ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jul 27, 2010

ありがとう! Thank You!

今日1,500PVになったの!ありがとう!
Hitting 1,500 page views today! Thank you!

Jul 24, 2010

編集長より From the Editor in Chief

ハロー! 今回は、『ユリシーズ』編集長の加藤彰さんからのメッセージを掲載するわ!

「目下『ユリシーズ』は第4号を制作中です。次号もまた、大きな特集とその周囲を飛び交う様々な小さな記事とで構成される“宇宙” になります。ただ、その“宇宙”が以前のそれと違うのは、そこにイギリス製のティー・ポットのような形をしたUFOまで飛んでいるからです…。『ユリシーズ』は遂にブリティッシュ・サイケデリアの幻想に大胆に踏み込んでいきます。ロンドンで敢行された、驚くべきインタヴューがあります。珍しい写真、100枚を超えるアルバムの紹介、サイケを巡る討議もあります。示唆にも資料性にも富む『ユリシーズ』ならではの内容です。発売日は8月25日。乞う、ご期待!」

ブリティッシュ・サイケデリアの幻想? 何だかすごくエキサイティングじゃない?


Hello! Today I will post the message from Mr. Akira Kato, the editor in chief!

"At the moment, we are working on "Ulysses" #4. Next issue will be "space" again which is composed by big feature articles and small articles swirling around them. But this "space" is different from the former one as there is an English teapot-shaped UFO flying... "Ulysses" has finally stepped into the fantasy of British psychedelia. There is a surprising interview which has been pressed ahead in London. There are rare photographs, over 100 albums introduction and discussions on psychedelia. These are the contents of "Ulysses" which is highly suggestive and also full of useful data. It will come out on August 25th. Don't miss it!"

Fantasy of British psychedelia? That sounds very exciting, doesn't it?

Jul 16, 2010

ネットの海の中の『ユリシーズ』 "Ulysses" in the Internet Sea


インターネットを遊泳すると、近頃では『ユリシーズ』をめぐるさまざまな賞賛の言葉に出喰わすわ。しかも、とても知的で、思いやり深い、熱意のこもった言葉で。『ユリシーズ』にはすごい読者がいっぱいついているのね。編集長の加藤彰さんにそのことを伝えたら、彼はとても喜んでいたわ。当然よね!
加藤さんは特に次の人々に感謝しているわ。「hop, step, drop!!!」様、「人生はフライングV」様(音楽と音楽雑誌を語らせたら、この人の右に出る人はいないわよ!)、「素晴しき音楽との出会い」様、「KENROCKS」様(大貫憲章さんのブログよ!)、「Searching For Mr. Right」様、「カッちゃんヒガシ日記」様(High Fedelityもよろしくね!)、「cue」様、「Beams Records」様、「aethetica sive critica」様(吉田寛さんのブログよ!)、「MICHAEL IS THE WINNER」様、「デンシノオト」様(とても知的!)、「MORE MUSIC 編集日記」様、unnatural groooove」様、「Journey To The End Of The Night(仮)」様、「渋谷アントレ日記」様、「スタンダードブックストア」様、「斉藤と反復」様(素晴しい知性だわ!)、「分裂する機械たち」様、「あ、いいじゃないの」様、「森田雅章トラディションカントリーバンド」様(ステキ……)、「小島プロダクション」様、「新しい毎日、楽しい時間。」様、「なかちょう掲示板」様、「夜になっても遊び続けろ!」様(元気の出るブログ!)、「mabutanoura」様(沖縄に住む魅力的な女の人のブログよ)、「NOBODY'S FOOL KAKI BLOG」様、「発条仕掛」様、「東京散歩研究2」様、「蘆花・松野泉」様、「CAKE only knows」様(憧れの九州のアーティストからよ!)、「ゆらゆら帝国information blog」様、そして『ユリシーズ』のアドヴァイザリー・ボードで哲学者の鈴木泉さん(彼もブログをやっているの)。感謝すべき人々はきっと他にもたくさんいるような気が私にはするので、後日あらためて名前を追加しなくちゃね!
でも、雑誌への感想や要望がある場合は、むしろ編集部に直接連絡をするか、ここに書き込みをしてもらったりした方がいいわ(と、加藤さんが言っているの)。インターネットの海の中では、言葉は深く埋没してしまうし、それに、『ユリシーズ』とジェームス・ジョイスの同名小説がごちゃごちゃになって見分けをつけるのが大変になっているもの。ジョンとヨーコはコミュニケーションの大切さを主張したわ。21世紀のコミュニケーションは、深海から海面に言葉を浮上させることの中に始まるんじゃないかしら。そして、ここはその海面よ!
…それと、ごめんなさい、ここしばらくブログの更新ができなかったのは、LAで海水浴を楽しんでいたからなの(8月には湘南に行こうと思っているわ)。きっとそのせいよ、私が今日海のことを書いたのは。

Recently when I surf the net, I come across various admiring comments on “Ulysses”. And they are very intellectual, thoughtful and passionate. We have great readers. I told Mr. Kato, our editor in chief, and he was very happy about it. But this is not surprising at all!
But if you have any comments or requests, please feel free to contact the editorial office directly or leave your comment here (, Mr. Kato says). Because in the internet sea, the words disappear deep under the water and the name “Ulysses” get confused with the identically titled book by James Joyce and it is hard to recognize. John and Yoko said the importance of communication. And I think the communication in the 21st century begins in surfacing the words from the deep to the surface. And this is the sea surface!
...and I am sorry that I haven’t updated this blog for some time because I have been enjoying going to the beach in LA! (Oh, and I plan to go to Shonan beaches in August.) And probably that's why I have mentioned about the sea today.