ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Apr 29, 2011

楽しいゴールデン・ウィークを! Happy Golden Week!

すごくいい天気! みなさんはどんなゴールデン・ウィークを過ごす予定なのかしら?

ステキな季節を過ごす上で、音楽は欠かせないものね。私はこの時期になるとリトル・ジョイをとても聴きたくなるの。リトル・ジョイはビンキ・シャピロ、ロドリゴ・アマランテ、ストロークスのファブリツィオ・モレッティが組んでいる、ロスのバンドよ。2008年にはラフ・トレードからファースト・アルバムがリリースされたわ(日本盤が出たのはその翌年よね)。すごく快適な気分にさせてくれる彼らの音楽は、『ユリシーズ』の河添剛さんによると、ポール・マッカートニー&ウィングスのアルバム『ワイルド・ライフ』に匹敵するものよ。そう、都会にいても、田舎にいても、生活の中に絶対存在していて欲しいと思うようなロック。優しい恋人のような音楽。ああ、リトル・ジョイはいつセカンド・アルバムを出すのかなあ? ロドリゴ・アマランテは2010年にはリリースするって私に言ってたのに、結局実現しなかった……。

とにかく、リトル・ジョイは私のオススメのバンドなの。ぜひトライして。ぜひ楽しんで。そしてもちろん、ステキなゴールデン・ウィークを! またね!


Amazing weather!  What's your schedule in the "golden week"?  (In Japan, people call consecutive holidays from late April to early May "golden week".)

We need good music to spend such a beautiful season.  As for me, I naturally love to listen to Little Joy now.  The Los Angeles-based band Little Joy comprises members Binki Shapiro, Rodorigo Amarante, and Fabrizio Moretti from the Strokes.  The band released their self-titled debut in 2008 on Rough Trade.  (The Japanese edition was put out the next year.)  The music that makes us feel so comfortable is, according to Tsuyoshi Kawasoe from "ULYSSES" magazine, equal to the album "Wild Life" of Paul McCartney & Wings.  Yes, it is what you need absolutely for both city and country life.  Their music is like your gentle lover.  Oh, I wonder when Little Joy will put out their second album.  Rodorigo Amarante once promised me to do so in 2010, but it never realized in the result...

Anyway, Little Joy is one of my favorite bands.  Try them.  Enjoy them.  And, of course, have a nice golden week!  See you soon!

Apr 24, 2011

ケンブリッジ時代のシド・バレット Syd Barrett in Cambridge

今日は仰天のニュースをお届けします!

イギリスのレコード会社イージー・アクションが、昨年オークション会社ボナムスから大量のマスター・テープを買ったの。そのテープに収められているのは、ホークウィンド、ピンク・フェアリーズ、そして何と、シド・バレットのライヴ・パフォーマンスなのよ! レコーディングされたのは1972年1月、場所はケンブリッジ。ということは、シドはスターズを結成する直前で、その日はジャック・モンクとトゥインクとで組んだ即席バンドと一緒に奇妙なブルースをプレイをしたはずよね。こんなテープが残っていたなんて信じられないわ。 

イージー・アクションは、権利関係をクリアにできたらこれを正式にリリースするつもりよ。ケンブリッジ時代のシドの最も謎めいた音に、私達もいつか遂に触れることができるんだわ! うーん、すごい! まるで夢みたいな話よね?


Amazing news!

Easy Action, the English record label, purchased a number of reels of master tape last year, from the auction house Bohams.  They caputure a performance by Hawkwind, Pink Fairies and Syd Barrett!  Recorded in Cambridge, in January 1972.  So, I believe, Syd played some numbers of strange blues that day with a band hastily assembled featuring Jack Monk and Twink.  That is just before Syd formed Stars.  I can't believe at all such a master tape still exhists on the earth.

Easy Action will be investigating further copyright clearances, and then one day hope to produce the whole lot for our listening pleasure!  We will be able to enjoy the most enigmatic sound of Syd of his Cambridge era finally in the future!  Wow, sooooooo great!  It's a dream-like story, isn't it?

Apr 17, 2011

ブリジット・セント・ジョンのライヴ盤がリリースされる! Bridget St. John's new live album will put out soon, soon, soon!

そして今度は日本からのグッド・ニュース。ブリジット・セント・ジョンのライヴ盤がまもなく日本でリリースされるの! 昨年12月に京都、名古屋、東京の順で行なわれた、あの「Bridget St. John Japan tour 2010 with 林拓」のライヴ・ドキュメンタリーが! これは間違いなく感動の名盤になるはずよ!

アルバム・タイトルは「ジョリィ・マダム」(当然よねえ?)。ブリジットと林拓がデュエットするケヴィン・エアーズの名曲「ジョリィ・マダム」や、ブリジットの新曲や、林拓のソロ4曲などを含む、全14曲が収録されるそうよ。リリース元はアルガ(Alga)。美麗ポスター・ジャケット仕様の特別限定盤なので、入手は絶対に急いだ方がいいと思うわ!

リリースはたぶん5月。詳細がもっと判ったら、あらためてこの件についてはお知らせするわ。ただ、今のうちから興奮しておくことも決して悪いことではないと思うの。そうよね、平治さん?


And, another good news from Japan.  Bridget St. John's new live album will put out soon in Japan!  This is a document from "Bridget St. John Japan tour 2010 with Taku Hayashi", that we enjoyed in Kyoto, Nagoya and Tokyo last December!  I do believe the album must be an impressive masterpiece!

The album title is called "Jolie Madame".  Why not?  The album has 14 songs, including Kevin Ayers' extraordinary beautiful song "Jolie Madame" that Bridget and Taku Hayashi sang together, a new song by Bridget, 4 solo performances by Taku Hayashi and so on.  Released by Alga. Special limited edition with beautiful poster cover.  I deeply recommend you to hurry up to get "Jolie Madame"!

Probably it will come out in May.  I will let you know more details again.  Anyway, I think it is not a bad thing we have already felt excited with that.  Don't you think so too, Osamu Taira?

Apr 15, 2011

ヴェティヴァーの新作 Vetiver's New Album

ハロー! アメリカからグッド・ニュースよ。サンフランシスコを拠点に活動中のフォーク・ロック・バンド、ヴェティヴァーが、遂に新作をリリースするの。タイトルは『The Errant Charm』。ベラ・ユニオンから6月13日には発売されるわ。待ちきれない! ヴァティヴァーは私が大好きなバンドのひとつなの。嬉しいことに、レイジーで、ヘイジーで、マジカルで、もちろんデリケートな彼らの音楽は、今では方々から高い評価を得ているわ(『MOJO』、『Q Magazine』、『Rolling Stone』の読者ならよく知っていることよね)。実際、4枚目の前作『Tight Knit』はすごいアルバムだったのよ。その事実を知らない日本の人がとても多いことを、私はとても悲しく思っているの。

リーダーのアンディ・キャビックはとても才能豊かな人。偉大な作曲家。美しい声の男性。私は彼とロスで会ったステキな日のことを決して忘れないわ・・・。

"The Errant Charm" Vetiver

Hello! Good news from America.  San Francisco based folk-rock band Vetiver will release their new album finally.  It is called "The Errant Charm", put out 13th June on Bella Union Records.  Can't wait!  Vetiver is one of my favorite bands.  I am so glad that their lazy, hazy, magical and of course delicate music is now to much highly critical acclaim.  (The readers of "Mojo", "Q Magazine", "Rolling Stone" and so on have already known so well, I believe.)  In fact, the previous album "Tight Knit", Vetiver's fourth one, was incredibly great.  I feel very sad, for there are still many people in Japan who don't know the truth.

The band leader Andy Cabic is so talented.  He is a wonderful composer.  He can sing with beautiful voice.  I won't forget the bright day when I fortunately met him in LA...

Apr 10, 2011

最近私が気に入っている10枚のアルバム(パート4)  10 Albums I Love Recently (Part4)

最後にご紹介するのは「ガイド」清水久靖さんのリスト。彼は見るからにスウィートでラヴリーでフレンドリーで親切な人なんだけど、それだけではなくて、音楽のことなら何でも教えてくれるとってもすごい人なの。だから、たくさんの人たちから信頼されているわ。私は今、彼がこれから進めようとしている「新しいプロジェクト」にとても興味があるの。近日中に本人から詳しいことを聞き出すつもりよ。きっとエキサイティングな話じゃないかしら! たぶんそうよ、絶対に!

Sementeira / Sons Da Percussao

The last one is a list of "the guide" Hisayasu Shimizu.  He is apparently sweet, lovely, friendly and kind.  Not only that but also he is a great person who can tell all about music.  So he is trusted by many people.  I am interested in the "new project" that he is going to promote.  I will ask him details soon.  It must be a really exciting story.  Probably, definitely!


・Sementeira / Sons Da Percussao
・Expo 70 / Where Does Your Mind Go?
・Six Organs Of Admittance / Asleep On The Roodplain
・Sidi Toure & Friends / Sahel Folk
・Micabox / Upopo Remix
・鳥養潮+声明四人の会 / 阿吽の音
・山本邦山 / 竹の組曲
・ナンジャラホワーズ / 笑ふリズム
・宮川左近ショー / That’s 浪曲ショー
・Sakana / Campolano

「良いモノは良い。駄目なモノは駄目。それは、平時であろうが、戦時であろうが変わらない。ビジネスだろうが、チャリティだろうが関係ない。未だ封建国家で暮らしていようが村社会の論理で生きていようが知ったことではない。これから新しいプロジェクトを始めるにあたって、何となしに考えたのはそんなことでした」(清水久靖)

Apr 9, 2011

最近私が気に入っている10枚のアルバム(パート3) 10 Albums I Love Recently (Part3)

アロハ! 今回紹介するのは「ミュージック・フリーク」平治さんのリスト。グレイトなテイストよね。そう思わない? 今のロスの若い人たちがそうであるように、彼もまた古典的傑作をコンテンポラリーな作品として聴く感性を持っているの。そんな彼が、10枚ではなくあえて11枚のアルバムを選んだわ。でも、11枚目のアルバムはまだリリースされていないのよ(笑)。「すでに聴いているつもりなんだよ」って彼は笑いながら言っているけど。きっと彼は、彼なりの仕方でこのアルバムのリリースに期待を寄せているんだわ。彼は心の暖かい人だから。でもね、平さん、このアルバムのタイトルは「ジョリィ・マダム(Jolie Madame)」になるはずよ。だって私は林拓さん本人からそう聞いたもの!

Orchestra Luna / Orchestra Luna

Aloha!  Today I am introducing the list of "the music freak" Osamu Taira.  He has a great taste, don't you think so?  He also has sensitivity to listen to classic masterpieces as contemporary music as young people in Los Angels do.  He chose 11 albums, not only 10.  But the eleventh album is not released yet.  (laugh)  He says "I presume I've listened to it already" with a laugh.  Probably he has a hope to for this album in his own way.  He is a warm-hearted person.  But Mr. Taira, the album title will be "Jolie Madame" as I've heard directly from Taku Hayashi.


*Arleta / Demo
*The Beatles / The Beatles (White Album)
*Entrance / Prayer of Death
*Felt / Absolute Classic Master Pieces
*Friction / 2013 - LIVE FRICTION
*It's A Beautiful Day / It's A Beautiful Day
* Kevin Ayers / Joy Of A Toy
*Orchestra Luna / Orchestra Luna
*Soft Machine / The Soft Machine Volumes One And Two
*The Who / Live At Leeds(25th Anniversary Edition)
*Bridget St. John / Bridget St. John Japan tour 2010 with 林拓

「最近は"帰宅難民"にならないように電車やバス等を使わず極力歩いています。渋谷から自宅<緑が丘>程度の距離は日常。日本橋からでも大丈夫。その際にウォークマンは"旅"の良きお供ですが外界の雑音を遮蔽するような音量で聴いてはいけない。音楽を閉塞の手段にすると人や車や自転車等にぶつかって危険です<笑>」(平治)

Apr 7, 2011

最近私が気に入っている10枚のアルバム(パート2) 10 Albums I Love Recently

ハロー! 昨日に引き続き、今日もユリシーズ・ボーイズのお気に入りのアルバムを紹介するわ。今回は「哲学者」鈴木泉さん。いかにも彼らしい、誠実で、重厚なテイストを反映したリストじゃない?

Captain Beefheart / Trout Mask Replica

Hello, folks!
I'm introducing "Ulysses" boys' favorite albums today again.  This time is "the philosopher" Izumi Suzuki.  This list reflects how he is, his good faith and heavy taste, doesn't it?


*頭脳警察/全曲Live~反逆の天使
*PANTA & HAL/マラッカ
*Friction/軋轢
*Captain Beefheart / Trout Mask Replica
*Neil Young / Rust Never Sleeps
*Wolfgang Amadeus Mozar t/Clarinet Quintet in A Major K 581 (Leopold Ulach (cl.) and Wiener Konzerthaus streicherquartett)
*Morton Feldman/ Triadic Memories
*Albert Ayler / Ghosts
*Brigitte Fontaine / Comme à la Radio
*じゃがたら /この~!!!(もうがまんできない)

「震災下においても音楽は記憶や妄想を介して自粛することなどなくただただ溢れる。音楽を傷つける廃棄物のような音と翼賛的な言葉を垂れ流す人々は、これを機会に恥を知って、即刻廃業して欲しいとつくづく思う。今必要なのは、軋轢を孕んだ音楽を祈りと共に鳴らし、寡黙な東北人と共に怒りをもとに内乱を起こすことだ」(鈴木泉)

最近私が気に入っている10枚のアルバム(パート1) 10 Albums I Love Recently (Part1)

ハイ! つい先日、ユリシーズ・ボーイズに最近のお気に入りのアルバムを尋ねてみたの。そうしたら、すぐにコメントつきでリストを送ってくれたわ。みんな、どうもありがとう!

今日ご紹介するのは「アーティスト」河添剛さんのお気に入り。彼はセックス・ピストルズの大ファンなの。

Sex Pistols / Never Mind The Bollocks

Hi!   I've asked "Ulysses" boys their recent favorite albums just the other day.  Then they quickly replied to me with comments.  Thank you all!

Today I'm posting the favorites of "the artist" Tsuyoshi Kawasoe.  He is a big fan of Sex Pistols.


*Bo Weavil Jackson / Complete Recordings
*Michel Polnareff / Love Me, Please Love Me
*The Yardbirds / Ultimate!
*Jim Sullivan / same
*Annette Peacock / I'm The One
*Third Ear Band / Music from Macbeth
*Julie Tippetts / Sunset Glow
*Sex Pistols / Never Mind The Bollocks
*Entrance / Prayer Of Death
*Six Organs Of Admittance / Asleep On The Roodplain

「リストへのコメントは特になし。最近は写真家サンネ・サンネスの展覧会カタログのためにテキストを寄せた。目下、2つの美術展を企画中」(河添剛)

Apr 2, 2011

デヴェンドラ・バンハートからジョニー・サンダース From Devendra Banhart to Johnny Thunders

みんな、フリクションのライヴは楽しかった? OK! 私は次はデヴェンドラ・バンハートのショウを観たいわ。だって彼はセクシーで、風変わりで、キュートでしょ? その上彼は音楽の趣味もいいの。ライヴではジョニー・サンダースの「ユー・キャント・プット・ユア・アームズ・アラウンド・ア・メモリー」をプレイするのよ! ジョニーのマスターピース『ソー・アローン』の中の曲を! かっこいい!

『ユリシーズ』第3号の中で、デヴェンドラと河添剛さんがジョニー・サンダースのことを語り合っていたわ。ロックンローラーのジョニーにはアシッド・フォーキーの面もあったって。そういえば、河添さんが監修した『アシッド・フォーク』という本の中にもそんな記述があったわ。

デヴェンドラのことを考えていると、ジョニー・サンダースがひどく愛しくなってくるわ。でも、ジョニーにはもう会えない。ジョニー・サンダースの友達で、ジャコバイツのメンバーだったニッキ・サドゥンにも。彼らはよく似ているわ。生前のニッキとジョニーは、お互いに服を交換し合った仲なのよ……。

"So Alone" by Johnny Thunders



Did you enjoy Friction's live show?  OK!  I want to see Devendra Banhart's show next.  Because he is sexy, weird and cute, isn't he?  Besides, he shows good taste in music.  He plays Johnny Thunders' "You Can't Put Your Arms Around a Memory"!  It is a song from "So Alone", his masterpiece!  Cool!

Devendra and Tsuyoshi Kawasoe talked about Johnny Thunders in "Ulysses" #3.   Rock 'n' roller Johnny had an acid folkie side too.  As I recall, in the "Acid Folk" which Tsuyoshi has supervised, he is described so.

When I think of Devendra, I think fondly of Johnny Thunders.   But we can't see him.   We can't see his friend, Nikki Sudden, a member of Jacobites.  They are similar to each other.  Nikki and Johnny exchanged outfits...