ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Oct 23, 2010

秋の読書 Autumn Reading

ハロー!今、エントランス・バンドは様々な方面から注目されているのよ。そのことがよく分かるステキなヴィジュアル・ブックを、ここで2冊紹介するわ。

まず、『The Selby is in Your Place』(Abrams刊、ニューヨーク)。これは、トッド・セルビーがニューヨーク、ロス、パリ、ロンドン、東京、シドニーで様々なジャンルのアーティスト達の自宅を撮影した、とても美しくて、クールで、ユニークな写真集なの。好奇心を充たす「有名人のお宅拝見」本とも、ヒップなインテリア本とも言うことができるような。で、その中に、エントランス・バンドのガイ・ブレークスリーと彼のガール・フレンドで映像作家のマクシミラ・ルーカックスの愛の巣(大きな山荘)が大きく紹介されているわ。人里離れたローレル・キャニオンのライフスタイルを体現する、ずば抜けてヒップな彼らの家!彼らはたくさんの本と、サイケデリックなコラージュやポスターと、古いジュークボックスと、珍しいレコードと、美しいアクセサリーとに囲まれて生活しているのね。傾斜の大きい庭には、そんな2人が寝そべりながら愛し合うためのロマンティックなハンモックが吊るされているわ。こういう素晴しい写真を見ていると、ガイのこと、そしてエントランス・バンドのことが、以前よりもっと気になってくる!

そして、もう1冊が『My Freedamn! 9』(Cycleman books刊、大阪)ね。カリフォルニア在住の写真家で古着のエキスパートである田中凛太郎さん(Rin Tanaka)さんによる、ものすごくゴージャスな、 そして60年代と70年代のファッションを深く知りたいと思っている私達の世代全員にとって永遠の教科書にもなるような、レコード盤サイズのファッション・ブックよ。でも、それだけではないの。スリップケースを外して本の表紙を見れば、そこには何とエントランス・バンドのライヴ・フォトが飾られているの!しかも、彼らのフォトは本文中にも大きく見開きで扱われていて、もうたまらないの!こんな素晴しいファッション・ブックのために彼らの写真をあしらった田中凛太郎さんのセンスにも感激したわ。田中さんはファッションだけではなくロックのこともよく分かっている人なのね……。

これら2冊の本を読んでいると、あらためて実感するわ。エントランス・バンドはやっぱりすごくカッコイイ。エントランス・バンドは今日のアメリカを代表するライヴ・バンドよ。彼らの強烈なグルーヴ、頭が真っ白になるようなサイケデリック感覚、荒々しくてセクシーで文句なしのパフォーマンスは、今や唯一無二じゃないかしら。しかもガイはシド・バレットみたいにカッコイイし、パズは男の子達を虜にしてしまうし、デレクはすごくフレンドリーなナイス・ガイ。彼らは絶対に理想のトリオに決まっているわ!

第4号の『ユリシーズ』には、彼らについての長い記事が掲載されているの。上記2冊の本と併せて読み返すことをオススメするわ!

"The Selby is in Your Place" (Abrams, New York)

"My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka)

Hello, guys!  The Entrance Band has attracted the attention of various fronts.  I am introducing two beautiful visual books that will explain it. 

First one is "The Selby is in Your Place" (Abrams, New York).  This is a beautiful, cool and unique photo book which Todd Selby has taken photographs of all sorts of artists' homes in New York, LA, Paris, London, Tokyo and Sydney.  You can call it as "Visiting celebrity homes" to satisfy your curiosity or a hip interior book.  A love nest (a big lodge) of Guy Blakeslee of The Entrance Band and his auteur girlfriend, Maximilla Lukacs is in this book.  They are the embodiment of the Laurel Canyon lifestyle and their house is super hip!  They live with many books, psychedelic collages and posters, an old jukebox, rare records and beautiful accessories. In the steep garden, there is a romantic hammock that they can lie and love each other.  Seeing these wonderful photographs, I got more interested in Guy and The Entrance Band!  

Another book is "My Freedamn! 9" (Cycleman books, Osaka).  It's a very gorgeous fashion book of the vinyl LP size by Rintaro Tanaka (Rin Tanaka), a California-residing photographer and an expert of old clothes, and it can be an eternal textbook for all of our generation who wish to know about fashion in the 60s and 70s in more depth.  But it's got more. If you take it out of the slip case, a live photograph of The Entrance Band appears on the cover!  And there are double-page photos spread of theirs in the book, that are so irresistible! I was impressed with Rintaro Tanaka's taste of putting these photos for such a great fashion book.  He must be a person who is aware of not only fashion but rock 'n' roll music! 

Reading these two books, I realize again that that The Entrance Band is really cool.  They are one of the greatest bands in America today.  Their extreme groove, psychedelic feeling as if your mind go blank, their rough and sexy performance which is entirely satisfactory are like no other bands.  In addition, Guy looks cool like Syd Barrett, Paz enslaves boys and Derek is a very friendly nice guy.  They are absolutely the best ideal trio!  

The long article on them is in "Ulysses" #4.  Please read it again along with above two books!

Oct 18, 2010

林拓の東京公演を観て Have been to Taku Hayashi's live show in Tokyo

林拓の最終日の東京公演を観ました(10月13日、七針)。西沢信亮(サーランギ)&井上春緒(タブラ)によるインド音楽の即興演奏(ゲストは林拓!)、イタリア・ツアーを控えたmuffinのプレイ(自作曲に加え、シビル・バイヤーのカヴァー曲も披露!)に続き、メインの林拓が登場。彼は1時間ほどプレイしたわ。大部分はソロで、そして2曲ではバックを加えて(ベースに古川博一、サーランギに西沢信亮、コーラスにてるり)。どれもこれも素晴しい!振幅の大きな、とても官能的なヴォーカル。不思議な野性味をたたえた自由な叙情性。即興性の高いギター・プレイは、時々パーカッシヴになりながら、ほのかなラテン・フレーヴァーも醸し出しているの。ステージ上の彼は、最初はシャイに見えたけど、プレイ中は終始とってもかっこよかった。私は彼の素晴しいアルバム『五月三十二日』を何度も聴いたことがあるわ。でも、昨夜のライヴはそのアルバムの100倍も良かったのよ。会場には河添剛さんと清水久靖さんもいて、ライヴ終了後には2人とも大きな笑顔。当然よね?昨晩は、林拓が京都在住のひとりのアシッド・フォーキーを超えて、とうとう私達全員にとってのシンガー・ソングライターになった偉大な夜だったのだから!




ライヴを見逃した不運な人には朗報があるわ。林拓は、今度は12月にツアーをするの。しかも、あのブリジット・セント・ジョンとともに!信じられないわ!でも、本当のことなの!この企画を実現するために、『ユリシーズ』も全面的に協力したのよ!詳細は以下をチェックして!

http://bridget-concert.ciao.jp/ 

このことで続報があれば、随時ここでもお知らせします!とにかく今は、彼とブリジットが一緒になってどんなステージを展開するのかを想像しながら、12月の到来を首を長くして待つしかないのね!

念のため、ブリジット・セント・ジョンのロング・インタヴューは、スーパー・レアな写真やディスコグラフィなどとともに、『ユリシーズ』創刊号に掲載されています。真摯な語り口による、貴重な、歴史的な、最高のドキュメンタリーよ。彼女に会見するために、河添剛さんはわざわざニューヨークに出向いたの。彼はブリジットの熱狂的なファンでもあるから…。


I have been to Taku Hayashi's final show in Tokyo on October 13th at Nanahari. Shinsuke Nishizawa (sarangi) and Haruo Inoue (tabla drums) played an improvisation of Indian music with Taku Hayashi as a guest. Muffin, who will do the Italian tour very soon, played her own songs and a cover of Sibylle Baier, followed by Taku Hayashi, the main artist of the night. He played for about one hour. He played solo for almost but for two songs he had backing. (bass: Hirokazu Furukawa, sarangi: Shinsuke Nishizawa, chorus: Teruri) Everything was great! His vocal was luscious with large vibration. And his songs had lyrical freedom with mysterious wildness. His guitar play was highly extemporaneousness and sometimes became percussive and gave delicate Latin flavor. At the beginning he looked a little shy on the stage, but soon he became really cool in playing. I had listened to his great album "May 32nd" many times but his live show was a hundred times greater than that. Mr. Tsuyoshi Kawasoe and Mr. Hisayasu Shimizu were there too and both were with a big smile after the show. No wonder. That night was when Taku Hayashi went from just one of the acid folkie living in Kyoto to a singer-songwriter for all of us!




For those who have unfortunately missed his show this time, we have good news. He will tour again in December and this time with Bridget St. John! Can you belive it? But this is true! And "Ulysses" is giving full corporation to make it happen! Please visit below for more details:

http://bridget-concert.ciao.jp/

I will let you know when I have an update on this. We can only wait for December, imagining how they will play together. Just to be sure, I would like to remind you that the long interview with Bridget St. John is in the first issue of Ulysses with super rare photographs and her discography. It is an important, historic and great documentary with sincere-spoken style. Mr. Kawasoe went to New York last year to interview her and he is a crazed fan of Bridget...

Oct 11, 2010

林拓コンサート Taku Hayashi Live Show

ハイ!今日は林拓さんのコンサートよ!とっても楽しみ!

10月11日(月・祝)午後3時から、浅草・木馬亭の「両国フォークロアセンター40周年記念ライブ」で。料金は前売り3,500円、当日4,000円。その他詳細は http://folkloren.exblog.jp/ 。


Hi!  Taku Hayashi's show is today!  Can't wait!
On Monday (National holiday), October 11th 3pm at Mokubatei in Asakusa "Ryogoku Folklore Center 40th anniversary Live" .  Price: JPY3,500 Advance, JPY4,000 Day of the show.  For details please visit: http://folkloren.exblog.jp/ . 


Oct 2, 2010

林拓コンサート Taku Hayashi Live Shows

ユリシーズ3号のディスク・レヴューで、河添剛・平治・清水久靖の3氏より絶賛された京都在住のアシッド・フォーキー林拓(はやし たく)。ブリジット・セント・ジョンとの共演も噂されているそんな林の、待望の東京公演が遂に決定!
10月11日(月・祝)午後3時から、浅草・木馬亭の「両国フォークロアセンター40周年記念ライブ」で。料金は前売り3,500円、当日4,000円。その他詳細はhttp://folkloren.exblog.jp/
12日(火)午後7時から、東高円寺・UFO CLUB(電話:03-5306-0240)で。
13日(水)、八丁堀・七針(電話:03-6806-6773)で。共演にMuffin。開演、料金その他詳細はhttp://ftftftf.com/

Taku Hayashi, an acid folkie living in Kyoto, has received rave reviews from those three people - Tsuyoshi Kawasoe, Osamu Taira and Hisayasu Shimizu in Disk Reviews in "Ulysses" #3.  He is rumored to play with Bridget St. John as well... and finally, the long-awaited Hayashi's shows in Tokyo have been announced!
On Monday (National holiday), October 11th 3pm at Mokubatei in Asakusa "Ryogoku Folklore Center 40th anniversary Live" .  Price: JPY3,500 Advance, JPY4,000 Day of the show.  For details please visit: http://folkloren.exblog.jp/ .
On Tuesday, Oct 12th 7pm at UFO CLUB (Phone: 03-5306-0240) in Higashi Koenji.
On Wednesday, October 13th at Nanahari (Phone: 03-6806-6773) in Hacchobori.  Playing with Muffin.  For details please visit: http://ftftftf.com/ .