ユリシーズ オフィシャル・ブログ ULYSSES OFFICIAL BLOG

http://ulyssesmagazine.blogspot.com/

May 27, 2010

ユリシーズ第3号 Ulysses #3

ユリシーズ第3号は、シンコーミュージック・エンタテイメント(ここをクリック)かアマゾン(ここをクリック)でも買えるわよ!

You can get Ulysses #3 from Shinko Music Entertainment (Click here) or Amazon (Click here)!

May 24, 2010

浅川マキ Maki Asakawa

嬉しい!今日、『ユリシーズ』第3号が出たわ!でもね、胸が詰まっちゃった。表紙には、この号を浅川マキさんに捧げますって書いてあったの……。

I am so happy to have "Ulysses" third issue today! But I got a catch in the throat...it says "This issue is dedicated to Maki Asakawa"....

May 17, 2010

第3号 The Third Issue

ハイ!皆さんお元気かしら?
まもなく『ユリシーズ』が出るわ。昨日編集長の加藤彰さんがようやく教えてくれたんだけど、第3号はこんな内容よ!
特集は、新作リリースを間近に控えたフリクション、今年1月に亡くなった浅川マキ、『メインストリートのならず者』のデラックス・エディションが話題を集めているローリング・ストーンズの3本なの。この取り合わせにはビックリよ!早くもめまいがするわ!ものすごい迫力じゃない?表紙を飾るのはキース・リチャーズのスーパー・クールなポートレイトだって聞いたけど、これもすごい楽しみ!(いいアイディアよね。汗だくのステージ写真なんてありきたりで、表紙には絶対不向きよ。それに、クールなアーティストは、オフ・ステージでもクールなの。よいポートレイト写真はいつもそのことを証明しているわ。そうじゃない?)
もちろんそれだけじゃないわ。デヴェンドラ・バンハート、ウィルコ、サンハウスへのインタヴューがあるの。ボブ・ディランの日本公演にいろいろな角度から触れたページや、レコード会社の人たちへのアンケート調査のページもあるそうよ(『ユリシーズ』は社会調査も好きね)。それとね、ダサいって思われている80年代音楽を根本から読み直す「ロスト・イン・ジ・エイティーズ」という新しいページができて、そこでまず、信じられないことに、ニッキ・サドゥンが大々的に取り上げられるというの。『ユリシーズ』は何をしでかすのか、私にはいつも想像がつかないけど、このこともそのひとつね。こうなったらもう、わくわくしながら発売を待つしかないわ!
わくわくするといえば、加藤さんがこんなことも言っていたわ。日本では有名な文学賞を受賞した小説家や、世界的に活躍するすごい哲学者が、今回新たに『ユリシーズ』で書いているんですって。こんな音楽雑誌、絶対に、絶対に、他にはないわ!

Hi! How are you all?
Next "Ulysses" will go on sale soon. Yesterday, finally the editor Mr. Kato told me the contents of the third issue. It features Friction, who will release the new work soon, Maki Asakawa, who died in January this year AND The Rolling Stones, who will release the deluxe edition of "Exile on Main Street". What a combination - I feel dizzy already. They are so powerful. Mr. Kato has told me that Keith Richards's super cool portrait is on the cover. It is going to be great! (It is a good idea because a sweaty on-stage photograph is so typical and unsuitable for the cover. And the cool artist is cool when he is off the stage. Good portraits always prove that, don't they?)
There are more contents - interviews with Devendra Banhart, Wilco and Sonhouse. Also there are pages written about Bob Dylan's Japan tour from various angles and questionnaires to people at record companies. ("Ulysses" likes social surveys.) And new "Lost in the 80s" to review music in 1980s, which is usually considered uncool, but it features Nikki Sudden. I cannot believe it! I always can't imagine what "Ulysses" will do next and this is one of them. The only thing I can do is just to look forward to the publication date!
Mr. Kato has told me that a novelist who is the winner of the famous literary award in Japan and a philosopher who is active internationally have newly joined in the next "Ulysses". There is no magazine like this!

May 9, 2010

ユリシーズ・ピープルってどんな人? Who Are the "Ulysses" People?

今回は、『ユリシーズ』に携わる人々を紹介するわ。
編集長は加藤彰さん。ユリシーズ軍を率いる沈着冷静な司令官よ。文章に対してとても高い理想を持っている人で、そのせいで『ユリシーズ』にはよいテキストが集まるのね。そんな彼がいなければ、『ユリシーズ』は崩壊なんだわ!ちなみに、加藤さんは昔、『ロック画報』という雑誌の編集長だったそうよ。クールね。彼ってちょっとシャイに見えるけど、中身はハードでユーモラスな男なのよね。
『ユリシーズ』にはアドヴァイザリー・ボードが4人いるの。相談役って感じの4人組。まず河添剛さんなんだけど、彼はすごくおしゃれで、生まれついての芸術家で、エピキュリアンで、とてもフレンドリー。詩人のようなムード、ユニークな個性、セクシーさもたまらないわ!雑誌名は彼の考案なんですって。絶えずいろんなアイディアが泉のように湧き出てくるのが彼のすごいところなの。まさに魔法使いよ!
鈴木泉さんは哲学者。東京大学でスピノザを教えているの。まさに知性の塊よ。それなのに全然偉ぶったりしなくて、冷たいところなんかも少しもなくて、フレンドリーなの。神秘的に振舞うかわりに、オープンに他者と向かい合う人ね。彼に救われている『ユリシーズ』のメンバーって結構多いんじゃないかしら!
平治さんは、『ユリシーズ』のメンバー中トップの皮肉屋。でも、本当はシャイで、誰よりも心が優しくて、義理堅くて、友達を大切にする人なの。彼は誰もかなわないくらい豊富な音楽的知識を持っているんだけど、それ以外の教養の幅もすごいのよ!とても敬愛されているの。河添さんとは古いお友達らしいわ。
森田敏文さんはシンコーミュージック・エンタテイメントの書籍部門を統括する、とてもとても偉い人なのよ。バスケットボール選手のように背が高くて、大股で歩く姿がセクシーなの。彼こそは生き字引よ。ロックからジャズまで、ブルースからソウルまで、音楽で知らないことなんか何一つないんだから!優しい彼は、みんなから頼られているわ。
『ユリシーズ』のデザインは、河添剛さんと倉茂透さんの担当ね。二人はゴールデン・コンビよ。倉茂さんは河添さんのクレイジーなアイディアの一番の理解者で、河添さんは倉茂さんの粘り強い突破力に驚嘆しているわけだけど、それは二人がエレガンスの追求という点で完全に意見が一致しているからだわ。倉茂さんはスウィートでキュートでもあるのよ。サーフィンと映画が大好きなんですって!私もそうよ!
彼らと彼らがやっている『ユリシーズ』を、みんなも応援してね!編集部は今はてんてこ舞いの状態なんですって。次号が5月24日に発売されるからよ!雑誌作りは大変ね。でも、私は加藤さんに、待ちきれないわ、早く出してってお願いしたの。

This time, I am going to introduce people involved in "Ulysses".
The editor is Mr. Akira Kato. He is a calm commander who leads "Ulysses" troops. He has high ideals for the writings so this is why he gets good texts for "Ulysses". Without him, "Ulysses" will be collapsed. In fact, he was the editor of "Rock Gaho" magazine in the past. Cool! He looks shy but he is hard and humorous.
There are four advisory board members for "Ulysses". They are like consultants. First one is Mr. Tsuyoshi Kawasoe - he is really well dressed, a born artist, an epicurean and friendly. He has got a poetic mood, a unique personality and he is sexy. The name of the magazie is his idea. He has many ideas constantly like the spring. He is like a wizard.
Mr. Izumi Suzuki is a philosopher. He teaches Spinoza at the University of Tokyo (!). He is intelligent but he never had a bossy attitude to others, he is not cold at all and he is friendly. Instead of being mysterious, he faces other people openly. Many of the "Ulysses" members must have been saved by him!
Mr. Osamu Taira is the most cynic person among "Ulysses" members. But he is shy, kind and royal. He appreciates friends. He has a wealth of music knowledge and also he has a broad education. He is really admired. He is an old friend of Mr. Kawasoe.
Mr. Toshifumi Morita holds a high position, who controls book department at Shinko Music Entertainment Co., Ltd. He is as tall as a basketball player. He is a real living dictionary - from Rock to Jazz, from Blues to Soul, he knows everything!
The design of "Ulysses" is done by Mr. Kawasoe and Mr. Toru Kurashige. They are a good combination. Mr. Kurashige is sweet and cute too. He loves surfing and movies. I love them too!
Please support them and also support "Ulysses"! The editorial office is crazy right now as the next issue will be released on May 24th. It is hard to put things together as a magazine. But I have asked Mr. Kato "Please hurry up!" as I cannot wait!

May 2, 2010

バックナンバー Back Issues

ユリシーズのバックナンバーは、シンコーミュージック・エンタテイメント(こをクリック: #1#2) か アマゾン(ここをクリック: #1#2)にあるわよ。
次号についてはここをクリック!

You can get back issues from Shinko Music Entertainment (Click here: #1, #2) or Amazon (Click here: #1, #2).
And click here for the next one!

May 1, 2010

ユリシーズのオフィシャル・ブログを開設しました! Ulysses Official Blog Has Been Launched!

ハイ!私の名前はリー・エル。わけあって、昨年創刊されたミュージック・マガジン『ユリシーズ』のオフィシャル・ブログを管理することになったの。編集部の人たちは、私のことをWeb Girlって呼んでくれているけど、私はGirlではなくてWoman。(若くはないの。でも、齢でもないと思うわ。)張り切ってこのブログをいいものにしたいと思っているから応援してね!  
実際、わくわくしているところよ。だって、『ユリシーズ』ってすごくユニークな雑誌でしょ?興味深いアーティストたちについての興味深いテキスト、知的な執筆陣、グラフィックや写真やエディトリアル・デザインの美しさなど、どれもとってもステキだし本当にクールよ。日本の音楽雑誌の中では群を抜いた魅力を持っている雑誌だと思うわ。アメリカにもフランスにもこんな雑誌はないのよ。デヴェンドラ・バンハートも私にそう言っていたわ。だから、私は『ユリシーズ』のサポーターになることができた自分に誇りすら感じているの。でも、このブログはあくまでみんなのものなのよ。『ユリシーズ』を気に入ってくれたみんなのためのブログ。もちろん、書き込みも大歓迎よ!  
この間、『ユリシーズ』のメンバー全員に会ってきたわ。みんな、すごく面白くて、優しくて、親切なの。雑誌からは分らないメンバーの詳しい個性については、次回この場でレポートしまーす。

Hi! My name is Lee Elle. I am going to run this official blog for the music magazine "Ulysses" which has been launched last year. The editorial people call me Web Girl but I am not a girl...I am a woman. (I am not that young, but I am not that old.)  
I'm really excited because "Ulysses" is a very unique magazine - interesting texts about interesting artists, intelligent writers, beautiful graphics, photographs and editorial designs. Everything is nice and really cool. I think it has an outstanding appeal compared to other Japanese music magazines. I have never seen one like this in the US/France. Devendra Banhart has said the same thing to me. I even feel proud of supporting "Ulysses". But this blog belongs to everyone, who likes "Ulysses". Of course, your comments are welcome.  
Recently I met all the "Ulysses" members. Everyone is really interesting, gentle and kind. Next time, I will report the details of each of them that you can't see from the magazine. Bye!