ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Nov 30, 2011

リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド Living in the Material World

ジョン、ポール、ジョージ、リンゴが偉大なアーティストであることは言うまでもないことよね。だって彼らはビートルズのメンバーだったんだから。客観的に言って、ビートルズは音楽の偉大な歴史の巨大な一部、なんでしょ? でも、私は昨日、生まれて初めてジョージ・ハリソンを身近に生々しく感じることができたの。一種の天啓ね! それは、マーティン・スコセッシ監督によるジョージのドキュメンタリー映画『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を観たからよ。ああ、私達のステキなジョージ! 彼の音楽、彼の人生、彼の魂は、決して過去に属しているんじゃないわ。彼は今も私達と共にいるの。映画が彼の様々なバックグラウンドをよく伝えてくれたおかげで、私はそのことを遂に深く理解できたんだわ。私は今、彼の大ファンよ! 本当に! 60年代の彼の愛車だったサイケデリックなデザインのミニまで私は好きになっちゃったくらい!

あなたはもう『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』を観た? とにかく百聞は一見に如かずで、絶対に観るべき映画だと私は思うわ。レアで貴重なプライヴェート映像もたくさん挿入されているこのとても長い映画について、巧みに構成されている、なんて頭のいい評論家の人達はしたり顔で言うかもしれないけどね。でも、私は、マーティン・スコセッシがジョージの大ファンだったという事実をとっても重視するわ。いわばこれは、ひとりの素晴しいファンが作ったビューティフルで教育的で啓蒙的な映画なの。60年代や70年代を知らない私のような若い世代にもジョージのすべてを存分に教えてくれる映画、それが『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』なのよ。ジョンやポールが好きな人は、ジョージにもっと注目! もちろん、エリック・クラプトンのファン、インド音楽の愛好家、神秘思想に関心を持っている人にも、この映画は絶対にオススメ!

一方、ひと言だけ最後に付け加えておきたいの。60年代からずっとビートルズを追っかけていた人達のことを、私、ちょっぴりうらやましく思っちゃったわ……。


ジョージのミニ / George's Mini

Needless to say, John, Paul, George and Ringo are great artists.  Because they were the members of The Beatles.  Objectively speaking, The Beatles is a big part of the great music history, isn't it?  However, yesterday George Harrison sprang closely and vividly to life for me for the very first time.  I believe my experience was a kind of revelation!  That's because I saw "Living In The Material World", the documentary film on George, directed by Martin Scorsese.  Oh, our sweet George!  His music, his life, and his soul never belong to the past.  He's still with us all.  I suppose I finally understood that deeply, thanks to the film that also told his various backgrounds.  Now I'm a great George Harrison fan really!  I'm falling in love even with his psychedelically decorated Mini, his favorite car in the 60's!

Have you already seen "Living In the Material World"?  It's something that has to be seen to be believed anyway, and I think it's a great film absolutely.  On this very long film that also contains so many rare and precious private footage, I suppose, some clever critics say proudly it's well composed.  But I give prominence definitely to the fact Martin Scorsese is a big fan of George.  So to say, this is a beautiful, educational and enlightening film made by a fantastic fan.  The film that tells enough about all on George even to me too who don't know the 60's and the 70's, that's "Living In The Material World".  I do ask the John or Paul fans to watch George more! Of course, the film must also make much content to the Eric Clapton fans, the Indian music lovers and those who are interested in the spiritual things.  Highly recommended film!

One thing I want to add lastly, by the way.  Now I envy a little those who have been The Beatles manias since the 60's...

Nov 26, 2011

サイモン・フィンの限定DVD  A Limited Edition DVD of Simon Finn

2004年が2枚のアルバムを発表したデヴェンドラ・バンハートの年であったように、そして2010年が3枚のアルバムを発表したブリジット・セント・ジョンの年であったように、2011年はサイモン・フィンの年だったと私は思うの。今年1月に初来日して以来、サイモンはとても生産的で、クリエイティヴで、芸術的な営みの展開に余念がなかったんだもの。彼は『Through Stones』(ハモンド・オルガン が印象的な、危険でとても美しい小品集よ)と『The Distance Between Stones』(ジャパン・ライヴよ! しかもこれはとんでもない超ゴージャスな傑作なの! あなたもぜひ買って!)と、2枚のアルバムをリリースしたわ。『Oral Hygiene』をひっさげて、小説家としてデビューもしたのよ(すごくグロテスクで面白い小説なの)。彼はすごい才能のアーティストね! 知的だし、かっこいいわ! その上、ここだけの話なんだけど、彼は実はとても親切で、魅力的で、にこやかで、フレンドリーな人なのよ。私、彼とは一度、東京で会ったことがあるわ。私は彼に折り紙で作ったオブジェをプレゼントしたら、すごく喜んでくれたわ! 彼は すごく紳士的で、やさしくて、『Pass The Distance』の恐ろしいイメージからは程遠い人なの。

そして、グッド・ニュースよ! 12月中旬に、彼は限定盤DVDをリリースするの! タイトルは『The Ghost with Green Thumb』。短編映画『Once Upon a Time on Earth』で賞 にも輝いた俊英イアン・ホザーサルの監督で、サイモンの「The Ghost with Green Thumb」と「Big White Car」の映像が見られるの。サイモン・フィンの初のプロモーション映像ってわけね! しかも、そのDVDにはライヴ映像も収録されるので、ぜひ手に入れなくっちゃ! ああ、すごく興奮する!

その上、そのDVDのジャケットのアートワークは、ユリシーズの河添剛さんが手掛けたのよ! 河添さんは相変わらずとってもファンキーなのね! すごくいい仕事をしているじゃない? 河添さんいわく、「僕は自分の仕事にとても満足しているよ。なぜなら僕はサイモン・フィンのファンだからね。だから、手抜きなんかしなかったのさ!」って。私はこのアートワークがとても好きよ! ステキ!

DVDは250枚限定なの。入手は難しいかしら。でも、日本の人は、キャプテン・トリップ・レコーズから12月中旬に買うことができるはずよ。このDVDはあなたのステキなコレクションになると思うの。絶対にオススメよ!



2004 was the year of Devendra Banhart who released 2 albums, 2010 was the year of Bridget St. John who released 3 albums, and, I believe, 2011 is the year of Simon Finn.  Since this January when Simon came to Japan for the first time, he has been so productive, creative and artistic.  He released two albums; One is "Through Stones" (This is a so beautiful and dangerous collection of his short pieces, that impresses the sound of hammond organ on my mind), and another is "The Distance Between Stones" (Live recordings in Japan!  Extremely great and super gorgeous masterpiece!  Never forget to buy that!).  Besides, he published his first novel called "Oral Hygiene" (Funny but grotesque story).  He is so talented, intelligent and cool!  And, this is a secret between us, he is a much kind, attractive, smiling, friendly person.  I've met him in Tokyo.  I gave him an object made of origami, then he was so happy with that!  He was very gentle and sweet even to me, and I immediately found he was much far from the terrible public image of "Pass The Distance".

And, it's a great news!  A limited edition DVD called "The Ghost with Green Thumbs" of Simon Finn will come out in the mid of December.  Featuring two films on his songs "The Ghost with Green Thumbs" and "Big White Car" directed by young talented Ian Hothersall, who made the award winning si-fi short "Once Upon a Time on Earth".  Ah, those are the very first PV of Simon Finn!  Also, the DVD includes live footage.  I will definitely get a copy!  I'm excited now!

Additionally, the artworks for the front and the back covers of the DVD are by Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES!  Tsuyoshi's so funky as before!  Good job, isn't it?  Tsuyoshi says, "I'm much content with my works, for I'm just a Simon Finn fan.  So I did my best!".  Yeah, Tsuyoshi, I love your artworks!  Wonderful!

The DVD is limited to only 250 copies.  I wonder if it's hard to get one.  But I believe it's probably easy for Japanese to buy it from Captain Trip Records.  I'm sure "The Ghost with Green Thumbs" must be the definite one for your nice collection on music. I do recommend you to have it!

Nov 23, 2011

シルヴァーヘッド、来日!?  Silverhead, coming to Japan!?

驚きよ! 一体どうなってるの? シルヴァーヘッドが来年4月に2度目の日本公演をするって聞いたわ! メンツはセカンド・アルバムのときのそれ。つまり、マイケル・デバレス(ヴォーカル)、ロビー・ブラント(ギター)、ロッド・ロック・デイヴィス(ギター)、ナイジェル・ハリスン(ベース、後にブロンディのメンバーになった人よね)、ピート・トンプソン(ドラムス)よ。奇蹟よね。信じられない!

このニュースに、ユリシーズ・ボーイズは一様に興奮しているの。河添剛さんいわく、「ロック・シーンにマイケル・デバレスが台頭するときは、常に決まってシーンそのものが凋落する時期である」って。平治さんいわく、「世界が終わる前に公安の手入れがあるかも」って。ユリシーズ・ボーイズはおかしな人たちね! とても変な喜び方をするのよ!

若い私がシルヴァーヘッドを知ったのは最近のことよ。彼らがグラム・ロック・バンドだったのかなんてわかんないわ。でも、すごくかっこいいって思うの! 72年のファースト・アルバムに収録されている「ロング・レッグド・リザ」を聴いて。73年のセカンド・アルバムに収録されている「ハロー・ニューヨーク」を聴いて。シルヴァーヘッドはワイルドよ。卑猥よ。退廃的よ。その上、マイケル・デバレスは凄まじいヴォーカリストで、しかもものすごい美貌の持ち主なの。彼は今、LA在住の有名な俳優ね。クリント・イーストウッドの映画『ピンク・キャデラック』には、悪玉のボスとして出演していたっけ。

ところで、彼らのセカンド・アルバムの邦題は「16才で犯されて」だったんですって! それを許した当時の日本って、信じられないくらいアナーキーな国だったのねえ!





AMAZING!  What's going on?  People say that Silverhead will come to Japan next April to play for the second time!  The members are the ones in their second album.  In short, Michael Des Barress (vocal), Robbie Blunt (guitar), Rod Rock Davies (guitar), Nigel Harrison (bass. Nigel became a member of Blondie after Silverhead broke up) and Pete Thompson (drums).  What a miracle.  Unbelievable!

All of ULYSSES Boys feel excited at the news.  Tsuyoshi Kawasoe says, "Whenever Michael Des Barress appears on the music scene, the scene starts to be ruined".  Osamu Taira says, "Before the end of the world for Silverhead's appearing, I'm afraid if a raid is made by the public peace office".  ULYSSES Boys are funny!  They are good at showing the very strange ways to be pleased!

I'm young, so it's recently that I knew about Silverhead.  I have no idea if they were glam rockers really.  But I think Silverhead is so cool!  Listen to "Long Legged Lisa" from the first album in 1972.  Listen to "Hello New York" from the second album in 1973.  Silverhead is wild, dirty, and corrupt.  Additionally, Michael Des Barress is an outstanding vocalist, and he looks so good.  Now Michael is a famous actor who lives in LA.  I remember he appeared in Clint Eastwood's film "Pink Cadillac" as a role of the boss of the terrorist group.

By the way, they say the title of their second album in the Japanese edition was "Raped at the age of 16"!  Japan was crazy enough to allow such a super bad title at that time!

Nov 22, 2011

コウマス来日!  Comus, Coming to Japan!

きゃー! ものすごいことになったわ! コウマスが来年2月に東京で初の来日公演をすることが急遽決定したの! 怖い! でも、気になって仕方がない! だって、コウマスはコウマスよ。1971年にファースト・アルバム『First Utterance』をリリースして以来、ダークでアンダーグラウンドでアシッドでプログレッシウ゛なフォーク・グループの代名詞であり続けた彼らのことは、真剣な音楽ファンの間では伝説以上の存在だったはずでしょ? スペース・オディティ期のデヴィッド・ボウイが彼らの大ファンだったことはもうロック史の神話よね? 誰がコウマスを前にして冷静でいられるというの? 私はコウマスが嫌いな人たちが嫌いよ! ユリシーズ・ボーイズも同意見よ! ライヴはぜひ見なくちゃ! もう、いやーん!

以下は東京公演の詳細よ! キャプテン・トリップさん、ありがとう! 今はそれ以外何も言うことはないわ。
"First Utterance" / Comus

Eek!  This is an inconceivable news!  Suddenly Comus has decided to come to Tokyo next February to play in front of the Japanese audience for the first time!  What a terror!  But we want very badly to pay attention to the news!  Because Comus is Comus.  Since their first album called "First Utterance"came out in 1971, Comus who's been a synonym for the dark, underground, acid and prog folk group has been more than a legend among serious music lovers.  David Bowie of the Space Oddity era was a big Comus fan, that is a great myth in the rock music history.  So, I wonder who can take a calm attitude toward Comus.  I hate those who hate Comus!  ULYSSES Boys agree with me!  Why not?  So we have to rush into the Comus concerts!  Oh, no!

The details on the Comus in Tokyo are as below.  Thanks, Captain Trip Records!  I can say nothing but so at present.

*****
COMUS Live in Japan 2012

*Roger Wootton (Guitar & Vocals)
*Glenn Goring (Guitar)
*Bobbie Watson (Vocals & Percussion)
Jon Seagroatt (Flute & Percussion)
Dylan Bates (Violin)
Ray Bailey (Bass)
*original member

February 4th.(Sat.) & 5th.(Sun.)
at LIVE HOUSE FEVER, Shindaita TOKYO
Adv. 8,500Yen / Door 9,000Yen
4th.(Sat.) Open & Start 19:30
5th.(Sun.) Open & Start 17:30

DJ:HISAO KAWADA (disk union)

<ご予約・お問い合わせ>
info@captaintrip.co.jp
(電話での対応は受け付けておりません。)

<Further Information>
www.captaintrip.co.jp

<新代田 LIVE HOUSE FEVER>
http://www.fever-popo.com/
〒156-0042 東京都世田谷区羽根木1-1-14 新代田ビル1F
TEL:03-6304-7899
*新代田駅(京王井の頭線)徒歩30秒


Presented by
TIME MACHINE PROJECT
CAPTAIN TRIP RECORDS
COCO International Inc.
POSEIDON

Nov 18, 2011

エントランス・バンドのポスター!  The Poster For The Entrance Band!

ワオ! 見て! すごーい! ユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんが再びとんでもなくカッコイイポスターを作ったわ! 今回彼らが手掛けたのはエントランス・バンド(私達の大好きなLAのバンド!)のポスターで、バンドの待望の新作のプロモーション用として使われるそうよ。「ポスターは全部アメリカに送るんだよ」と、河添さん。でも、私のために1枚残しておいて! 欲しい!

ひと言で言うと、カッコイイバンドのためのカッコイイポスターね。ロック・ミュージックにとって、これこそ理想的よ。あなたもそう思わない?


Wow!  Look!  Greeeeeeaaaat!  Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES have worked together again to make such an extremely cool poster!  This time, they designed a poster for The Entrance Band, our favorite rock band from LA, and the poster is for the promortion for their long-awaited new album.  Tsuyoshi says, "I'm going to send all of them to America".  But, please, keep one for myself!  I want to get the poster!

In short, it's the cool poster for the cool band.  Ideal is that, for rock / pop music!  You don't agree with me, do you?

Nov 16, 2011

もう一冊、秋の読書  Reading In Autumn, Again

あなたはジェラード・マランガを知っている? 詩人、写真家、映像作家、資料蒐集家、そして60年代はアンディ・ウォーホルのアシスタントを務めていたアーティストよ。『ニューヨーク・タイムズ』はマランガを「ウォーホルの最も重要な共同制作者」と称したわ。ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのライヴでダンスを振付けた彼のことはロック・ファンの間でもとても有名だと思うけど、実はマランガはウォーホルにヴェルヴェッツを紹介した張本人なのよね。

そんな彼の業績を纏めた『AM (Archives Malanga)』というタイトルの4巻本が、先日アメリカのケイ・プレスからリリースされたわ。すごく興味深い本よ。図版も豊富なの。そして、注目! 『AM2』ではアンガス・マックリーズについての素晴らしいページがあるのよ。

アンガス・マックリーズ。彼はラ・モンテ・ヤング、トニー・コンラッド、ジョン・ケールと共に1961年、ザ・ドリーム・シンジケートというフリー・ミュージック・バンドを結成した人。そして1965年、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを創設し、ルー・リードによってすぐに解雇された人。1974年にカトマンズに居を移した後はディープでトライヴァルでサイケデリックな実験芸術の制作に没頭し、79年、自作の詩やミュージック・テープを未整理のまま残して亡くなってしまった。すごい悲劇。マランガはそんな彼について一種のレクイエムをそこで書いているの。胸に沁みるわ。マランガは彼の友達だったの。彼はアンガスのとても美しいポートレイト写真も撮っていたわ。

私、マランガのテキストのせいでアンガス・マックリーズのアルバムを再び聴きたくなっちゃった。サード・イアー・バンドとかシックス・オーガンズ・オブ・アドミッタンスとかが大好きなユリシーズ・ボーイズも、当然のことながらアンガスに興味があるそうよ。アンガス・マックリーズはアメリカの偉大なアヴァンギャルド・ミュージシャンだったわ。でも、私達は彼の音楽をポップ・ミュージックとして楽しむの。

"Invasion of Thunderbolt Pagoda" Angus MacLise

You know about Gerard Malanga?  He is a poet, photographer, filmmaker, archivist, and artist who was the assistant of Andy Warhol during the sixties.  The New York Times called him "Warhol's most important associate".  I believe that Malanga, who choreographed dance to the music of the Velvet Underground live, is very famous among rock music lovers too, and he's the ringleader in fact who introduced Velvets to Warhol.

The book of 4 volume set called "AM (Archives Malanga)" that shows the career of him has come out recently from Key Press, America.  That's a so interesting book, with full of many plates.  And, attention!  There are fantastic pages on Angus MacLise in "AM2".

Angus MacLise.  In 1961, he joined up with La Monte Young, Tony Conrad, and John Cale to form a free form music group under the banner, The Dream Syndicate.  In 1965, Angus became one of the Velvet Underground's founding members, and then he was fired immediately by Lou Reed.  After he settled in Kathmandu on 1974, he was involved with making deep, tribal, and psychedelic experimental art, but at the time of his death in 1979, he left behind a substantial body of uncatalogued work, both in poetry manuscripts and analog music tapes.  Tragic MacLise.  Gerard Malanga writes a kind of requiem on that Angus MacLise.  It goes straight to your heart.  Malanga was a friend of him.  He was a photographer too who took a so beautiful portrait of Angus.

Now I want to listen to the music of Angus MacLise again, thanks to the text by Gerard Malanga.  The ULYSSES Boys who deeply love Third Ear Band and Six Organs Of Admittance say they're naturally interested in Angus too.  Angus MacLise was the great avant-garde musician in America.  But we can enjoy his works as pop music.

Nov 9, 2011

秋の読書  Reading in Autumn

ああ、私はとんでもないうっかり女だわ! こんなにステキな本を皆さんに紹介し忘れていたなんて! デニス・モリスが1979年に撮影したパブリック・イメージ・リミテッド(PIL)の写真集『A BITTA PIL』(パルコ出版) は本当に、本当に、素晴しい本なの。今年の春に発刊され、最近は重版されたばかりなのよ。あなたも絶対買うべきだわ! 

私の大親友でユリシーズ・ボーイズのひとりの河添剛さんが、「ロック・ミュージック史には特権的な年代があるんだよ。1967年、1968年、1969年、1972年、1977年、そして1979年だ」といつも言っているの。すると、1979年のPILのイメージには絶対的に強力なものがあると言って過言ではないと思うのよ。初期のPILはカッコよかったってあらためて実感するわ。ジョン・ライドンには革命家のオーラがあったし、キース・レヴィンはまぎれもなく天才的な音楽家だし、ジャー・ウォーブルにはベーシストとして特別異様な何かがあったわ。この写真集はその事実を私達にはっきりと教えてくれるの。ああ、大変! 血が騒ぎ出した!

セックス・ピストルズを撮ったことでも名高いデニス・モリスが、すごい写真家であることは今さら言うまでもないことなんだけど、私は『A BITTA PIL』の表紙デザインも大好きなの。日本の週刊誌 『アエラ』を模したこの表紙は、『イタリアン・ヴォーグ』(フロントのジョン・ライドン)、『タイム』(バックのジャー・ウォーブル)、『マッド』(インサイドのキース・レヴィン)、『ヒム』(同じくインサイドのジム・ウォーカー)などの雑誌を模したPILの歴史的なファースト・アルバムのジャケットへの、気の利いたオマージュでしょ? こうでなくっちゃね! 

ジョン・ライドン。げっそりとやせこけた、蒼白い顔。恐怖に向かって見開かれた眼差し。写真の静謐なイメージの奥からも、彼の表現主義者的な情念が今もほとばしってくるわ……。

"A BITTA PIL" / PARCO, Tokyo, Japan

Oh, I'm a badly careless woman, that forgot to tell you about such a wonderful photobook!  I want to emphasize that the photobook called "A BITTA PIL" (PARCO, Tokyo, Japan) by Dennis Morris who took Public Image Ltd. (PIL) in 1979 is really, really awesome.  It was published in spring this year, and has been reprinted recently.  Don't forget to get one!

Tsuyoshi Kawasoe, my best friend and one of the ULYSSES Boys, always says, "There are some very special years in the rock music history.  They are 1967, 1968, 1969, 1972, 1977 and 1979".  So I believe the images of PIL in 1979 are absolutely powerful.  They were really cool at that time, that I'm sure again.  John Lydon had an aura of a son of revolution, Keith Levene was a genius for music obviously, and Jah Wobble had something fantastic specially.  This photobook can show us the truth again.  Oh, my!  My blood starts to boil!

It's needless to say that Denis Morris who was also the photographer of Sex Pistols is great, but I want to emphasize my big love to the cover of "A BITTA PIL" at the same time.  The cover design, that imitates the Japanese weekly magazine "AERA", is an attractive homage to the cover design of the PIL's historic first album that imitates "Italian Vogue" (see the front cover appearing John Lydon), "TIME" (see the back cover appearing Jah Wobble), "Mad"(see the inside appearing Keith Levene), and "HIM" (also see the inside appearing Jim Walker), isn't it?  Good job!

John Lydon.  His lean and pale face. His look that opens to a fear.  Deeply from even the silent photographic image, his expressionistic passion still gushes out...

Nov 3, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!2  Devendra Banhart Film Party! 2

12月9日の「デヴェンドラ・バンハート/映像上映会」の詳細はトラウマリスのホームページを見てね!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html

From Traumaris homepage

For more information on "Devendra Banhart / Video Screening" on December 9th, please visit Traumaris homepage!
http://traumaris.jp/space/2011/10/129.html