ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jan 27, 2011

サイモン・フィン! Simon Finn!

明日はついにサイモン・フィンのライブ初日よ!

2011/1/28(金)
場所:MANDA-LA2(吉祥寺)
open 19:00 / start 20:00
チケット料金:前売 ¥4500(+1drink) / 当日 ¥5000(+1drink)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
サイモン・フィンのソロ・ライブ。ロングセット。ライブ・レコーディングを予定。(100名限定のLIVE)
http://captaintrip.co.jp/index.php?main_page=page&id=44&chapter=0%20


Finally, tomorrow is the first night of Simon Finn's show!

Friday, January 28, 2011
Venue: MANDA-LA2 in Kichijoji
Open 19:00 / Start 20:00
Price: Advance ticket ¥4500(+1drink) / At the door ¥5000(+1drink)
http://www.mandala.gr.jp/man2.html
Simon Finn solo live show.  Long set.  Live recording.  (Limited to 100 audiences.)
http://captaintrip.co.jp/index.php?main_page=page&id=44&chapter=0%20

スワンズが気になる… Curious about SWANS...

My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky / Swans

今月末に初来日するサイモン・フィンのことも気になるけど、3月に来日するスワンズのことも気になるわ。だって私はデヴェンドラ・バンハートの大ファンで、デヴェンドラをデビューさせたヤング・ゴッド・レコーズを運営しているのはマイケル・ギラで、そのマイケル・ギラはスワンズの中心メンバーなんだもの。スワンズを無視することは、デヴェンドラ・ファンには絶対許されないことよね。スワンズが3月15日(火)は東京・渋谷CLUB QUATTROで、3月17日(木)は大阪・心斎橋CLUB QUATTROでライヴをすると聞いて以来、私の気持ちがずっとそわそわしているのも不思議なことではないわ。

でも、私、スワンズのことはよく知らないの。というか、私が知っていることといえば、実は、スワンズというバンド名が私自身のお気に入りだということくらい!(スワンってステキよね? 私、スワンの大きな絵柄が入ったロング・スリーヴTシャツも持っているのよ) でも、バンド名ってとても大事だと思うわ。カッコ悪い名前のバンドは信用しちゃいけないって、生前マーク・ボランは言っていたのよ。

スワンズのことをユリシーズ・ピープルはどう思っているのかしら。平治さんは、1月11日付のこのブログの中で、2010年のベスト・アルバムの1枚にスワンズの14年ぶりの新作『My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky』を選んでいたわ。彼の評価は信用できる。また、大昔にスワンズのライヴを東京で見たという編集長の加藤彰さんも、彼らを絶賛しているの。「現在のスワンズには、スーパー・ヘヴィな音からフォーキーな歌ものまである」って。一方河添剛さんは、スワンズのサポート・アクトとして出演する若干20歳のジェームス・ブラックショウにも関心があるみたい。「僕は彼のアルバムを2年前に買ったんだよ。彼は12弦ギターをプレイしながら、おぞましい儚さと、凶悪な優しさと、さりげない情念表現を醸し出している。カレイドスコピックなマントラの世界。彼は一種の天才かもね!」って言っている。なるほど、なるほど、なるほど。スワンズの3月の来日は、ユリシーズ・ピープルにとっても他人事ではないようね!

I am curious about Simon Finn, who is coming to Japan for the first time at the end of this month, but also curious about Swans coming in March.  Because I am a big fan of Devendra Banhart, and Young God Records that has made him debut is run by Michael Gira, and Michael Gira is a core member of Swans.  For Devendra fans, it is impossible to ignore Swans.  It is no wonder that I have been fidgety since I heard of their live shows at CLUB QUATTRO in Shibuya, Tokyo on Tuesday, March 15 and at CLUB QUATTRO in Shinsaibashi, Osaka on Thursday, March 17.

But I don't know much about Swans.  Actually all I know is that I just like the name of the band!  (Don't you think swans are nice?  I have a long-sleeved T-shirt with a big swan design.)  But the band name is very important.  According to Marc Bolan, do not trust the band with uncool name.

How do Ulysses people think about Swans?  Osamu Taira has chosen "My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky", the recent Swans album after a 14-year interval, for one of the 20 Best Albums of 2010 in this blog on January 11.  We can trust his choice.  Also, Akira Kato, our editor-in-chief saw their live show a long time ago.  And he raves about them.  "The current Swans has an attractive variation from super heavy sound to folkie songs."  On the other hand, Tsuyoshi Kawasoe is also interested in James Blackshaw, who is only 20 years old and playing as a supporting act for Swans.  "I purchased his album 2 years ago.  He creates casual pathos expression of disgusting ephemerality and brutal tenderness while playing the twelve-string guitar.  It is a world of kaleidoscopic mantra.  Perhaps he is s kind of genius!"  I see, I see, I see.  For Ulysses people, Swans Japan tour in March is not an affair of other people!

Jan 21, 2011

「ULYSSES Emergency Edition: Simon Finn special」刊行! "ULYSSES Emergency Edition: Simon Finn special" is coming out!

ULYSSES Emergency Edition: Simon Finn special

ワオ! 私は今とても興奮しているところ。「ULYSSES Emergency Edition: Simon Finn special」が遂に刊行されたからなの。これは先月に刊行された「Bridget St. John special」と同じ形式の、『ユリシーズ』"緊急特別号"で、表面はコンサート・ポスター、裏面はサイモン・フィン関係の記事(ロング・インタヴュー、レア・フォト、ディスコグラフィなど)になっているわ。デザインは相変わらずカッコイイ! ぶっ飛んでいるわ! CDショップの壁に貼られたこのポスターをあなたも目にする機会があると思うわ。サイモン・フィンのコンサート会場では1枚1,000円で販売される予定よ。ステキなメモラビリアなので、ぜひゲットしてください(と、加藤彰編集長は言っています)。このポスターにサイモン・フィンがサインしてくれたら、私はすごく嬉しい……。

Wow!  I am really excited now.  For "ULYSSES Emergency Edition: Simon Finn special" has come out finally.  This is the emergency edition of ULYSSES, that is in the same style as "Bridget St. John special" we have published last month.  The front is the concert poster, and the back is full of articles (long interview, rare photos, discography and so on) on Simon Finn.  The design is amazing as always!  So striking indeed!  I believe you will find them on the walls of CD shops in Tokyo.  The poster will be on sale at every venue of Simon Finn Japan Tour.  It is a great memorabilia for all of you, so don't forget to get it!  (says Akira Kato, the editor-in-chief of ULYSSES)  I would be very happy if Simon Finn gives his autograph on this poster......

Jan 19, 2011

「ユリシーズが選んだ2010年ベスト・アルバム」についてつぶやく Tweet about "ULYSSES Best Albums of 2010"

先日この場でお伝えした「ユリシーズが選んだ2010年ベスト・アルバムについて。フリクション、テレヴィジョン・パーソナリティーズ、ロッキー・エリクソン、ブリジット・セント・ジョン、シド・バレット、サイモン・フィンのアルバムは、河添剛さん、鈴木泉さん、平治さんの間では絶大な評価を得ましたが、これって当然のことよね? それと、昨年末より加藤彰編集長は、「モノ・エディションはどうも気になるな……」とつぶやいています。モノラル盤を介して新たに発見されるボブ・ディランの魅力の深さに、彼はどうも関心がある様子なの。でも、その魅力を具体的にどう語ればいいのかしら? そして誰がそれを語れるの? このことについては、彼はひそかに何かを考えているみたい。

昨年のみなさんのファイヴァリット・アルバムはなあに? もしよかったら、ここに書き込みをしてください。

それにしても、サイモン・フィンの『Rats Laugh MiceSing』の人気はすごいのねえ(このアルバムを含めて、サイモン・フィンのアルバムは全部、日本ではキャプテン・トリップ・レコーズからリリースされているわ)。ユリシーズ・ピープルにとって、彼は「アシッド・フォーク界のレッド・ツェッペリン」(河添剛さんの言)なの。つまり、イギリス人で、かっこよくて、飛び抜けていて、大物という意味ね(たぶんそうよ)。とにかく彼のライヴは絶対見逃せないわ! 1月28日(金)は吉祥寺のMANDA-LA2、29日(土)は東高円寺のU.F.O. CLUB、30日(日)は恵比寿のTRAUMARISよ。30日はオドロキの40人限定ライヴだから、予約を急いでね! 連絡先はここ。
simonfinn2011.ebisu@gmail.com  
TRAUMARISは、ユリシーズ主催で昨年暮れにブリジット・セント・ジョンが30人限定ライヴを行なったことでも知られている、アートブック・ショップNadiff内のスペースよ。普段はコンテンポラリー・アーティスト達も利用する、とても居心地のいいカフェなのよ。

あ、つぶやきが長くなっちゃった…!


This is about the "ULYSSES Best Albums of 2010" that I have posted here.  Friction, Television Personalities, Roky Erickson, Syd Barrett, Bridget St. John and Simon Finn's Albums have been rated high by Tsuyoshi Kawasoe, Izumi Suzuki and Osamu Taira but it is not surprising.  And Akira Kato, our editor in chief, has been mumbling "I cannot ignore Mono Edition......" since the end of last year.  It seems that he is interested in the depth of attraction of Bob Dylan through the Mono Edition.  But how do you tell that specifically?  And who can tell?  It seems that he is quietly thinking something about this.

What are your favorite albums of last year?  Let us know by sending messages here.  Thank you!

Anyway, Simon Finn's "Rats Laugh Mice Sing" is very popular among us -- in Japan, all his albums, including this one, are released by Captain Trip Records.   For ULYSSES people, he is "the Led Zeppelin in Acid Folk world". (by Tsuyoshi Kawasoe)  It means he is a British, he is cool, unusual and big (probably).  In any case, you mustn't miss his live performance!  The schedule is: January 28th (Friday) at MANDA-LA2 in Kichijoji, January 29th (Saturday) at U.F.O. CLUB in Higashi Koenji and January 30th (Sunday) at TRAUMARIS in Ebisu.  On the 30th (Sunday) is a special live performance only for 40 guests, so please reserve your ticket now!  Please hurry up and contact:
simonfinn2011.ebisu@gmail.com
TRAUMARIS is a space in an art book shop Nadiff, where Bridget St. John has played a live show for 30 guests last year and it was organized by ULYSSES.  Normally, it is a cozy cafe with contemporary artists.

Oops, I tweeted too long...!

Jan 11, 2011

ユリシーズが選ぶ2010年ベスト・アルバム(パート3) ULYSEES 20 Best Albums of 2010 (Part 3)

Roky Erickson & Okkervil River / True Love Cast Out All Evil
ユリシーズきっての「愛聴家」平治さんは、以下の20枚を選びました。順位までちゃんとつけているなんて、さすがね! しかも、とってもエキサイティングなセレクション。優れた批評家でもある彼は、『ユリシーズ』のアルバム・レヴュー欄を担当しているわ。
(緑色の文字で表記されているのは新録盤、赤色の文字で表記されているのは再発盤/発掘音源です)

Osamu Taira is "the greatest music lover" of ULYSSES and he has selected the following 20 albums.  He put rankings too.  It is a really exciting selection, isn't it?  He is a good critic and writes album reviews in "ULYSSES".
(New albums are in green and the reissues are in red.)

1 Roky Erickson & Okkervil River / True Love Cast Out All Evil (Chemikal Underground CHEMI140CD)
2 Elisa Randazzo / Bruises & Butterflies (Drag City DC434CD)
3 Faun Fables / Light of a Vaster Dark (Drag City DC371)
4 Simon Finn / Rats Laugh Mice Sing (10 to 1 / Captain Trip Records CTCD-650)
5 Joanna Newsom / Have One on Me (Drag City / P-Vine PCD-18617/9)
6 Syd Barrett / An Introduction To Syd Barrett (EMI / EMI ミュージック ジャパン TOCP70882)
7 Bridget St. John / Hello Again (P-Vine PCD25123)
8 Friction / 2013 - Live Friction (P-Vine PCD-18629/30)
9 Robert Wyatt, Gilad Atzmon, Ros Stephen / For the Ghosts Within (Domino/Hostess HSE-11015)
10 The Red Krayola / Five American Portraits (Drag City DC384)
11 Josephine Foster & The Victor Herrero Band / Anda Jaleo (Fire Records Firecd150)
12 浅川マキ「浅川マキの世界 CD10枚組BOX自選作品集」(EMI ミュージック ジャパン TOCT11251)
13 Tully / Live At Sydney Town Hall 1969-70 (Chapter Music CH76)
14 Ted Lucas / Ted Lucas (Bella Terra BTR0057)
15 Radar Favourites / Radar Favourites (Reel Recordings / Disk Union DUCT011)
16 Orkustra / Adventures in Experimental Electric Orchestra (Mexican Summer MEX01719)
17 Television Personalities / A Memory Is Better Than Nothing (Rocketgirl / Fifty One Records FIFO0015)
18 Swans / My Father Will Guide Me Up A Rope To The Sky (Young God Records YG43)
19 Asia /Omega (Frontiers Records / キングレコード KICP-1470)
20 Jonathan Richman / O Moon Queen Of Night On Earth (Vapor Records VPR2-526072)

Jan 10, 2011

ユリシーズが選ぶ2010年ベスト・アルバム20枚(パート2) ULYSEES 20 Best Albums of 2010 (Part 2)

Friction / 2013 – Live Friction
今日は"哲学者"鈴木泉さんが選んだ20枚のアルバムを紹介します。みなさんは、彼が『ユリシーズ』で書いたステキなテキストを読んだかしら? 彼の頭脳警察論は本当に最高よ!
(緑色の文字で表記されているのは新録盤で、赤い文字で表記されているのは再発盤/発掘音源です)

Today, we will introduce "philosopher" Izumi Suzuki's 20 albums.  Have you already read his nice texts in "ULYSSES"?  Especially, his theory on Zuno-Keisatsu (The Brain Police) is really great!
(New albums are in green and the reissues are in red.)

頭脳警察 / 無冠の帝王-結成40周年記念BOX (テイチクエンタテインメント TECS-20461)
頭脳警察 / ドキュメンタリー 頭脳警察((株)トランスフォーマー TMSS-178)
Friction / 2013 – Live Friction(P-VINE PCD-18629)
Jimi Hendrix / Valleys Of Neptune(Legacy / Sony Music Entertainment SICP-2662)
The Entrance Band / same(Ecstatic Peace / P-Vine PCD-93349)
Roky Erickson & Okkervil River / True Love Cast Out All Evil(Chemikal Underground CHEMI140CD)
Robert Plant / Band Of Joy(Decca / Decca UICO-1191)
Neil Young / Le Noise(WB / Reprise WPCR-13972)
Antony & The Jonsons / Swanlights(Secretly Canadian / P-Vine PCD-93357)
Paul McCartney & Wings / Band On The Run(Hear Music / ユニバーサルインターナショナル UCCO9962)
The Rolling Stones / Exile On Main Street(Polydor / ユニバーサルインターナショナル UICY-1478/9)
Lou Reed’s Metal Machine Trio / Creation Of The Universe(Sister Ray SR001CD)
Albert Ayler / Ghost (Muzak MZCB1214)
ゆらゆら帝国 / YURA YURA TEIKOKU LIVE 2005-2009(SMAR AICL-2214)
Television Personalities / A Memory is Better Than Nothing(Rocketgirl / Fifty One Records FIFO-0015)
ソウル・フラワー・ユニオン / キャンプ・パンゲア(BM tunes XBCD-1034)
Phew / ファイヴ・フィンガー・ディスカウント(万引き)(P-VINE BMP001)
非常階段 / A Story of King of Noise(K&Bパブリッシャーズ)
クレイジーケンバンド / Mint Condition(DOUBLEJOY INTERNATIONAL UMCK-9369)
梶芽衣子 / 梶芽衣子ベスト・コレクショ(テイチクエンタテインメント TECS-18441)

Jan 9, 2011

ユリシーズが選ぶ2010年ベスト・アルバム20枚(パート1) ULYSEES 20 Best Albums of 2010 (Part 1)

ハロー! 今日から3日間、ユリシーズのアドヴァイザリー・ボードが選んだ2010年のベスト・アルバムを紹介していきます。まずは"アーティスト"河添剛さんの20枚。彼は、8枚の新録盤と12枚の再発盤をそれぞれアルファベット順に並べただけなの。
(緑色の文字で表記されているのは新録盤で、赤い文字で表記されているのは再発盤/発掘音源です)

Hello!  For 3 days from today, we will introduce the best albums of 2010, selected by ULYSSES advisory board.  We will start with "an artist" Tsuyoshi Kawasoe's 20 albums.  He has just put 8 new albums and 12 reissues in alphabetical order.
(New albums are in green and the reissues are in red.)

Elisa Randazzo / Bruises & Butterflies (Drag City DC434CD)
The Entrance Band / Live At Origami Vinyl (private CD-R)
Françoise Hardy / La Pluie Sans Parapluie (Virgin 5099962764322)
Friction / 2013 – Live Friction (P-Vine PCD-18629/30)
Johan Asherton / High Lonesomes (Seahorse Music edk07)
Ruthann Friedman / 2nd (unreleased…)
Simon Finn / Rats Laughs Mice Sing (10 To One / Captain Trip Records CTCD656)
Television Personalities / A Memory Is Better Than Nothing (Rocket Girl / Fifty One Records FIFO0015)
Bob Dylan / The Original Mono Recordings (Columbia / Sony Music SICP-2951)
Bridget St. John / BBC Radio 1968-1976 (Hux / MSI MSIG-653)
Bridget St. John / A Pocket of Starlight (Cherry Red / Solid CDSOL-7417)
Bridget St. John / Hello Again (P-Vine PCD-25123)
Ian Anderson / Time Is Ripe (The Weekend Beatnik WEBE9045)
Jim Sullivan / U.F.O. (Light In The Attic LITA054)
João Gilberto / Chega de Saudade (ÉL / Solid CDSOL-7361)
José Feliciano / Feliciano! (RCA / Sony Music SICP2556)
Lizzy Mercier Descloux / Best Off (ZE / P-Vine PCD-24243)
Marc Bolan / Twopenny Prince (Easy Action EARS021)
Syd Barrett / An Introduction to Syd Barrett (EMI / EMI Music Japan TOCP70882)
The Yardbirds / Little Games – mono edition (Sundazed SC6269)