ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

Jun 16, 2010

フリクションの待望の新作がリリース! Friction's Much-Anticipated New Work Has Been Released!

遂にフリクションの新作が発表されたわ!『2013 ライヴ・フリクション』というタイトルの、2枚組のライヴ盤よ!何てエキサイティングなアルバム!前作『ゾーン・トリッパー』から15年も待った甲斐はあったわ。このアルバムで、フリクションは日本で最高のロック・バンドだっていうことを、再び自らの力で証明したのよ。すごいことよね。ほれぼれするくらいよ。
みんな、『ユリシーズ』最新号のフリクション特集はもう読んだかしら? ビックリするようなことがいっぱい書いてあるの。でも、納得することが多かったわ。『ユリシーズ』を読めば読むほど、ますます私はフリクションが好きになったの。クールな写真もいっぱい掲載されていたしね。『2013』と『ユリシーズ』を一緒に堪能できる2010年6月は、本当に、本当に、スペシャルな月。今、心からそう思うわ。
フリクションという名前のバンドならフランスにもあるわ。アメリカにはフラクションというバンドがいる。テレヴィジョンは昔、「フリクション」という曲を書いたわ。でも、日本のフリクションだけが本物のフリクションよ!

フリクションの公式サイトはこちら。 
http://friction-officialsite.com/

Finally, Friction's new work has been released. It is called "2013 Live Friction" and it is a set of two live CDs. What an exciting album! It has been 15 years since their last work "Zone Tripper". It was a worth waiting for! Friction has proved that it is the best rock band in Japan again by itself. It is great and it is even fascinating.
Did you read the feature article on "Friction" in the current issue of "Ulysses"? It contains so many surprising stories. But they are convincing too. The more I read "Ulysses", the more I like "Friction". It has got a lot of cool photographs too. June 2010 is a really and truly special month as we can enjoy both "2013" and "Ulysses". I really feel so.
There is a band called "Friction" in France as well. And there was a band called "Fraction" in the US. Television has written the song called "Friction" in the past. But Japanese Friction is the real "Friction"!

Friction's official homepage is here: 
http://friction-officialsite.com/

Jun 13, 2010

ヴェティヴァー、デヴェンドラ・バンハート、ウィルコ Vetiver, Devendra Banhart & Wilco

ハイ!ロスから戻ってきたところよ。いい気持ち。初夏の東京の空気には夢の気分が漂っているわ。ロスもそんな感じだったのよ。夏は私が一番好きな季節。
ところで、『ユリシーズ』の最新号を読んだ人たちの中には、私同様、ウィルコやデヴェンドラ・バンハートのファンが多いのかしら?でも、ちょっと待って。その真ん中にはアンディ・キャビック率いるステキなフォーク・バンド、ヴェティヴァーがいるのよ!
8月13日から15日まで、マサチューセッツ現代美術館(MASS MoCA)でソリッド・サウンド・フェスティヴァルが開催されるの。音楽とアートの複合的なフェスティヴァルよ。それをキュレーションするのが何とウィルコ。そして、そのウィルコが推すバンドのひとつがヴェティヴァーなの。フェスではヴェティヴァーはどんなライヴ・パフォーマンスを観せてくれるのかしら?とても楽しみじゃない?
脚の骨折も癒えたデヴェンドラ・バンハート(彼ったら、スケボーで遊んでいる最中に転んで怪我をしたの。相変わらずおっちょこちょいねえ!)はこれからヨーロッパで活発にツアーを開始するんだけど、そんなデヴェのバンドにアンディ・キャビックも参加するわ。こちらもエキサイティングよね!みんなもよく知っていると思うけど、デヴェンドラは昔、ヴェティヴァーのメンバーだったことがあるの。とても仲良しの彼らは、最高のコンビネーションで素晴しい演奏を聴かせてくれるはずよ!誰か私と一緒にヨーロッパに行かない?
でも、ヴェティヴァーは日本ではあまり知られていないみたいね。残念だわ。アンディはとても才能のあるソングライターだし、素晴しく透明な声の持ち主でもあるのよ。夕暮れ時の森の中やキャンプ場なんかで、ハンモックの上で体を静かに揺らしながら聴いていると、ヴェティヴァーの繊細な魅力も、彼らが存在するフォーク・ロックの豊かで偉大な伝統も、ますますよく分るようになると思うわ。河添剛さんが監修した『アシッド・フォーク』の中で、ムーンストーンのことをヴェティヴァーに先駆けた70年代のバンドだったって書いているけど、私も何となくそんな気がするの。それに、きっとアンディはムーンストーンの音楽もしっかり聴いているんだと思うわ。機会があったら、いつかアンディ本人にそのことを訊いてみたいくらい。
みんな、ヴェティヴァーのことを決して忘れないで!



Hi! I am just back from Los Angeles. It is nice to have a dreamy feeling in early summer atmosphere here in Tokyo. Summer is my favorite season of the year.
I wonder if most of you, who has read the current issue of "ULYSSES", are fans of Wilco and Devendra Banhart like me. But wait a minute. In the middle of them, we have a wonderful folk band Vetiver led by Andy Cabic!
The Solid Sound Festival will take place August 13-15, 2010 at MASS MoCA (Massachusetts Museum of Contemporary Art). It is a mixed festival of music and arts. And it is curated by Wilco! One of the bands that Wilco has nominated is Vetiver. I'll be looking forward to see their performance at the festival.
Devendra Banhart, who has just recovered from his leg fracture, (it was an injury from a skateboarding accident) will be touring Europe actively and Andy Cabic will join his band too. This is exciting as well! As everyone knows, Devendra was once a member of Vetiver. They will give a wonderful performance as they are good friends and the best combination! Would anyone like to go Europe with me?
But unfortunately, Vetiver is little-known in Japan. Andy is a very talented songwriter and he has a very clear voice. You can understand Vetiver's sensitive charm and the rich and great tradition of folk rock that they exist better while you swing quietly on a hammock in the woods or a camping site at dusk. In the "Acid Folk", that Mr. Tsuyoshi Kawasoe has supervised, he has written that Moonstone is the vanguard band of Vetiver in the 70s and I sort of agree with it. Probably Andy is listening to Moonstone's music too. If I have a chance, I will ask him someday.
Guys, never forget Vetiver!!

Jun 7, 2010