年1月にグループを脱退したのよね……。

それはともかく、私は初期ピンク・フロイドの曲にはとても魅力的なものを感じるわ。「ポイント・ミー・アット・ザ・スカイ」以外にも、「イット・ウッド・ビー・ソー・ナイス」とか「ジュリア・ドリーム」とか、すごく、すごく、崇高で、幻想的で、きれいな曲だと思うの。60年代のピンク・フロイドこそ少なくとも私個人にとっては最高のバンドということになるわ!



Point Me at the Sky / Pink Floyd

I love the sky.  I love the planes.  I love "Fly High" (That's a great song by Bridget St. John).  I feel so romantic today.

In this sense, "Point Me At The Sky", the Pink Floyd's single released in 1968, is really for such me.  This is the best pop tune that makes me feel much dreams and hopes.  Here is the rare promo video at that time I found recently.  Enjoy the nostalgic and beautiful film together!

But I'm wondering.  "Point Me At The Sky" is a song that is seldom retrospected today, and they say they can listen to the song now only from a box set of the group.  Besides, all of the members of Pink Floyd don't like the song.  Why?  It's because the song reminds The Beatles partly?  And it's because the song reminds that unfortunate Syd Barrett, a great fan of The Beatles, at the same time?  Syd, who became insane, left Pink Floyd in January, 1968...

By the way, I'm so involved with the songs of early Pink Floyd.  I feel "It Would Be So Nice" and "Julia Dream" are also very, very sublime, dreamy and beautiful like "Point Me At The Sky".  Pink Floyd of the 60's is the best as least for myself!

Jan 11, 2012

私が好きな2011年のアルバム  My Favorite Albums of 2011

こんにちは! 今日は私が好きな2011年のアルバムを5枚選んでみました。そう、たった5枚。だって私は河添剛さんみたいにクレイジーじゃないし、平治さんみたいに貪欲ではないし、清水久靖さんみたいに音楽にムチャクチャ詳しくはないんだもの。私は普通の音楽ファンで、ロング・ヘアーにヒゲのミュージシャンをカッコイイと思うようなミーハーよ。私はどこにでもいる女の子。でも、今年もがんばってこの音楽ブログを続けていくわ。みなさん、よろしくね!

アルバムを買うつもりはないけれど、実は私は韓国のアイドル・グループKARAも好きよ。KARAってかわいいでしょ? 彼女たちのダンスもステキ。2011年のKARAのあのパワーは日本の音楽マーケットの中でもとても印象的なものだったわ。『ユリシーズ』の愛読者の方々はKARAには全然興味がないと思うけど。

(新譜は緑色の文字で、再発盤は赤色の文字で表記しました)

Hello!  Today I'm showing you my favorite 5 albums released in 2011.  Yes, only 5.  For I'm not crazy like Tsuyoshi Kawasoe, not fervent like OsamuTaira, and not much familiar with music like Hisayasu Shimizu.  I'm an average music lover and a lowbrow who think long-haired and beard musicians are so cool.  I'm just a woman of the next door.  But I'll stand it out to keep on this music blog this year as before.  Guys, continue your favors towards me!  Thank you!

Though I won't buy their album, I also love KARA, the girl group from Korea.  They are so cute, aren't they?  They are wonderful dancers too.  I feel that power of KARA was much impressive in 2011, even in the Japanese music market too.  I believe the readers of ULYSSES are not interested in KARA at all though.

(New albums are in green, and reissued ones are in red.)

*Bridget St. John with 林拓 / Jolie Madame (Bridget St. John with Taku Hayashi / Jolie Madame)
*Simon Finn / The Distance Between Stones
*Vetiver / The Errant Charm
*George Harrison / Living In The Material World (DVD)
*João Gilberto / O Amor O Sorriso E A Flor







Jan 10, 2012

ユリシーズが選ぶ2011年のベスト・アルバム20枚(パート3)  ULYSSES CHOICE : 20 Best Albums of 2011 (part 3)

Mickey Newbury / An American Trilogy

アロハ! 以下の20枚のアルバムを選んだのは清水久靖さん。東京で一番クールなレコード・ショップ「レコンキスタ」のオーナーでもある彼のチョイスはすごく興味深くて、刺激的。え? あなたはまだレコンキスタを知らないの? だったらすぐに
http://www.reconquista.biz/
を訪ねてみて。興奮すること間違いなしよ!

(新作は緑色の文字で、リイシュー盤は赤色の文字で表記しています)

Aloha!  This is Hisayasu Shimizu's list as below.  The selection of him who is the owner of RECONQUISTA, the coolest record / CD shop in Tokyo, is so interesting and stimulating.  What?  You don't know RECONQUISTA yet?
Visit
http://www.reconquista.biz/
immediately, then you must feel excited!

(Please note, new albums are in green and reissued ones are in red.)

Six Organs Of Admittance / Asleep on the Floodplain
Phurpa / Trowo Phurnag Ceremony
Julien Chirol & Ensemble Nord-Sud / Anya
Sementeira / Sons Da Percussao
Jac Berrocal + David Fench + Ghedalia Tazartes / Superdisque
Bonnie Prince Billy / Wolfroy Goes to Town
Huong Thanh / L’arbre Aux Reves
Na Hawa Doumbia / La Grande Cantatrice Malienne vol.3
Mickey Newbury / An American Trilogy
VA / Street Music Of Yogyakarta
The Edgar Jones Free Peace Thing / Stormy Weather
Caretaker / An Empty Bliss Beyond This World
Master Musicians Of Bukkake / Totem 3
Alvarius B / Baroque Primitiva
Dickie Landry / Fifteen Saxophones
Juliana Barwick & Ikue Mori / FRKWYS Vol. 6
テニスコーツ / ときのうた
Les Rallizes DeNudes (裸のラリーズ) / Double Heads
河内音頭 三音会オールスターズ / 東京殴り込みライヴ 完全盤
ブリジット・セント・ジョン with 林拓 / ジョリィ・マダム ライヴ・イン・ジャパン 2010 (Bridget St. John with Taku Hayashi / Jolie Madame)

Jan 9, 2012

ユリシーズが選ぶ2011年のベスト・アルバム20枚(パート2)  ULYSSES CHOICE: 20 Best Albums of 2011 (Part 2)

浅川マキ / アメリカの夜

ハロー! 今日は平治さんが選んだベスト・アルバムのリストをお届けします。彼は順位までつけてくれているわ! ということはつまり、ブリジット・セント・ジョン with 林拓の『ジョリィ・マダム』が昨年のベスト中のベストということね!

平さんは偉大な音楽愛聴家なのよ。様々な音楽を様々な観点から愛し、すごく深く理解できる人。彼のリストは本当にスペシャルだわ。同時に彼はおかしな人でもあるけどね! 2010年にリリースされたニッキ・サドゥンのアルバムを、リストの欄外にあえて加えているんだから! でも、ユリシーズ・ボーイズはニッキ・サドゥンとジャコバイツが大好きなの。『ユリシーズ』第3号を読んだ人ならみんなよく知っていることだと思うけど。

(新作は緑色の文字で、リイシュー盤は赤色の文字で表記しています)

Hello!  Today I show you Osamu Taira's list of best albums released in 2011.  He puts ranking too!  So we can believe Bridget St. John with Taku Hayashi "Jolie Madame / live in Japan" was the best of the best albums for him last year!

I know Osamu is a great music lover.  He's a person who can deeply love and understand various music in various ways.  His list as below is really special.  He's funny at the same time though!  For he dares to add Nikki Sudden "Playing With Fire", released in 2010, to the out of the list!  But I believe you, the readers of ULYSSES #3, have already known well, all of the ULYSSES Boys have been involved with Nikki Sudden and Jacobites.

(Please note, new albums are in green and reissued ones are in red.)


1. ブリジット・セント・ジョン with 林拓 / ジョリィ・マダム ライヴ・イン・ジャパン2010 (Bridget St. John with Taku Hayashi / Jolie Madame)
2. Simon Finn / The Distance Between Stones - Live in Japan 2011 (Box Set Deluxe Edition)
3. The Who / Quadrophenia (Box Set Super Deluxe Edition)
4. Dino Valenti / Get Together
5. Simon Finn / Through Stones
6. The Edgar Jones Free Peace Thing / Stormy Weather
7. Adanowsky / Amador
8. Andrew Leigh / Magician
9. Six Organs of Admittance / Asleep on the Floodplain
10. Trembling Bells / Constant Pageant
11. Comus / East of Sweden
12. Mickey Newbury / An American Trilogy (Box Set)
13. Claudio Rocchi / In Alto
14. P.G. Six / Starry Mind
15. Carol Kleyn / Love Has Made Me Stronger
16. 朱里エイコ / ワーナー・イヤーズ 1971-1979紙ジャケット・コレクション (Box Set)
17. 浅川マキ / アメリカの夜
18. 浅川マキ / 浅川マキ・ライヴ
19. 浅川マキ / CAT NAP
20. ストロベリー・パス / 大烏が地球にやってきた日


21. Nikki Sudden / Playing With Fire

Jan 8, 2012

ユリシーズが選ぶ2011年のベスト・アルバム20枚(パート1)  ULYSSES CHOICE: 20 Best Albums of 2011 (Part 1)

Bridget St. John with 林拓 / Jolie Madame

あけましておめでとう! 今日から3日間、ユリシーズ・ボーイズが選んだ2011年のベスト・アルバムをご紹介していきます。最初は河添剛さんが選んだ20枚のリスト。彼は新作を10枚、リイシューものを10枚、アルファベット順に並べているわ(新作は緑色の文字で、リイシュー盤は赤色の文字で表記)。いつものように偏った趣味! 彼が彼自身のものすごい愛着に帰属していることは明らかね!

Happy new year!  For these 3 days, I'm pleased to show you the best albums of 2011 selected by ULYSSES Boys.  Firstly, this is Tsuyoshi Kawasoe's list of 20 albums.  He just puts 10 new albums and 10 reissued ones in alphabetical order (New albums are in green, and reissued ones are in red).  What a monomaniac taste, as always!  It's obvious that he belongs to his great love!


Adanowsky / Amador
Bridget St. John with 林拓 / Jolie Madame (Bridget St. John with Taku Hayashi / Jolie Madame)
Johan Asherton / High Lonesomes (vinyl edition)
Kurt Vile / Smoke Ring For My Halo
Simon Finn / Through Stones
Simon Finn / The Distance Between Stones
Simon Finn / The Ghost With Green Thumbs (DVD)
Six Organs Of Admittance / Asleep On The Floodplain
Thurston Moore / Demolished Thoughts
由紀さおり&ピンク・マルティーニ / 1969 (Pink Martini & Saori Yuki / 1969)
Annette Peacock / I'm The One
Dino Valenti / Get Together
Donovan / Sunshine Superman (stereo special edition)
The Go-Go's / Beauty And The Beat (30th anniversary edition)
The Jesus & Mary Chain / Psycho Candy (expanded edition)
Jim Sullivan / same
Michael Chapman / Fully Qualified Survivor
Public Image Ltd. / Public Image (paper sleeve edition)
Public Image Ltd. / Second Edition (paper sleeve edition)
Public Image Ltd. / Flowers Of Romance (paper sleeve edition)