ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 31, 2011

ニッキ・サドゥンの隠れた名盤『Tel Aviv Blues』って知ってる? Do you know Nikki Sudden's enigmatic masterpiece album "Tel Aviv Blues"?

先日ニッキ・サドゥンのことを書いてふと思い出したことがあるの。彼の死後、2008年にイスラエルのイアーセイ(Earsay)というレーベルからリリースされた彼のアコースティック・ソロ・アルバム『Tel Aviv Blues』のことなんだけど、これが実は大変な名盤なのよ。レコーディングされたのは2002年。彼が2回ギグをしたイスラエルでの滞在中に、新曲やカヴァー曲などをスタジオでプレイしたの。ステキよ。切ないの。ワイルドなの。クールなの。彼の「テルアヴィヴ・ブルース」って曲は本物のアシッド・フォークよ。ジョニー・サンダースのカヴァー「ダイアリー・オブ・ア・ラヴァー」、T・レックスのカヴァー「ゲット・イット・オン」、それにローリング・ストーンズのカヴァー「アズ・ティアーズ・ゴー・バイ」まで入っているの。オススメよ。本当よ。

このアルバムはブートレッグではないと思うわ。でも、このレコーディングに関する記述は彼の自伝『The Last Bandit』にも見当たらないの。ニッキ・サドゥン・マニアの河添剛さんでさえこのアルバムのことは知らなかったんですって! それじゃあダメよね! 私、彼に『Tel Aviv Blues』を貸してあげたわ。

そういえば、イギリスのレーベルのイージー・アクションからは、昨年ニッキ・サドゥンの晩年の未発表曲集が出たわ。『Playing With Fire』ってタイトルのアルバム。んんん、これもすごくいいの! でもジャケットの絵はグロテスクね! 私は好きじゃないわ。いつか河添さんが彼のアルバムのデザインをすべきなのよ! だって彼はニッキの理解者だし、彼はクールな絵が描けるものね!

"Tel Aviv Blues" Nikki Sudden

I suddenly remembered one thing after I wrote on Nikki Sudden here the other day.  That's on his solo acoustic album called "Tel Aviv Blues" released on Israel based label Earsay in 2008 after his death, and it's a really great masterpiece.  In 2002, he went into the studio and some recorded new songs and some covers during his stay in Israel where he performed two gigs at that time.  The album is beautiful.  Heartbreaking.  Wild.  Cool.  His song "Tel Aviv Blues" is a real acid folk.  The album also includes the covers of " Diary Of A Lover" (Johnny Thunders), "Get It On" (T.Rex), "As Tears Go By" (Rolling Stones).  I do recommend you the album.  Yeah, that's true.

I believe the album is not a bootleg.  However you can't find any mentions on the album in his autobiography "The Last Bandit".  Even Tsuyoshi Kawasoe, the crazy Nikki Sudden mania, didn't know about "Tel Aviv Blues".  That's no good, Tsuyoshi!  So I immediately lent him the CD.

On the other hand, an album made up of out-takes from the albums in Nikki's later years has been already put out last year.  The album is called "Playing With Fire".  Mmm..., that's great too!  But the cover painting is grotesque, that's what I don't love.  I think someday Tsuyoshi K. should design his album cover!  For he understands Nikki well, and he is a cool painter!

May 29, 2011

ニッキ・サドゥンの自伝が出ていた! Nikki Sudden's autobiography's already come out!

みんな、これは驚きよ! ニッキ・サドゥンの自伝がすでに刊行されていたの。ローマの出版社アルカナから、今年英語版で、本のタイトルは『The Last Bandit』よ!……え、ニッキ・サドゥンって誰って? 詳細を知りたかったら『ユリシーズ』第3号をぜひ読んで。彼はスウェル・マップスのメンバーで、ジャコバイツのメンバーだった人。ジョニー・サンダース、テレヴィジョン・パーソナリティーズ、デュラン・デュラン(!)、プライマル・スクリーム、R.E.M.、ゴー・ビトウィーンズ、オアシス、マイク・スコット(ウォーターボーイズ)、イアン・マクレガン、ウィルコ、ミック・テイラー(元ローリング・ストーンズ)、その他の友達だった人。ロックンローラーと吟遊詩人の間にいた人。ジャコバイツの1985年のアルバム『Robespierre's Velvet Basement』を聴いてみて。美しくて、切なくて、リリカルで、オンボロの、ピュアなロックンロールがそこには詰まっているわ。彼の2004年のアルバム『Treasure Island』を聴いてみて。ニッキはこのアルバムを作るために生まれたんだということがあなたにもきっと分るわ。ニッキは残念なことに2006年にニューヨークで亡くなったの。アメリカ・ツアーの最後のギグの後に、49歳で。

生前の彼と親交のあったユリシーズ・ボーイの河添剛さんに、自伝の感想を聞いたわ。

「面白い自伝だよ。セックス、ドラッグ、ロックンロールだらけの記述の中から、とても純真なロマンティシズムが立ち上がってくる。つまるところニッキは、反時代的な人だったんだね。この時代には属さないような前向きな姿勢が、彼自身のロックの姿だったんだとあらためて思うよ。彼は夢をあきらめなかった。夢が彼を見捨てなかったからだよ。彼が真剣な文学青年だったという事実も看過はできない。この本を読んで、僕はますます彼のことを好きになった」

一方、ソニック・ユースのサーストン・ムーアはこう言っているわ、「ニッキ・サドゥンは本物だ」って。

そして、R.E.M.のピーター・バックはこう言っているわ、「ニッキは、貸したカネを僕に返したくれた唯一の男だ」って。

また、ライアン・アダムスはこう言っているわ、「ニッキ・サドゥンのアルバムで、持っていないものがあったら全部買え」って。

ああ、そうよ、みんなの言うとおりだわ!

私が大好きなキース・リチャーズの自伝『Life』が先日日本語版でも出たけど、そのキースに外見がとてもよく似ているニッキ・サドゥンの魅力は、日本ではどうも『ユリシーズ』読者の間でのみ共有されているだけで、それが私にはちょっと悲しいの。みんなもぜひ彼の『The Last Bandit』を読んで。オススメの一冊よ!

"The Last Bandit"  Nikki Sudden

Hi, folks!  This is amazing, for Nikki Sudden's autobiography has already come out on Arcana, the Rome based publisher, in the English language edition this year.  The book's title is "The Last Bandit"!... What?  You ask who Nikki Sudden is?  Read "ULYSSES"#3, and you'll know the details on him.  Nikki Sudden was a member of Swell Maps.  He was a member of Jacobites.  He was a friend of Johnny Thunders, Television Personalities, Duran Duran (!), Primal Scream, R.E.M., The Go-Betweens, Oasis, Mike Scott (Waterboys), Ian McLagan, Wilko, Mick Taylor (ex-Rolling Stones) and so on.  He was between a rock'n'roller and a troubadour.  Try to listen to the Jacobites' 1985 album "Robespierre's Velvet Basement".  That are full of beautiful, heartbreaking, lyrical, ragged and pure rock'n'roll souls.  Try to listen to his 2004 album "Treasure Island".  I believe you'll find he was born to make this album.  Sadly, Nikki passed away, in 2006 in New York, at 49 after the last gig of his American Tour... Sadly, again...

I heard from Tsuyoshi Kawasoe, a ULYSSES boy, who was a friend of Nikki during his lifetime, on his impression about his autobiography.

"That's an interesting book.  Some very pure romanticism appears from his description full of sex, drug and rock'n'roll.  In short, Nikki was the man of the anti-times. He never belonged to our times, that was his positive attitude really which meant his rock and roll.  I found out again.  He never gave up on his dreams.  For they would not give up on him.  And you are not allowed to ignore that he was a youthful sincere literary enthusiast.  I've loved him more since I read this book".

On the other hand, Thurston Moore from Sonic Youth said, "Nikki Sudden is the real thing".

And Peter Buck from R.E.M. said, "Nikki is the only guy I ever loaned money to who paid me back".

Or Ryan Adams said, "If you see a Nikki album you don't have, you buy it!".

Oh, yeah, I do agree with you all!

My favorite Keith Richard's autobiography "Life" has come out in Japan the other day, but I feel sorrow for the attraction of Nikki Sudden who looks like Keith, is still little known here aside from the readers of "ULYSSES".  Guys, please read his "The Last Bandit".  That's the one I do recommend you!

May 27, 2011

遂に『ジョリィ・マダム』が! 遂にブリジット・セント・ジョンwith林拓のライヴ盤が! "Jolie Madame", finally! The live album by Bridget St. John with Taku Hayashi, finally!

ハイ! 今日の私はご機嫌よ! 最高のニュースをお知らせするわ! このブログで以前お伝えした、ブリジット・セント・ジョンwith林拓のライヴ盤『ジョリィ・マダム』が、6月3日にとうとうリリースされることになったの! 昨年12月に日本でレコーディングされた感動のドキュメントよ! ワオ! 

リリース元はアルガ。完全限定発売なんですって。急いで入手しなくちゃね! あなたもそう思う? そんなあなたには、レコンキスタで入手することをぜひお勧めするわ。レコンキスタのみ、特別に5月31日が発売日になるのよ。それだけじゃないわ。レコンキスタで買い求めた人には、先着50名にすごい特典がつくの。ブリジット・セント・ジョンと林拓のサイン入りポスター(トライアル・プルーフ)がそれよ! すごくビューティフルなポスターなの。私、フレームに入れて壁に飾っちゃおうかなあ。ちなみに、レコンキスタの連絡先はこちらよ。
http://www.reconquista.biz/

アルガによれば、京都ではガケ書房でも販売されるそうよ。ガケ書房の連絡先は
http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/
または電話075 (724) 0071。

ああ、わくわくする!

幸運にもすでに音を聴いている河添剛さんは、先日私にこう言っていたわ。「完璧なアルバム。真の傑作。2011年のベスト・アルバム。リー、僕の言葉に誇張なんかないんだよ。『ジョリィ・マダム』には本物の美がある。優しく不可解な翳りがある。アーティスト同士の麗しい友愛がある。ブリジットの新曲もある。僕はこのアルバムが大好きだ。僕はこのアルバムを6月の夕暮れがゆっくりと蒼ざめていく時刻に聴きたいよ」って。河添さんはロマンティストなのね。でも、私にもその気持ちがすごくわかるわ!

私はずっとブリジット・セント・ジョンのファンだった。でも、昨年のコンサートによって私は林拓のファンにもなったの。彼って絶対カッコイイと思ったのね。『ジョリィ・マダム』はそのことを私に思い出させてくれるアルバムにもなるわ。そう、間違いなく。


Hi, guys!  I'm happy today!  I'm so pleased to tell you a great news here!  The live album "Jolie Madame" by Bridget St. John with Taku Hayashi, that I had informed you here before, will come out finally on July 3rd!  The album is a moving document recorded last December in Japan!  Wow!

"Jolie Madame" is on Alga, that releases as a very special limited edition.  So, hurry up to get that!  You think so too?  Great.  I do recommend such like you to get the album at Reconquista.  You can buy from May 31st, only at Reconquista.  Not only that, but also Reconquista will give you a poster signed by both Bridget and Taku for the first 50 buyers!  The poster is a really beautiful one!  I will frame that to put on the wall.  Incidentally, Reconquista is here
http://www.reconquista.biz/

According to Alga, you can get the album at Gake Shobou in Kyoto, too. Gake Shobou is here
http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/
and the phone number is 075 (724) 0071.

Oh, my heart leaps!

Tsuyoshi Kawasoe, who had already listened to the album fortunately, said to me the other day, "The perfect album.  The real masterpiece.  One of the best albums of the year.  Lee, I don't exaggerate at all.  You can find a real beauty in "Jolie Madame".  Gentle and strange shadow, graceful friendship between the artists, and a new song by Bridget you can find, too.  I love this album.  I want to listen to "Jolie Madame" when the evening sky in June is slowly turning blue".  Tsuyoshi, you're so romantic!  But I agree with you!

I've been a big fan of Bridget St. John for a long time.  And I've become a fan of Taku Hayashi too since the last year's concerts.  Then I thought he was cool definitely.  "Jolie Madame" will be the album that makes me remember this personally.  Yeah, it must be.

May 21, 2011

ありがとう、ネットの海! Thank You, The Internet Sea!

ハロー! このブログを始めて1年が経過しました。40以上の国々の人がこれを読んでくれているなんて信じられないくらい嬉しいわ。本当に本当にありがとう。

一方、インターネットの「海」の中には『ユリシーズ』について好意的に書いてくれている人たちがたくさんいるの。その人たちにもありがとうを言わせて下さい。以前(2010年7月16日)ここでありがとうをお伝えできなかった方々に、今こ
こでそうします。

flotsambooks diaryさん、消費生活さん、タワー・レコーズさん、タワー・ブックスさん、BOOBEEさん、NOBODY'S FOOL KAKI BLOGさん、練乳ちゅーちゅーさん、カバサワタカアキさん、ゴールデン・アームさん、HMOUNTAINさん、HMVさん、MIXNUTSDIAAHEAさん、love musicさん、Kohさん、古書ほうろうさん、K.Kさん、niwano takayukiさん、戸塚泰雄さん、ひらめさん、栗原裕一郎さん、KAZUYA ITOHさん、philips811さん、えいとさん、discfreakさん、コハゲさん、minoru hatanakaさん、eri nakanishiさん、三四郎さん、細川洋平さん、キャプテン・トリップ・レコーズさん、赤座さん、Pヴァイン・レコーズさん、リオネル・デカネルさん、パズラッチさん、耳の枠はずしさん。たぶんそれ以外のたくさんの方々も。ARIGATOOOO!

どうもありがとう! よい週末を!

Hello!  One year's passed since I launched out into ULYSSES Official Blog.  I am incredibly happy that many people from over 40 countries read this.  I really really thank you.

On the other hand, there are so many beautiful people who write admiring comments on "ULYSSES" in the internet sea.  Now I want to say thank you to all of them.  I deeply appeciated the people in the internet sea in the past (16 July 2010), but I think it was not enough at all!  Thank you, thank you, and thank you again!  I love you all!

Have a nice weekend!  Cheers!

May 14, 2011

Give The Entrance Band A Chance! Give The Entrance Band A Chance!

アロハ! 今週のユリシーズ・オフィシャル・ブログで、河添剛さん、鈴木泉さん、平治さんの「ユリシーズ・ボーイズ」がどれだけロック好きなのかは、あらためてよく分かったわ。しかも、興味深いことに、この3人はまるで申し合わせたみたいにエントランス・バンドの曲が好きだっていうこともね。河添さんにとっては、エントランス・バンドとT・レックスを同時に愛することは簡単なことなの。鈴木さんにとっては、エントランス・バンドとフリクションを同時に哲学することが重要なの。平さんにとっては、エントランス・バンドとシルヴァーヘッドを同時に聴くことが心身を清める正しい方法なの。エントランス・バンドは偉大なのよ。私、彼らのライヴを観たことがあるんだけど、彼らの演奏はジミ・ヘンドリックスのようにパワフルで、レッド・ツェッペリンのようにワイルドで、シド・バレットのように果てしなくサイケデリックで、ジョン・レノンやボブ・ディランのようにピュアだと思ったわ。本当よ。

エントランス・バンドはもうじきイギリスに飛んで、「オール・トゥモローズ・パーティーズ」に出演するわ。このフェスをキュレーションしたアニマル・コレクティヴが、実は彼らのファンなのよ。それからバンドは初のヨーロッパ・ツアーを敢行するわ。エントランス・バンドは今ではヨーロッパでもスターなのよ!

でも、メンバーはみんな、とても親切で、フレンドリー。つい先日、バンドのガイ・ブレークスリーとお話をする機会があったの。その際にガイは、「うん、僕達は日本に行きたいって思っているんだ。日本の皆さんに愛と声援を送るよ。安寧と、平和と、静穏の祈りも」って言ってくれたわ。そういえば、メンバーのパズは以前、「日本は私の人生を変えた」って言っていた。デレクはデレクで、日本のアンダーグラウンドなロックがとても好きなの。エントランス・バンドは本質的に日本ととても近しいわ。

みんな、昨年のフジロックを思い出して。あのとき聴衆はエントランス・バンドの演奏を「今年一番のアクト」とか「すごい!」とか「隠れた伏兵!」とかツイッター上で言って、絶賛していたわ。彼らのジャパン・ツアーが実現したらステキ! でも、彼らはまだ日本では過小評価されているような気がするの。だから、Give The Entrance Band A Chance! エントランス ・バンドのことは『ユリシーズ』第4号に詳しく出ているわ。


Aloha!  You find out again to read the blog this week, how Tsuyoshi Kawasoe, Izumi Suzuki and Osamu Taira of the ULYSSES boys love rock music deeply.  Also, much interestingly, these three boys love the songs by The Entrance Band as if by previous arrangement.  For Tsuyoshi, it's easy to love The Entrance Band and T.Rex at the same time.  For Izumi, it's important to philosophize The Entrance Band and Friction at the same time.  For Osamu, it's the correct way to purify his heart and soul in listening to The Entrance Band and Silverhead.  The Entrance Band is great as you see.  I'd seen their live in the past.  Then I thought The Entrance Band was powerful like Jimi Hendrix, wild like Led Zeppelin, forever psychedelic like Syd Barrett, pure like John Lennon and Bob Dylan.  That's true.

The band will travel to England soon to play All Tomorrow's Parties.  Animal Collective who curates this festival is a big fan of The Entrance Band.  Then the band will start EU tour for the first time.  Now The Entrance Band is a star also in EU!

But the members are very kind and friendly.  The other day I had an opportunity to chat with Guy Blakeslee of The Entrance Band.  He kindly said, "Yes, I am imagining our Japan tour... sending love, support and wishes of safety, peace and calm."  Now I remeber once Paz said, "Japan changed my life".  Derek is fond of the Japanese underground rock music.  You see, they are essentially close to Japan.

Remember Fuji Rock festival last year.  Then the audience admired The Entrance Band highly, saying on Twitter "The greatest live performance in 2010!", "Awesome!", "A cool ambush!"and so on.  It would be so nice if The Entrance Band really does the Japan tour!  However, I feel The Entrance Band is still underrated in Japan.  So, Give The Entrance Band A Chance!  Read "ULYSSES" #4, and you will find the detailed and long article on them.

May 12, 2011

ロックこそ全て:私が好きなロック50曲(パート3) Rock or Die: My Favorite 50 Rocks (Part3)

さらに、さらに、ハロー! 平治さんは以下の50曲が好き。万華鏡のような彼のテイストは、まさしくロック・ミュージックの歴史を反映するものだわ。「好きなロックをわざわざ選ぶなんて、何だか矛盾した行為かもしれないね。でも、選ぶことによって心身が清められ、単純化する。これはいいな」、と平さん。彼は加えて、「感動的なまでにバカっぽい音楽は、童貞にはわかんないだろうね」ですって!

そんな彼は、河添剛さんの古いお友達なのよ。だから、好きな曲が似ていることもあるのは当然ね。ただ、平さんの好みはヴァリエーションに富んでいるの。だから彼はジャンルとかカテゴリーとか呼ばれる概念を軽蔑しているわ。彼は全てがロックだと断言さえすることもあるわ。そして河添さんは、カテゴリーとかジャンルという問題は童貞向きだと言ったことがあるの! まあ!

教えて。あなたはどんなロック・ソングが好き?

MC5 / Kick Out The Jams

Silverhead / Sixteen And Savaged

Ted Nugent / Cat Scratch Fever

Hello again and again!  Osamu Taira loves 50 rock songs as below.  His kaleidoscopic taste reflects the history of rock music.  He says, "It's a contradiction probably, to dare to select my favorite songs.  However, to do so makes me purify and simplify my body and soul.  That's great".  Then he adds, "I'm sure virgins will never understand such movingly absurd songs I love"!...

He is an old pal of Tsuyoshi Kawasoe.  So it is normal that they share the taste on music.  But Osamu's taste is so varied.  Naturally, he regards the concept of genre / category as a big nonsense.  Also, in some cases he even affirms that everything is ROCK.  On the other hand, Tsuyoshi once wrote, the matter of genre / category is for virgins!  Oh, my God!

Tell me, which rock songs do you like?

Aerosmith / Walk This Way
Alice Cooper / School's Out
Bachman Turner Overdrive / You Aint Seen Nothing Yet
Beatles / Hey Bulldog
Blue Cheer / Summertime Blues
Bob Dylan / Hurricane [Live 1975 - The Rolling Thunder Revue]
Comus / Down (Like A Movie Star)
Cream / Tales Of Brave Ulysses
Grand Funk Railroad / We're An American Band
Guess Who / American Woman
Heart / Barracuda
Humble Pie / Stone Cold Fever
Jacobites / When The Rain Comes
Jaime Brockett / Legend Of The U.S.S. Titanic
James Chance and The Contortions / I Can't Stand Myself
James Gang / The Bomber
Janis Joplin / Move Over
Jefferson Airplane / Somebody to Love
Jimi Hendrix / Voodoo Child
John Lennon / I Found Out
Johnny Thunders & The Heartbreakers / Chinese Rocks
Kinks / All Day And All Of The Night
Led Zeppelin / Achilles Last Stand
MC5 / Kick Out The Jams
Neil Young / Rockin' in the Free World
New York Dolls / Trash
Paul McCartney & Wings / Junior's Farm
Porcupine Tree / Blackest Eyes
Public Image Ltd. / Annalisa
Quatermass /Up On The Ground
Queen / Brighton Rock
Rolling Stones /Street Fighting Man
Sam Gopal / Escalator
Seeds / Pushin Too Hard
Silverhead / Sixteen And Savaged
Steppenwolf / Magic Carpet Ride
Stooges / I Wanna Be Your Dog
Suede / Moving
T.Rex / Buick MacKane
Ted Nugent / Cat Scratch Fever
Terry Reid / Bang Bang
The Entrance Band / Lookout!
Tin Machine / Tin Machine
Uriah Heep / Look At Yourself
Who / My Generation
Yardbirds / I'm Not Talking
あぶらだこ / 猫の角
イエロー・モンキー / Burn
フリクション / Head Out Head Start
頭脳警察 / 悪たれ小僧

ロックの強靱なビートが生み出す波動に被爆せよ。身を委ねるのではなく濃密な振動を己の内に引き込むことでDNAを変容させよう。とか意気込んで“エレキがガンガン、リフがぐいぐい、ヴォーカルがぎゃあぎゃあ”のロックな曲を選曲したつもりが、何か頭の悪い童貞中学生が好みそうな“可愛らしい”曲も多いような(笑)。 (平治)

May 11, 2011

ロックこそ全て:私が好きなロック50曲(パート2) Rock or Die: My Favorite 50 Rocks (Part 2) 

もう一度、ハロー! 今日は哲学者の鈴木泉さんが好きなロック・ソングを紹介するわ。「今こそロックの時でしょう。それに、ロックについて考えることは、たぶん日本について考えることにもなると思うなあ」と、いつものように優しい口調で語ってくれた鈴木さん。でも、それは深い考えね! そして、ビックリ! 彼の好きなロックはすごくすごくワイルドだわ! あなたは本当に大学で教える哲学者なの? 「僕はロック好きが高じて哲学者になったようなものだから……」、そう言って、彼は微笑んでいたわ。

『ユリシーズ』読者なら知っているわよね。彼は頭脳警察の大ファンなの。いつか彼は頭脳警察の研究書を書くかもしれないわ。きっとすごい本になるんじゃないかしら!

PANTA / パンタックス・ワールド

カルメン・マキ&OZ / ベスト


ザ・スターリン / Stop
 Jap

Hello again!  Today I introduce 50 rock songs the philosopher Izumi Suzuki loves.  "Now it's the time for the ROCK, isn't it?  Also, I suppose, to think about rock means to think about Japan too", says Izumi with gently voice as always.  It's a deep thought belonging to himself, I believe!  And, amazing!  All songs he chooses are soooo wild!  Are you really a philosopher who teaches at the universities?  "I've developed into a philosopher, for a big love to rock music...", he answers and smiles to me.

He is a big fan of Zuno-Keisatsu (The Brain Police), as the ULYSSES readers have already known well.  Maybe he will write a study on the band in the future.  It will be a very interesting book!

頭脳警察 / 銃をとれ
PANTA / マーラーズ・パーラー
PANTA & HAL / ルイーズ
Frank Zappa & The Mothers Of Invention / Who Are The Brain Police ?
Doors / Light My Fire
Pink Floyd / Arnold Layne
Jefferson Airplane / Somebody To Love
Neil Young / Hey Hey, My My
Blue Cheer / Summertime Blues
MC5 / Kick Out The Jams
Motörhead / The Ace Of Spades
Queen / Keep Yourself Alive
The Yardbirds / For Your Love
Led Zeppelin / Whole Lotta Love
The Beatles / Helter Skelter
T. Rex / Solid Gold Easy Action
The Clash / London Calling
Conflict / From Protest To Resistance
Discharge / Protest And Survive
Richard Hell And The Voidoids / Blank Generation
Lou Reed / Romeo Had Juliette
Patti Smith / My Generation
Jeff Beck Group / Situation
四人囃子 / 一触即発
突然段ボール / 変なパーマネント
ゆらゆら帝国 / ミーのカー
The Entrance Band / Lookout !
The 13th Floor Elevators / You’re Gonna Miss Me
Captain Beefheart & His Magic Band / Dachau Blues
Pussy Galore / Alright
The John Spencer Blues Explosion ! / Bellbottoms
John’s Chirdren / Desdemona
Mo’some Tonebender / ロッキンルーラ
Sonic Youth / Teen Age Riot
My Bloody Valentine / Sometimes
Suzi Quatro / The Wild One
The Groovers / 無敵の日々
遠藤賢司 / 不滅の男
The Stalin / ロマンチスト
吉野大作&プロスティチュート / M.U.R.A.
The Troggs / Wild Thing
Jimi Hendrix / All Along The Watchtower
The Crazy World Of Arthur Brown / Fire
The Velvet Underground / Heroin
The Rolling Stones / Brown Sugar
Rage Against The Machine / Street Fighting Man
カルメン・マキ & OZ / 私は風
Humble Pie / I Don’t Need Doctor
3/3 / いつも
FRICTION / ゾーン・トリッパー

善意の押し売りと良識の知ったかぶりにアッカンベー。ロックはそんな悪たれ小僧のためにある。J-Popに汚染されたこの島国の空気をガツンと来るリフと言葉の力で吹き飛ばそう。「ろくでなし野郎、赤い羽根」と「頑張れよなんて言うんじゃないよ」が合い言葉。何の変哲もないリストだけど、一ユニット一曲で尻取りしてみた。 (鈴木泉)

May 10, 2011

ロックこそ全て:私が好きなロック50曲(パート1) Rock or Die: My Favorite 50 Rocks (Part1) 

ハロー! 今のユリシーズ・ボーイズの気分は徹底的に「ロック」。フォークでもないし、ワールド・ミュージックでもないの。「今に始まったことじゃないよ」と、河添剛さん。「僕達は昔からこうなんだ」ですって。

そこで、ユリシーズ・ボーイズに頼んで、好きなロック・ソングを50曲選んでもらったの。そうしたら、河添さんは自分のリストに奇妙なコメントを付けてくれたわ。いわく、「ロックと太陽は、暗黒の肛門と同じくらい眩い……」。たぶん彼は大真面目なのよ!

それにしても、彼の好みは偏っているわ。彼はある種のブリティッシュ・ロックの絶対的な信奉者なのね。でも、彼の好きな曲はどれも明らかにクールよ! トライすることをお勧めするわ。

Led Zeppelin / Houses Of The Holy

T. Rex / The Slider

Sex Pistols / Never Mind the Bollocks

Hello!  Now each ULYSSES boy gets definitely into the spririt of the ROCK, not folk music and world music.  "It's not an old story", says Tsuyoshi Kawasoe, "We have been always involved with rock music for a very long time."

Then I asked the ULYSSES boys to select 50 rock songs they love.  Tsuyoshi's comment on his list is very strange.  "Rock music and the sun are as dazzling as the darkly gloomy anus..."  But probably he means what he thinks, I believe!

Incidentally, he is monomaniac in his taste.  I think he is a serious lover of a kind of the British Rock.  However, every song he loves is obviously cool!  Try to listen to all of them!...

The Beatles / Twist & Shout
The Beatles / Hey Bulldog
The Beatles / Revolution
The Beatles / Yer Blues
John Lennon / Instant Karma!
John Lennon / I Found Out
Paul McCartney & Wings / Helen Wheels
Paul McCartney & Wings / Junior’s Farm
The Rolling Stones / Jumping Jack Flash
The Rolling Stones / I’m Yours She’s Mine
Keith Richards / Harder They Come
The Kinks / You Really Got Me
The Yardbirds / Stroll On
Donovan / Barabajagal (Love Is Hot)
Donovan / Superlungs My Supergirl
Terry Reid / Bang Bang (My Baby Shot Me Down)
Michel Polnareff / Tout, Tout Pour Ma Chérie
Pink Floyd / Vegetable Man
Syd Barrett / No Man’s Land
Kevin Ayers / Soon, Soon, Soon
Tyrannosaurus Rex / King Of The Rumbling Spires
T. Rex / Hot Love
T. Rex / There Was A Time ~ Raw Ramp
T. Rex / Mambo Sun
T. Rex / Telegram Sam
T. Rex / Cadilac
Silverhead / Long Legged Lisa
Led Zeppelin / Black Dog
Led Zeppelin / The Song Remains The Same
Led Zeppelin / Dancing Days
Led Zeppelin / Houses Of The Holy
Led Zeppelin / Achilles Last Stand
Queen / Great King Rat
Queen / Brighton Rock
Aerosmith / Draw The Line
Sex Pistols / Anarchy In The U.K.
Sex Pistols / God Save The Queen
Sex Pistols / Pretty Vacant
Sex Pistols / Substitute
Sex Pistols / Stepping Stone
Public Image Limited / Annalisa
Public Image Limited / Swan Lake
Public Image Limited / Memories
Jacobites / Shame For The Angels
Jacobites / When The Rain Comes
Dave Kusworth / Princess Thousand Beauty
Jesus And Mary Chain / Surfin’ USA
Friction / Zone Tripper
Johan Asherton / Impossible Light
Entrance / Grim Reaper Blues

「ロック・ミュージックの権利、それを僕は子供の頃から、陰鬱さに爆発的な快楽を授けることであると信じてきました。その上で僕は今、バタイユを自由にもじりつつ、こう言いたいのです。肛門は夜であるにもかかわらず、それに較べうるほど眩しいものは太陽とロックであると」(河添剛)