ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Dec 31, 2010

サイモン・フィンとクリスマス Christmas Time with Simon Finn

Rats Laugh Mice Sing / Simon Finn

みんなはもうサイモン・フィンの2009年の最新作『Rats Laugh Mice Sing』はお聴きになりましたか? 実は先日、私は初めておそるおそるトライしてみました。クリスマス・イヴのステキな夜のことでした。私ってバカね。でも、このアルバムをプレゼントしてくれた私の親切なボーイ・フレンドは、私よりももっと絶対にバカなんだわ。みんなもそう思うでしょ? ユリシーズの河添剛さんも、平治さんも、「そいつは絶対にバカだ」って力強く断言してたわ。ありがとう。でも、私に言わせれば、1月30日に「サイモン・フィン 40名様限定スペシャル・ライヴ」をオーガナイズしてしまうユリシーズ・ピープルも絶対にバカよ! ハッピー・ニュー・イヤー!

Have you already listened to Simon Finn's latest album "Rats Laugh Mice Sing" released in 2009?  Actually I have tried it gingerly a little while ago - it was on Christmas Eve.  I am crazy.  My sweet boyfriend kindly gave me this album.  I am sure he is crazier than I am.  Don't you think so?  Mr. Tsuyoshi Kawasoe and Mr. Osamu Tiara of ULYSSES have asserted "he is absolutely crazy".  Thanks.  However, in my opinion, ULYSSES people are also crazy enough to organize "Simon Finn special additional performance, limited to 40 guests" on January 30th!  Happy New Year!

Dec 29, 2010

サイモン・フィン追加公演 Simon Finn Additional Performance

2011年1月に奇跡の初来日を果たすサイモン・フィン。ユリシーズ主催による40名様限定の追加公演が遂に決まりました!

【ユリシーズ・プレゼンツ サイモン・フィン 40名様限定スペシャル追加公演】
* 2011年1月30日(日)
* 会場:恵比寿 TRAUMARIS http://traumaris.jp/space.html
* 定員:40名様限定
* 開場:17:30
* 開演:18:00
* チケット料金:5,000円+1 drink(恵比寿公演限定お土産付き)

* Opening Act:秋元カヲル

追加公演のチケットをご予約の方は、メールにて下記の事項をご連絡下さい。受付終了次第、ご予約完了の返信をお送りいたします。代金は、当日会場での清算となります。

ご予約メールはこちらまで: simonfinn2011.ebisu@gmail.com
* チケット枚数
* お名前
* お電話番号
注)上記3点を必ずお知らせください。ご記入漏れがございますと、ご予約いただけない場合がございます。

チケットお申し込み時にいただいた個人情報は、他の用途では使用いたしません。また、第三者に開示譲渡はいたしません。

なお、Simon Finn Live in Tokyo 2011 の公演日程につきましては、以下のサイトをご覧下さい。
キャプテン・トリップ・レコーズ   http://captaintrip.co.jp/


Simon Finn will miraculously visit Japan for the first time in January 2011.  And finally, his additional performance, limited to 40 guests, has been decided!

[ULYSSES presents Simon Finn special additional performance, limited to 40 guests]
* Date: January 30, 2011 (Sunday)
* Venue: TRAUMARIS in Ebisu  http://traumaris.jp/space.html
* Limited to 40 guests only.
* Doors open: 17:30
* Show starts: 18:00
* Ticket price: 5,000Yen + 1 drink (Including a special Ebisu-show souvenir.)

* Opening Act:Kawol (Kaoru Akimoto)

To reserve tickets for this additional performance, please send below information by email.  You will receive a confirmation by email once your reservation is processed.  Please pay at the reception on the day.

To reserve tickets, please email to: simonfinn2011.ebisu@gmail.com

* Number of tickets
* Your name
* Your phone number
Please make sure to include all the information above, otherwise you may not be able to reserve your tickets.

Your personal information which was used to reserve tickets will not be used for anything else.  And it will not be made available to a third party.

For more information on Simon Finn Live in Tokyo 2011, please visit the website below.
Captain Trip Records  http://captaintrip.co.jp/

Dec 24, 2010

メリー・クリスマス! Merry Christmas!

メリー・クリスマス! そして、ハッピー・ニュー・イヤー! 5月以来このブログを読んでくれている40カ国の人々すべてに「ありがとう」を言わせてください。そして、『ユリシーズ』第5号の刊行まで今しばらくお待ちくださいますよう。

♪So this is Christamas, and a happy New Year!  We would like to say THANK YOU for all from 40 countries who have read this blog since May 2010.  We would be much grateful if you kindly keep waiting for "ULYSSES" #5 for a while.  Thank you very much for your patience.

Dec 23, 2010

Bridget St. John, live at TRAUMARIS, Tokyo

ハロー! さる18日は、「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」の最終日。東京・恵比寿はカフェTRAUMARISを会場に、ユリシーズ主催で行なわれたこのコンサートは、入場者数を30名に限定したスペシャル・イヴェントになりました。

ブリジット・セント・ジョンは1時間半にわたってプレイしてくれました。「Ask Me No Questions」(言うまでもなく、ブリジットの偉大な古典!)、「Jolie Madame 」(ケヴィン・エアーズの名曲よ!)、「River」(こちらはジョン・マーティン の名曲!)、「Body Breaks」(デヴェンドラ・バンハート のキュートな曲!)などの様々な曲に加え、この日のためだけに、他の日には披露しなかった「If You Got Money」とか「Back To Stay」(こちらもジョン・マーティンの名曲 ね!)、それとステキな新曲(冬をテーマにした曲なの。さしずめ「Winter Lullaby」といったところかしら?)をひとつ、歌ってくれたわ。 曲間にはおしゃべりもたっぷり。サイドギターを弾き、彼女とデュエットした林拓のことは、ブリジットは「ケヴィン・エアーズとおんなじようにしてくれる素晴しいミュー ジシャン」と、いつものあの優しい口調で語っていたけど、これには本当に納得させられちゃった。そう、林拓もステキだったの! 今回のツアーをきっかけに、彼のファンの数は間違いなく急増したと思うわ!

会場は終始、とても親密なムードに包まれていたわ。そう、涙ぐんでいる人たちも含めて、全員がハッピーだったんです。でも、それだけではなかったわ。最後にビックリ! 「皆さんに差し上げたいものがあるの。メリー・クリスマス!」と言って、ブリジットは来場者のひとりひとりに手渡してくれたのが、何とCD-R! レーベル面には彼女自身の手書きで「BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman」とあって、これにはもう来場者は大仰天、大興奮、大感激! 椅子からずり落ちた人までいたくらいよ! 何てゴージャスなクリスマス・プレゼント! それにしても、あらためて思いました。ブリジットは本当に心優しい人。このCD-Rを介して、彼女はあの素晴しいマイケル・チャップマンのことをもっとみんなに知ってもらいたがっているのね。彼女は他人のために尽くすことが好きな、とても、とても、とても親切な人なのよ。

だから、そんな彼女を傷つける人って、絶対に許せないわよね。最近、サンフランシスコの4 Men With Beardsというレーベルが、彼女に黙って『Songs For the Gentleman 』や『Thank You For...』をアナログ盤で再発したのよ。それってブートレッグということじゃない? このことにブリジットは失望しているわ。ずるい人、約束を平気で破る人、お金に汚い人が、ミュージック・ビジネスの世界にはたくさんいるのね。

ライヴ終了後に、ユリシーズの河添剛さんはブリジットとひそひそ話。「ブリジ ット、音楽とは何と残酷な形式でしょう。音楽は始まれば必ず終わってしまう。 終わるな、終わるなと、こちらは必死になって念じているのに!」「ウフフ。だったらCDを繰り返し聴くといいのよ。そうやって、音楽を記憶にとどめればいいの」「それは難しいですよ。だって、美しい記憶ほど僕から簡単に逃げ出してしまうんです!」

彼女が頻繁に来日してくれたらいいのにね! でも、とても残念なことに、2011年にブリジットが来日することはないわ。彼女のスケジュール表には早くもいろんな予定が詰まっていているそうなんです…。


Hello!  December 18th was the last day of "Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi".  It was a special event by Ulysses, limited to only 30 audiences, at TRAUMARIS cafe in Ebisu, Tokyo.

Bridget St. John played for an hour and a half.  She sang not only "Ask Me No Questions" (Obviously, a great classic of Bridget!), "Jolie Madame" (A great song of Kevin Ayers!), "River" (This is a great song of John Martyn!),
"Body Breaks" (A cute song of Devendra Banhart!) and others, but also "If You Got Money", "Back To Stay" (This is John Martyn's great song as well!) and a beautiful new song (a winter theme song - we can call it "Winter Lullaby") for the first time during this tour.  She talked a lot between the songs.  She called Taku Hayashi, who played the side guitar and sang duet, "a great musician who plays as Kevin Ayers" in a gentle tone as always.  I agreed with her as he was so fantastic!  I believe the number of his fans has increased rapidly after this tour!

The cafe was in the intimate mood from beginning to end.  Everyone was happy including those who were moved to tears.  But there was more.  At the end of the show, there was a big surprise! "I have something to give each of you.  Merry Christmas!", she said and gave each of the audiences a CD-R by hand!  On the surface, it says "BRIDGET ST. JOHN "Rabbit Hills" / November 2010 NYC / song written by Michael Chapman" in her own handwriting.  The audiences were amazed, excited and moved so much!  Some even fell of the chair! What a gorgeous Christmas present!  I once again felt that Bridget is a very kindhearted person.  She wanted to introduce us that great Michael Chapman through this CD-R.  She is a very very wonderful person, who likes to do her best to others.

So those who hurt her are unpardonable.  Recently a San Francisco based label called 4 Men With Beards released her classic albums "Songs For The Gentlemen" and "Thank You For..." in the vinyl edition, but it was without her permission.  These must be bootlegs?  Bridget was disappointed with that, anyway.  I guess there are so many sly dogs, stingy guys and big liars in the music business world.

After the show, there was a whispered conversation between Bridget and Tsuyoshi Kawasoe from ULYSSES.  "Bridget, what a cruel form music has.  Once music starts, it always has the end.  I pray eagerly it will have no end though!"  "I recommend you to listen to the CDs repeatedly.  Then you can keep music in your memory"  "It is hard for me! Beautiful memories always run away easily from me!"

It would be so nice if she comes to Japan frequently!  However, unfortunately, Bridget will not play in Japan in 2011 as she has been fully scheduled already...

Dec 17, 2010

ブリジット・セント・ジョンと林拓からのメッセージ Messages from Bridget St. John and Taku Hayashi


From Bridget St. John


Bridget St. John Japan Tour with 林拓」 は、今日が東京初日。ああ、なんて素晴しい夜! これを書きながら、私は今も彼らのライヴに幻惑されたままよ。もう何にも言えないくらい。ゲストの直枝政広(カーネーション)もとっても クールだった。彼はブリジットの大ファンなんですって! 私、明日もあさっても彼らのライヴに行くわ! ブリジットは「ジョリィ・マダム」なの。この意味、分る?

ブリジット・セント・ジョンと林拓から、『ユリシーズ』の読者へのメッセージをもらったの。彼らはとっても心が温かい人なのね! ステキ!


From Taku Hayashi

Today was the first day of "Bridget St. John Japan Tour with Taku Hayashi" in Tokyo.  Oh, what a greeeeeaaaaat evening it was!  I am still dazed by their performance, in writing this blog.  I am almost losing words, as you see.  Masahiro Naoe from Carnation played as a guest, and he was sooooo cool too!  They say he is also a big Bridget St. John fan!  I have decided to go to their concerts both on Friday and Saturday as well!  Bridget is a Jolie Madame.  You know what I mean?

Glad to have got words for the readers of ULYSSES from Bridget St. John and Taku Hayashi.  They are really warm-hearted people!  Fantastic!

Dec 11, 2010

『ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special』刊行! "ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special" is out now!

遂に『ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special』ができ上がったわ。表側は「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」のコンサート・ポスター、裏側はインタヴューやテキストや写真を満載した一種の新聞なんだけど、これにもユリシーズ・ピープルは全然手を抜いていないのね。だって、驚くほど美しいデザインなのよ! まさにオススメの逸品だわ。これはブリジット・セント・ジョンのどのコンサート会場でも販売されるの。ライヴの記念にぜひお買い求め下さい(と、編集長の加藤彰さんが言っています)。

加えて、同じく彼女のコンサート会場で販売されるロング・スリーヴTシャツとトートバッグも完成したの。何と、Tシャツは刺繍入りよ。すごくキュート! ステキなの! これが会場限定販売なんて、何だかもったいない気もするわ! もちろんこちらも強力にオススメよ! ああ、私、何だかひどく興奮してきちゃった……。


Finally, "ULYSSES Emergency Edition: Bridget St. John special" is out just now.  The face is a poster of "Bridget St. John Japan Tour with Taku Hayashi" and the back is a kind of newspaper with full of interviews, texts and rare photos of Bridget.  Ulysses people have worked very hard for this too and the design is surprisingly beautiful!  You must get one.  This edition will be sold at all the concert venues. Please buy one as a souvenir, says Mr. Kato, the editor in chief.

In addition, long-sleeved T-shirts and tote bags have been made - they will be sold at the concert venues too.  The T-shirt has embroidery on the face of Bridget St. John.  It looks very cute and quite nice!  You can get these only at the venues and I feel it is a big shame!  Of course, you must get them too!  Oh, am I getting too excited...?

Dec 10, 2010

WISH YOU WERE HERE (We miss you, John)

ジョン、あなたがいなくて寂しいわ! あれから30年が経過したのね!

(ブリジット・セント・ジョンもジョン・レノンの大ファンなのよ。彼女は今度のライヴでも何かをジョンに捧げるのかしら。日本にやってきたとき、彼女は2001年には「イマジン」を、2006年にはジョンに捧げる歌「ソング・フォー・ジョン 」を歌ったの。私は彼女が好き。彼女の歌が好き。そして、彼女がジョンに寄せている愛情も好き。ブリジット、ずっと私たちの側にいて。私たちのために歌い続けて。彼女に早く会いたいわ!)


We miss you, John!  30 years has passed since then! 

(Bridget St. John is a great John Lennon fan like us.  I wonder if she dedicates something special to John again, in her very forthcoming shows in Japan.  I remember, she played "Imagine" in 2001, and played "Song For John" to be dedicated to him in 2006 in Japan.  I love her.  I love her songs.  I also love her big love to John.  Bridget, stay with us forever.  Keep on singing for us.  I want to see her soon, soon, soon!  Can't wait at all!)

Dec 5, 2010

アンダーグラウンド? Underground?

不思議ねえ。世間には『ユリシーズ』をアンダーグラウンド・ミュージックの専門誌だと思っている人達がいるみたいなの。でも、それは違うわ。ユリシーズ・ピープルはみんなが好きな音楽も大好きよ。

たとえば、編集長の加藤彰さん。彼はボブ・ディラン、ローリング・ストーンズ、キンクス、サンディ・デニーの大ファンよ。河添剛さんはビートルズ、マーク・ボラン(河添さんは2005年にT・レックスの研究書まで出版しているの)、ドノヴァン、シド・バレット、レッド・ツェッペリン、アバ、セックス・ピストルズ、フランソワーズ・アルディの大ファン。平治さんはビートルズ、サイモン&ガーファンクル、ピンク・フロイド、キング・クリムゾン、マーク・ボラン、ミッシェル・ポルナレフの大ファン(それ以外にもたくさん!)。鈴木泉さんはビートルズ、ローリング・ストーンズ、マーク・ボラン、ジミ・ヘンドリックス、ルー・リード、パティ・スミス、頭脳警察の大ファン。彼らは全員、ポップ・ミュージックのクラシックにもとっても興味があるのよ! ちなみに私はジョアン・ジルベルト、キース・リチャーズ、グラム・ロック時代のデヴィッド・ボウイが好き。

だから、ユリシーズ・ピープルの関心は、みんなの関心でもあるわ。ただ、ユリシーズ・ピープルは、ポップ・ミュージックの中から特別な何かを発見することに長けている批評家達でもあるの。いずれそれがもっと明白になると思うわ。だって彼らはポップのクラシックについてたくさんのことを語る準備ができているのだから。みんな、『ユリシーズ』第5号に期待して!

Strange.  There seem to be some people who think of "ULYSSES" as a magazine specialized in underground music.  It must be a misunderstanding.  For ULYSSES people also love music you love.

For example, Mr. Akira Kato, the editor-in-chief, is a fan of Bob Dylan, The Rolling Stones, The Kinks and Sandy Denny.  Mr. Tsuyoshi Kawasoe is a crazy fan of The Beatles, Marc Bolan (He even published a critical study on Marc Bolan / T.Rex in 2005), Donovan, Syd Barrett, Led Zeppelin, ABBA, Sex Pistols and Françoise Hardy.  Mr. Osamu Taira is a great fan of The Beatles, Simon & Garfunkel, Pink Floyd, King Crimson, Marc Bolan, Michel Polnareff and many many others.  Mr. Izumi Suzuki is a big fan of The Beatles, The Rolling Stones, Marc Bolan, Jimi Hendrix, Lou Reed, Patti Smith and The Brain Police.  They are also much interested in the pop classics as you see! Incidentally, I am in love with João Gilberto, Keith Richards and David Bowie of his glam rock era.

So ULYSSES people share your taste.  But, remember, ULYSSES people are the critics too who are good at finding something special from pop music.  I believe you will understand such a thing much more obviously in the future.  I know they are getting ready to write many things on the pop classics.  Guys, let’s wait and read "ULYSSES" #5 to be out!  Thank you!

ブリジット・セント・ジョン、追加公演のお知らせ Announcement of Bridget St. John's Additional Performance

ブリジット・セント・ジョンをめぐる、またまたステキなニュース。彼女の追加公演が決定したの! ユリシーズの発案で、12月18日(土曜日)に、東京・恵比寿のアートブック・ショップNadiff内のカフェTRAUMARISでもライヴが行なわれるのよ。コンサートの詳細ならびにチケット購入については、http://bridget-concert.ciao.jpでお確かめを。でも、急いで。何と、こちらは30人限定のライヴなの! それと、追加公演にご来場の方々には、もれなく恵比寿公演限定のスペシャルお土産をお持ち帰りいただけます、ですって!

なお、「ユリシーズ・ショップ」 の代表者である山下潤一郎さんによると、追加公演会場では、「Bridget St. John Japan Tour 2010 with 林拓」のために特別にデザイン・制作したポスター/パンフレット(表面がポスターで、裏面が読み物中心のツアー・ パンフレットになっているのよ。そしてこれを、ユリシーズ・ピープルは「ULYSSES emergency edition: Bridget St. John special」と呼んでいるわ)、トートバッグに加えて、恵比寿公演限定Tシャツも販売するそうよ。かわいい刺繍が入った、すごくクールな、ロングスリーヴのTシャツですって! Wow! お小遣いをたくさん残しておかなきゃね!



Another good news about Bridget St. John.  Her additional performance has been suddenly decided by an idea of "ULYSSES"!  The show is on Saturday, December 18, at TRAUMAIRIS cafe in a famous art book shop NADiff in Ebisu, Tokyo.  For details, please visit http://bridget-concert.ciao.jp. Hurry up, guys!  This is a very special event for only 30 lucky audiences!  Besides, you all get a special limited gift if you come to the show!  

According to Mr. Jun-ichiro Yamashita, the representative of "ULYSSES Shop", we will have beautiful posters/pamphlets which has been specially designed and printed for "Bridget St. John Japan Tour 2010 with Taku Hayashi" (the face is a poster and the back is a tour pamphlet mainly with texts and rare photos.  ULYSSES people call it as "Ulysses Emergency Edition: Bridget St. John Special"), tote bags, and in addition to T-shirts limited to the Ebisu show.  It is a super cool, long-sleeved T-shirt with cute embroidery!  Wow!  You have to have some money to spend!

ブリジット・セント・ジョンのアルバムが出る! Bridget St. John's new album!

緊急ニュース! ブリジット・セント・ジョンの3度目の来日を記念して、彼女のレア・トラックスだけを集めたアルバム『ハロー・アゲイン』が急遽Pヴァインからリリースされるわ! 日本独自の編集盤! そう、日本に住んでいる人なら誰でも簡単に手に入れることができるアルバムよ!

収録されているのは全部で14曲。驚いたことに、デビュー前の貴重な音源が何 と4曲も含まれているというの。2010年に作られた曲もあるそうよ。ということは、1968年から現在までの彼女の歴史を一望できる内容だというわけね。画期的なアルバムじゃないかしら? ジャケット・デザインとライナーノーツを担当したのは、『ユリシーズ』でお馴染みの河添剛さんよ。 

発売日は12月22日よ。ただし、それに先駆けて、彼女のコンサート会場では独占的に先行発売されるんですって。嬉しいわ! 会場で『ハロー・アゲイン』を買って、ブリジットにぜひサインをしてもらいたい!

"Hello Again" by Bridget St. John

Urgent news!  To commemorate Bridget St. John's third visit to Japan, P-Vine Records urgently releases the album "Hello Again", which has only rate tracks.  It is a complilataoin album unique to Japan.  In short, you can get it easily if you live in Japan! 

It contains 14 tunes.  Amazingly, it has 4 tunes before her debut.  There are songs written in 2010 too.  It means it has a great view of her history from 1968 to present.  It is a revolutionary album, isn't it?  The cover design and sleeve notes are by Mr. Tsuyoshi Kawasoe, whose name is familiar to the readers of "Ulysses". 

The official release date is December 22.  But prior to the launch of the album, it will be on sale exclusively at her concert venues.  Nice surprise!  I will get "Hello Again" there and get an autograph from Bridget!