ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Sep 28, 2010

この夏私が胸をときめかせたこと What Made Me Excited This Summer.

この夏の素晴しい思い出。エントランス・バンドのメンバー達と東京で再会したこと。ロスで美しいネックレスを買ったこと。それと、ヴェティヴァーのアンディ・キャビックとフルーツ・バッツのエリック・D・ジョンソンによるボビー・チャールズのカヴァー「I Must Be In A Good Place Now」を発見したこと(優しくて、夢想的で、透明感があって、それはもう本当に素晴しいデュエットなの!ゆっくりと流れていく時間の中で蘇生したようなこの名曲は、今では果てしない永遠に属しているんだわ!ああ、この2人が一緒に歌っているところを、いつかぜひナマで見たい!)。



Wonderful memories of this summer - Reunited with the members of The Entrance Band in Tokyo.  Got a beautiful necklace in LA.  And discovered Bobby Charles' "I Must Be In A Good Place Now" performed by Andy Cabic of Vetiver and Eric D. Johnson of Fruit Bats.  It is such a gentle, starry-eyed, transparent and great duet!  This classic, as if it has revived in the slow passage of time, belongs to endless eternity.  I really want to see these two sing together live some day!

Sep 26, 2010

これはビックリ! It's a Surprise!

編集長の加藤彰さんからの話。聞いてビックリよ。『悍』(HÀN)という名前の左翼雑誌の第4号が、「嗚呼、左翼〜自己批判“左翼のダメなところ”」という特集を組んで、衰退著しい左翼勢力を立て直すための処方箋として、歴史的に重要な論文を18本紹介したの。論文の書き手はいずれもそうそうたる面々(だそうよ)。上野昂志、鶴見俊輔、竹内好、寺山修司、高野雅夫、永山則夫、橋川文三…そして、河添剛!『ユリシーズ』の河添さんよ!これは一体どういうことかしら?大慌てで『悍』を読むと、そこには『ユリシーズ』2号で河添さんが頭脳警察について書いたテキスト「左翼とは何か」の大部分が抜粋されているの。無断転載だな、と加藤さんは言って、ちょっと憤慨していたわ。当然よね。
この件については、河添さん本人から以下のようなコメントをもらったわ。
「左翼がダメな理由が僕には分かったよ。彼らは礼儀知らずってことさ。人の書いた原稿を転載したけりゃ、まず相手の許諾を取らなきゃいけないよね。それと、僕は右翼も左翼も保守も嫌いなんだ。彼らは鈍感で、狭量で、ヒステリーで、大概いがみ合っている。でも僕は文学と芸術を愛する人間なんだよ。そして僕が書いたことは左翼には役に立たない。僕は“処方箋”なんか決して書かない。僕は政治屋でもヤブ医者でも売文業者でもない。書くことはサーヴィス業とは違うのさ!」
なるほど…。
ただ、私にもひとつ分かったことがあるわ。左翼の人でも音楽が好きで、『ユリシーズ』を読んでいる人がいるってことよね。そう言う私に河添さんは、火星人も『ユリシーズ』の読者になったらいいねと応じて、笑っていたわ!☺


This is a story from Mr. Akira Kato, our editor in chief. It's a big surprise. A leftwing magazine called "HÀN" has featured "Oh, left-wing 〜 self-criticism 'what is bad about left-wing' " in the 4th issue and introduced 18 historically important treatises as prescriptions to rebuild the left-wing influence which has been obviously on the wane. An impressive lineup of writers (I heard) - Koshi Ueno, Shunsuke Tsurumi, Yoshimi Takeuchi, Shuji Terayama, Masao Takano, Norio Nagayama, Bunzo Hashikawa...and Tsuyoshi Kawasoe! Mr. Kawasoe from "Ulysses"! What's the story? I went through "HÀN" in a big hurry - and most of the text from "What is left-wing?", which Mr. Kawasoe has written about The Brain Police (Zuno Keisatsu) in "Ulysses" #2, was excerpted there. Mr. Kato said it was an unauthorized use and he was resented a bit. No wonder.
Regarding this, I got a comment from Mr. Kawasoe himself as below.
"Now I understand the reason why left-wing is bad. They are not polite. If you want to reprint the article that someone has written, you have to get a permission to do so first. And I don't like right-wing, left-wing and conservative. They are insensitive, intolerant, hysteric and usually jostle. But I am a person who just love literature and art. And what I write cannot be useful for left-wing. I never write a 'prescription'. I am not a politician, a bad doctor nor a literary hackworker. Writing is different from service business."
I see...
But I understand one thing. Left-wing people love music too and some of them have read "Ulysses". Mr. Kawasoe said to me "I wish Martians also became readers of 'Ulysses' " with a smile! ☺

Sep 9, 2010

御礼!タワー・レコードでのトーク・イヴェントはつつがなく終了いたしました! Talk Show at Tower Records Went Off Well - Thanks!

アロハ!皆さんの中には、先日タワー・レコード渋谷店で開催された『ユリシーズ』のトーク・イヴェントに駆けつけてくれた方もいると思うわ。楽しかったでしょ? 以下は編集長の加藤彰さんからのイヴェント報告と心からの感謝の言葉よ。

「9月4日のイヴェントにお越しいただき、本当に、本当に、ありがとうございました。立ち見客まで出た会場の盛況ぶりには大変な勇気をいただきました。ご来場いただいた方々にも、そしてイヴェントのセッティングのために様々なご尽力をしていただいたタワー・レコードのスタッフの方々にも、心より御礼申し上げます。また、イヴェントにいらっしゃることができなかった方々とはまたの機会にお目にかかることができればと存じます。実際、有意義でもあり楽しくもあるイヴェントでした。こうしたイヴェントを介して読者の方々との友好関係を深めることは実にナイスだ、と河添剛はしみじみ言っております。
その河添剛と、鈴木泉、司会の私の、いわば『ユリシーズ』実働部隊の3人が、大貫憲章氏をゲストに展開することのできた過日のトーク・イヴェントでは、終始和やかなムードの中、雑誌をめぐる様々な環境についての真摯な議論をきっかけに、多岐にわたるトピックをご紹介できました。この12月に3度目の来日を果たすことが決まったブリジット・セント・ジョンを話題にしつつ、いかなる時でも彼女の全アルバムを常備しているがゆえにタワレコ渋谷店は宇宙一偉大なCDショップであると河添剛は勢いよく断言しました。一方、ロック好きが嵩じて哲学者になってしまったと告白する鈴木泉は、60年代後半の音楽の素晴しさを豊かな雄弁で説き明かしていきました。また、トラフィック、ペンタングル、インクレディブル・ストリング・バンド、ケヴィン・エアーズ、エントランス・バンド、裸のラリーズの楽曲を流しながらのトークでは、特に大貫憲章氏の軽妙な個性が炸裂。さながらロック・ミュージックのアラビアン・ナイトといったラジオDJの風情がそこには生まれて、さすがはロック歴4億年の大貫さんだなあとあらためて感心させられました。あっという間の2時間で、言い尽くせないことはもちろんいっぱい残ったとはい うものの、私達自身にとっても楽しい経験になったのでした。
『ユリシーズ』をご愛読する皆様と再びお目にかかれる日を楽しみにしておりま す。再度、ありがとうございました!」



写真は、左から鈴木泉さん、河添剛さん、大貫憲章さん、加藤彰さん。彼らは言葉と音楽で結びついた友情をとても大切にしているんだと思うわ!


Aloha!  I guess some of you have come to our talk show at Tower Records Shibuya the other day.  Wasn't it fun?  Below is the report and appreciation from Mr. Akira Kato, the editor in chief.

"Thank you very, very much for coming to our event on September 4th. We were encouraged by the success that we even had standing audiences. I would like to sincerely thank you to those of you who has come to the event and also to the staff at Tower Records who have made every effort for the arrangements. And I hope to have another chance to see those who couldn't join us. Actually, it was a fruitful and pleasant event. Tsuyoshi Kawasoe says with feeling that it is really nice to deepen our friendship with readers.

Tsuyoshi Kawasoe, Izumi Suzuki and I as a host, three of us as a kind of actual working unit of 'Ulysses', could introduce different topics prompted by the serious discussion about the various environment with a special guest, Mr. Kensho Onuki, in a friendly atmosphere throughout the talk event the other day. Tsuyoshi Kawasoe has affirmed loudly that Tower Records Shibuya is the greatest CD shop in the universe because at anytime it is perfectly stocked with all the CDs of Bridget St. John, who will make her third visit to Japan in December. And Izumi Suzuki, who confesses that he has become a philosopher for his love to rock music, explains the beauty of music in the late 1960's with his rich eloquence. While playing tunes of Traffic, The Pentangle, The Incredible String Band, Kevin Ayers, The Entrance Band and Les Rallizes Dénudés, Mr. Kensho Onuki's witty personality has exploded. He looked just like a radio DJ from The Arabian Nights of rock 'n' roll, and again I was impressed by him, who is worthy of being with four hundred million years experience of rock music. The two hours went by surprisingly fast and of course we could not talk everything, but it was a pleasant experience for us too.

We are looking forward to meeting the readers of 'Ulysses' again. Thank you again!"


From L to R: Mr. Izumi Suzuki, Mr. Tsuyoshi Kawasoe, Mr. Kensho Onuki and Mr. Akira Kato.  They value the friendship with words and music!


Sep 4, 2010

ユリシーズ・トーク・イヴェント開催 (3) Saturday Evening with ULYSSES People (3)

ハイ!もうすぐタワーレコードでトーク・イヴェントが始まるわ。とっても楽しみ!

Hi!  The talk show at Tower Records will start soon.  Can't wait!

http://twitter.com/TOWER_Books

『ロンナイ』の大貫憲章さんもやってきます!本日18時より雑誌「ユリシーズ」トークショー!!豪華出演は加藤彰氏、河添剛氏、大貫憲章氏、鈴木泉氏。(座席予約受付中☆03-3496-3661)(MR) http://tinyurl.com/2cybygb

http://tower.jp/blog/shibuya/entries/69102