ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 30, 2011

林拓ポスター  The Taku Hayashi Poster

ワオ! 林拓のポスターをユリシーズの河添剛さんと倉茂透さんが手掛けたんですって! ソロ・アルバム『五月三十二日』やブリジット・セント・ジョンとのジャパン・ツアーを記録したライヴ・ドキュメントの傑作『ジョリィ・マダム』などで知られる京都のシンガー=ソングライター林拓のことは、以前からユリシーズ・ボーイズは高い評価を与えていたわ。だから、今回ユリシーズ・ボーイズの2人が林拓のポスターを制作したことは当然の成り行きだったのね。見て! とてもカッコイイポスターよ! 私も欲しい! でも、これって主に京都の町の中でしか見ることができないのかしら???



Wow!  Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige from ULYSSES have designed the Taku Hayashi poster recently!  ULYSSES Boys have highly appreciated this Kyoto-based singer-songwriter Taku Hayashi for these years who's well known as the artist of a solo album "On May 32nd" and a great masterpiece "Jolie Madame" recorded live in Japan with Bridget St. John.  So, it's so natural two of ULYSSES Boys made his poster, isn't it?  Look!  So cool poster!  I want to get one!  But I wonder if they can be only seen mainly in Kyoto???

Oct 29, 2011

デヴェンドラ・バンハート・フィルム・パーティ!  Devendra Banhart Film Party!

みんな、こんにちは! 今日はとても楽しいお話をするわ! 12月9日(金曜日)、東京の恵比寿はあのトラウマリスで、「私には天使のすかし模様が入っている(The Angel Is My Watermark)」というフィルム・イヴェントがユリシーズ主催で行なわれるの。8月3日にあったデヴェンドラ・バンハートのあの素晴しいチャリティ・ショウを、秋元カヲルさんの尽力で遂に完成したドキュメンタリー・フィルムから懐かしむという主旨よ。またしても忘れがたい体験になるわ! でもそれだけではないの。刺激的なミニ・ライヴや興味深いトークショウも一緒に楽しめるの! ワオ!

イヴェントの詳細についてはトラウマリスのホームページをチェックしてね。http://www.traumaris.jp/
ありがとう!

忘れないで。12月9日はぜひトラウマリスに駆けつけて。そして、みんなして一緒に、天使のすかし模様が入っているデヴェンドラ・バンハートを再び愛し、彼のことを語り合い、楽しくお酒を飲みましょう! このイヴェントについての情報はこれからもお伝えし続けるわ。怠け者のユリシーズ・ボーイズに代わってね! アハハ! 



Hello, folks!  Today I let you know a very happy news! On December 9th (Friday), ULYSSES will be proud of presenting a film event called "The Angel Is My Watermark" at Traumaris, Tokyo.  You'll watch a great documentary film by Kawol Akimoto, that shows the Devendra Banhart's charity show on August 3rd.  You will have an unforgettable experience again!  But, not only that but also you will enjoy stimulous mini-live concerts and interesting talkshow then!  Wow!

For further information, visit http://www.traumaris.jp/
Thank youuuuuu!

Don't forget to rush into Traumaris on December 9th!  And, let's love Devendra Banhart with the angel's watermark again, talk about him, and enjoy glasses of wine all together!  I will tell you more about this event again soon, instead of lazy ULYSSES Boys!  Ha,ha,ha!

Oct 24, 2011

悲しい秋  Sad Autumn

悲しい秋。ボブ・ディランの『ザ・タイムズ・ゼイ・アー・ア=チャンジン』やジョージ・ハリソンの『オール・シングス・マスト・パス』などのジャケット写真で知られる世界的に著名な写真家のバリー・ファインスタインが、先日80歳で亡くなったの。そして一方、テレヴィジョン・パーソナリティーズのリーダーのダン・トレイシーは、脳の内出血を取り除く手術を受けた後に危篤状態に陥ってしまったの(事件性の疑いがあるので、ロンドン警察が捜査に入っている模様)。ダン・トレイシーは私達全員にとってお馴染みのアーティストだったわ。『ユリシーズ』4号には、15ページほどにわたってテレヴィジョン・パーソナリティーズのとても充実した特集記事が掲載されていたもの。そして、同じ号のエントランス・バンドの記事の中では、ガイ・ブレークスリーがテレヴィジョン・パーソナリティーズを絶賛していた……。

本音を言えば、私、悲しいお話をここで書くのは好きじゃないの……。

Barry Feinstein's Website

Sad autumn.  The world-famous photographer Barry Feinstein who is the artist of the covers of Bob Dylan's "The Times They Are A-Changin' ", George Harrison's "All Things Must Pass" and so on, has died at 80 the other day.  And, on the other hand, The Television Personalities' frontman Dan Treacy is reportedly in a critical condition following an operation to remove a blood clot on his brain (It's not clear how Treacy sustained the injury.  But police are investigating).  You know, Dan Treacy has been a familiar artist to all of us.  A substantial 15-page long article on The Television Personalities appeared in "ULYSSES" vol. 4.  Also, in the interview of The Entrance Band in the same issue, Guy Blakeslee expressed great admiration for The Television Personalities...

Honestly, I don't like to write such sad stories here...

Oct 13, 2011

デヴィッド・ボウイが?  David Bowie?

世界的に有名な日本の写真家であるミスター鋤田正義の超ゴージャスなデヴィッド・ボウイ写真集『Speed of Life』が、この秋遂に英ジェネシスから刊行されようとしているまさにその直前に、一部の人達がボウイはすでに引退したんだと言っているの。それって本当のこと? 私は絶対に信じないわよ。ボウイのいないロック・シーンなんか想像できるわけないじゃない!

1971年のデヴィッド・ボウイ。女装姿の彼はすごく美しかった。でも彼は私達のすぐそばに今もいるわ。写真はまるでタイムマシンね! 今の私には写真集が刊行される日がとても楽しみなのよ。

The Man Who Sold The World / David Bowie

Hunky Dory / David Bowie

Just before the English publisher Genesis finally releases the world famous Japanese photographer Masayoshi Sukita's David Bowie photo book called "Speed of Life" this autumn, some people say that Bowie has already retired.  Is that true? I never believe that though.  You can't imagine the music scene without David Bowie at all!

David Bowie in 1971.  The man in woman's disguise was so beautiful.  But he's still very close to us.  Photograph is like a time-machine!  Now I'm looking forward to the day when the photo book "Speed of Life" comes out.

Oct 12, 2011

バート・ヤンシュの死  Bert Jansch Has Passed Away

私がドノヴァンのアルバム『サンシャイン・スーパーマン』を買ったその日にバート・ヤンシュはロンドンで亡くなったんだわ……。新聞には、大変な影響力を持つ伝説的なこのフォーク・ミュージシャンは10月5日に肺がんのため67歳で亡くなったと書いてあった……。

ドノヴァンの『サンシャイン・スーパーマン』の収録曲「Bert's Blues」と、『メロウ・イエロー』の収録曲「House of Jansch」は、両方ともバート・ヤンシュに捧げられた曲だったのよ。ギタリストとして、バート・ヤンシュはたくさんの人たちから尊敬されていたの。ジミー・ペイジ、ジョニー・マー、ニック・ドレイク、グレアム・コクソン、ニール・ヤング、バーナード・バトラー、ポール・サイモンからも(と、ボーイ・フレンドが私に教えてくれたわ)。ああ、でも残念なことに、私は若いので、バートが友達と1967年に結成した偉大なグループ=ペンタングルを全然知らないの! 知らないことが今はすごく悲しい・・・。 

でも、これだけは知っているの。バート・ヤンシュの23枚を数えるソロ・アルバムの最後は2006年発表の『ザ・ブラック・スワン』だということを。なぜかと言うと、そのアルバムには私が大好きなデヴェンドラ・バンハート、ノア・ジョージソン、オットー・ハウザー(ヴェティヴァー)、ベス・オートン、ピート・ニューサムが全面参加しているからなの。『ザ・ブラック・スワン』は、少なくとも私にとっては、21世紀のフリーク・フォーク・アルバムだったわ。今でも大好きなアルバムよ。デリケートで、スリリングで、深くて、しかも寡黙なアルバム。

バート・ヤンシュはとても寡黙な人だったそうよ。彼のキャリアを支えたジョン・バーロウは、BBCのインタヴューで「彼はとても物静かな人だった。みんなはよく、彼は喋らない人だねえと言っていた。でも、あんな風にギターを弾く人が、なぜおしゃべりでなければいけないんだ?」って語っていたわ。

私、ペンタングルも聴いてみたいな……。

The Black Swan / Bert Jansch

Bert Jansch passed away in London when I bought Donovan's "Sunshine Superman"...according to the newspaper, the legendary and highly influential folk musician died aged 67 from lung cancer on the 5th October...

You know, both 'Bert's Blues' in "Sunshine Superman" and 'House of Jansch' in "Mellow Yellow" by Donovan were dedicated to Bert Jansch.  Bert has been long respected by Jimmy Page, Johnny Marr, Nick Drake, Graham Coxon, Neil Young, Bernard Butler and Paul Simon too (says my boyfriend).  Ah, but unfortunately, I'm not familiar with great Pentangle at all that Bert formed with his friends in 1967 for I'm too young!  That's what I'm sad now...

However, one thing I know; Bert has recorded 23 albums under his own name, and the most recent of which was "The Black Swan" in 2006.  For, my favorite artists such like Devendra Banhart, Noah Georgeson, Otto Hauser (of Vetiver), Beth Orton, Pete Newsom played with him in the album.  "The Black Swan" has been a 21st century freak folk album at least for myself.  I still love that.  It's a delicate, thrilling, deep and quiet album.

People say Bert was a very quiet guy.  John Barrow, who helped the musician throughout his career, told the BBC, "He was very quietly spoken.  People used to say to me, 'he doesn't talk much, does he?'  But when he could play the guitar like that, why should he be talking?"

I want to listen to The Pentangle too...

Oct 9, 2011

ドノヴァンの傑作『サンシャイン・スーパーマン』のスペシャル・エディション  Donovan's Masterpiece "SUNSHINE SUPERMAN stereo special edition"

こんにちは! そして、イエィ、私、遂に先日買ったのよ! ドノヴァンの大傑作『サンシャイン・スーパーマン』のステレオ・スペシャル・エディションを! これはEMIからリリースされた紙ジャケ仕様の2枚組CDで、アメリカ盤のステレオ・アルバムとイギリス盤のモノ・アルバムで構成されているの。もちろん、ボーナス・トラックも満載よ! すごーくグレイト!

シングル盤「サンシャイン・スーパーマン」は、1966年9月、最初はイギリスではなくてアメリカでリリースされたの。ナンバー1ヒットになったわ。アルバムの方は、ビルボード・チャートで11位まで行ったのよ。このアルバムはたぶん、世界で最初に成功したサイケデリック・フォーク・ロック・アルバムだと言うことができると思うわ。 ねえ、 ビートルズの『サージェ ント・ペパーズ』の1年半前にレコーディングされたのがこのアルバムだということを忘れちゃダメなのよ。60年代、ドノヴァンはビートルズと並ぶポピュラーかつ才能豊かなイギリス人アーティストだったことは、みんなもよく知っていると思うわ。当時、彼のことを嫌いな人なんてこの世にはいなかったはずよ! 彼はルックスもいいのね(本当に可愛い男の子だったのよね、ドノヴァンは!)。でも、彼のことは今なおもっともっと愛した方がいいんだわ! 彼は絶対に革新的だったの。もちろん彼はザッパとは違うけどね。

実際、ドノヴァンは素晴しいソングライターなのよ。彼の曲は信じられないほど美しいの。彼がたとえばポール・マッカートニーに匹敵するようなメロディ・メイカーであることは明らかよ。『サンシャイン・スーパーマン』の中では、私は特に「レジェンド・オブ・ア・ガール・チャイルド・リンダ」や「セレスト」が好き。それに、ボーナス・トラックでは「ブリージィズ・オブ・パッチュリ」と「スーパーラングズ」に驚かされたわ。ちなみに彼のヴィブラートするジェントルな声は、マーク・ボランやブリジット・セント・ジョンのヴォーカル・スタイルに明らかに影響を与えているんじゃないかしら。

私がこのアルバムを買ったきっかけは、河添剛さんが監修したディスク・ガイド本『アシッド・フォーク』を読んだからよ。彼はそこでドノヴァンのことをいっぱい書いているの。私もドノヴァンのことにもっと詳しくなりたいな。私が持っているドノヴァンのアルバムは、まだ3枚だけなの・・・。


"Sunshine Superman Stereo Special Edition" / Donovan 

"Screentests" by Gerard Malanga & Andy Warhol, 1965
(c) The Tsuyoshi Kawasoe Collection

Hi, loves!  And, yeah, I finally bought Donovan's "Sunshine Superman stereo special edition" the other day!  This is a 2 CD set as a paper sleeve edition released from EMI, comprised of new US version stereo album and original UK mono album, with full of bonus tracks of course!  Sooooo great!

In September 1966, 'Sunshine Superman' hit No.1 released firstly in US not UK, and its parent album climbed to No.11 on Billboard's album charts.  I believe, probably this is the earliest successful psychedelic folk rock album in the world.  Hey, never forget this was recorded at least a year and a half before "Sgt. Pepper" of The Beatles.  You know well, during the sixties Donovan was regarded as a popular and talented British artist equal to The Beatles.  Everyone must have loved him at that time.  He looked so good (Donovan was a really pretty boy!).  However, you should still love him more!  He was definitely innovative.  He was different from Zappa though.

In fact, Donovan is a great songwriter.  His songs are incredibly beautiful.  It's obvious that he is a talented melody maker equal to Paul McCartney for example.  I love especially 'Legend Of A Girl Child Linda' and 'Celeste' in the album.  Also, I'm amazed with 'Breezes Of Patchuli' and 'Superlungs' from bonus tracks.  Incidentally, I suppose his vibrating gentle voice inspired much the way of singing by Marc Bolan and Bridget St. John.

The reason I bought this album is that in the past I had read a disc guide book called "Acid Folk", supervised by Tsuyoshi Kawasoe.  Tsuyoshi writes a lot on Donovan in "Acid Folk".  Now I want to know more about Donovan.  But unfortunately I have only 3 Donovan albums at the moment...

Oct 2, 2011

デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティの思い出  Momeories on The Devendra Banhart Fan Party

もう秋ね。でも私は8月に東京で会うことができたデヴェンドラ・バンハートのことがまだ頭から離れないの。とっても楽しかったんだもの! あなただってそうでしょ? 

今日はみんなにステキな映像をご紹介するわ。そこで、東京でのデヴェンドラの姿を一部確認することができるの。もちろん、8月3日にトラウマリスで行なわれたユリシーズ主催の「デヴェンドラ・バンハート・ファン・パーティ」の模様もね(まあ、ものすごく楽しそうに振舞っているユリシーズ・ボーイの河添剛さんの姿もあるわ!)。あれはスペシャルなチャリティ・ショウだったわ! 和気藹々とした雰囲気の中で、私達は全員、デヴェンドラとともに、あるいは導きの星のような彼のおかげで、"BIG LOVE"を実感していたの。 

そういえば、先日ユリシーズの読者の方からステキなお手紙をもらったの。その方は福岡在住の熱心なデヴェンドラ・バンハート・ファンで、トラウマリスでのファン・パーティにもわざわざ足を運んでくれたそうよ。で、その方が教えてくれたんだけど、あの時デヴェンドラがファンにサインをするためにページを破ったのは自分のパスポートではなくて、パスポートにそっくりな外見をした手帳なんですって! なるほど、そりゃそうよねえ! 私っておかしな勘違いをしていたんだわ! 8月13日にこのブログで書いたことは、一部訂正ね。ご教示に感謝します。ありがとう!


Fall has come.  But the meeting with Devendra Banhart last August in Tokyo is still hauting my mind.  That was so enjoyable indeed, in fact!  You felt so too?

Today I 'm pleased to show you a beautiful video.  You can find Devendra in Tokyo partly here.  Needless to say, you can see also how the things of The Devendra Banhart Fan Party presented by ULYSSES were going on at Traumaris on the 3rd of August (Wow, ULYSSES boy Tsuyoshi Kawasoe looks so happy on the video!).  It was a very special charity show!  Everything was so friendly there, and all of us felt "BIG LOVE" with Devendra or thanks to Devendra like a guiding star.

By the way, I got a beautiful letter from a ULYSSES reader the other day.  She's a great Devendra Banhart fan living in Fukuoka, and she says she came all this way to join The Devendra Banhart Fan Party at Traumaris.  So, according to her, Devendra, in writing his autograph at that time, tore a leaf off his notebook just like a passport, not his real passport!  Indeed, you are right!  I must have misunderstood ridiculously!  I have to correct partly regarding my writing of August 13th in this blog.  I deeply appreciate your kind information.  Thanks!