ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 31, 2011

コンテンツ  Contents

2011年はあなたにとってどんな年だった? どんなミュージック・ライフを過ごしたの? 私は今たくさんのことを思い出しているところ。何枚かの印象的なアルバムのことを、スペシャルな出来事の数々を、とりわけデヴェンドラ・バンハートに会った8月のことを。私のミュージック・ライフはとても幸せだったわ。

ユリシーズ・オフィシャル・ブログはそんな私の気持ちを率直に反映してきたと思うわ。私は音楽について気ままにいっぱい書いた。私は書いているときいつも楽しい気持ちだったわ。本当よ。

これはあなたの役に立つかしら。今年ここで私が書いてきたことを紹介するわ。

アンガス・マックリーズについて(11月16日)

アネット・ピーコックについて(3月18日、3月19日)

ビートルズについて(9月21日)

バート・ヤンシュについて(10月12日)

ブリジット・セント・ジョン with 林拓について(4月17日、5月27日、6月18日、6月23日)

コウマスについて(11月22日)

デヴィッド・ボウイについて(10月13日)

デヴェンドラ・バンハートについて(2月16日、4月2日、6月12日、6月29日、7月19日、7月21日、7月26日、7月29日、8月8日、8月9日、8月13日、9月3日、9月17日、10月2日、10月29日、11月3日、12月2日、12月11日、12月13日)

ドノヴァンについて(10月9日)

エントランス・バンドについて(3月14日、5月14日、8月22日、11月18日)

フランソワーズ・アルディについて(12月14日)

フリクションについて(3月10日、3月27日)

ジョージ・ハリスンについて(11月30日、12月1日)

リンダ・パーハックスについて(6月25日、7月2日)

リトル・ジョイについて(4月29日、7月17日)

メタル・ボックス・イン・ダブについて(9月30日)

ニッキ・サドゥンについて(5月29日、5月31日)

ピエール・バルーについて(2月15日)

ピンク・フロイドについて(9月18日、12月29日)

パブリック・イメージ・リミテッドについて(8月30日、11月9日)

ローリング・ストーンズについて(6月14日)

ルーサン・フリードマンについて(3月7日)

シルヴァーヘッドについて(11月23日)

サイモン・フィンについて(1月21日、1月27日、2月3日、6月4日、8月26日、9月28日、11月26日)

スワンズについて(1月27日)

シド・バレットについて(4月24日)

林拓について(10月30日)

サーストン・ムーアについて(7月8日)

ヴェティヴァーについて(4月15日)

エトセトラ(1月9日、1月10日、1月11日、1月19日、2月22日、3月4日、3月13日、4月7日、4月9日、4月10日、5月10日、5月11日、5月12日、5月21日、7月18日、9月1日、10月24日、12月20日)

偏った内容ねえ! でも、これがユリシーズなのよ。そして私がデヴェンドラ・バンハートのことをいっぱい書いたのは、私が彼の大ファンだからなのね。今さら言うまでもないことだと思うけど!

親愛なる皆様、読んでくれて本当にありがとう! 愛してるわ! よいお年をお迎えください。そしてまたすぐにお目にかかりましょう!


How was the year of 2011 for you?  How's your music life been this year?  Now I'm remembering many things; Some impressive albums, various special happenings, and especially that meeting with Devendra Banhart in August.  My music life's been quite happy.

I believe ULYSSES OFFICIAL BLOG has reflected such me so honestly.  I have written a lot and freely on music.  I was happy whenever I did so.  Yeah, that's true.

I wonder if this is useful for you.  As below, this is all the contents in ULYSSES OFFICIAL BLOG I've written this year.

*about Angus MacLise (see November 16)

*about Annette Peacock (see March 18 & 19)

*about The Beatles (see September 21)

*about Bert Jansch (see October 12)

*about Bridget St. John with Taku Hayashi (see April 17, May 27, June 18 & 23)

*about Comas (see November 22)

*about David Bowie (see October 13)

*about Devendra Banhart (see February 16, April 2, June 12, 29, July 19, 21, 26, 29, August 8, 9, 13, September 3, 17, October 2, 29, November 3, December 2, 11 &13)

*about Donovan (see October 9)

*about The Entrance Band (see March 14, May 14, August 22 & November 18)

*about Françoise Hardy (see December 14)

*about Friction (see March 10 & 27)

*about George Harrison (see November 30 & December 1)

*about Linda Perhacs (see June 25 & July 2)

*about Little Joy (see April 29 & July 17)

*about Metal Box In Dub (see September 30)

*about Nikki Sudden (see May 29 & 31)

*about Pierre Barouh (see February 15)

*about Pink Floyd (see September 18 & December 29)

*about Public Image Limited (see August 30 & November 9)

*about The Rolling Stones (see June 14)

*about Ruthann Friedman (see March 7)

*about Silverhead (see November 23)

*about Simon Finn (see January 21, 27, February 3, June 4, August 26, September 28 & November 26)

*about Swans (see January 27)

*about Syd Barrett (see April 24)

*about Taku Hayashi (see October 30)

*about Thurston Moore (see July 8)

*about Vetiver (see April 15)

*et cetera (see January 9, 10, 11, 19, February 22, March 4, 13, April 7, 9, 10, May 10, 11, 12, 21, July 18, September 1, October 24 & December 20)

Monomaniac?  Yeah, that's ULYSSES!  And the reason I wrote a lot on Devendra Banhart is that I'm a great fan of him, that's needless to say!

Dearest readers, many thanks!  I love you all!  Have a good year.  See you again very soon!

Dec 29, 2011

シー・エミリー・プレイ  See Emily Play

シド・バレット在籍時のピンク・フロイドが「シー・エミリー・プレイ」をプレイした際のトップ・オブ・ザ・ポップスの幻の映像が遂に発見された、と報じられて1年が経過したわ。結局私達はそれを見ることができずに2011年を終えることになったわけだけど。ブリティッシュ・フィルム・インスティテュートのバカ。

一方のピンク・フロイド側。彼らはすでにたくさんの貴重なライヴ・テープを集めたそうよ。しかも掘り起こし作業はもっと進行するわ。UFOクラブやミドル・アースのテープ。ビル・グラハム・アーカイヴズ。あといくつか。いつの日か私達はシド・バレットがいた初期ピンク・フロイドの全てを知ることができるかもしれないわ。そう信じていたいの。あなたもそうでしょ?





One year has passed since the news said the previously lost Top Of The Pops footage of "See Emily Play"of the Syd Barrett-era Pink Floyd was finally discovered.  This was not unveiled this year in the end, though.  F**k you, the British Film Institute.

On the other hand, people say that Pink Floyd still have plenty of rare stuff.  And they can scare up even more; Tapes from UFO and Middle Earth.  From Bill Graham Archives.  From more to name but a few.  Maybe we'll enjoy all stuff of the Barett-era Pink Floyd someday in the future.  I want to believe so still.  Don't you agree with me, do you?

Dec 20, 2011

風邪をひいた……  Caught Cold...

ひどい風邪をひいてずっと寝込んでるの。熱は高くて、頭も痛くて、体の節々も痛いの。クリスマス前のこの時期に、なんて悪いタイミング。悲しいなあ……。

風邪にいいからとユリシーズ・ボーイズに勧められてジャコバイツとサイモン・フィンを聴いたら、熱はもっと上がったわよ。あいつら、私をだましたのね!

風邪をひいたらどんな音楽を聴けばいい? 教えて! このブログを書きながら私は今聴いているのはヴェティヴァーなの。シンガー=ソングライターに関心がある人にとって、ヴェティヴァーはアメリカの素晴しいグループなのよ。悪くはないチョイスよね。ゲホゲホ。



I've been laid up with a bad cold.  I'm feverish, suffering from a headache, and feeling pain in my joints.  Bad timing, just before Christmas.  So sad, really...

I listened to Jacobites and Simon Finn, both were good for my health according to the ULYSSES Boys, but my temperature went up much higher!  Bad boys, they deceived me!

Tell me, please, what music shoud I listen to when I catch cold!  I'm listening to Vetiver in writing this.  Vetiver is a brilliant group in America, for those who are interested in the works of singers / songwriters.  I make a good choice, don't I?  Cough.

Dec 14, 2011

あなたの微笑の翳り  Shadow of Your Smile

日本ではジェーン・バーキンがとてもポピュラーな存在なんだけど、ユリシーズ・ボーイズはむしろフランソワーズ・アルディが好きなのよ。特に河添剛さんは彼女の熱狂的なファンで、彼はいつも「僕が心から愛している女性」だって言っているわ。河添さんによると、アルディの美は翳りの美、官能の泉、謎めいたエレガンス、やさしさと静穏さと倦怠に溢れる夕べ、真夏の永遠の終わりを意味するそうよ。つまり、彼女が美しいと言うだけでは絶対に不充分だと彼は感じているのね!

アルディといえば、盟友ジャン=マリー・ペリエがいたわ。フランスを代表する著名な写真家で、アルディとは彼女のデビュー時からの大親友のペリエが。そのペリエが先頃満を持して刊行した『フランソワーズ』(シェーヌ刊、パリ)は、まさに要注目の写真集ではないかしら。60年代と70年代の写真を中心にした、数多くのアルディの若々しいイメージを見ることができるの。多くは未発表のイメージよ。いずれにせよ、彼女がとびぬけて美しいパリジェンヌだったことは明らかね。ボブ・ディランも、ミック・ジャガーも、エリック・クラプトンも、デヴィッド・ボウイも、彼女にすごく憧れていたんですって。納得よね……。素晴しい写真の数々。時折挟まれている彼女の飾り気ないユーモラスなコメントもステキ。でも、彼女の微笑と微笑の翳りときたら! 私、彼女にちょっと嫉妬したわ!……

それと、コレクターの人達にはぜひお知らせしなければならないんだけど、この写真集『フランソワーズ』には1900部限定のスペシャル・エディションがあって、そこにはペリエ撮影によるアルディのオリジナル・プリント2枚が封入されているそうなのよ。これはあなたには生涯忘れがたいクリスマス・プレゼントになるかもね。

Françoise par Jean-Marie Périer / Editions du Chêne


Jane Birkin is very popular in Japan, but the ULYSSES Boys prefer Françoise Hardy.  Especially Tsuyoshi Kawasoe is a great fan of her.  He always says, "She's a woman who I really love".  According to him, the beauty of Françoise Hardy means the one of the shadow of something, the fountain of sensuality, the enigmatic elegance, the evening full of gentleness, calmness and ennui, and the eternal end of the mid summer.  In short, he feels it's not enough to say she's a beautiful woman!

You don't forget her close friend Jean-Marie Périer, in thinking of Françoise Hardy.  Monsieur Périer is a famous photographer in France, and he has been her great pal since her debut.  So I think "Françoise" (Éditions du Chêne, Paris) Périer published recently is a really remarkable photobook.  You can see so many fresh images of Hardy, mainly of the 60's and the 70's.  Many of them are previously unpublished ones.  It's obvious she was by far the most beautiful Parisienne, anyway.  They say Bob Dylan, Mick Jagger, Eric Clapton, and David Bowie adored her in those days.  Why not?...  The photobook contains not only wonderful photographs but also her simple and humorous comments at intervals, that's so nice.  But what a smile of her, and what a shadow of her smile!  I'm a little jealous of her!...

By the way, it's a good news for collectors; The special version of "Françoise" is coming out too, that's a limited edition of 1900, containing 2 prints of the Françoise Hardy photographs taken by Périer.  Probably the version must be the unforgettable Christmas present for you.

Dec 13, 2011

Wow  Wow

3年前にインターネット・マガジンとしてスタートしたフランスの『WOW Magazine』が、この夏から紙媒体の季刊誌としても刊行されるようになっていて、現在第2号が発売中。で、その第2号なんだけどね、まさに「ワオ」って感じなのよ。だって、デヴェンドラ・バンハートのヌード写真が掲載されているんだもの! でも、残念! きわどい部分は見えないわ!(笑) 撮影者はインテリア・デザイナーとしても有名なアーティストのアナ・クラス。彼女はデヴェンドラのガール・フレンドで、8月にはデヴェンドラと一緒に東京に来たわ。

それにしても、デヴェンドラは裸になるのが好きなのかしらね。グレッグ・ロゴーヴとのユニット、メガプスでも、ジャケット写真の彼は全裸だったわ(でも、そのときでもきわどい部分は見えなかったわ。その点、前も後も惜しげなくさらけ出した『トゥ・ヴァージンズ』のジョンとヨーコはもっとクレイジーだったのね!)。





The French "WOW Magazine", that has been established as an e-magazine in 2009, has started paper edition since this summer, and the 2nd issue is now on sale.  And, the 2nd issue is "wow" really, for a photograph of naked Devendra Banhart is appeared there!  But what a pity!  You can't see that indecency!  LOL.  The photo is taken by Ana Kras, an artist who is famous as an interior designer too.  She is Devendra's girlfriend, and came to Tokyo together with him this August.

I wonder if Devendra loves to become naked by the way.  He was also totally naked on the cover photo of Megapuss, a special unit with Greg Rogove (Then you couldn't see his indecency too, though.  On that point, John & Yoko of "Two Virgins" that revealed without hesitation both their fronts and backs were much more crazier, I believe!).

Dec 11, 2011

デヴェンドラ・バンハートが東京に来たこの夏を懐かしむ…… Remembering This Summer When Devendra Banhart Came To Tokyo...

ハロー! 金曜日にトラウマリスで行なわれたユリシーズ・イヴェント「私には天使のすかし模様が入っている(The Angel is My Watermark)」にご来場いただいた皆様、本当に、本当に、ありがとうございました(と、ユリシーズ・ボーイズは言っているわ)。この日、私達は全員、デヴェンドラ・バンハートがトラウマリスにやって来て、ステキなチャリティ・ショウをやってくれたあの8月3日のことを、そのドキュメンタリー映像で懐かしみ、またまた胸が一杯になったのよね。デヴェンドラってすごくキュートだった、スウィートだった、誰に対してもフレンドリーに振舞う天使だった……。

そして、このこともぜひ書いておかなくちゃ。ドキュメンタリー映像の上映前には、河添剛さんのスピーチ、秋元カヲル(Kawol)さんや林拓さんのミニ・ライヴもあったの。全部が完全に素晴らしかったわ。河添さんは真面目なコメディアン。秋元さんは本物の音楽家。私が大好きな林拓さんはまさしくアシッド・フォーク界のアンファン・テリブル(恐るべき子供)ね。とても楽しかったわ! そして、来場者には全員、ユリシーズ特製のポスターがプレゼントされたのよ。ユリシーズのポスターはいつもすごくいいデザインだと思うけど、これも私はメッチャ気に入ったわ! 貰って嬉しいプレゼントこそ最高よ! メリー・クリスマス! どうもありがとう! 

金曜日は一種の感謝祭だったという気がするわ。東北の被災者のためにチャリティ・ショウをやってくれたデヴェンドラに捧げるささやかな感謝祭。幸い、年の瀬にこういうイヴェントがあったおかげで、2011年について私達はあらためてたくさんのことを考えることができたように思うわ。

ユリシーズ特製ポスター  A special poster by Ulysses

林拓さん  Taku Hayashi

林拓さん  Taku Hayashi

秋本カヲルさん  Kawol Akimoto

ドキュメンタリー映像  Documentary Film

DB wine!

Hello!  Thank you very very much for everyone who attended the Ulysses event "The Angel is My Watermark" at Traumaris last Friday (so say all of the Ulysses Boys).  That day, we all remembered the August 3rd by watching the documentary film, when Devendra Banhart had come to Traumaris to play a wonderful charity show, and we felt a lump in our throat again.  Devendra had been so cute and so sweet too, and he had been an angel acting friendly to everyone...

Also, I've got to tell you, we had a speech by Tsuyoshi Kawasoe, then Kawol Akimoto (Kawol) and Taku Hayashi played mini live shows before the documentary film.  Everything was perfectly wonderful.  Tusyoshi is a serious comedian.  Kawol is a true musician.   My favorite, Taku is a true "enfant terrible" in acid folk world.   The event was great fun!  And all the participants were presented with a special poster by Ulysses.  Posters by Ulysses are always very beautifully designed, and I love this one so much as well!  It is the best when you receive the gift which makes you happy.  Happy Holidays!  Thank you very much!

I felt like last Friday was a kind of Thanksgiving Day.  It was a small Thanksgiving Day for Devendra, who had had a charity show for the victims in the northeastern Japan.  Fortunately, since we had such an event at the close of the year, we were able to think a lot about the year 2011.

Dec 2, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!3 Devendra Banhart Film Party! 3

あと一週間後に迫った12月9日の「デヴェンドラ・バンハート/映像上映会」の詳細はトラウマリスのホームページを見てね!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

もちろん私も行くわ。ああ、楽しみ!


For more information on "Devendra Banhart / Video Screening" just a week away on December 9th, please visit Traumaris homepage!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

Of course I'll be there.  I can't wait!