ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 29, 2011

デヴェンドラ・バンハートのポスター The Poster for The Devendra Banhart Fan Party

ワオ! すごいわ! カッコイイ! まさに驚きよ!……

昨夜、ユリシーズ・ボーイの河添剛さんから、8月3日に東京で行なわれる「The Devendra Banhart Fan Party」のためのポスターを見せてもらったの! グッド・ジョブよ! いつものように、デザインは河添さんと倉茂透さんによるもの。2人は『ユリシーズ』のハウス・デザイナーなのね。

これは正しくは『ULYSSES Emergency Edition』(ユリシーズ緊急特別号)と呼ばれているものよ。裏面には様々な面白い記事が満載されているの。3号めとなる今回のポスターは、8月3日にTRAUMARISでゲットできるわ。楽しみにしていて!

私はユリシーズが作るポスターのコレクターよ! だから当然、このポスターも絶対に手に入れるわ! そしてポスターには大好きなデヴェンドラのサインをもらうの! ステキ! ウーン!



Wow!  Beautiful!  Cool!  Amazing indeed!...

Last night Tsuyoshi Kawasoe of ULYSSES Boy kindly showed me the poster for The Devendra Banhart Fan Party to be held in Tokyo on the 3rd of August.  Well done, Boys!  The designers of the poster are Tsuyoshi Kawasoe and Toru Kurashige as always.  Both of them are the great design team working specially for "ULYSSES".

The poster should be called "ULYSSES Emergency Edition" correctly.  Various interesting articles are full on the back.  You can get this one as a third issue very soon at TRAUMARIS.  Everyone, look forward to the 3rd of August!

I'm a collector of the ULYSSES posters!  So, needless to say, I will obtein this one absolutely!  Then I will ask my favorite man Devendra to give his autograph on that!  Wonderful!  Oh, yeah!  Mmm!...

Jul 26, 2011

初来日時のデヴェンドラ・バンハート Devendra Banhart in Japan / 2006

ハロー! デヴェンドラ・バンハートはもうじき日本にやってくるわ! 8月3日はTRAUMARISでの「The Fan Party」の予約はもう済ませたかしら? この日彼はわずか60人の聴衆を前にソロ・アコースティック・ショウをやるのよ。こんな贅沢な楽しみって他にはないでしょ? (でもそれがチャリティ・ライヴだってことは忘れちゃいけないわよね!)

彼のショウが待ちきれない? そんなあなたのために、今日は彼の昔の映像を紹介するわ。映像は2006年に彼が初めて日本にやってきた時に撮られたものよ。面白いわよ。デヴェンドラもノア・ジョージソンも全員、まるで60年代のヒッピーみたい! その上すごくカッコイイ! 言うまでもないことだけどね。

「僕はヒッピーじゃないよ」ってデヴェンドラが語っている記事を読んだことがあるわ。「だって僕はヒッピーと違って臭くはないもの」ですって。でも、私は彼の大ファンだからそんなことは全然気にしないわ!


Hello!  Devendra Banhart will come to Tokyo very soon as you know!  Have you already obtained "The Fan Party" at TRAUMARIS to be held on August 3rd?  He will play solo acoustic in front of very limited 60 people.  There would be no other gorgeous fun like this!  (But remember it is a donated show...)

Can't wait for his show?  Today I show you a film of younger Devendra.  It was filmed in 2006 when he came to Japan for the first time.  Very interesting.  Devendra and all of his friends including Noah Georgeson look like hippies in the 60's!  Also, needless to say, they look soooo cool!

"I'm not a hippie", says Devendra in an old article, I remember now.  He adds, "For I have no bad smell".  Ha, ha, ha!  But I don't care at all, because I'm a big Devendra fan!

Jul 21, 2011

デヴェンドラ・バンハートとパーティ  The Fan Party with Devendra Banhart

アロハ! とてもとてもエキサイティングなニュースをお届けするわ!

先月末からデヴェンドラ・バンハートはユリシーズ・ボーイの河添剛さんとあることについてずっと相談をしてきたの。その「あること」、それは、東京の小さくてフレンドリーな場所でファン・パーティを開き、そこで彼はソロ・アコースティック・パフォーマンスをやるということ。そして目的は、パーティでの収益ならびに彼のソロ・パフォーマンスへの私達の「喜捨」(3,000円以上が好ましいわ!)を東日本大震災の被災者のために募金をするということなの! ワオ! 素晴しい思いつきよね? それが本当に実現するのよ。パーティは8月3日、場所は恵比寿はTRAUMARISTよ! 入場の予約はTRAUMARISまで。氏名、人数、連絡先(メール・アドレス・電話番号)を忘れずに。急いで!info@traumaris.jp
それと、TRAUMARISのHPはここよ。http://www.traumaris.jp/

パーティはあなたにとってこの夏一番の思い出になるかも。デヴェンドラ、ありがとう!TRAUMARIS、ありがとう! こんなステキなイヴェントをプロモートしてくれるユリシーズ、ありがとう! みんな、ありがとう!...私、すごく嬉しい!


Aloha!  This is a very, very, very exciting news!

Since last month, Devendra Banhart and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES have been talking about a project eagerly, that's a party at a small friendly place in Tokyo and Devendra will play solo acoustic there.  The purpose is to donate the profit of the party and our reward to his performance for the victims of the earthquake in Japan.  Wow!  What a wonderful idea!  And, fortunately that will come true really very soon!  Devendra Banhart Fan Party will be held on August 3rd at TRAUMARIS, Tokyo!  For reservation, email to info@traumaris.jp .  Hurry up, guys!  Also, visit http://www.traumaris.jp/

I believe the party will be one of the most beautiful memories for you this summer.  Thank you, Devendra!  Thank you, TRAUMARIS!  Thank you, ULYSSES that will promote such a great event!  Thank you, everyone!  ...I AM SO HAPPY!


************

デヴェンドラ・バンハート
ファンパーティ

日時:8月3日(水)
OPEN 19:00
START 20:00

パーティ会費:2,000円(1ドリンク込み+ユリシーズ特製ポスター)

*なお、デヴェンドラのソロ・プレイはチャリティ・ライヴとなります。ギャラの受け取りを固辞するデヴェンドラ本人の強い意向に従い、当日、来場者のみなさまには東日本大震災の被災者の方々のために募金をお願いすることとなります。この旨あらかじめご理解くださいますよう、伏してお願い申し上げる次第です。(『ユリシーズ』編集長・加藤彰)

Jul 19, 2011

デヴェンドラとユリシーズ  Devendra Banhart & "ULYSSES"

ハロー! デヴェンドラの最近のインタヴュー映像を紹介するわ。場所は彼の自宅の一室ね。注目してほしいのは、画面右下。そう、壁には『ユリシーズ』が貼ってあるの! 日本で一番ステキな音楽雑誌であるあの『ユリシーズ』がよ! 大興奮! ありがとう、デヴェンドラ!

Hello!  Introducing you the recent interview with Devendra.  It was taken in a room of his house.  Look at lower right.  Yes, "ULYSSES" is on the wall!  It is "ULYSSES" which is the best music magazine in Japan!  Very exciting.  Thank you Devendra!

Jul 18, 2011

ショッピング  Shopping

ボーイ・フレンドとショッピング。彼はとってもステキな人なので、私がアーケイド・ファイアのファンじゃないことをよく知っているの。だから、CDショップに行っても話が弾むわ。あー、楽しかった!

この日私が買ったCDは、ジョアン・ジルベルトのセカンド・アルバム(幻のアルバムと呼ばれていた初期の傑作よ)、ブラジル音楽のコンピレーション・アルバム(カエターノ・ヴェローゾからデヴェンドラ・バンハートまで参加している、すごく刺激的な、そしてある意味教育的なアルバムなの)、それとヴェティヴァーの新作(待ってたわ!)。家へ帰ってから聴いたわ。3枚とも大好きって思った。私、すごくいい買い物をしたのね!

おかしいのよ。ボーイ・フレンドはまるで学校の先生みたいな威張った口調で、リー、ぜひドノヴァンも聴くべきだよって、お店で私に言ってたの。まあ! 彼ったらきっと忘れているんだわ。スウィートな彼は、昔、ドノヴァンのCDを私に何枚もプレゼントしてくれたのに。『サンシャイン・スーパーマン』とか『ハーディ・ガーディ・マン』とか。私は昔からドノヴァンが好きよ。あなたのことも好きなのよ。

"O Amor O Sorriso E a Flor" João Gilberto 

"Red Hot + Rio 2" Various Artists

"The Errant Charm" Vetiver


Shopping with my boyfriend the other day.  He is nice and knows well that I am not a fan of Arcade Fire.  So we always have a nice conversation at a CD shop.  Had a good time as always!

That day I bought the second album of João Gilberto (which is his early masterpiece that has been regarded as a phantom album), a compilation album of Brazilian music (It is a very exciting and also educational album in a way, and the participating artists are from Caetanano Veloso to Devendra Banhart.) and Vetiver's new release (I have been waiting!).  I listened to them when I got home and I liked them all!  A good buy!

It's strange that my boyfriend told me to listen to Donovan in school teacherly tone at the CD shop.  He must have forgotten that he had been so sweet to give me many Donovan CDs like "Sunshine Superman" and "Hardy Guardy Man" in the past.   I've loved Donovan for a long time, and I love you too. ♥

Jul 17, 2011

ボヘミアン・ルックのリトル・ジョイ Little Joy in Bohemian Fashion

音楽が大好きな私がファッションが好きでも、別におかしくないでしょ? コンサートに行けば、女の子は大概おしゃれにしているし、ボーイ・フレンドが一緒だったらよけいにそうよね。

音楽とファッションの結びつきはとても深いと思うわ。いいミュージシャンはみんなおしゃれよ。特に60年代と70年代、それに現在のロスのミュージシャンは。先日『ELLE』を見ていたら、私が大好きなリトル・ジョイがグラビアを飾っていたの。しかも、ファッション・モデルとして、とても美しいボヘミアン・ルックで身を飾っていて。ステキ! 私もこんな服を着たいな。似合うかしら? ボーイ・フレンドは、君にもボヘミアン・ルックが似合うんだよって嬉しいことを言ってくれたので、先日はつばの広い帽子を買ってみたわ……。

それにしても、リトル・ジョイのメンバーって絵になるのね。ファブリツィオ・モレッティってロマンティックに見えるわ(でも、彼が在籍しているザ・ストロークスには、私あんまり興味がないのよね……)。一方のビンキ・シャピロはとてもきれい。うらやましくなるほどステキな女性なの。ロドリゴ・アマランテは南米の明るい情熱を体現しているわ。リトル・ジョイはかっこいい! 彼らがこれまでもいろいろなファッション誌に登場しているのはそのせいなのね。同じ理由で、デヴェンドラ・バンハートも『ヴォーグ』とかの誌面を何度も飾ったことがあるのよ。

リトル・ジョイの新作はいつラフ・トレードから出るのかしら? 今度ロドリコにそのことを真剣に訊いてみようかな……。

"Little Joy" in "ELLE" magazine

You won't be surprised if I, who love music, am also interested in fashion, will you?   If you go to concerts, most girls are well-dressed and if they are with boyfriends, they are more fashionable.

Music and fashion are closely associated.  Good musicians are all fashionable.  Especially in the 60's and 70's, and the current musicians in Los Angeles.  I found Little Joy's photos in the "ELLE" magazine a while ago.  They were in very beautiful bohemian fashion as fashion models.  So wonderful!  I want to wear those kind of clothes.  Would I look nice?  My boyfriend says I look nice in Bohemian fashion, which has made me happy, so I have got a hat with wide brim...

By the way, the members of Little Joy are perfect for pictures.  Fab Moretti looks romantic (but I am not really interested in The Strokes he belongs to...).  And Binki Shapiro is really beautiful.  She is such a wonderful lady that I feel envious.  Rodrigo Amarante embodies the bright passion of the South America.   Little Joy is so cool! That is why they have appeared in various fashion magazines so far.  Also, for the same reason, Devendra Banhart has appeared "Vogue" and other magazines many times.

I wonder when Little Joy will have a new release from Rough Trade.  I will ask Rodrigo about this seriously if I have a chance.

Jul 8, 2011

サーストン・ムーアの"ダイアリー"  The Thurston Moore Purple Diary

アロハ! 先日街をブラブラ散歩していたら、面白い雑誌を見つけたの。フランスのインディペンデント・マガジンで、以前私も何回か買ったことがある『Purple Fashion』の最新号(2011, issue15)。世界で一 番クールで、アヴァンギャルドで、美しい写真を満載した雑誌であることは相変わらずなんだけど、この号には特別な付録がついているのよ。

それは、サーストン・ムーアの“ダイアリー”!

ただ、ダイアリーといっても、それは言葉で構成されたものではないの。サーストン・ムーア自身が音楽雑誌からいろいろなグラビアを切り抜いて作ったコラージュ集なの。たぶん彼の脳内の世界がヴィジュアル化されているんだわ。そしてその世界に溢れているものは、ロック・ミュージックに日々注ぎ続けている彼の愛情なの。そんな"ダイアリー"のことを、彼はstreet mouthって呼んでいるわ。街での語らい、といった意味ね。サーストン同様、あなたのstreet mouthももちろんロック中心でしょ?

でも、ベックがプロデュースしたサーストン・ムーアの新作『Demolished Thoughts』はアシッド・フォークの味わい。いいアルバムよね。そういえば、このアルバムに封入されているブックレットは、ところどころsreeet mouthを連想させるデザインだわ。


"purple FASHION magazine"  S/S 2011  issue 15


Aloha!  When I took the air in my town the other day, I found an interesting magazine.  That's the latest issue of a French independent magazine "Purple Fashion", I had bought for a few times before.  It's the coolest in the world, avant-garde, and full of beautiful photos as always, but a special supplement is added to this issue.

The supplement is the Thurston Moore purple diary!

But, please note, the diary is not composed by his words.  It's a scrap book made by Thurston who assemblaged various plates from many music papers.  I think it probably visualized a world in his brain and the world is full of his everyday love to rock music.  He calls such a diary "street mouth".  That means a conversation in town.  The subject of your street mouth is mainly rock music too, like Thurston?

On the other hand, Thurston's new album "Demolished Thoughts" produced by Beck has a tasty of acid folk.  Good album, isn't it? Incidentally, the design of the booklet of this album reminds me partly "street mouth".

Jul 2, 2011

リンダ・パーハックスについて私が知っている2、3の事柄   A Few Things I Know About Linda Perhacs

みんな、コンニチハ。先日ブリジット・セント・ジョンwith林拓の『ジョリィ・マダム』について私たちのために美しい言葉を寄せてくれたリンダ・パーハックスの近況をお伝えするわ。長らく音楽活動から遠ざかっていた彼女(歯科衛生士のキャリアに集中していたの)が突然ライヴをしたのは2009年秋。以来彼女はロスで一種の総合芸術とでも言うべき複合的なステージ(音楽+舞踏+映像)をコンスタントに展開しているんだけど、次回は8月14日、ロスのシネファミリーでライヴが行なわれるのよ。わくわくしない? これこそは夏休みにはぴったりの、でもとても贅沢な体験になるはずよ!

もしかすると、この日のパフォーマンスがライヴ盤になるかも。クォリティ次第だけど。でも、彼女のセカンド・アルバムのこともあなたは気がかりでしょ? 大丈夫よ。彼女にはすでにアルバム1枚分の新曲ができているの! でも、その前に彼女は、まずは映像付きのシングル盤をいくつかリリースする可能性があるわ。

リンダの現時点での唯一のアルバム『パラレログラムズ』(真の傑作!)にはたくさんのヴァージョンがあるけれど、正規盤は1枚しかないの! そのことについてリンダは悲しい思いをしているわ。ただし彼女は、本当に大切なのは私の音楽を気に入ってくれているファンです、と言っているの。ユリシーズ・ボーイズは全員、彼女のもう一枚の正規盤を待望しているわ! あなたもそうでしょ? 


Hello, guys.  This is the recent news on Linda Perhacs who has kindly sent us the preciously beautiful words on "Jolie Madame" by Bridget St. John with Taku Hayashi the other day.  Linda, who had disappeared from the music scene for a very long time (for she had focused on a dental hygiene career), had a solo show suddenly in the autumn of 2009.  Since then, she has constantly had the mixed shows (music + dance + film) so called "a composite art".  Soon she will have a show at the Cinefamily in Los Angeles on August 14th.  Don't you feel excited?  Her show must be a memorable for our summer vacation, but be a very precious experience obviously for us all!

Maybe, maybe, maybe...  The live album may be possible with the upcoming show.  It depends on the quality though.  Are you curious about her second album too?   Don't worry.  She already has enough music for the album!  But, before that, it may be possible to release a few singles with video for a start.

As for Linda's only album as of today, "Parallelograms" (a truly great masterpiece!), there are many versions out there, but only only one is authorized!  She feels sorrow with that.  But she says on the other hand, "My fans are what is really important".  All the ULYSSES Boys are looking forward to another authorized album of hers!  I believe you are as well, aren't you?