ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Feb 22, 2011

ローレン・デュコフが撮ったアデル Adele photographed by Lauren Dukoff

ハロー! 皆さんもよくご存知の通り、目下イギリスではアデルの新作『21』がヒット街道を驀進中よ。今日のロンドンを真に活気づけているのは、ダフィ、エイミー・ワインハウス、そしてこのアデルね。彼女達には若さ、セクシーなクールネス、真剣なポッピズム、そして本物のソウルがあるわ。彼女達は60年代のイギリスやアメリカで活動していたある種の偉大な女性シンガー達に匹敵するような気がするの。

そんなアデルの魅力を、『21』のジャケット写真は巧みに引き出しているわ。モノクロの、物思わしげな、すごくいい写真じゃない? リチャード・アヴェドンを思わせるような。シェールやサイモン&ガーファンクルのアルバム・ジャケットのような。でも、その写真の撮影者はもちろんアヴェドンではなくて、何とローレン・デュコフなの。彼女のことはまさかお忘れではないでしょう? 『ユリシーズ』第1号では大々的に取り上げられたロスの若いフォトグラファーで、デヴェンドラ・バンハートとその友達のポートレイトをふんだんに収めた美しい写真集『Family』の作者(みんな、『Family』は絶対に買いのがさないでね!)。ローレンはやっぱり才能のある素晴しい写真家だわ。『21』を見ながら、あらためてそう思っているところよ。

自慢話をちょっとさせて。私の『Family』はまるでサイン帳みたいになっているのよ! ローレンのサインはもちろんあるわ。でも、それだけではなくて、デヴェンドラ・バンハート(彼ときたら、白のマーカーで、自分の写真の上に垂れ下がった大きなおっぱいを描いてくれたの!)、ノア・ジョージソン(理想の男性よね!)、ロドリゴ・アマランテ(私が大好きなリトル・ジョイのメンバー)、アンディ・キャビック(私は彼のバンド、ヴェティヴァーの大ファンでもあるの)、ガイ・ブレークスリー(世界一カッコイイ、サイケデリック・ブルース・バンドのエントランス・バンドのリーダーよ、言うまでもないけれど!)からも本にサインをもらったわ。『Family』は私の宝物。もしもあなたが私のお友達なら、あなたにこの写真集を見せびらかしちゃうわ!

"21" by Adele

"Family" by Lauren Dukoff

Hello! As you already know, Adele’s new album "21" has been a mega hit in England at the moment.  Duffy, Amy Winehouse and Adele have really livened up today's  London.  They have youth, sexy coolness, serious popism and true soul.  I feel they rival some sort of great female singers performing in England and the US in the 60s.

Adele's appeal has been ably developed by the cover photograph of "21".  It is a black and white, pensively and very nice photograph, isn’t it?  It is reminiscent of Richard Avedon.  It is like a cover photo of Cher or Simon & Garfunkel.  But the photographer is Lauren Dukoff, not Avedon.  Don't tell me you'd forgotten her.  She is a young photographer in Los Angeles, and has been featured in a big way in "ULYSSES" #1.  She has published the beautiful photo book called "Family" with lots of portraits of Devendra Banhart and his friends.   ("Family" is a must-have book!)  Lauren is a talented great photographer, isn't she?  As I see "21", I really feel so again.

Can I brag a bit?  My "Family" is like an autograph book!  Of course I have Lauren's autograph.  Not only that, but I have got Devendra Banhart (He put big sagging breasts on his photograph using white pen!), Noah Georgeson (my dream man), Rodrigo Amarant (He is a member of my favorite Little Joy.), Andy Cabic (I am a big fan of his band, Vetiver), Guy Blakeslee (Needless to say, he is a leader of The Entrance Band, the coolest psychedelic blues rock band!) as well.  "Family" is a very precious treasure to me.  If you are a friend of mine, I will show off this book!

Feb 16, 2011

残念! Too bad!

ジャケット・デザインの部門で今年のグラミー賞にノミネートされていたデヴェンドラ・バンハートは、結局賞を逃したわ。ああ、残念。でも、芸術家は本来、賞とは無縁なのよね。芸術家はたいがい、未来の人々に賞賛されるんだわ。ゴッホを見れば分ることよね。誰かが言っていたわ、だからアーティストは悲劇的な職業なんだって。

Devendra Banhart, who had been nominated for Grammy Award this year for the Best Recording Package, has missed the prize in the end.  It is too bad!  But artists are born to be unconnected with prizes.  They will be most likely praised by the tomorow's people.  See Van Gogh.  Someone has said that’s why being artist is tragic as a career.

Devendra Banhart "What Will We Be"

Feb 15, 2011

サラヴァ東京! SARAVAH TOKYO!

アロハ! もう皆さんはご存知よね。ピエール・バルーのサラヴァ東京のことは。今週の金曜日と土曜日は、そのグランド・オープンを記念して、ピエール・バルーのコンサートが行なわれるの。ホームページをぜひチェックして。 http://www.saravah.jp/tokyo/

世界最古のインディ・レーベル「サラヴァ」のことも、1965年にレーベルを設立したピエール・バルーのことも、『ユリシーズ』第2号に詳しく掲載されているわ。ピエール・バルーは本当に本当に素晴しい人だと思うの。真の芸術家、怖れを知らない冒険家、無垢な魂、それが彼よね。

私は彼の声が好きだった。映画『男と女』のサウンドトラックを聴いて以来ずっと。美しい声。心の中に降りかかる優しい雨のような彼の声。


Aloha!  I believe you already know about Saravah Tokyo.  Now I feel excited, for its "Grand Open! - Pierre Barouh Concert" are very soon on Friday and Saturday this week!  For further information, visit http://www.saravah.jp/tokyo/

You know well, in the second issue of ULYSSES you can read much about Saravah, the most time-honored independent record label in the world, and Pierre Barouh who has estabished Saravah in 1965.  I believe monsieur Barouh is a really really great person.  The true artist, the fearless adventurer, the innocent soul, that's him.

I've loved his voice for long since I listened to the soundtracks of the film "Un Homme et Une Femme".  His beautiful voice.  Like gentle rain falling in my heart.

Feb 3, 2011

TRAUMARISでのサイモン・フィン Simon Finn at TRAUMARIS

私みたいなにわかファンがこんなことを発言する権利はあるのかしら? でも、30日に恵比寿はTRAUMARISで行なわれたサイモン・フィンの公演は、本当に、本当に、素晴しかったの。「Fades (Pass The Distance)」、「Hiawatha」、「Big White Car」、それにあの名曲「Jerusalem」といったクラシックから、「Walkie Talkie」、「Accidental Life」、「Rich Girl With No Trousers 」、「Zoo」、「The Chauffeur」といった最近の曲まで披露してくれた彼のソロ・パフォーマンスは、CDでは到底味わえないような生々しいエネルギーが噴出していたわ。あのユニークなエネルギーをどう説明すればいいのかは分らないけど、でもサイケデリックなムードとは違うような気がするの。もちろん、ただの虚無とも狂気とも違う。彼は不安への感受性が人並み外れて強いアーティストなんじゃないかしら。心に刺さったとげのような印象が残ったわ。そしてそのとげはひどく奇妙な形をしているの。

でも、素顔のサイモンはとても親切で心の優しい常識人よ。ライヴ終了後は、ファンの人たちと歓談したり、サインの求めには気さくに応じたりしていて、この落差には正直ビックリ。そして彼は『ユリシーズ』の読者のためにメッセージもくれました。嬉しい! その場に居合わせたユリシーズ・ピープルも全員大はしゃぎだったわ。私はその返礼に、彼が興味を持っているというオリガミをプレゼントしたの。

さて、最後に加藤彰編集長のメッセージ。「TRAUMARISでのライヴにお越しいただきましたファンの皆様、TRAUMARISのスタッフの皆様、キャプテン・トリップ・レコーズの皆様、そしてもちろんサイモン・フィン氏には、深く深く御礼を申し上げます。皆様のおかげで音楽と音楽をめぐる環境がよりいっそう豊かなもの、親密なものとなりました。このたびのライヴ・パフォーマンスは永遠に記憶にとどめられるものと確信いたします。本当にありがとうございました」。


Do I, a new and fickle fan of Simon Finn like me, have the right to say anything like this?  But Simon Finn's show at TRAUMARIS in Ebisu on January 30th was really really amazing.  He played his classics like "Fades (Pass The Distance)", "Hiawatha", "Big White Car" and his masterpiece, "Jerusalem", and also he played his recent songs like "Walkie Talkie", "Accidental Life", "Rich Girl With NoTrousers", "Zoo", "The Chauffeur" - his solo performance has spewed the raw energy that you cannot feel from the CD.  I don't know how to explain that unique energy but I think the atmosphere is different from psychedelic.  Of course it is not void nor mad.  He may be an artist with great sensitivity of fear out of the common.  He left me an impression of like the thorn in my heart.  And the thorn is a strange-shaped one.

But real Simon is very kind and compassionate plain common-sense man.  After the show, he talked with fans and responded to requests for his autograph.  Honestly, I was surprised by the gap. He even gave "ULYSSES" readers a message.  Great!  All the ULYSSES people there were very happy too.  In reciprocation, I have given Simon Origami, in which he is interested.

Lastly, this is a message from Akira Kato, the editor in chief of ULYSSES.  "We deeply appreciate the fans who came to TRAUMARIS, staff at TRAUMARIS, everyone at Captain Trip Records, and of course Mr. Simon Finn.  Everyone made the music and the environment surrounding the music affluent and intimate.  I believe this live performance will be remembered forever.  Thank you very much again."

Photo (c) Lee Elle