ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Aug 30, 2011

紙ジャケになったPILの名作  Masterpieces of PIL in Paper Sleeve Edition

ねえ! この夏が終わる前にぜひ言っておきたいことがあったの! 日本では今パブリック・イメージ・リミテッド(PIL)の全アルバムが紙ジャケ化されているのよ。そのうち数枚を買った私は、特に『フラワーズ・オブ・ロマンス』にぞっこんよ! あなたは何かもうゲットした?  とにかく私は初期PILを熱烈におススメするわ。当然よねえ ?

もちろん、初期PILはユリシーズ・ボーイズにとってもすごく重要なバンドなの。河添剛さんと平治さんは『パブリック・イメージ』と『セカンド・エディション』(『メタル・ボックス』ね!)が猛烈に好き。2人によれば、今初めてPILのことが好きになっても遅すぎることはないって。イエィ! その通りよ!

Flowers of Romance / PIL

Hey!  I have something not to forget to tell you, before the end of this summer!  All albums of Public Image Limited (PIL) in beautiful paper sleeve edition (mini LP format) are on sale now in Japan.  I've gotten some, and I'm fond of especially "Flowers of Romance"!  Have you already gotten any albums?  I highly recommend you to try to listen to early PIL anyway.  Why not?

Of course, early PIL is very important for every ULYSSES Boy.  Tsuyoshi Kawasoe and Osamu Taira love "Public Image" and "Second Edition" (Metal Box) so deeply.  According to both of them, it's not too late you start to love PIL now for the first time.  Yeah!  That's right!

Aug 26, 2011

サイモン・フィンのライヴ・アルバム!  Simon Finn's Live Album is Coming Very Soon!

ワオ! 遂にサイモン・フィンの待望のジャパン・ライヴ・アルバムが登場するわ! タイトルは『The Distance Between Stones』。発売元はもちろんキャプテン・トリップ・レコーズよ(「キャプテン・トリップはインディの覇者」だとボーイ・フレンドから教えられて以来、私はずっと、このレーベルのことを偉大だなあって思ってきたの)。先日、このアルバムの詳細を知ってビックリしたわ! 本当にクレイジーよ! とんでもなく豪華な内容なの!

CD1: 2011年1月29日MANDA-LA2でのライヴ・パフォーマンスを収録。
CD2: 同年1月30日UFO CLUBでのライヴ・パフォーマンスを収録。
ボーナス DVD: 40分のスペシャル映像を収録。
ブックレット: 36ページ。フル・カラー。写真多数。サイモン・フィンによるライナーノーツ。
特製ボックス: 2枚のCD、DVD、ブックレットを収めた美しいボックス。

それだけではないのよ! キャプテン・トリップ・レコーズに直接予約をすると、先着200名にもれなくスペシャルなプレゼントがついてくるわ! それは、1月31日TRAUMARISでのライヴ・パフォーマンスを収録したCDなの! この日のライヴについてはユリシーズも全面的にサポートしたから、個人的にはとても感慨深いプレゼントだと言うこともできるけど、それにしてもキャプテン・トリップ・レコーズは相変わらず気前が良すぎるわ! あなたもそう思わない?

アルバム発売日は9月10日。限定500セットなの。だから、予約を急いで!  http://www.captaintrip.co.jp 

ユリシーズ・ボーイの河添剛さんからはこんなメッセージをもらったわ。「『The Distance Between Stones』が、2011年のベスト・アルバムのひとつになることは必至だよ。サイモン・フィンのソロ・パフォーマンスは距離(distance)を廃絶する神秘的なロマンティシズムそのものだと僕は思う。このアルバムはもうひとつの『Pass The Distance』なんだ」って。

ユリシーズ・ボーイの平治さんはこう言っているわ。「相変わらず気が利くよ、キャプテン・トリップ・レコーズは!」って。

そして、サイモン・フィン自身からはこんなメッセージがあったの。「リー・エルが言うように、僕はアシッド・フォークのシンガーなんかじゃないんだよ。僕は詐欺師なのさ!」って。

いいえ、サイモン、あなたは偉大なアーティストよ!

"The Distance Between Stones" / Simon Finn

Wow!  Simon Finn's eagerly-awaited live album recorded in Tokyo is coming finally!  Its title is "The Distance Between Stones".  Released from Captain Trip Records, of course (I've always believed the greatness of Captain Trip Records since my boyfriend said, "This is a champion of indie label in Japan").  The other day I was so surprised to know about the details of this album!  How crazy indeed!  Amazingly super gorgeous contents!

CD1: Recorded live at MANDA-LA2, Tokyo, on the 29th Jan., 2011.
CD2: Recorded live at UFO CLUB, Tokyo, on the 30th Jan., 2011.
Bonus DVD: Special footage for 40 minutes long.
Booklet: Full color 36 pages booklet.  Including many photos.  Notes written by Simon Finn.
Special Box: contains 2CD + Bonus DVD + Booklet.  Beautiful design!

Not only that!  Very special gifts will be presented to the first 200 people who reserve directly to Captain Trip Records!  It's a CD recorded live at TRAUMARIS, Tokyo, on the 31st January!  A thousand emotions crowd on my mind with the gift, when I look back upon the live performance at TRAUMARIS ULYSSES supported totally.  Anyway, Captain Trip Records is too generous as always!  Don't you feel so too???

"The Distance Between Stones" is coming out on the 10th September!  Limited edition of 500 only!  Guys, pre-orders are advised!!!  http://www.captaintrip.co.jp 

Now Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES Boy says to me, "Obviously, 'The Distance Between Stones' will be one of the greatest albums of 2011.  I think Simon Finn's solo performance is the mysterious romanticism itself that can get rid of the distance between you and him.  This live album is another 'Pass The Distance'".

Osamu Taira of ULYSSES Boy says, "Captain Trip Records is always considerate!".

And, much pleasantly, Simon Finn gave a message to me, "As Lee Elle said, I'm not an acid folk singer!  I'm just a fraud!"

No, Simon, you are a really great artist!

Aug 22, 2011

エントランス・バンドとの対話  Conversation with The Entrance Band

つい先日のことだけど、私はエントランス・バンドのガイ・ブレークスリーにあるものをプレゼントしたの。それは、エントランス・バンドのカッコイイ写真が表紙になっている美しいノートブック! ヴィンテージ・ファッション好きには今やバイブルと言っていい『My Freedamn!』の第9号が刊行された直後の昨年12月、東京は新宿ビームスでおこなわれた写真展「My Feeedamn!」で、私はそのノートブックを2冊買い求め、1冊をガイにプレゼントしたというわけ。もちろんガイは喜んでくれたわ! そして彼は、返礼として、ユリシーズ・オフィシャル・ブログのためにエントランス・バンドの近影を何枚も提供してくれたの。ありがとう、ガイ!

一方、同じくエントランス・バンドのデレク・W・ジェームスは、バンドの様々な計画を次のように話してくれたの。

「日本にはすぐにでも戻りたい! でも、その前に、この夏はアルバムのレコーディングをしなきゃいけないんだよ。僕らはロンドンでもレコーディングしたよ。Southern Recordsがやっている『ラティテュード』というシリーズもののシングル盤のために、少しだけね。年末にはリリースされるだろう! それに、友達のブリットが運営しているスピリチュアル・パジャマズってレーベルからも、2曲入りの7インチが出るだろうな。サックスやラップ=スティールを入れた『プレイヤー・オブ・デス』のバンド・ヴァージョンや、『サマータイム』のカヴァーを収めると思うよ。ちなみに、この春リリースされた僕らの7インチシングル盤『I Want You』は持ってる? あれはもう売り切れちゃったよ!」

デレクのお父さんが詩人だということを聞いたことがあるけど、本当かしら?

「本当だよ!  父親は詩人のデヴィッド・R・ジェームスさ! "Because Everything Is All I've Got"というタイトルの新しい詩集が刊行されたばかりなんだよ!」

ありがとう、デレク! またお話をしましょう!









All photos taken by Samuel James

I gave a present to Guy Blakeslee of The Entrance Band the other day.  That's a beautiful notebook covered with a cool pic of The Entrance Band!  Last December, at a photo-exhibition called "My Freedamn!" at BEAMS, Shinjuku, Tokyo just after "My Freedamn!" #9, now regarded as a bible for vintage fashion lovers, came out, I had bought 2; One is for me and another is for Guy.  Of course, Guy felt happy with the notebook!  Then he kindly offered some recent pics of The Entrance Band in return, for the readers of ULYSSES Official Blog.  Thank you, Guy!

On the other hand, Derek W. James of The Entrance Band told me some new projects as below;

"We hope to be able to get back to Japan sometimes soon.  But we're going to record a new full length later this summer before that.  We also just recorded some music for a 12"/CD EP on Southern Records for a part of their series called "Latitudes".  It was recorded at their London studio when we were just over there.  So that should come out later this year!  I think we're also going to record 2 songs for a 7" on our friend Britt's label called Spiritual Pajamas.  I believe we'll be doing a band version of Prayer of Death (including saxophone and lap-steel) and also a cover of Summertime.  Did you get one of our cover 7"s that came out earlier this year???  They're almost gone!!"

Derek, people say your father is a poet, is that true?

"Yes!  My dad is really a poet named David R. James!  His new book just came out.   It's called 'Because Everything Is All I've Got' ".

Thank you, Derek!  Talk to you soon!

Aug 13, 2011

デヴェンドラ・バンハート、来日こぼれ話  Various Tidbits of Devendra Banhart During His Stay in Tokyo

* 今回のデヴェンドラ・バンハート&ザ・グロッグスのメンバーは、デヴェンドラ(Vo. / G.)、ジョー・スタインブリック(G. / Vo.)、ノア・ジョージソン(G. / Vo.)、トッド・ダールホフ(B. / Vo.)、グレッグ・ロゴーヴ(Dr.)でした。ノアのギタープレイはまるでフレッド・フリスのようだったわ。グレッグはまるでレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムのようにものすごくパワフルで。新メンバーのジョーは真摯なギタリスト。トッドのベースは深く、官能的で、セクシー。8月4日はリキッドルームでのザ・グロッグスは、最強のロックンロール・バンドであることを自ら証明してみせたわ!

* 「シーホース」はバンドのフェイヴァリット曲らしいわ。「これをやるとバンドがすぐに一体化し、燃え上がるような演奏ができるんだ」ってグレッグが言っていたわ。

* バンドに同行した美しいアナ・クラスは、写真家兼家具デザイナー。昔は東京に住んでいたこともあるそうよ。彼女は日本の女子高生の制服に興味があるの。

* デヴェンドラたちはお酒を飲むのを止めてしまったわ。しかも、全員日本食が大好きなヴェジタリアンなの。デヴェンドラは蓮根と納豆が大好きなのよ! ノアは枝豆が好き。グレッグは卵と魚はOKだけど、動物の肉は絶対にNO!なの。

* 食事の前は、デヴェンドラは必ず目を閉じて瞑想をするの。

* ジョーはビートルズの大ファン。特に『ホワイト・アルバム』を賞賛しているの。さすがね。ちなみにジョーのパパはブルース・フォークのギタリストらしいわ。

* トッドはアーケイド・ファイアでも仕事をしたことがあるミュージシャンで、バークレー出のインテリなのよ!

* デヴェンドラは日本映画のファン。北野武や小津安二郎のようなフィルムメーカーに関心を持っているみたい。

* デヴェンドラとジョーはセミに感激していたわ! 鳴き声をケータイで録音していたくらいよ!

* デヴェンドラの新作は、ノアと2人だけでレコーディングする模様。「すごくローファイな音作りに徹するつもりだよ。2曲ばかり悲しくて長尺な曲も収録されると思う。この秋にリリースされるよ」とはデヴェンドラの弁。「本当にリリースされるのかな? 大丈夫か?」とはノアの弁。一方、グレッグは、「前のアルバムのためにレコーディングしたすごくいい曲があるから、その曲も新作には含まれるんじゃないかなあ」と言っていました。みんな自由なことを言っているのね!

* ファンからサインをねだられたデヴェンドラは、何と自分のパスポートのページを破り取って、そこに絵を描いたのよ! 信じられない!

* とても親切にしてくれたデヴェンドラのために、ユリシーズは彼に、浅川マキのCD5枚(ビューティフルな紙ジャケよ!)と日本のフォーク・アルバムのディスク・ガイドを贈呈。もちろん彼は大喜びだったわ!



* This time the members of Devendra Banhart and The Grogs were: Devendra (Vo. / G.), Joe Steinbrick (G. / Vo.), Noah Georgeson (G. / Vo.), Todd Dahlhoff (B. / Vo.) and Greg Rogove (Dr.).  Noah's guitar play was just like Fred Frith.  Greg was very powerful just like John Bonham of Led Zeppelin.  A new member, Joe is a sincere guitarist.  Todd's bass is deep, sensual and sexy.  The Grogs at the Liquidroom on August 4th has proved that they are the best rock'n roll band!

* "Seahorse" is the band's favorite song.  Greg said "When we play this song, the band always come together at once and can play flamingly."

* Beautiful Ana Kraš, who has accompanied the band, is a photographer and a furniture designer.  She has lived in Tokyo before.  She is interested in Japanese female high school students' uniforms.

* Devendra and the band members have stopped drinking.  Now they are all vegetarians and they like Japanese food.  Devendra likes even renkon and natto very much.  Noah likes edamame.  Greg eats eggs and fish but no meat.

* Joe is a big fan of The Beatles.  He admires specially "White Album".  His father is a blues folk guitarist.

* Todd has played with Arcade Fire.  He is intelligent and has graduated from Berklee College of Music.

* Devendra likes Japanese movies.  He is interested in Takeshi Kitano and Yasujiro Ozu.

* Devendra and Joe were thrilled by cicadas.  Joe recorded the buzz with his mobile phone.

* Devendra's new work will be recorded only with Noah.   Devendra says "I'll be devoted to Lo-Fi music.  There will be two songs which are very sad and long.  It will be out this fall".  Noah says "Will it be out? Is it true?"  Greg says "We have a few good songs for the previous album, so they will be in the new one."  Everyone says something they want!

* Devendra drew a picture on a page of his passport and gave it to his fan asked for his autograph.  I can't believe it!

* "ULYSSES" presented Devendra, who has been very kind and generous, five Maki Asakawa's CDs in beautiful paper sleeve edition and a Japanese folk album disk guide.  He was really happy.

Aug 9, 2011

トラウマリスでのデヴェンドラ・バンハート  Devendra Banhart at TRAUMARIS

本当に、本当に、ビューティフルな夕べだったわ! そう、8月3日に恵比寿はトラウマリスで行なわれた「The Devendra Banhart Fan Party」のことよ! 会場はデヴェンドラのファンで超満員! みんな、みんな、ステキな人たちばかり! 大成功のチャリティ・イヴェントだったわ! ワオ!

まずは、パーティ主催者のユリシーズを代表して河添剛さんが感動的なスピーチ。それからチャリティ・オークション。デヴェンドラがドゥローイングを描いたポスターやワイン・ボトル(面白いことに、DBという名の赤ワインだったの!)が次々と、そして全部見事に落札されたわ。みんな、ありがとう! 

それが終わるとデヴェンドラのソロ・ライヴ。エレキ・ギターを手に、あの素晴しい祈祷師の声で、「ベイビー」、「ア・サイト・トゥ・ビホールド」、「ザ・ボディ・ブレークス」、「シーホース」、その他を歌ってくれたわ! ウーン、たまらない! 最高! ちなみに「シーホース」は河添さんがリクエストした曲なのよ。デヴェンドラが演奏中に河添さんの方を向いて、笑いながら「ツヨシ、ファック・ユー!」って叫んでいたのは、「シーホース」が8分を超える長い曲だからなんだけど、みんなあれを聴けて絶対満足だったはずよね? We love you, Devendra!   それに、すごく嬉しかったわ、だって彼はずっとすごく楽しそうにしているんですもの。彼も私達同様にハッピーだったのよ!

演奏終了後、デヴェンドラはファンと熱心に交流を深めていたわ。何てフレンドリーな人なの! 何てオープンな人なの! 彼ったらなかなかホテルに帰ろうとしなかったわ。ファンのひとりひとりと笑顔でコミュニケーションし、サインをし、ハグをし、写真に撮られ、日本語で「カノジョニナッテクダサイ!」って言い続けていたわ! 彼には天使の透かしが入っている! 私はそう信じたわ。

募金もいっぱい集まったの。それは全て東日本大震災の被災者に寄付されるの。デヴェンドラ、ありがとう! ユリシーズ、ありがとう! みんな、ありがとう! パーティにはシニックな人々は全然いなかったわ! 





It was a really really beautiful evening!  Yes, I'm talking about "The Devendra Banhart Fan Party" at TRAUMARIS, Tokyo on the 3rd of August!  The party was filled to bursting!  People were soooo wonderful!  This charity event resulted in super great success!  Wow!

The party started with a impressive speech by Tsuyoshi Kawasoe represented from the ULYSSES magazine.  Then the charity auction began.  All lots, including the posters and bottles of red wine named interestingly DB with Devendra's original drawings, were sold very well!  Thanks, everyone!

After the charity auction, Devendra played solo with his electic guitar and sang "Baby", "A Sight To Behold", "The Body Breaks", "Seahorse" and others in that famous prayer's voice.  Mmm, what a joy!  What a great experience!  Incidentally, "Seahorse" is the song Tsuyoshi requested him to play.  During his play, Devendra shouted "Tsuyoshi, fuck you!" in laughing, for "Seahorse" is long for over 8 minutes, but I believe everyone must have been much content to listen to the song.  We love you, Devendra!  And grad deeply in my heart, for he obviously looked very enjoyable like us.  He was as happy as us!

Then he eagerly communicated with his fans at TRAUMARIS.  What a friendly guy!  What an open-hearted person!  Amazingly, Devendra would not go back to his hotel.  He talked in smiling to each fan, hugged, was taken pictures, and kept on saying "Be my girlfriend" in Japanese!  The angel is his watermark!  Yeah, that's true!

So many good people did fund-raising at that evening.  The proceeds will be for the victims of the earthquake in Japan.  Thank you, Devendra!  Thank you, ULYSSES!  Thank you, guys!  Fortunately, there were no cynics at all at "The Devendra Banhart Fan Party"!

Aug 8, 2011

ありがとう、デヴェンドラ・バンハート!  Thank You, Devendra Banhart!

ハロー! そして、ごめんなさい! 今の私はまるで抜け殻よ! 先週は東京でデヴェンドラ・バンハートや彼のバンドのザ・グロッグス、それにユリシーズ・ボーイズと一緒に過ごし、すべてがあまりにも楽しすぎて、夢みたいで、しかもあまりにもエキサイティングで、頭が完全に空っぽになってしまっていたに違いないわ。だからブログを全然書けなかったの! 今日から心を入れ替えて、デヴェンドラたちの滞在レポートを少しずつ皆さんにお届けすることにするわ。

今日はデヴェンドラがユリシーズに寄贈してくれた貴重なお宝を紹介するわ。ひとつはレアなツアーTシャツよ。デザインはもちろんデヴェンドラ自身と彼のお友達のコラボレーションね。かわいいデザインだと思わない? もうひとつは彼の愛用のサングラス。ブランドは案の定オリヴァー・ピープルズよ! このサングラスはユリシーズ・ボーイの河添剛さんにお似合いだったわ! デヴェンドラいわく、「このサングラスをかければツヨシはますますジョン・レノンみたいになるよ!」ですって。デヴェンドラってすごく親切なのね! 


Hello!  And please excuse me!  I'm just a mere shadow of my true self now!  I must have been empty-headed and that is why I have been unable to write any blogs.  Everything was so much fun, that was like a dream and so exciting to spend time with Devendra Banhart, his band "The Grogs", and Ulysses Boys last week in Tokyo.  But I decide to move on today and will post the report on the stay of Devendra and others step by step.

Today I show you precious treasures that Devendra gave to "Ulysses".  One is a rare T-shirt. It is the collaborative design by Devendra himself and his friends.  It is cute, isn’t it?  Another is a pair of his favorite sunglasses.   Sure enough, the brand is Oliver Peoples!  Those sunglasses look good on Tsuyoshi Kawase, one of the Ulysses Boys! Devendra says "If you wear these, you look more like John Lennon!".   He is extremely kind!