ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Mar 27, 2011

フリクションはウソをつかない Friction NEVER tells a lie

今回の震災で、多くのイヴェントがキャンセルになったり延期になったりしたわ。楽しみにしていたスワンズのライヴも延期になってしまったし。でも、フリクションはそうじゃないのね。彼らは予定通り、4月1日に渋谷クラブクアトロでライヴをするの。この日がエイプリール・フールでも、フリクションには関係がないの。だって、フリクションは絶対にウソをつかないバンドだもの。

この2週間、辛いことの連続だったわ。私、ニュースを見ながら何度も泣いたもの。でも、せめて4月1日だけは元気になれるって信じているわ。私をライヴ会場で見かけたら、声をかけて。私も渋谷クラブクアトロで友達に会いたいわ。

"Maniacs" by Friction

Many events have been cancelled or postponed by the earthquake.  Swans' live, which I was looking for, had been postponed too.  But Friction will have the show at Shibuya Club Quattro on April 1 as scheduled.  It is April Fool's Day, but it doesn't matter to the band.  Because Friction never tells a lie.

We have been through difficult time for these two weeks.  I have cried many times when watching TV news.  But I believe I will feel better absolutely at least on April 1.
 If you see me at Shibuya Club Quattro, please say hello to me.  I'd love to meet with my friends there.

Mar 19, 2011

アネット・ピーコックについて私が知っている2、3の事柄 A few things I know about Annette Peacock

アネット・ピーコックの来日公演が一部では噂されているわ。でも、それはデマなの。残念なことだけど。彼女は今、新しいアルバムの制作に忙しいところなのよ。ツアーの予定はないそうよ。

それとね、彼女はいつか、旧作をすべて紙ジャケ仕様で再発したいと思っているの。以前『Xドリームス』と『パーフェクト・リリース』が日本のアルカンジェロ(ディスク・ユニオン)から紙ジャケで再発されたようにね。夢が叶ったらステキだわ!

Annette Peacock

Recently some people talk about Annette Peacock's Japan tour.  But very unfortunately it is just a rumor.  Annette is now very busy with making her new album.  She says she has no plans for concert tours.

In addition, she wants to reissue all of her albums as the paper sleeve edition in the future.  Like "X-Dreams" and "The Perfect Release", put out as the paper sleeve edition from the Japanese label Arcangelo (Disc Union) in the past.  It would be quite nice if her dream comes true!

Mar 18, 2011

美しい孔雀/アネット・ピーコックの再発された処女作『I'm The One』 Beautiful Peacock / Annette Peacock's reissued debut album "I' m The One"

孔雀は美しくてゴージャスな鳥。アネット・ピーコックはまるで孔雀ね。

彼女のデビュー・アルバム『I'm The One』(RCA、1972年)が自身のレーベルironicから再発されたのは、つい先日のこと。公式なCD化はこれが初めてね。ティモシー・リアリー、アルバート・アイラー、サルバドール・ダリ、ゲイリー・ピーコック、ポール・ブレイと親密で、デヴィッド・ボウイからはとっても尊敬されていた、アヴァン/フリー・ジャズのサークルに身を置いていたこの歌手の、記念すべきアルバム『I'm The One』の再来を、ユリシーズ・ボーイズのひとり河添剛さんは待望してい たわ。

「アネット・ピーコックは本当に素晴しいよ。彼女はエレガントで、パワフルで、エロティックな作曲家だ。とても才能がある。僕は彼女の78年の崇高なアルバム『Xドリームス』が一番好きだけど、みんなにはまず『I'm The One』を絶対勧めたいな。ところで、彼女の音楽を聴くと、僕はすごくセックスをしたくなるんだけど、君は?」と、河添さん。バカね、内緒よ、その問いについては。

暗い親密さを持つ『I'm The One』の魅力について、今、人はもっと関心を寄せるべきだと思うわ。バンドは信じられないくらいグルーヴしているし、彼女のムーグ・シンセサイザーもとてもステキよ。ユニークで、ロマンティックで、スリリングで、官能的なの、彼女の音楽全体が。彼女は70年代の孔雀だったんだわ。彼女は新たな「夜明けの口笛吹き」だった。私も彼女のアルバムが好き。

ironicから直接買ったら、ジャケット面にアネットがサインしてくれたよ、と河添さんが嬉しそうに言っていたわ。私はお店でCDを買うのが好きなんだけど、でも、残念ね。今の東京のCDショップでは、彼女のアルバムを見つけることはとても困難なの。私もironicから買ったわ。

"I'm The One" by Annette Peacock


Peacock is a beautiful and gorgeous bird. Annette Peacock is like a peacock.

Recently the CD version of her debut album "I'm The One" (original LP was released from RCA Victor 1972) has been on the way officially for the first time, from her own label called "ironic".  A woman, and a singer, in avant/free-jazz circles, who had connection with Timothy Leary, Albert Ayler, Salvador Dali, Gary Peacock and Paul Brey has been respected by David Bowie, and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES boys have been eagerly waiting for "I 'm The One" to be reissued.

"Annette Peacock is really great. She is a talented composer with her elegant, powerful, erotic music.  She is genius.  I personally love her sublime "X Dreams" of 1978 the best, but I would like to recommend you "I'm The One" firstly.  Incidentally, I want to make love when I listen to her music, how about you?" said Tsuyoshi.  Naughty boy, Tsuyoshi, I don't want to answer such a foolish question!

I believe you should get more interested in the beauty of the darkly intimate "I'm The One".  The core crew could groove, and her Moog was attractive.  How unique, romantic, thrilling, and sensual her music is.  Now I think she was a peacock of the 70's.  She was another "piper at the gates of dawn".  I also love her album.

According to Tsuyoshi Kawasoe, with much pleasure, Annette gave her autograph on the front cover of the CD when he ordered directly to ironic.  I do prefer buying at CD shops but unfortunately it is difficult to find "I'm The One" in Tokyo.  I bought the one from ironic, too.

Mar 14, 2011

エントランス・バンド、アイ・ウォント・ユー! I Want You, The Entrance Band!

これは先日エントランス・バンドのドラマー、デレク・W・ジェームスから直接聞いた話よ。私がどれだけ興奮したか、想像して!

エントランス・バンドには目下たくさんの新曲があるらしいの。秋にはニュー・アルバムが完成する模様。ライヴ活動も旺盛な中、彼らは実によく働くわ! この春にはオール・トゥモローズ・パーティーズに出演するためにイギリスに飛ぶ予定もある彼らなんだけど、その前に楽しみなのは、4月にリリースされる7インチのヴァイナル(限定盤)ね! 「I Want You / A House Is Not a Motel」、A面はトロッグスの、そしてB面がラヴのカヴァーなの。クールじゃない? 「レコーディングとプロデュースは、サン・クレマンテの地下室で僕ら自身がやったんだよ。そのせいで、すごく奇妙でユニークなサウンドになっている。生のエネルギーとニュアンスは君にも気に入ってもらえると思うな」と、デレク。リリース元はブラック・テント・プレスよ。バンド・メンバーのパズのソロ『Songs For Luci』(これがまたとてもスピリチュアルな作品なの)をリリースしたこともある、エントランス・バンドの友達レーベルからね。

アイ・ウォント・ユー、エントランス・バンド! 私たちが辛いとき、あなた達の音楽はパワーをくれるわ!

ところで、ミュージック・フリークのデレクは、ジ・インデックスのアルバムを私に勧めているわ。「インデックスは僕らが最近最も気に入っているミシガン出身のバンドだよ。彼らの1967年のアルバムは強烈さ!ダークで、プライマルで、ジャングリーで、ミステリアスでね。ジョイ・ディヴィジョンをサーフ・バンドのようにプレイしている、そんな音なんだよ! 大好きだ!……」。デレクは知らないのね、インデックスの2枚組みアルバムが日本でも簡単に買えるということを。日本盤はディスク・ユニオンからリリースされたわ。

"I Want You" by The Entrance Band

"Index" by Index

This is news from Derek W. James, the drummer of The Entrance Band.  Imagine, how I felt excited in hearing directly from him!

He said The Entrance Band already got a lot of new stuffs.  They will release the new album in the fall.  They are wonderfully hard workers though they also have a pretty busy schedule with too many shows in U.S. !  They will go to England to play All Tomorrow's Parties, and before that, it is nice for they will have a 7" (limited edition) coming out in April!  It's a covers vinyl that features "I Want You" by The Troggs, and "A House Is Not a Motel" by Love.  Sounds cool!  According to Derek, "Both tracks are self recorded / produced in a basement in San Clemente, and have a really strange, unique sound.  I think you will like the raw energy and nuance of the recording".  It will come out from Black Tent Press, that also put out Paz's spiritually beautiful solo album called "Songs For Luci" in the past, in short The Entrance Band's friend's label.

I want you, The Entrance Band!  You give power when we feel pain in our heart!

By the way, Derek the music freak recommends me the album of The Index.  "A favorite band of ours that we recently discoverd.  They were from Michigan.  The album of 1967 is so amazing! Dark, primal, jangly, and mysterious.  They sound like a 1960's version of Joy Division if they were a surf band! So good!..."  Perhaps Derek doesn't know that it is easy to buy the 2 CD set of The Index also in Japan.  The Japanese edition recently came out from Disc Union.

Mar 13, 2011

大地震 Big Earthquake

このたびの大地震で被害に遭われた全ての人々に心よりお見舞い申し上げます。
どうか希望と勇気だけは失わないでください。

"ULYSSES" express our heartfelt sympathy to all the victims of the big earthquake on Friday, March 11.
Please don't lose hopes and courage.

Mar 10, 2011

遂にフリクションが…! Friction, finally...!

遂にフリクションが東京のステージに立つわ! 4月1日、場所は渋谷のクラブ・クアトロよ! みんな知ってるわよね、日本ではロックってフリクションのことなのよ!……

そして、注目! フリクションは新曲を何曲か披露する予定よ。もしかしたら3曲、それとも7曲? 私なら1曲でもハッピーよ。とにかく私は早くレックと中村達也をまた見たいのよ。今はそれ以上何も言えないわ!

"2013" by Friction


Finally Friction will play in front of us in Tokyo!  On the 1st of April, at Shibuya Club Quattro!  You know, the rock music means Friction in Japan!...

And, attention!  Friction will introduce some of the new songs this time.  Perhaps 3, or 7?  I will be happy with only one though.  Anyway I want to be a witness of Reck and Tatsuya Nakamura again soon.  I can't say any more for now!

Mar 7, 2011

ルーサン・フリードマンの新作 Ruthann Friedman's new album

ユリシーズ・ピープルはルーサン・フリードマンの大ファン。特に河添剛さんと平治さんは、彼女の音楽の「コンスタント・コンパニオン」なのよ。念のため、ルーサン・フリードマンはアソシエイションの大ヒット曲「ウィンディ」の作者で、1969年には素晴しいアルバム『Constant Companion』をリリースした、シンガー=ソングライターの女神。そんな彼女に河添さんがロスで偶然出会ったことは、『ユリシーズ』創刊号に書かれていたわ。

みなさんも彼女のセカンド・アルバムを待望していない? もう待ちきれないでしょう? そうよね? 幸い彼女はレコーディング作業を進行中よ。つい先日は、彼女はジャクソン・ブラウンのスタジオでヴァン・ダイク・パークス(ピアノ)とアーロン・ロビンソン(スライド・ギター)と一緒に3曲をレコーディングしたわ。きっとアルバムは完成間近よ! タイトルは『That's What I Remember』ですって。マスタリング前の音をすでに聴いている河添さんは、1月9日付のこのブログで、このアルバムを2010年のベスト・アルバムの1枚に選んでいるわ。「彼女のアルバムがたった1枚しか存在しないことにわれわれは我慢してはならない」っていうのは彼のいつも口癖なのよ。当然よね!

今月19日からはサンフランシスコを皮切りに彼女はミニ・ツアーをするの。4月にはマッケイブスでリンダ・パーハックス(!)と一緒にステージに立つわ。ルーサンは今なおアクティヴなの!

"Constant Companion" by Ruthann Friedman


ULYSSES People are the big Ruthann Friedman fans.  Especially Tsuyoshi Kawasoe and Osamu Taira are "constant companion" of her music.  To be sure, Ruthann Friedman is a composer of the Association's super hit "Windy", and a Goddess of singer/songwriter who released the masterpiece album "Constant Companion".  You can read an exciting article of the encounter between Ruthann and Tsuyoshi in LA, in the first issue of ULYSSES.

All of you are looking forward to her second album after such a long interval?  Can't wait?  Yeeees?  OK, fortunately she is now recording, that's true!  The other day she spent in Jackson Browne's recording studio with Van Dyke Parks and Aaron Robinson adding piano and slide guitar to three of the songs on her CD.  Possibly the album will come out soon!  It will be called "That's What I Remember", according to herself.  Tsuyoshi, who had already listened to all tracks before the mastering process, chose this album as one of the 20 greatest albums of 2010 in this blog of January 9.  "We must not stand the fact there is only one Ruthann Friedman album" is his way of saying.  It is never strange at all!

This month she is going on a mini tour starting on the 19th in San Francisco.  In April, she will play with Linda Perhacs (Wow!) at McCabes.  You see, Ruthann is still active!

Mar 4, 2011

パリの空の下リフは流れる? Riff Under Paris Skies?

アドヴァイザリー・ボードの哲学者鈴木泉さんが、サルトルやデリダも学んだパリの高等師範学校で、リフについて話してきたんですって。鈴木さんは、前からリフについて考えていて、それをもとにフリクションの『ゾーン・トリッパー』のライナーノーツも書いたりしているんだけど、今回はその拡大ヴァージョンで、ドゥルーズ & ガタリっていうフランスの哲学者の「リトルネロ=リフレイン」という考えをロックに適用して、リフの美学と分類学を企てようという話だったらしいの。フランスのイケメン哲学者エリー・デューリングさんが、スティーヴ・ライヒの「エレクトリック・ギター・フェイズ」をかけながら応答してくれたのに対して、鈴木さんは、目の前のパソコンの中に入っている「ゾーン・トリッパー」を流そうと思ったけどやめたんですって。臆病ね。でも、『ユリシーズ』のことはしっかり宣伝してきたらしいわ。

"Zone Tripper" by Friction

Mr. Izumi Suzuki, one of our advisory board members, discussed on riff at École Normale Supérieure, where Sartre and Derrida had studied.  Mr. Suzuki has been thinking about riff for a while and his had written sleeve notes of Friction's "Zone Tripper" based on his thoughts.  This time his thoughts expanded: He tried to establish aethtics / systematics of riff, in applying the concept "ritournelle = refrain" by French philosophers Deleuze & Guattari to rock music.  Then, for a very nice looking French philosopher Elie During who responded him in playing with "Electric Guitar Phase" by Steve Reich, Mr. Suzuki was going to play "Zone Tripper" in his PC in front of him, but he decided not to.  Chicken.  But he made a pitch for "ULYSSES" instead!